新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森県青森市で開催される「AOMORI COFFEE FESTIVAL」。青森県全域からコーヒーショップやロースター、パン屋さんなどの飲食店が集まり、コーヒーの力で地域活性を図るイベントです。第2回目となる2017年は、10月7日(土)に青森市昭和通り商店街で開催。フェスがもっと楽しみになるポイントをご紹介します!


おいしいコーヒーで青森をもっと元気に!

「AOMORI COFFEE FESTIVAL」とは、「人と街を結ぶ血液の役割にもなるコーヒーで、青森をどんどん元気にする。青森のコーヒー文化をより高め、おいしいコーヒーをもっと広める。」がテーマのイベント。

あるデータによると、青森県はコーヒーの消費量は少ないものの、缶コーヒーやペットボトルコーヒー飲料などの消費量が全国的にも多いことがわかったそうです。「コーヒー好きが多いのに、挽きたて・つくりたてのおいしいコーヒーを知らないなんてもったいない!おいしいコーヒーを飲んで、コーヒーの消費量が全国で1位になったら、街も人も元気になれるのではないか」という主催者の青木敏さんと中村公一さんの想いから、「AOMORI COFFEE FESTIVAL」が立ち上げられました。

そこで、今まで以上にもっと街や人を元気にするために「AOMORI COFFEE FESTIVAL 2017」として、今年も開催されます。

会場中に立ち込めるコーヒーの香りでまったり

「AOMORI COFFEE FESTIVAL 2017」の参加店舗数は、全45店舗。昨年から11店舗も増え、お店を選ぶ楽しさもアップしました。

コーヒー1杯にしても、豆だけでなく水やドリップの仕方、マシンにもこだわるなど、お店によって淹れ方もさまざま。すべてのコーヒーを飲んでみたくなるほどお店によって味も違い、コーヒーのおもしろさや奥深さを感じられます。

また、オーガニックの自家焙煎コーヒーや、ノンカフェインの玄米コーヒーなど、妊婦さんやコーヒーに興味をもったお子さんも安心して飲めるコーヒーがあるのはうれしいポイントですね。

コーヒー×フードの意外な組みあわせがあるかも

「AOMORI COFFEE FESTIVAL 2017」では、コーヒーショップだけでなく、コーヒーにあうパンやマフィンなどフードのお店も多数出店します。普段各コーヒーショップでも提供されているものですが、ほかのショップとの組みあわせを考えれば、楽しさは無限大です!素材にこだわった自家製パンや、季節の野菜や果物でつくったジャム、見た目もかわいらしいスコーンやベーグルなど、目移りが止まらなくなる商品ばかり。

ほかにも、昨年の開催時に「チーズもコーヒーにあう!」と反響のあったチーズ店の試食販売も行われます。コーヒーと一緒はもちろん、朝食として食べたり、お酒と一緒に味わったりと、日頃から気軽に商品を取り入れるのもよさそうですね。

なかには、自慢の食パンと同じ生地を使った青森のソウルフード「棒パン」を販売する店舗もあります。自分たちで焼き上げるので、お子さんと一緒に楽しんでつくりながら食べられますよ。

コーヒーにあう雑貨やワークショップまで!

「フェスで気に入ったコーヒー豆を購入して、家庭でも楽しみたい!」という方には、おいしいコーヒーを淹れるのには欠かせない家庭用のマシンや、コーヒータイムをオシャレにする雑貨などの販売もあります。多肉植物などのプラントショップの出店もあるので、癒やしを求めてみるのもいいかもしれません。

また、小さなお子さんも楽しめる、コーヒー豆を使った簡単な楽器作りのワークショップや、お絵かきラテアートの体験ワークショップも。ついつい大人もはしゃいでしまうほど、かわいいラテアートが描けますよ。

挽きたて・できたてのお気に入りの1杯で元気になるために、足を運んでみてはいかがですか?

「AOMORI COFFEE FESTIVAL 2017」をもっと楽しむために!ななびチェック!

一般公募から決定したアート看板

「AOMORI COFFEE FESTIVAL」の顔ともいえるアート看板が、今年は一般公募で決まったのだそう。チョークで描かれる看板は、青森県とフェスの要素を盛り込んだ芸術的な1枚。訪れた際は、看板と一緒に記念撮影してみてくださいね。

facebookページで最新情報をチェック!

「AOMORI COFFEE FESTIVAL 2017」のfacebookページでは、出店店舗の情報が毎日更新されています。写真やサイトURLも掲載されているので、事前にフェスを周る計画を立てたり、実際の店舗に訪れる時の参考にも!お気に入りのお店を見つけるために、チェックしてみてくださいね。

雨具や羽織りものの準備を

「AOMORI COFFEE FESTIVAL 2017」は屋外で行われ、雨天でも決行します。突然の雨や寒さに備えて、雨具や羽織りものをもって行くと安心です。

「AOMORI COFFEE FESTIVAL 2017」について詳しくはこちら

関連する投稿


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


最新の投稿


山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

「丸十大屋」は、山形県山形市十日町で江戸時代から続く味噌と醤油の醸造元。県内で愛される万能調味料「味マルジュウ」の製造元として知られています。店内にはイートインスペースを備えたアンテナショップ「蔵膳屋」を併設。カレーやプリン、シュークリームなど、「丸十大屋」の調味料を隠し味に使用したメニューを堪能できますよ。


南会津郡 |「いわなの里」極上のイワナを釣って食べて楽しもう!

南会津郡 |「いわなの里」極上のイワナを釣って食べて楽しもう!

福島県南会津郡只見町の「いわなの里」は、極上のイワナに出会える釣り堀とお食事処。自然豊かな山々から湧き出る清流に恵まれたその場所は、日本200名山会津朝日岳の登山道入口にあります。登山客はもちろんツーリングを楽しむライダーさんや、アウトドア好きな家族連れなど、福島県内外からの常連客が多い人気スポットです。


秋田 |「HerbalCafe PRANA」ハーブの力が詰まった、心と体にやさしいハーブティー

秋田 |「HerbalCafe PRANA」ハーブの力が詰まった、心と体にやさしいハーブティー

秋田県秋田市にあるメディカルハーブとアロマテラピーの専門店「HerbalCafe PRANA」。古民家をリノベーションした趣ある店内には、ハーブティーやアロマグッズが並びます。今回は、お店まで足を運べない人でもハーブティーを味わえるよう、オンラインストアで購入できる商品をご紹介。ハーブの香りに包まれながら、おうち時間を楽しんでみませんか。


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

「お子さんをのびのびと遊ばせたい」「楽しみながら自分で考える力を養ってほしい」…そんなパパとママの願いを叶えてくれるのが、山形県東根市にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。巨大な複合遊具をはじめとする多彩な遊びが盛りだくさんのスポットです。大人も一緒に楽しみたくなる遊び場の魅力に迫ります。