山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


約1,100年もの歴史を持つパワースポット・山寺

山形随一の景勝地である山寺は、悪縁を切り良縁に導くパワースポットとして古くから信仰を集める古刹。荒々しく切り立った岩山全体を境内としてたくさんの堂宇が建ち並ぶ姿から、「山寺」の愛称で親しまれています。

JR山寺駅から山寺の登山口までは徒歩約7分。「登山口」とはありますが、ご心配なく。ところどころに急勾配や狭い道があるものの、頂上までは1,015段の階段が敷かれているので、お子さんでも登りやすい登山道となっています。眺めを楽しみながらゆっくり登れば、片道1時間ほどです。

まるで山を這うように敷かれた階段は、右へ左へと何度も向きを変えながら頂上へと続きます。大小のお堂や奇岩怪石など、変化に富んだ光景に飽きることはありません。

なかでも見どころは、頂上の手前に建つ五大堂からの眺め。断崖から突き出すように建てられた舞台造りのお堂から眼下を眺めれば、昔懐かしい日本の山村風景が広がります。

紅葉の見頃は10月下旬

全山をカエデやイチョウに包まれた山寺の紅葉は10月中旬から少しずつ色づきはじめ、10月下旬~11月上旬が見頃。

山形は朝晩の寒暖差が大きいこともあり、木々の変化は色濃く鮮やか、赤やオレンジ、黄のコントラストが目にまぶしく感じられるほど。頂上までの道のりの途中に頭上を眺めれば、覆いかぶさるような紅葉の透き間に澄んだ青空の美しいコントラストを見ることができます。

五大堂からの秋の眺めも、それは見事なもの。山々の遠く彼方まで鮮やかな錦色に染まり、まるで赤い波のような山並みの眺めを楽しめます。

ライトアップで浮かび上がる幽玄な山寺

紅葉の見頃にあわせ、2017年10月28日(土)~11月12日(日)には「宝珠山ライトアップ・光のロード」を開催。山寺の五大堂と開山堂がライトアップされ、暗闇に包まれた山肌に光るお堂が浮かび上がります。

また、JR山寺駅から山寺登山口付近にある根本中堂までの道のりは約200個のキャンドルに灯され、やさしい光に満ちた回廊が現れます。昼間とはまた違う、夜の山寺が幻想的な光に包まれる風景は、美しい絵画や映画のワンシーンのようにドラマチック。きっとお子さんにとっても秋の思い出として心に残ることでしょう。

おやつにオススメ♪さくらんぼソフト

にぎやかな参道沿いに店を構える「ふもとや本店」は、山形みやげや山形名物の食事が楽しめるお店。ここで絶大な人気を誇るのが、「さくらんぼソフトクリーム」です。

ナポレオンや南陽など県産さくらんぼの果汁をブレンドし、さくらんぼの果肉ピューレを加え、風味はさらに豊かに。さくらんぼの甘酸っぱい爽やかな味が、喉の乾きをそっと癒やしてくれます。ラ・フランス味や、ミルクとのミックス味もあるので、好きな味を楽しんでくださいね。

紅葉とライトアップを一度に楽しめる秋の山寺へ、家族ででかけてみてはいかがですか?

山寺観光を楽しむ、ななびチェック!

多彩にそろう参道グルメ

参道には食事処やみやげ店などがたくさん。山形名物の玉こんにゃく、そば、芋煮など、ランチやおやつにぴったりのメニューがそろいます。

山寺登山は歩きやすい靴で

頂上まで階段や坂が続くので、履きなれた靴で行くのがオススメ。雨上がりは階段で靴が滑らないように気をつけて。

山寺芭蕉記念館から山寺を一望

時間に余裕があれば、登山口から歩いて約15分の山寺芭蕉記念館へ。山寺を一望できる高台にあり、秋の紅葉も格別です。

「山寺(宝珠山立石寺)」について詳しくはこちら
「ふもとや 本店」について詳しくはこちら

関連する投稿


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


山形 |「山形花笠まつり」、「酒田花火ショー」…2018年山形の夏まつりまとめ

山形 |「山形花笠まつり」、「酒田花火ショー」…2018年山形の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「山形花笠まつり」や「酒田花火ショー」など、山形県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


最上郡 |「幻想の森」で大自然の神秘に出会う!最上エリアの巨木スポット

最上郡 |「幻想の森」で大自然の神秘に出会う!最上エリアの巨木スポット

森林が県土の約70%を占める山形県。なかでも北東部に位置する最上エリアは、知る人ぞ知る巨木の宝庫です。古代から大地に根を張る巨木たちは樹齢1,000年をゆうに超えるものもあり、その姿を目の前にすれば、存在の大きさに心が動かされるかも。今回は、森の巨人たちに出会える最上エリアの巨木スポットをご紹介します。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。