新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟市秋葉区は、山手線をはじめ、首都圏を走る多くの電車がつくられ、鉄道の街として知られてきました。この街で開催されるのが、鉄道ファンなら見逃せない、年に一度だけ開催される鉄道イベントです。毎年10月上旬に行なわれ、2017年は10月7日に開催。大勢の鉄道好きで賑わうイベントに出かけてみませんか。


街全体が鉄道一色になる「鉄道イベント」

新潟市秋葉区は新潟市街地から車で30分ほどの場所にある、のどかな田園地帯。その中心に位置する新津駅は、JR東日本の信越本線、磐越西線、羽越本線の3つの路線が通り、鉄道の拠点として、今も多くの乗降客で賑わっています。

新津駅近くの商店街では、お店のシャッターに新幹線やSL、寝台特急などのイラストが。さらに、今は走っていない急行列車のプレートや、迫力ある踏切やSLの動輪が飾られていて、いたるところで鉄道の街を感じられます。

その鉄道の街、新津で10月7日(土)に「にいつまるごと鉄道フェスタ」が開催。新津駅周辺・JR新津運輸区で行なう「にいつ鉄道まつり」と、新津駅から徒歩20分ほどの場所で開催される「レールフェスタinにいつ」です。

なかでも「レールフェスタ in にいつ」は、電車をつくっている(株)総合車両製作所新津事業所が会場で、イベント当日だけ、特別に工場が公開されます。毎年、全国各地から鉄道ファンが訪れるほど、鉄道ファン憧れのイベントでもあるのです。

電車をつくる総合車両製作所で行なわれる「レールフェスタ in にいつ」ではレアな体験が満載

「レールフェスタ in にいつ」の会場は、実際に電車をつくっている工場。その広さは東京ドーム3個分ほどといわれています。広大な敷地全体でイベントが開催され、内容も盛りだくさん。実は全国でも電車をつくっている工場は数少ないため、貴重な体験ができるのも魅力です。

例えば、首都圏を走る最新の電車の製造途中の様子が見られるのも、このイベントならでは。山手線を走る最新型のE235系電車の製造過程を見ることができます。当日は、座席がない状態の車両を間近で見学できるとか。

普段は見られない光景といえば、台車の製造過程もそのひとつ。台車とは電車の車体を乗せて走行する装置のことで、電車を安全に走らせる役割をしています。電車に詳しくなくても、係の方が各場所にいるので、わからないことがあればどんどん質問してみましょう。

また、電車の組み立て過程だけでなく、実際に線路で働く車両なども展示し、その動きを見ることもできます。間近で見る線路を直す車両の姿に、思わず興奮してしまいそうです。

「レールフェスタ in にいつ」では、子どもたちがよろこぶコーナーもたくさん。例えば、ミニ電車の乗車体験は、E129系新潟電車がモデルになっていて、約2分間のミニ電車の旅が楽しめます。

そのほかにも、車両の前で子ども駅長制服を着ての撮影会も毎年人気。時間や来場者によって多少の待ち時間が必要ですが、オープン直後なら待ち時間も少ないそうです。

「レールフェスタ in にいつ」では、Nゲージの鉄道模型の運転体験も子どもたちに人気のコーナーです。Nゲージとは実際の鉄道よりも148分の1から165分の1の大きさでつくった本物そっくりの鉄道模型のこと。あまりにリアルにできているので、大人のファンも多いのだそう。

運転体験では広いスペースで、自分でコントローラーを操作して走らせることできて、おもちゃとは思えないほどのスケール感が魅力。参加できるのは小学生以下限定で、整理券が必要になります。毎年、あまりの人気ぶりで整理券は配布開始とほぼ同時になくなるほど。早めに出かけて整理券をゲットしましょう。

新津駅周辺で行なわれる「にいつ鉄道まつり」で、新津地域の魅力にふれる

新津駅東口駅前広場や周辺で開催される「にいつ鉄道まつり」では、飲食ブースや特販品を販売するお店が数多く並びます。地域の特産品も並び、おしゃべりを楽しみながら買い物を満喫しましょう。また、地域の子どもたちによるステージイベントもあり、会場を盛り上げてくれます。

会場内には、お子さんがよろこぶイベントコーナーも。ミニSLの乗車体験には、毎年多くの子どもが参加しています。このミニSL、車体は小さくても出発進行を知らせる大きな汽笛は迫力満点です!

また、新津駅の近くにある新津地域交流センターでは有志による、鉄道模型の「合同運転会」があり、鉄道模型が一斉に走る様子は圧巻です。

別会場のJR新津運輸区では、SLの燃料である石炭をスコップですくってモックアップのボイラーに投入するコーナーも登場。機関士の帽子をかぶって、石炭を運ぶ凛々しい姿は写真におさめたくなりますね。あわせて、11:00と14:00の2回実演される実際のSLを載せて転車台を回転させるJR新津運輸区のイベントも要チェックです。

鉄道のことを学んで体験できて、普段は見ることができない専門的な知識にも触れられるので、鉄道が大好きなお子さんにはぴったり。もちろん、そうでないお子さんも楽しめるイベントが満載。飲食ブースや鉄道グッズの販売もあり、1日中楽しめます。

鉄道イベントをもっと楽しむコツ!ななびチェック!

会場を行き来するには、シャトルバスの利用が便利

当日は新津駅から無料シャトルバスが運行されます。「レールフェスタ in にいつ」の会場は新津駅から徒歩で15~20分ほど。小さなお子さんがいるなら、シャトルバスを利用すれば移動も楽ですよ。

名物駅弁も要チェック

鉄道といえば駅弁ですね。「レールフェスタ in にいつ」、「にいつ鉄道まつり」の会場では有名駅弁を販売します。新津駅にはバラエティに富んだ駅弁があるので、おみやげにもオススメ。

鉄道資料館にも足を運んでみよう

新潟市秋葉区には鉄道資料館があり、屋外に展示されているのは新幹線や蒸気機関車。実物車両が6両展示されていて、迫力ある姿に子どもたちもびっくりするはず。資料館までは徒歩だと30分ほど。イベント当日は『向谷実の一日館長「鉄道メロディトーク」と「鉄道お宝トーク」』のイベントが行われます。新津駅などから無料シャトルバスが運行されているので、ぜひ足を運んでみては。

「レールフェスタ in にいつ2017」について詳しくはこちら
「第29回にいつ鉄道まつり」について詳しくはこちら
「向谷実の一日館長「鉄道メロディトーク」と「鉄道お宝トーク」」について詳しくはこちら

関連する投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


最新の投稿


仙台 |「ひげぱんだ イオンタウン仙台泉大沢」ふわふわでなめらかなパンケーキを召し上がれ

仙台 |「ひげぱんだ イオンタウン仙台泉大沢」ふわふわでなめらかなパンケーキを召し上がれ

宮城県仙台市郊外のショッピングセンターにあるレストラン「ひげぱんだ」。クリームやナッツ、フルーツをたっぷり盛り付けたパンケーキがファミリーに人気のお店です。ほかにも、ハンバーグやカレーライスを味わえるキッズメニュー、おもちゃや絵本が充実したキッズスペースなど、お子さんがわくわくするポイントがたくさんありますよ。


十和田 |「道の駅とわだ とわだぴあ」十和田の魅力がぎゅっと詰まった、アットホームな道の駅

十和田 |「道の駅とわだ とわだぴあ」十和田の魅力がぎゅっと詰まった、アットホームな道の駅

日本三大開拓地でもある青森県十和田市は、新鮮な農畜産物が豊富な街。そんな十和田市にある「道の駅とわだ とわだぴあ」は、産直施設でのショッピングだけではなく、郷土の味をその場で堪能できる名物メニューなどおいしい魅力が満載です。今回は、食も遊びも家族で楽しめるポイントをたっぷりご紹介します!


山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

「丸十大屋」は、山形県山形市十日町で江戸時代から続く味噌と醤油の醸造元。県内で愛される万能調味料「味マルジュウ」の製造元として知られています。店内にはイートインスペースを備えたアンテナショップ「蔵膳屋」を併設。カレーやプリン、シュークリームなど、「丸十大屋」の調味料を隠し味に使用したメニューを堪能できますよ。


南会津郡 |「いわなの里」極上のイワナを釣って食べて楽しもう!

南会津郡 |「いわなの里」極上のイワナを釣って食べて楽しもう!

福島県南会津郡只見町の「いわなの里」は、極上のイワナに出会える釣り堀とお食事処。自然豊かな山々から湧き出る清流に恵まれたその場所は、日本200名山会津朝日岳の登山道入口にあります。登山客はもちろんツーリングを楽しむライダーさんや、アウトドア好きな家族連れなど、福島県内外からの常連客が多い人気スポットです。


秋田 |「HerbalCafe PRANA」ハーブの力が詰まった、心と体にやさしいハーブティー

秋田 |「HerbalCafe PRANA」ハーブの力が詰まった、心と体にやさしいハーブティー

秋田県秋田市にあるメディカルハーブとアロマテラピーの専門店「HerbalCafe PRANA」。古民家をリノベーションした趣ある店内には、ハーブティーやアロマグッズが並びます。今回は、お店まで足を運べない人でもハーブティーを味わえるよう、オンラインストアで購入できる商品をご紹介。ハーブの香りに包まれながら、おうち時間を楽しんでみませんか。