雫石 |「小岩井農場」の収穫祭でハロウィンランタンをつくろう!

雫石 |「小岩井農場」の収穫祭でハロウィンランタンをつくろう!

岩手山南麓に広がる3,000ヘクタールもの広大な「小岩井農場」。その観光エリア・まきば園は、のどかな風景のなかで1日中遊べるファミリーに大人気のスポットです。秋は大花壇にコスモスが咲き誇り、11月5日までは恒例の「小岩井農場収穫祭」も開催。農場産のかぼちゃを使ったハロウィンランタンづくりなどを体験できます。


農場内の観光エリアでアクティビティを満喫!

東北自動車道盛岡ICから車で15分ほど。雄大な岩手山を背景にヒツジやウシが草を食む、ほのぼのとした草原が広がる「小岩井農場」があります。

場内では、乗馬体験をはじめ動物とのふれあいや、体をフルに使って遊べるアトラクション、自然を活かしたガイド付きツアーなどアクティビティが充実。お子さんからシニアまで夢中になれると評判です。

数あるアクティビティのなかでも、ファミリーに人気なのが「小岩井ひつじショー」。ひつじ飼いと牧羊犬のコンビネーションで、楽しいショーパフォーマンスやひつじ飼いのお仕事・ひつじの生態の紹介など幅広い年代が満喫できる内容です。11月上旬までみられます。

秋の風物詩、小岩井農場収穫祭を開催中!

2017年10月1日(日)~11月5日(日)までは、実りの秋を楽しむイベント「小岩井農場収穫祭」が開催されています。

小岩井農場の畑に実ったりんごやじゃがいも、かぼちゃなど、採れたての野菜やフルーツを販売する特設の産直コーナーが登場。赤ビーツなど珍しい食材も並びます。お手頃価格で購入し、ご家庭で秋の味を満喫してくださいね。

レストランでは、農場産羊肉や牛肉食べ放題を日付限定で開催するほか、数量限定でお得なおみやげセットも販売しています。

ハロウィンのシンボル、かぼちゃのランタンづくりを体験!

収穫祭といえば、毎年10月31日に行なわれるハロウィンが日本でも定着してきました。ヨーロッパで生まれたこの伝統行事にかかせないのが、かぼちゃをおばけのようにかたどったハロウィンランタン。

収穫祭の期間は土曜日限定で、小岩井農場産の大きなかぼちゃを使った「ハロウィンランタンづくり」が体験できます。スタッフがレクチャーしてくれるので、気軽にトライしてみましょう。つくり方は意外とシンプルで、所要30分ほどでできあがります。かぼちゃに顔のイメージを書きこむのがポイントだそうですよ。

開催日時は10月の毎週土曜日、7・14・21・28日の9:30~11:30、13:00~15:30。予約は不要で、雨天の場合は中止になります。料金はかぼちゃ大2,000円、かぼちゃ小1,000円、別途入場料が必要です。

コスモス大花壇の前で記念撮影しよう

秋の小岩井農場は、コスモスも見ごろに。3ヘクタールもの大花壇には3,000本ものコスモスが咲き誇ります。岩手山を背景にしたコスモス花壇前では記念撮影もオススメ。また、入園口からコスモス大花壇までは片道300円で「コスモス畑もーもーライナー」も運行中。2017年は11月上旬頃までが見頃です。

秋色に染まる小岩井農場。思い思いのハロウィンランタンづくりや、牧場産の秋の味覚を満喫してくださいね。

ファミリーにオススメ!「小岩井農場」のななびチェック!

雨の日は木工体験にチャレンジ

雨の日も楽しめるのが、室内でできる木工体験。小岩井農場産の木材を使った「木~ホルダー」や、動物などのキットを使って、オリジナルの小物がつくれます。

小岩井ウィンターイルミネーション

2017年11月18日(土)~2018年1月28日(日)まで開催される冬の風物詩。農場の夜をイルミネーションが彩ります。光のトンネルや土曜日は花火の打ち上げもありますよ。またイルミネーションにあわせてジンギスカン食堂もオープンします。

年間パスポートがおトク!

1年間何度でも入場できるパスポート。毎年冬に行なわれる「小岩井ウィンターイルミネーション」にも使用でき、「5」のつく日は園内での食事代・おみやげ代が10%割引などさまざまな特典が付きます。中学生以上2,000 円、5歳から小学生1,000円。

「小岩井農場」について詳しくはこちら

関連するキーワード


岩手県 雫石 雫石 グルメ

関連する投稿


岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

岩手銘菓・南部せんべいの生産地として知られる二戸市。伝統の南部せんべいにチョコレートをあわせた、新感覚のお菓子を製造・販売する施設「北のチョコレート工場&店舗 2door(ツードア)」がオープンしました。工場見学やおみやげ選びをしたり、イートインでスイーツを味わったりと、南部せんべいの新たな魅力にふれられますよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡駅から車で約10分、北上川沿いに位置する鉈屋町(なたやちょう)は、かつて舟運の要所として栄えた街。明治時代に建てられた町家が並び、ノスタルジックな景観が広がっています。近年その街並みを保存活用する動きが進み、レトロな街歩きが楽しめると注目されています。親子で楽しめるスポットもあり、休日のおでかけにぴったりですよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡グルメで欠かせないのが、バラエティ豊かな3種の麺グルメ。一口分のそばを次々と平らげる「わんこそば」、コシのある麺を旨辛スープで味わう「盛岡冷麺」、各店秘伝の肉味噌をのせた「盛岡じゃじゃ麺」の3つが「盛岡三大麺」と呼ばれ、地元はもちろん全国にその名が知られています。なかでも、各ジャンルを代表する人気店をご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。