岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


歴史にグルメ、地元の文化を体感できる!秋祭り&グルメイベント

Getty logo

奥州市「奥州前沢文化と産業まつり」

前沢の産業まつりと芸術祭が合体して開催される、食と文化のおまつり「奥州前沢文化と産業まつり」。地元農産物、特産品の展示販売をメインに、前沢の姉妹都市である北海道・厚真町の物産展など、多くのイベントが行なわれます。また、文化面では、区内で活躍している団体・個人によるアート作品の展示、音楽イベント、お茶会なども。さまざまな地元文化を体験できます!

「奥州前沢文化と産業まつり」について詳しくはこちら

奥州市「奥州水沢グルメまつり「第29回日本一ジャンボ鉄鍋“大芋の子会”」」

南部鉄器で有名な鋳物のまち・奥州水沢で制作した「日本一のジャンボ鉄鍋」を使って地元グルメを味わうお祭り。鉄鍋は直径3.5メートル、重さ5トン!里芋500キロ、鶏肉320羽分で端正込めたつくられる約6,000人分の「芋の子汁」がふるまわれます。さらに、9メートルものじゃんぼまな板での調理やフォークリフトで行われる配膳作業など、大勢のスタッフの力が結集する一体感は、見ているだけでも楽しめます。材料はすべて地元の食材とのこと、水沢グルメを味わえるイベントです。

釜石市「釜石まつり」

大漁旗をはためかせ盛大に行なわれる曳き船のまつり「釜石まつり」は、漁業の守り神である尾崎神社と山神社の合同祭。中日となる10月14日(土)に「曳き船」が行なわれます。ご神体を乗せた召船をメインに、舳先には郷土芸能である虎舞、続いて鹿踊、神楽、山車、手踊りが行列となり、海上を渡御する豪華パレード。最終日はお神輿を中心とした行列が市内を練り歩きます。

「釜石まつり」について詳しくはこちら

陸前高田市「平成29年 全国太鼓フェスティバル」

故郷・高田市の復興への願いを込めた、地域活性化と観光振興のためのイベント「平成29年 全国太鼓フェスティバル」。「いのちは、鼓動からはじまる」というテーマのもと、陸前高田市立第一中学校の体育館を会場に、全国から和太鼓演奏の団体が集結します。魂のこもった熱き鼓動を感じられるステージを体感してはいかがでしょうか。

「平成29年 全国太鼓フェスティバル」について詳しくはこちら

秋の真っ赤な芸術を堪能!美しい紅葉スポット

Getty logo

一関市「厳美渓の紅葉」

一関市の観光スポットのなかで人気の渓流といえば「厳美渓」。栗駒山から市内に流れる磐井川の流れがつくりだした渓流で、奇岩、怪岩、深淵に滝と、2キロメートルほどにわたり、目を楽しませてくれます。紅葉シーズンになると、川岸をモミジが赤く色づき、よりいっそうの美しさに。景色を眺めたあとは、岸の向こう側からカゴが飛んでくる厳美渓名物「空飛ぶだんご」もオススメです。

「厳美渓」について詳しくはこちら

ななびでは「厳美渓」について詳しくご紹介しています!

盛岡市「盛岡城跡公園(岩手公園)の紅葉」

盛岡城跡にある、広さ9.2ヘクタールほどの公園。桜のシーズンも人気ですが、400本以上ものイロハモミジやイタヤカエデ、ナナカマドといった木々が赤や黄色で色とりどりに染まる紅葉シーズンも、また別格の美しさ。市内外から大勢の人々でにぎわいます。JR盛岡駅からは徒歩でも約20分なので、季節を楽しむお散歩コースとしてもよさそうです。

「盛岡城跡公園(岩手公園)」について詳しくはこちら

八幡平市 「八幡平の紅葉」

絶景ドライブコースとして有名な八幡平。全長約27キロメートルの「八幡平アスピーテライン」「八幡平樹海ライン」では、ドライブとともに紅葉を楽しめます。コーナーを曲がるたびに飛び込んでくるブナやカエデなどの紅葉は見事です。10月14日(土)・15日(日)には八幡平温泉郷フォレストアイ駐車場で「八幡平紅葉まつり」が開催されます。あわせて足を伸ばしてみるのもオススメです。

「八幡平」について詳しくはこちら

遠野市「荒川高原の紅葉」

標高約1,917メートルの早池峰山から広がる、約2,500平方メートルもの高原では、紅葉シーズンになると、カエデやナラ、ブナといった木々が赤や黄色に色づきます。舗装されている林道を散策しながら、紅葉散歩を楽しめ、高原のすその位置には荒川渓谷も。美しい自然を満喫できるスポットです。

「荒川高原」について詳しくはこちら

まとめ

いかがでしたか?食欲の秋、お祭りに出向いて旬の味覚を味わってみるというのも楽しみ方のひとつ。ぜひこの機会に地元愛を深めるのもよいのではないでしょうか。参考になったら、ぜひシェアしてください!

関連する投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。