山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


ぷりっぷりのカキを次々に口へ運ぶ贅沢

東北自動車道盛岡南ICから車で2時間半ほど。太平洋の荒波と複雑に入り組んだ海岸線が美しい風景を織りなす三陸海岸沿岸の山田町では、例年11月頃からカキのシーズンがやってきます。殻付きの蒸し焼きカキが食べ放題になる「山田かき小屋」には、ちょっと遠くても足をのばす価値があると、全国からたくさんの人が集まります。

鉄板にスコップで豪快に殻付きのカキをのせたら、フタをかぶせて10分ほど蒸し焼きに。フタを開けると、湯気とともに磯の香りが小屋いっぱいに広がります。焼きあがったカキは、スタッフが見事な手さばきで次から次へと殻をむいてくれるので、あとはひたすら口に運び、心ゆくまで味わうだけ!

予約必須!1日4回の完全予約制

「山田かき小屋」の蒸し焼きカキは2名以上の完全予約制で、2日前までに電話で予約が必要です。スタート時間は、11:00、12:00、13:00、14:00の4回で完全入れ替え制なので、予約時に希望の時間帯を伝えましょう。

オススメは制限時間40分の「通常プラン」。途中で10分ほど、カキを蒸し焼きにする時間を含みます。ライス付きで、中学生以上3,000円、小学生2,000円。ご飯はおかわり一膳サービス。幼児は無料なので、小さい子どものいるファミリーにはうれしいポイント。気軽にお得に、カキの食べ放題が楽しめますよ。

ほかには、殻付きカキ10個が味わえる「ちょっとだけプラン」や、ライスとカキ汁が付いた制限時間60分の「ゆったりプラン」もあります。いずれのプランも、ホタテやミニアワビが追加注文できるので、おなかに余裕があればぜひ味わってみてください。

「山田かき小屋」のカキのおいしさの秘密とは?

数あるカキの産地のなかでも、山田湾のカキは豊かな味わいと品質で高評価を得ています。おいしさの秘密は、山田湾の地形。山田湾は、リアス式海岸の地形に加えて湾の入り口が狭く湾内が奥まっているために、波が穏やかでカキの養殖にはもってこいの好条件。栄養をたっぷり蓄えたカキは粒が大きく、とりわけ旨みがあってクリーミーだとグルメの間でも評判です。

「山田かき小屋」では、そんなキレイな山田湾で育ったカキを殻付きのまま豪快に蒸し焼きにすることで、ギュッと詰まった旨みとぷるぷるの食感が楽しめるのです。

カキには適度な塩味がついているので、そのままでも十分おいしく味わえますが、テーブルにはレモンや醤油、一味唐辛子が置いてあるので、いろいろな味を試すのもオススメ。ちなみに、調味料は持ち込みOKなので、ケチャップやポン酢など、お好みのものを持参してもよいかもしれません。飲み物の持ち込みはできないのでご注意を。店内では、ソフトドリンクやビール、地酒も販売しています。

カキのシーズン以外もお楽しみがいっぱい

「山田かき小屋」の蒸し焼きカキ食べ放題は、2018年7月1日までと長期間楽しめるのが特徴。さらに、シーズンオフの間も、豊富な魚介類を生かした多彩なメニューがそろう食堂として人気を集めています。エビやイカ、ホタテなどの海の幸や、新鮮な地元野菜付きの海鮮焼き(要予約)、ボリュームたっぷりの日替わり定食や丼ものなどバラエティ豊かです。

カキのシーズンはもちろん、1年中いつでも新鮮なグルメを味わえる海辺の食堂を訪ね、素朴で贅沢な漁師料理を味わってみてはいかがでしょう。

「山田かき小屋」でカキの食べ放題を楽しむ!ななびチェック!

幼児無料でお財布にやさしい

食べ放題は幼児無料なので、小さな子どもがいるファミリーにオススメです。

完全予約制なので待ち時間なし!

事前に電話予約でスタート時間を決めるので、待ち時間がないのがうれしいですね。

のどかな海の景色を楽しめる

カキ小屋は海辺にあるので、解放感のある海の風景を眺めながらのんびりと食事ができます。

「山田かき小屋」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

岩手県滝沢市は盛岡市に隣接するベッドタウンで、昔から農業が盛んな地域。その滝沢市の市役所前の駐車場で、4月から11月末までの毎週日曜に開催されているのが「たきざわ日曜朝市」です。早朝からオープンする朝市には、新鮮な野菜や果物、スイーツや惣菜など多彩な品々がお手頃な価格で並び、多くの人でにぎわいます。


花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

岩手県花巻市の東和町土沢地区にある「おたすけキッチン」。「自分たちで地域のためになるようなことをしたい」という想いから、地元に住むお母さんたちが中心となって2011年に立ち上げた惣菜屋さんです。ランチタイムともなると、地元産の野菜を使った手づくりの料理がぎゅっと詰まったお弁当や惣菜が店頭に並びます。


宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

岩手県の三陸海岸を走り、“さんてつ”の愛称で親しまれる「三陸鉄道」は、趣向を凝らした企画列車が盛りだくさんなことでも評判です。なかでも毎年4月~9月頃に運行する「お座敷列車」は、ドラマ『あまちゃん』でも話題となった三陸鉄道の名物列車。車窓に広がる海絶景を眺めながらうに丼をほおばる、とっておきの鉄旅が楽しめます。


岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「盛岡さんさ踊り」や「北上・みちのく芸能まつり」など、岩手県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?