山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


ぷりっぷりのカキを次々に口へ運ぶ贅沢

東北自動車道盛岡南ICから車で2時間半ほど。太平洋の荒波と複雑に入り組んだ海岸線が美しい風景を織りなす三陸海岸沿岸の山田町では、例年11月頃からカキのシーズンがやってきます。殻付きの蒸し焼きカキが食べ放題になる「山田かき小屋」には、ちょっと遠くても足をのばす価値があると、全国からたくさんの人が集まります。

鉄板にスコップで豪快に殻付きのカキをのせたら、フタをかぶせて10分ほど蒸し焼きに。フタを開けると、湯気とともに磯の香りが小屋いっぱいに広がります。焼きあがったカキは、スタッフが見事な手さばきで次から次へと殻をむいてくれるので、あとはひたすら口に運び、心ゆくまで味わうだけ!

予約必須!1日4回の完全予約制

「山田かき小屋」の蒸し焼きカキは2名以上の完全予約制で、2日前までに電話で予約が必要です。スタート時間は、11:00、12:00、13:00、14:00の4回で完全入れ替え制なので、予約時に希望の時間帯を伝えましょう。

オススメは制限時間40分の「通常プラン」。途中で10分ほど、カキを蒸し焼きにする時間を含みます。ライス付きで、中学生以上3,000円、小学生2,000円。ご飯はおかわり一膳サービス。幼児は無料なので、小さい子どものいるファミリーにはうれしいポイント。気軽にお得に、カキの食べ放題が楽しめますよ。

ほかには、殻付きカキ10個が味わえる「ちょっとだけプラン」や、ライスとカキ汁が付いた制限時間60分の「ゆったりプラン」もあります。いずれのプランも、ホタテやミニアワビが追加注文できるので、おなかに余裕があればぜひ味わってみてください。

「山田かき小屋」のカキのおいしさの秘密とは?

数あるカキの産地のなかでも、山田湾のカキは豊かな味わいと品質で高評価を得ています。おいしさの秘密は、山田湾の地形。山田湾は、リアス式海岸の地形に加えて湾の入り口が狭く湾内が奥まっているために、波が穏やかでカキの養殖にはもってこいの好条件。栄養をたっぷり蓄えたカキは粒が大きく、とりわけ旨みがあってクリーミーだとグルメの間でも評判です。

「山田かき小屋」では、そんなキレイな山田湾で育ったカキを殻付きのまま豪快に蒸し焼きにすることで、ギュッと詰まった旨みとぷるぷるの食感が楽しめるのです。

カキには適度な塩味がついているので、そのままでも十分おいしく味わえますが、テーブルにはレモンや醤油、一味唐辛子が置いてあるので、いろいろな味を試すのもオススメ。ちなみに、調味料は持ち込みOKなので、ケチャップやポン酢など、お好みのものを持参してもよいかもしれません。飲み物の持ち込みはできないのでご注意を。店内では、ソフトドリンクやビール、地酒も販売しています。

カキのシーズン以外もお楽しみがいっぱい

「山田かき小屋」の蒸し焼きカキ食べ放題は、2018年7月1日までと長期間楽しめるのが特徴。さらに、シーズンオフの間も、豊富な魚介類を生かした多彩なメニューがそろう食堂として人気を集めています。エビやイカ、ホタテなどの海の幸や、新鮮な地元野菜付きの海鮮焼き(要予約)、ボリュームたっぷりの日替わり定食や丼ものなどバラエティ豊かです。

カキのシーズンはもちろん、1年中いつでも新鮮なグルメを味わえる海辺の食堂を訪ね、素朴で贅沢な漁師料理を味わってみてはいかがでしょう。

「山田かき小屋」でカキの食べ放題を楽しむ!ななびチェック!

幼児無料でお財布にやさしい

食べ放題は幼児無料なので、小さな子どもがいるファミリーにオススメです。

完全予約制なので待ち時間なし!

事前に電話予約でスタート時間を決めるので、待ち時間がないのがうれしいですね。

のどかな海の景色を楽しめる

カキ小屋は海辺にあるので、解放感のある海の風景を眺めながらのんびりと食事ができます。

「山田かき小屋」について詳しくはこちら

関連する投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。


花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

東北有数の温泉地として有名な「花巻温泉郷」のある岩手県花巻市。旅館やリゾートホテルが点在する山あいに建つ「山の駅 昭和の学校」は、昔なつかしい昭和の雑貨や日用品を集めた資料館です。廃校になった小学校の校舎を活用した施設内には、20万点以上ものアイテムがずらり!お子さんから大人まで楽しめると人気なんですよ。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


最新の投稿


秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田県秋田市にある「クアドーム ザ・ブーン」は、プールと温泉が一年中楽しめるスパ施設。スリル満点のウォータースライダーや幼児向けプールなど7種類のプールがあり、のびのび遊べると大人気です。屋内なので天候を気にせず過ごせるのも、ファミリーのおでかけにぴったりですね。


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!