新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

昭和の時代にタイムスリップしたかのように懐かしい。そんな気分になる商店街が新潟市の中心部にある「人情横丁」。新潟ならではの食材やお菓子、雑貨に至るまで、現在は38軒の個性豊かなお店が並び、食事ができる店もたくさんあります。人情あふれるお店の人たちとの会話は心がホッと温まりますよ。世代を超えて楽しめる横丁に寄りなれて!


堀の上に立つ、全長160メートルの商店街

「人情横丁」は新潟市街の中心、“新潟の台所”と呼ばれる本町にあります。正式名称は「本町中央市場商店街」で、昔は堀だった場所につくられたので正式な住所がありません。創立は終戦まもない1951年。露天商たちが集まってここに店を出したそうです。

全長160メートル、長屋のような趣で、現在は38店舗が並んでいます。浜焼きや干物、乾物、茶、菓子、雑貨と新旧さまざまなジャンルのプロが集まっているので、気になることがあったら気軽に聞いてみましょう。わかりやすく、丁寧に教えてくれて、とっても得した気分になります。

そして人情横丁の真ん中には、商売繁盛縁結びの神様「白龍大権現」が祀られています。立ち寄って、いろんなご縁を授かってみては。

その日にとれた魚を、その日のうちに加工する「石山商店」

新潟沖でとれたての鮮魚の一夜干しがおいしい「石山商店」。こちらは人情横丁の創設当時から続くお店。ノドグロや柳カレイなどの一夜干しはお土産や進物に、普段使いにはハタハタやイワシがオススメです。

看板商品は鮭。天然の北海道産鮭を季節に応じた調理法で提供してくれます。冬に新巻鮭が軒下にズラッと干される光景は圧巻ですよ。

「ご要望があれば魚を炭火で焼きますよ。ここで食べていってください」と3代目の石山さん。お客さんの声を聞き、総菜もリクエストに応えてつくるようになったとか。「うちは佐渡の焼きアゴや干し貝柱などのだしも扱っています。海産物店のだしの味が利いた総菜をうまいと言ってもらえるのがうれしいですね」。

昔ながらの豆と駄菓子が郷愁をそそる「笠原豆店」

看板に“ピーナッツの専門店”とありますが、新潟の懐かしいお菓子もこちらにそろっています。自家製のバターピーナッツは特においしいのでオススメです。

看板娘の笠原さんとのおしゃべりを楽しみにやってくるお客さんも多く、店内はいつも笑い声が絶えません。今まで訪れた有名人の写真やサインが多く貼られ、店の温かい雰囲気に自然と人が集まってくるのかもしれませんね。初めて一人で訪れても、温かく迎えてくれますよ。

「Shuna’s Closet」はワンちゃんのためのオーダーメイドの服やオシャレなグッズも

ワンちゃんにももっとオシャレをさせてあげたいと思っている方は、犬の服やグッズ、フードなどを扱う「Shuna’s Closet(シュナズ クローゼット)」へ! 小型犬から大型犬までサイズも幅広くそろい、かわいらしくてセンスがよいものばかり。服やカラー・リードは生地を選んでオーダーメイドで作ってもらえます。

服はワンちゃんと一緒に来店して採寸するのがベストですが、お手持ちの服を持っていけばそれにあわせてつくってもらうこともできます。小型犬なら1,600円~、大型犬は2,400円~で、約1ヶ月半で完成です。

オーナーの渡辺貴子さんは飼い犬の洋服が気に入ったものが見つからないことから、自ら犬の服づくりをはじめたのだとか。かわいいと評判で、新潟県外からもワンちゃんを連れて訪れる人もたくさん。

「最近は、虫や直射日光を避けるために、真夏でもワンちゃんには服を着せることを勧める獣医さんもいらっしゃいます。取り扱うグッズは、自分が使ってみてよかったものでかわいくて、値段もリーズナブルなものを選んでいます」と渡辺さん。大切なワンちゃんに似合うグッズが見つかるはずです。

おいしくて殺菌作用にも優れたニュージーランドのはちみつ専門店「Te Ora」

高い抗菌作用と濃厚な味わいで話題のはちみつ「マヌカハニー」が買える「Te Ora(テ オラ)」。マヌカはニュージーランドにしか自生しない野生植物です。

ちょっと味にクセがありますが、紅茶に入れてもいいし、朝晩スプーン1杯そのまま食べるという人も。切り傷やすり傷、口内炎に塗ってもいいそう。

以前、現地に住んでいたスタッフがお店でマヌカハニーの楽しみ方を説明してくれます。他にも砂糖、保存料、乳化剤を一切使用しないピーナツバターも扱っています。最近、風邪をひきやすくなったと思う人はぜひ、立ち寄ってみては。

新潟や世界のいいものが集まっていて、雰囲気は昭和レトロ。地元の人の毎日のお買い物に、旅のお土産にと新潟にはなくてはならない存在の「人情横丁」を訪れてみてください。

選りすぐりの専門店がまだまだあります。ななびチェック!

オリジナリティーが光る

ハーブをその人の肌の調子にあわせて調合し、虫よけや保湿剤をつくってくれる店や、台湾に自分の茶畑を持つ烏龍茶専門店、古布を使って店内で機を織る織物の店などもあります。

ワールドワイドな商品も

タイの生活雑貨やアメリカの直輸入雑貨など、ついついコレクションしたくなる、お気にリ入りのアイテムがきっと見つかります。

食事処も充実

ラーメン、すし、そば、体に優しい家庭料理の店、かき氷、カフェなど飲食店もたくさんあるので、腹ペコで行くべし!

「人情横丁」について詳しくはこちら
「石山商店」について詳しくはこちら
「Shuna’s Closet」について詳しくはこちら
「Te Ora」について詳しくはこちら

関連する投稿


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

新潟県小千谷市で開催される「おぢや風船一揆」。毎年2月下旬の土曜・日曜に行なわれ、2019年で43回目を迎えます。「風船」といっても実は熱気球のこと。雪に覆われた田んぼの上空を、色鮮やかな熱気球が飛び交う光景は圧巻です! ほかにもみどころ盛りだくさんな、大人も子どもも楽しめる「おぢや風船一揆」をご紹介します。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


最新の投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。