仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。


見て、触れて、食べて、ビールができる過程を楽しく学ぼう

近年発展著しい仙台港エリアに建つ「キリンビール工場」へは、仙台東部道路仙台港ICから車で5分ほど。JR多賀城駅から無料シャトルバスも運行しているので、現地でビールを飲みたいパパやママも安心です。

工場へ着いたら、まずは見学の受付へ。キリンビールの看板商品「一番搾り」ができるまでを、ガイドの案内付きで楽しく学ぶことができます。

ビールの原料である麦とホップに触ってみたり、発酵タンクの大きさを体感したり、0℃~1℃に保たれている貯蔵タンクの温度を肌で感じたりと、体験を交えながらの見学コース。設備を見て説明を聞くだけでなく、五感を使って楽しめるよう工夫されています。

麦の試食や麦汁の試飲コーナーもあり、アルコールが入っていないのでお子さんでもOKですよ。

ビールを瓶や缶に詰める工程では、温度管理や無菌状態の徹底ぶりが見てとれ、普段飲んでいるビールが安全・安心に出荷されていることがわかります。

ビールやジュースの試飲は見学後のお楽しみ♪

約50分間の見学を終えたら、最後はゲストホールへ。いよいよお待ちかねの試飲タイムです。
「一番搾り」と「一番搾り黒生」に、「一番搾りプレミアム」などの季節商品を加えた3種類をラインアップ。20分間で1人3杯まで味わうことができます。

新鮮な樽詰めビールをその場でグラスに注いでくれるので、クリアな味わいときめ細やかな泡が印象的。ビールが苦手な人も、そのおいしさに驚いてしまうかもしれません。もちろん、ノンアルコールビールやジュースも豊富にそろうので、ドライバーやお子さんも安心。こちらも1人3杯までOKです。全員におつまみのサービスもありますよ。

工場見学からビールの飲み比べまで楽しめる充実の内容で、すべて無料なのがうれしいですね。

工場でしか買えない限定アイテムをおみやげに

ゲストホールの一角に、キリンビール工場ならではおみやげがそろう「BEER FACTORY SHOP(ビアーファクトリーショップ)」があります。商品はビールを使ったお菓子やロゴマーク入りのTシャツ、文房具など、ここでしか買えない限定アイテムばかり。

チョコレートのなかにビールのゼリーを詰めた「一番搾りビールゼリーチョコレート」や、辛くなくお子さんにもオススメの「柿の種チーズ味」、缶ビールをモチーフにしたメモ帳「一番搾りメモ」などが人気です。

ほかにもゲストホール内には、ビールの製造ラインに入り込んだようなトリック写真が撮れるスポットや、県内沿岸部の町を紹介する「宮城応援ブース」など見どころがいっぱい。工場見学のあとには、ぜひこちらも立ち寄ってみて。

併設のレストランで、宮城の食材を使ったメニューを

見学を満喫しておなかが空いたら、敷地内に建つレストラン「キリンビアポート仙台」へ。「食材王国みやぎ地産地消推進店登録」第1号に選ばれている、地場食材をたっぷり味わえるお店です。

宮城の野菜をふんだんに取り入れたデリカビュッフェに加え、出汁にビールを加えた「ビールしゃぶしゃぶ」、宮城県産の豚肉を使った「伊豆沼農産ソーセージ盛り合わせ」など、バラエティ豊富なメニューがそろいます。未就学のお子さん向けの「お子様プレート」も用意されているので、ファミリーで楽しめますよ。

工場見学は混み合うこともあるため、事前にホームページから予約をしておくのがオススメ。次の休日には、ぜひ家族みなさんでおでかけしてみませんか?

お子さんも一緒に楽しめる「キリンビール仙台工場」!ななびチェック!

五感を使って楽しく工場見学

視覚や触覚、味覚を使いながら楽しめる見学コースです。クイズ形式で学べるコーナーも。

試飲コーナーではジュースが飲めます

ビールだけでなく、缶ジュースやお茶なども飲むことができるので、お子さんも思わず笑顔に。

ゲストホールには子ども用イスを完備

自由に使える子ども用イスが置かれているので、小さなお子さん連れでも安心。

「キリンビール仙台工場」について詳しくはこちら
「キリンビアポート仙台」について詳しくはこちら

関連する投稿


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。