盛岡 |「KANEIRI STANDARD STORE」で見つける東北のクラフトアイテム

盛岡 |「KANEIRI STANDARD STORE」で見つける東北のクラフトアイテム

「KANEIRI STANDARD STORE」は、東北6県の伝統工芸品を中心に、国内外から集められた文具やアクセサリー、本などをセレクトする雑貨店。鮮やかな色味やポップなデザインなど、暮らしを明るく彩ってくれるアイテムが並びます。クラフトならではのぬくもりを、手に取り感じながらショッピングを楽しみましょう。


木の温かみを感じる店内に工芸品がずらり

JR盛岡駅から徒歩4分。駅ビル「フェザン」本館の隣、フェザンテラスの1階に「KANEIRI STANDARD STORE」はあります。通りに面した大きなガラス戸からなかに入ると、横長の広々とした店内は木の什器で統一されたぬくもりのある雰囲気。壁沿いにはカラフルな枡形の棚が並び、南部鉄器の鉄瓶や、こけしなどの伝統工芸品が飾られています。

青やピンクの明るい色づかいだったり、表情豊かににっこりほほ笑んでいたりと、ひとつひとつの工芸品がなんともキュート。ホッとなごむようなモダンな雰囲気です。

こちらのお店で扱う商品は、実際に工芸士のもとを訪れ、信頼関係を築いたうえでセレクトしたものばかり。“こんなものをつくってみたかったんだよね”という、匠の自由な発想を引き出し、実現したオリジナルアイテムがあるのも魅力です。

青森県八戸市に伝わる伝統工芸、南部裂織の小物もそのひとつ。オリジナルの現代的なチェック柄でできたブックカバーやペンケース、名刺入れは、手織りの柔らかな手触りも心地よく、毎日使うものとして手元に置いておきたくなります。

工芸品のほか、オリジナルのメモ帳やノートなど文具類の品ぞろえも豊富。自分好みのものを見つけてほしいと、柄や色味など多彩なバリエーションです。気になるアイテムに目移りしているうちに、ついつい長居してしまいそうですね。

桐ダンスの端材でできた「IWAYADO CRAFT」

今回は、地元・岩手の工芸品をご紹介します。
ひとつめは、江戸時代から続く岩谷堂箪笥の老舗「岩谷堂タンス製作所」が手がける「IWAYADO CRAFT」の小物です。

「IWAYADO CRAFT」のブローチや髪留めは、岩谷堂箪笥の純和風で重厚な雰囲気からは想像もできないほどかわいらしくてポップ。手袋やめがね、れんこんなど日々の暮らしからヒントを得たというモチーフが親しみを感じさせます。

材料に使われているのは、箪笥の製作時に余った桐の端材。漆塗りが施された端材をそのままアクセサリーに加工しているため、岩谷堂箪笥の美しさを身近に感じられます。カジュアルなモチーフながら、透ける木目が美しく、年月とともに艶を増していく上品なアイテムです。

「プラム工芸」の、日本一堅い木でつくるカトラリー

なめらかな木肌と手になじむシンプルなフォルムが魅力の「プラム工房」のカトラリーも人気です。岩手と青森の県境、二戸市の工房でつくられるこのカトラリーの材料は、岩手県産のオノオレカンバという木。

“斧でも歯がたたず折れてしまう”というその名前の通り、堅すぎて加工が難しく、昔から建材にもならない“厄介者”とされてきた木です。その一方で、目が詰まっているため汚れにくく、燃えにくい、そして手になじむようなスプーンの細いカーブを描くのに耐えられる強度があるというメリットもあります。

「プラム工芸」では、5年をかけて乾燥させ、何種類ものやすりを使い分けて堅いオノオレカンバを加工。手間ひまをかけることで特性を活かした生活用品をつくっています。

箸やスプーン、フォークを手に取ってみると、吸い付くようななめらかさに驚くはず。手触りのよさに心がなごみます。ロングセラーの五角形の箸は、正しく持ちやすく、箸の先まで角があり料理をつかみやすいので、箸の持ち方を練習中のお子さんへのプレゼントにもぴったりですよ。

素朴で美しい日常使いのための器「小久慈焼き」

つるんとなめらかな表面と、艶やかな輝きが目をひくのは、岩手県久慈市に窯元がある「小久慈焼き」の器です。

「小久慈焼き」は江戸時代から200年以上久慈で続く歴史ある焼き物。今もロクロを使いひとつひとつ手づくりされています。余計な装飾はなく、シンプルなフォルムが久慈の人々に愛され、久慈のどの家庭にもある日常の器として使われてきました。その素朴な美しさを、かつて民藝運動の父・柳宗悦も「用の美」と高く評価したといいます。

鉄分が少ない久慈の粘土で焼き上げるので、「小久慈焼き」はキレイな白色に焼きあがります。シンプルで上品なので、和洋中とどんな料理もひき立ててくれそうです。

日々の暮らしにそっと寄り添ってくれるような工芸品の数々。お気に入りの逸品を探しに、「KANEIRI STANDARD STORE」を訪れてみてください。

「KANEIRI STANDARD STORE」でのショッピングの前に知っておきたい!ななびチェック!

お店の場所に注意

「KANEIRI STANDARD STORE」があるのは、駅直結のフェザン本館ではなく、少し離れたフェザンテラスの1階。本館からいったん外に出て西に1分ほど歩いた場所にあります。

「プラム工芸」では削り直しもしてくれます

お気に入りのアイテムはキレイな状態で長く愛用したいもの。プラム工芸では傷がついたり、ヒビが入ったりしたら修理してくれます(有料)。

「つたや物産」の飾り独楽があります

以前ななびでもご紹介した「つたや物産」のかわいらしい鬼の独楽。「KANEIRI STANDARD STORE」でも扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

「KANEIRI STANDARD STORE」について詳しくはこちら

関連する投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。


花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

東北有数の温泉地として有名な「花巻温泉郷」のある岩手県花巻市。旅館やリゾートホテルが点在する山あいに建つ「山の駅 昭和の学校」は、昔なつかしい昭和の雑貨や日用品を集めた資料館です。廃校になった小学校の校舎を活用した施設内には、20万点以上ものアイテムがずらり!お子さんから大人まで楽しめると人気なんですよ。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。