角館 |「安藤醸造 北浦本館」で、老舗の味噌・醤油をおみやげに!

角館 |「安藤醸造 北浦本館」で、老舗の味噌・醤油をおみやげに!

仙北市角館町の「安藤醸造」は、1853年創業の老舗醸造元。味噌・醤油・漬物を真摯につくり続け、長きに渡り町内外の人々から親しまれてきました。最近では味噌・醤油、漬物に加え、麹を使用した調味料やスイーツなども扱い、好評を博しています。現在4店舗を町内に構えていますが、今回はそのなかから「北浦本館」にお邪魔してきました。


160年以上続く老舗醸造元

城下町として栄えた名残ある街並みが魅力の角館。黒塀の武家屋敷や、樺細工を始めとする伝統工芸品、その古式ゆかしい佇まいから「みちのくの小京都」とも呼ばれています。

歴史あるこの街には老舗が数多くあり、「安藤醸造」もそのひとつ。記録上の創業は嘉永6年(1853年)。しかし実際は、それ以前から商いを行っていたようです。

現在の主力商品は、味噌、醤油、そして漬物。すべて機械任せにせず、熟練した杜氏さんが品質管理しています。

何より注目したいのは、すべて無添加・天然醸造で製造されていること。そのため大量生産はできませんが、一度味わえばファンになってしまうほど。長年のお得意さんが多いという話も頷けます。

気になる人気商品TOP3は?

1番人気は「しろだし」。
昆布などから取った和風だしに、秋田名物の魚醤「しょっつる」をブレンドしたものです。このしょっつる、通常は原料にハタハタを使用しますが、安藤醸造では独自技術によりイワナを原料につくっています。

イワナのしょっつるはハタハタと比べてまろやかな味わいで、クセが少ないのが特徴。麺つゆや茶碗蒸し、炊き込みご飯などに使うと、上品な味わいに仕上がりますよ。

2番人気は「家伝 つぶみそ」です。
秋田県産大豆に、自社専用農場で生産した「あきたこまち」の麹をふんだんに使用し、じっくりと長期熟成。旨みと甘みの強さが自慢です。その豊かな味わいはぜひ味噌汁にして、ダイレクトに感じてください。

3番人気は「寒こうじ」。
米麹と蒸し米で仕込んでいて、塩麹と比べ風味がやわらかいことから「使いやすい」と評判だそう。野菜の一夜漬けや、肉・肴の麹漬けにぴったりです。

人気商品をいただける「試飲・試食コーナー」がいっぱい!

「商品の魅力を実感、納得して購入してほしい」という想いから、安藤醸造では試食・試食コーナーをたくさん設けています。例えば「しろだし」は10倍に薄めただし汁をポットに入れ、自由に試飲可能です。

また「家伝 つぶみそ」の試飲は、味噌汁を寸胴から自分でよそう、味噌汁バーのようなシステム。

漬物の試食コーナーも設けられていて、まるでデパ地下のような雰囲気です。

さらには、併設レストラン「土鍋家」でもその味を楽しむことができます。

オススメのメニューは「土鍋ラーメン」。かつおだしに自社製の醤油をあわせたコクのあるスープが、細めのちぢれ麺によくあいます。十和田高原の桃豚を使ったチャーシューもトロトロで美味。土鍋の器で提供されるので、最後までアツアツの状態でいただけるのもうれしいですね。

気になる「醤油スイーツ」は、地元菓子店とのコラボ商品

店の一角には「醤油スイーツ」を扱うコーナーがあり、湯沢市に工場を持つ「お菓子のくらた」とのコラボ商品が並びます。こちらの1番人気は「醤油そふとくりーむ」。ふんわりと香る醤油と、リッチなコクのソフトクリームが意外にも好相性です。

「醤油ばうむ」は、醤油だけでなく卵、小麦粉まで秋田県産にこだわったひと品。ほのかに感じられる醤油の塩味が、バウムクーヘンの甘さを引き立てます。

また「醤油マカロン」は、口に入れた瞬間醤油の香ばしさがふわっと広がるやさしい味わい。いずれも醤油の魅力を活かした逸品ぞろいです。

安藤醸造は他に町内に3店舗を構えますが、今回訪れた「北浦本館」は、1番広く、商品バリエーションが豊富な店舗。140平米にも及ぶ敷地全体がバリアフリーになっていて、ベビーカーでも気兼ねなく入店できます。トイレにはベビーシートや着替えスペースが設けられ、子ども連れにもやさしくてうれしいですね。

次のお休みにはぜひ、ご家族で安藤醸造へ食事・買い物に訪れてみてはいかがですか?

「安藤醸造 北浦本館」をもっと楽しみたい!ななびチェック

老舗の味噌・醤油・漬物は、ほとんどが試食OK

自分の舌で味を確かめてから購入できるので安心。きっと好みの商品と出会うことができますよ。

秋田の菓子店協力による「醤油スイーツ」も見逃せない

安藤醸造の醤油を使った、湯沢市の老舗「菓子のくらた」謹製の醤油スイーツも絶品。おみやげにオススメです。

ベビーカーにもやさしいバリアフリー

広い店内は動線もゆったりと設けられているので、ベビーカーでも周囲に気兼ねなく入店できます。

「安藤醸造 北浦本館」について詳しくはこちら

関連する投稿


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

秋田県南部に位置する湯沢市は、鎌倉時代に城下町として開かれ、江戸時代以降は鉱山の発展とともに栄えた街。日本三大うどんのひとつ・稲庭うどん発祥の地で、おいしい地酒が豊富です。美しい自然がつくり出すダイナミックな景観と、各地に湧き出る温泉も魅力。グルメにイベント、温泉と、湯沢自慢の見どころをたっぷりご紹介します。


横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

明治から昭和期の商家の蔵が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている秋田県横手市増田町。歴史を感じさせる蔵めぐりが人気のこのエリアでは、地元の人でにぎわう朝市の散策もオススメです。その歴史は古く、はじまりはなんと江戸時代。地元ならではのアットホームな雰囲気を楽しみましょう。



最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?