酒田 |「さかた海鮮市場」買って、食べて、港町・酒田のおいしさを楽しもう

酒田 |「さかた海鮮市場」買って、食べて、港町・酒田のおいしさを楽しもう

江戸時代から港町として栄える酒田で、海を目の前にした場所にある「さかた海鮮市場」。1階には庄内浜で水揚げされたばかりの魚介を買える鮮魚店、2階には旬魚を惜しげもなく盛ったボリューム満点の海鮮丼が味わえる食事処と、酒田の魚介のおいしさをとことん味わえる施設として人気を集めています。


「西の堺、東の酒田」と呼ばれ栄えた、酒田港近くの市場

酒田は最上川河口に位置する昔からの港町。江戸時代には、江戸へ物資を運ぶための西まわり航路の起点でした。山形県内各地からの舟運によって、紅花や米、特産品などが運ばれる集積地となり、酒田から江戸や大阪へたくさんの荷物が送られていったのです。

そのおかげで酒田の商人は大いに栄え、なかでも本間家は昭和初期まで「日本一の大地主」と呼ばれるほどに繁栄しました。

「さかた海鮮市場」は、そんな歴史をもつ酒田港の近くにあります。飛島と酒田を行き来する定期船の発着場に隣接し、市場のテラスからは日本海へ向かっていく船の姿も望めますよ。

1階にある鮮魚店には庄内浜の地魚がたくさん

レンガ色の大きな建物の「さかた海鮮市場」。館内の1階には、広いスペースにずらりと魚介が並ぶ「菅原鮮魚 さかた海鮮市場本舗」があります。日本海に面した庄内浜は、年間通して多くの魚介が水揚げされます。

タイやカレイ、タコなど1年中獲れる魚介のほか、秋から冬にかけて日本海で多く獲れるハタハタやタラなどもケースに並びます。

それぞれの魚のおいしい調理法などをスタッフから直接教えてもらえるのも、地元の鮮魚店ならでは。煮魚、鍋、刺身…同じ魚でも時季によりオススメの食べ方があるので、教わるのが一番。

また、調理済みの魚やお弁当なども販売していて、おなかの空いたお子さんのおやつにもぴったりです。

12~15種ものネタがのった名物丼を味わう

館内2階にあるのが、ランチタイムに行列ができることも珍しくない「海鮮どんや とびしま」です。海側に大きな窓を設けた広い店内からは、酒田港を行く船を眺めながらの食事が楽しめます。

メニューはもちろん、日本海の旬魚が中心。定食、お膳、舟盛りなどさまざまな海鮮メニューがありますが、一番人気は「海鮮丼」です。

その日の水揚げによって変わりますが、12~15種のネタが大きな丼にてんこ盛り!この日は、マグロ、ブリ、エビなどの定番ネタのほか、タイやヒラメの地魚など合計14種のネタがのっていました。日本海のおいしさがギュッと詰まった丼を豪快に頰張りましょう。

ウッドデッキで海を眺めながらのんびり

1階の鮮魚店の外には、海に面したウッドデッキが備えられています。テーブルとイスもあり、飛島へ向かう定期船を眺めながらのんびりとくつろげます。鮮魚店で惣菜やお弁当などを購入して、ここで味わうのもいいですね。

館内のあちこちで庄内浜のおいしさを体感できる「さかた海鮮市場」。気軽に遊びでかけ、海を眺めながら旬魚を満喫しましょう!

ファミリーでおでかけしよう!「さかた海鮮市場」のななびチェック

1階には広いウッドデッキがあります

ウッドデッキには木製のテーブルとイスがあり、海を眺めながら休憩できます。

食事処にはゆったりした座敷席も

2階の「海鮮どんや とびしま」は、店内の座敷席が広いのでファミリーでの食事に最適です。

大きな定期船を目の前で見学!

定期船・とびしまの発着場でもあり、行き交う船を目の前で見られます。

「さかた海鮮市場」について詳しくはこちら

関連する投稿


酒田 |「オランダせんべいFACTORY」トリック写真や手焼き体験が楽しめるせんべい工場を見学!

酒田 |「オランダせんべいFACTORY」トリック写真や手焼き体験が楽しめるせんべい工場を見学!

山形県酒田市にある「オランダせんべいFACTORY」は、地元の銘菓「オランダせんべい」の観光工場。見学エリアには、米づくりやせんべいの歴史、オランダせんべいについて説明したパネルがあるほか、通路の途中にはトリック写真が撮影できるエリアも。手づくり体験コーナーや米粉のスイーツを味わえるカフェもあるので、家族でゆっくり楽しめますよ。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。