新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

昭和の時代にタイムスリップしたかのように懐かしい。そんな気分になる商店街が新潟市の中心部にある「人情横丁」。新潟ならではの食材やお菓子、雑貨に至るまで、現在は38軒の個性豊かなお店が並び、食事ができる店もたくさんあります。人情あふれるお店の人たちとの会話は心がホッと温まりますよ。世代を超えて楽しめる横丁に寄りなれて!


堀の上に立つ、全長160メートルの商店街

「人情横丁」は新潟市街の中心、“新潟の台所”と呼ばれる本町にあります。正式名称は「本町中央市場商店街」で、昔は堀だった場所につくられたので正式な住所がありません。創立は終戦まもない1951年。露天商たちが集まってここに店を出したそうです。

全長160メートル、長屋のような趣で、現在は38店舗が並んでいます。浜焼きや干物、乾物、茶、菓子、雑貨と新旧さまざまなジャンルのプロが集まっているので、気になることがあったら気軽に聞いてみましょう。わかりやすく、丁寧に教えてくれて、とっても得した気分になります。

そして人情横丁の真ん中には、商売繁盛縁結びの神様「白龍大権現」が祀られています。立ち寄って、いろんなご縁を授かってみては。

その日にとれた魚を、その日のうちに加工する「石山商店」

新潟沖でとれたての鮮魚の一夜干しがおいしい「石山商店」。こちらは人情横丁の創設当時から続くお店。ノドグロや柳カレイなどの一夜干しはお土産や進物に、普段使いにはハタハタやイワシがオススメです。

看板商品は鮭。天然の北海道産鮭を季節に応じた調理法で提供してくれます。冬に新巻鮭が軒下にズラッと干される光景は圧巻ですよ。

「ご要望があれば魚を炭火で焼きますよ。ここで食べていってください」と3代目の石山さん。お客さんの声を聞き、総菜もリクエストに応えてつくるようになったとか。「うちは佐渡の焼きアゴや干し貝柱などのだしも扱っています。海産物店のだしの味が利いた総菜をうまいと言ってもらえるのがうれしいですね」。

昔ながらの豆と駄菓子が郷愁をそそる「笠原豆店」

看板に“ピーナッツの専門店”とありますが、新潟の懐かしいお菓子もこちらにそろっています。自家製のバターピーナッツは特においしいのでオススメです。

看板娘の笠原さんとのおしゃべりを楽しみにやってくるお客さんも多く、店内はいつも笑い声が絶えません。今まで訪れた有名人の写真やサインが多く貼られ、店の温かい雰囲気に自然と人が集まってくるのかもしれませんね。初めて一人で訪れても、温かく迎えてくれますよ。

「Shuna’s Closet」はワンちゃんのためのオーダーメイドの服やオシャレなグッズも

ワンちゃんにももっとオシャレをさせてあげたいと思っている方は、犬の服やグッズ、フードなどを扱う「Shuna’s Closet(シュナズ クローゼット)」へ! 小型犬から大型犬までサイズも幅広くそろい、かわいらしくてセンスがよいものばかり。服やカラー・リードは生地を選んでオーダーメイドで作ってもらえます。

服はワンちゃんと一緒に来店して採寸するのがベストですが、お手持ちの服を持っていけばそれにあわせてつくってもらうこともできます。小型犬なら1,600円~、大型犬は2,400円~で、約1ヶ月半で完成です。

オーナーの渡辺貴子さんは飼い犬の洋服が気に入ったものが見つからないことから、自ら犬の服づくりをはじめたのだとか。かわいいと評判で、新潟県外からもワンちゃんを連れて訪れる人もたくさん。

「最近は、虫や直射日光を避けるために、真夏でもワンちゃんには服を着せることを勧める獣医さんもいらっしゃいます。取り扱うグッズは、自分が使ってみてよかったものでかわいくて、値段もリーズナブルなものを選んでいます」と渡辺さん。大切なワンちゃんに似合うグッズが見つかるはずです。

おいしくて殺菌作用にも優れたニュージーランドのはちみつ専門店「Te Ora」

高い抗菌作用と濃厚な味わいで話題のはちみつ「マヌカハニー」が買える「Te Ora(テ オラ)」。マヌカはニュージーランドにしか自生しない野生植物です。

ちょっと味にクセがありますが、紅茶に入れてもいいし、朝晩スプーン1杯そのまま食べるという人も。切り傷やすり傷、口内炎に塗ってもいいそう。

以前、現地に住んでいたスタッフがお店でマヌカハニーの楽しみ方を説明してくれます。他にも砂糖、保存料、乳化剤を一切使用しないピーナツバターも扱っています。最近、風邪をひきやすくなったと思う人はぜひ、立ち寄ってみては。

新潟や世界のいいものが集まっていて、雰囲気は昭和レトロ。地元の人の毎日のお買い物に、旅のお土産にと新潟にはなくてはならない存在の「人情横丁」を訪れてみてください。

選りすぐりの専門店がまだまだあります。ななびチェック!

オリジナリティーが光る

ハーブをその人の肌の調子にあわせて調合し、虫よけや保湿剤をつくってくれる店や、台湾に自分の茶畑を持つ烏龍茶専門店、古布を使って店内で機を織る織物の店などもあります。

ワールドワイドな商品も

タイの生活雑貨やアメリカの直輸入雑貨など、ついついコレクションしたくなる、お気にリ入りのアイテムがきっと見つかります。

食事処も充実

ラーメン、すし、そば、体に優しい家庭料理の店、かき氷、カフェなど飲食店もたくさんあるので、腹ペコで行くべし!

「人情横丁」について詳しくはこちら
「石山商店」について詳しくはこちら
「Shuna’s Closet」について詳しくはこちら
「Te Ora」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?