大館 |「第45回本場大館きりたんぽまつり2017」で大館グルメを堪能!

大館 |「第45回本場大館きりたんぽまつり2017」で大館グルメを堪能!

大館市はおいしい米の産地であり、日本三大地鶏のひとつ、比内地鶏のふるさと。「きりたんぽ鍋」は、そんな地の利から生まれた郷土料理です。2017年10月7日(土)~9日(日)に開催される「本場大館きりたんぽまつり」は、毎年多くの人が訪れる食の一大イベントで、きりたんぽをはじめとする大館の食と文化が体験できます。


たくさん食べて体験して、きりたんぽの魅力を発信!

秋になると県内のあちこちで行われるのが、親しい人たちときりたんぽ鍋を囲む「たんぽ会」。比内地鶏の旨みあふれるスープに、新米でつくったきりたんぽや香り豊かなセリやキノコがたっぷり入ったきりたんぽ鍋を食べると、心も体もぽかぽかになりますよね。

そんな秋の風物詩を大勢で楽しむイベントが、「本場大館きりたんぽまつり」です。「ニプロハチ公ドーム(大館樹海ドーム)」を会場に行われ、昨年はなんと13万人以上を動員するほどの盛況ぶり。今年で45回目を迎える歴史あるイベントでもあります。

まつりの3日間は、さまざまなお店のきりたんぽ鍋が味わえるほか、甘味噌を塗った「味噌付けたんぽ」や創作たんぽ料理も販売し、来場者の舌をうならせます。さらに、屋外の特設会場では、まつりの名物でもある「たんぽ千本焼き」コーナーもあり、自分でつくったたんぽを炭火焼にして味噌を塗って味わうことができます(先着1000名限定)。

まだまだある!会場で楽しめる大館名物

まつりの主役は「きりたんぽ」ですが、会場には大館市のグルメが一堂に会していて、あちらこちらでおいしそうな香りが広がります。例えば、比内地域の名産品として広く知られる比内地鶏は、炭火でじっくりと仕上げた「焼き鳥」や、特製タレを付けて大胆に丸焼きにした「千羽焼」で提供。ジューシーで歯ごたえがあり、濃厚な旨みが特徴の比内地鶏は、毎年人気のメニューです。

さらに、大館は「鮎の里」としても知られいることから、天然アユ・天然イワナの炭火焼体験も。香ばしく焼き上げた魚を、豪快にかぶりつくのが醍醐味です。ドームの内外にはまだまだたくさんの飲食ブースが設置されているので、ゆっくりと回って大館名物を堪能してくださいね。

体験コーナーやステージイベントなど、食以外の魅力も

まつりのコンセプト、「文化の継承をALL大館で」の言葉にあるように、このイベントのもうひとつの目的は大館・秋田の文化を発信すること。

会場には地元の文化に触れられるコーナーが設置され、親子で楽しく文化体験ができます。「大館曲げわっぱ製作体験」もそのひとつで、手づくり体験を通して伝統工芸品の素晴らしさや職人技に触れることができます。できあがったものはおみやげとして持ち帰ることができるのもうれしいですよね。

さらに、「忠犬ハチ公のふるさと」である大館ならではの催しが、「秋田犬ふれあい体験」。見るだけでなく、かわいい秋田犬に触れられるとあって、子どもから年配者まで多くの人に人気となっています。会場に設置されたステージでは1日を通してさまざまなショーが予定されているので、そちらもお楽しみに!

「本場大館きりたんぽまつり」を楽しもう!ななびチェック

いろいろなお店の「きりたんぽ鍋」が味わえる

家庭ごとに味が違うように、お店によっても「きりたんぽ鍋」の味はさまざま。多くの店が出ているので、この機会に食べ比べをしてみるのも楽しいですよ!

大館の食と文化を体験!

比内地鶏を焼き鳥にしたり、丸ごと焼いたり、さらには天然アユや天然イワナを炭火焼きにしたりと、たんぽ以外の大館名物が堪能できます。体験コーナーにも注目。

天候に左右されない屋内イベント

ドーム内で行われるプログラムが多いので、あまり天候を気にすることなくイベントを楽しめます。

「本場大館きりたんぽまつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


角館 |「フルーツパーラー角館 さかい屋」フルーツたっぷりの“デカ盛り”パフェ

角館 |「フルーツパーラー角館 さかい屋」フルーツたっぷりの“デカ盛り”パフェ

城下町として栄え、歴史情緒ただよう街並みが魅力の秋田県仙北市角館町。地元で愛される老舗青果店が営む「フルーツパーラー角館 さかい屋」では、フレッシュなフルーツをふんだんに使ったパフェが評判です。そのボリュームもさることながら、リーズナブルな価格も人気の理由。季節のフルーツパフェを味わいに足を運んでみませんか。


由利本荘 |「由利高原鉄道」のまごころ列車で、おばこの案内と田園風景を満喫!

由利本荘 |「由利高原鉄道」のまごころ列車で、おばこの案内と田園風景を満喫!

鳥海山の麓、羽後本荘駅~矢島駅までの約23キロを走る「由利高原鉄道」の鳥海山麓線は、絣の着物姿の“おばこ”がアテンドする「まごころ列車」が評判。方言で語られるガイドや車内販売など、心のこもったおもてなしが楽しめます。2018年夏にオープンする「鳥海山 木のおもちゃ美術館」にあわせた特別列車も運行予定なんですよ。


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


秋田 |「絶対食べたい!人気の地元グルメ」記事まとめ

秋田 |「絶対食べたい!人気の地元グルメ」記事まとめ

秋田市「横田屋まさ」「クレープリーカフェ Mannojou」、大仙市「バンフィール」など、秋田県で愛されている人気グルメの記事をピックアップしてお届けします。秋田県在住のみなさんでも、意外と知らないお店があるかも?ぜひチェックして、足を運んでみてくださいね。


秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

毎月最終日曜に秋田市楢山地区で開催される「ならやま日曜はしご市」をご存じでしょうか?地区内にあるお店の“はしご”と街歩きを一度に楽しむ、楢山では恒例のイベントです。ユニークなのは、イベントに参加する各店が“その日だけ”の商品を販売すること。今月は何があるのかな?と、ワクワクしながらおでかけしましょう。


最新の投稿



角館 |「フルーツパーラー角館 さかい屋」フルーツたっぷりの“デカ盛り”パフェ

角館 |「フルーツパーラー角館 さかい屋」フルーツたっぷりの“デカ盛り”パフェ

城下町として栄え、歴史情緒ただよう街並みが魅力の秋田県仙北市角館町。地元で愛される老舗青果店が営む「フルーツパーラー角館 さかい屋」では、フレッシュなフルーツをふんだんに使ったパフェが評判です。そのボリュームもさることながら、リーズナブルな価格も人気の理由。季節のフルーツパフェを味わいに足を運んでみませんか。


栗原 |「くりはら田園鉄道公園」で鉄道の魅力を体感!

栗原 |「くりはら田園鉄道公園」で鉄道の魅力を体感!

宮城県栗原市にある「くりはら田園鉄道公園」は、旧くりはら田園鉄道の跡地を利用した鉄道のテーマパーク。実物の車輌展示や臨場感あふれる運転シミュレーター、レールバイクへの乗車体験など、幅広い世代が楽しめる展示やアトラクションがいっぱいです。鉄道好きなファミリーでなくとも夢中になる、その魅力をご紹介します。


おいらせ |「ファーマーズマルシェhitotsubu」珍しい野菜がいっぱい!ショッピングもお食事も満喫できるおしゃれマルシェ

おいらせ |「ファーマーズマルシェhitotsubu」珍しい野菜がいっぱい!ショッピングもお食事も満喫できるおしゃれマルシェ

青森県おいらせ町にある「ファーマーズマルシェhitotsubu」は、地元で採れた珍しい野菜や農産加工品などを販売しているファーマーズマーケット。適正価格での販売を大切にし、農家にも優しいお店づくりを徹底しています。今回は、こだわりの販売方法や珍しい商品の数々、イートインメニューまでたっぷりとご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.2】古式ゆかしくも華やかな、八戸市を彩るまつり3選

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.2】古式ゆかしくも華やかな、八戸市を彩るまつり3選

八戸市には、賑やかさだけではなく、歴史的風情のあるまつりが多く存在します。どこか古風で厳かながらダイナミックで華やかなまつりの数々は、地元民だけでなく県内外からの観光客をも魅了する美しさ。今回は、八戸市を代表する伝統的なまつりと、長年愛される地域密着型の華やかなまつりをご紹介します!