蔵王 |「空中さんぽde星空さんぽ」で、秋の夜長の星空鑑賞を楽しもう

蔵王 |「空中さんぽde星空さんぽ」で、秋の夜長の星空鑑賞を楽しもう

秋分の日が過ぎ徐々に夜が長くなるこの時季は、星空鑑賞にぴったり。「みやぎ蔵王えぼしリゾート」では、11月4日(土)までの期間限定で、ロープウェーゴンドラで行く標高約1,100メートルのゲレンデから、星空などを鑑賞するツアーを開催しています。空気の澄んだ山の展望台から、都会では見られない満天の星空を眺めてみませんか。


ナイトゴンドラに乗って星空鑑賞へ

蔵王連峰の一角にある「みやぎ蔵王えぼしリゾート」といえば、4キロメートルを越える長距離ゲレンデで知られる県内最大級のスキー場です。仙台市街から車で約1時間とアクセス抜群ながら、上質な雪を楽しめるとあって、真冬になると宮城県内外から多くのスキーヤーが集まります。

実はこちら、スノーシーズンだけでなくグリーンシーズンもお楽しみが満載。標高約1,100メートルのゲレンデまで一気に登っていくロープウェーゴンドラなど、充実した施設と大自然を活かしたイベントが年間を通して企画されています。

これからの季節にオススメなのが、土・日曜を中心に開催される「空中さんぽde星空さんぽ」。星空ガイドのお話を聞きながら、ゲレンデや展望台から満天に輝く星空などをゆったりと鑑賞ができます。

夜18:30、あたりが夕闇に包まれる頃、参加者はゴンドラ乗り場に集合。6人乗りのゴンドラに乗って、山の中腹にある石子ゲレンデを目指します。

暗闇のなか、木々のすきまから見える麓の遠刈田温泉街の明かりが徐々に小さくなり、はるか遠くには仙台市街の明かりがちらちら。約15分間の空中さんぽは、いつもより星空に近い場所に向かっているようでワクワクします。

ガイドさんの話に耳を傾け秋の星空を観察

ゴンドラを降りたら、目の前のレストハウスへ。ここでは、専門のガイドさんが、秋の星座や由来となったロマンチックな神話など、多彩な星の話を聞かせてくれます。夜空への興味が高まったところで、広いゲレンデで大の字になってゆっくり星空を眺めましょう。

市街地の明かりに邪魔されない、今まで見たこともないようなキラキラと輝く星空にきっと感動するはず。教えてもらったばかりの星座を親子で探しあうのも楽しいですね。望遠鏡も設置されているので、月の表面や惑星、星雲など肉眼では見えないものをじっくり観察することもできますよ。

流星群の日を狙って、ツアーに参加するのもオススメ。2017年は10月21日(土)の20:00にオリオン座流星群がピークを迎えます。新月の次の日で月明かりもひかえめ。観測条件としては好条件なので、自然のなかでたくさんの流れ星を見られるかもしれません。

ライトアップされたロックガーデンを歩こう

レストハウスから林を抜けて少し歩くと、高山植物が植えられた蔵王展望ロックガーデンがあります。昼間はトレッキングの途中に訪れる人も多い人気のスポットです。

円形に配置された岩に沿うように植えられた可憐な高山植物や花々を見ながら散策ができます。寒暖差が大きく、激しい風雨に晒される厳しい環境下でも、たくましく咲き育つ様子がなんとも健気です。

「空中さんぽde星空さんぽ」の開催中は、この蔵王展望ロックガーデンがライトアップ。夜もガーデン内を散策できます。暗闇に浮かび上がるような光景は、昼間とは打って変わって幻想的な雰囲気。またロックガーデンに設置された展望台からは、仙台市街地の夜景や仙台空港の誘導灯、飛行機の離発着が眺められることも。星空鑑賞とあわせて訪れたいですね。

昼間の紅葉も見逃せない!

宮城蔵王は、10月から11月上旬が紅葉シーズン本番。
ロープウェーゴンドラは昼間も運行しているので、鮮やかに色づいた景色を眺めながら空中さんぽを楽しめます。天気がよければ、遠く石巻市の牡鹿半島まで見える日もありますよ。

「みやぎ蔵王えぼしリゾート」では、宮城県の秋の風物詩“芋煮”とバーベキューのプランも用意されています。家族や友達グループで、大鍋で豚肉や地場産の里芋・蔵王町産どだれ芋を煮込みながら、賑やかに自然のなかで食事を楽しめます。

材料や鍋などの道具は事前に用意されているので、手ぶらでOKなのがうれしいですね。テントも用意されているので、雨が降っても安心です。

昼間のイベントを楽しんだら、夜は「空中さんぽde星空さんぽ」でじっくり星空鑑賞。秋ならではの楽しみを満喫できますよ。

「空中さんぽde星空さんぽ」の持ち物はコレ!ななびチェック!

防寒・雨天対策はしっかりと

夜間になると、昼間の気温から20℃近く下がることも。ダウンの用意など万全の対策を。また、山の天気は変わりやすいので、急な雨にも対応できるよう、雨具も用意しておきましょう。

地面にねっころがるならレジャーシートも用意

レジャーシートやアウトドア用のチェアーも持参しましょう。ゲレンデの好きな場所で、鑑賞することができますよ。

懐中電灯もあると便利

山のなかは暗く、見通しの悪い場所も。ロックガーデンなどは歩き回ることも多いので、足元を照らす懐中電灯を持っていきましょう。

「空中さんぽde星空さんぽ」について詳しくはこちら

関連する投稿


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。



最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?