大館 |「第45回本場大館きりたんぽまつり2017」で大館グルメを堪能!

大館 |「第45回本場大館きりたんぽまつり2017」で大館グルメを堪能!

大館市はおいしい米の産地であり、日本三大地鶏のひとつ、比内地鶏のふるさと。「きりたんぽ鍋」は、そんな地の利から生まれた郷土料理です。2017年10月7日(土)~9日(日)に開催される「本場大館きりたんぽまつり」は、毎年多くの人が訪れる食の一大イベントで、きりたんぽをはじめとする大館の食と文化が体験できます。


たくさん食べて体験して、きりたんぽの魅力を発信!

秋になると県内のあちこちで行われるのが、親しい人たちときりたんぽ鍋を囲む「たんぽ会」。比内地鶏の旨みあふれるスープに、新米でつくったきりたんぽや香り豊かなセリやキノコがたっぷり入ったきりたんぽ鍋を食べると、心も体もぽかぽかになりますよね。

そんな秋の風物詩を大勢で楽しむイベントが、「本場大館きりたんぽまつり」です。「ニプロハチ公ドーム(大館樹海ドーム)」を会場に行われ、昨年はなんと13万人以上を動員するほどの盛況ぶり。今年で45回目を迎える歴史あるイベントでもあります。

まつりの3日間は、さまざまなお店のきりたんぽ鍋が味わえるほか、甘味噌を塗った「味噌付けたんぽ」や創作たんぽ料理も販売し、来場者の舌をうならせます。さらに、屋外の特設会場では、まつりの名物でもある「たんぽ千本焼き」コーナーもあり、自分でつくったたんぽを炭火焼にして味噌を塗って味わうことができます(先着1000名限定)。

まだまだある!会場で楽しめる大館名物

まつりの主役は「きりたんぽ」ですが、会場には大館市のグルメが一堂に会していて、あちらこちらでおいしそうな香りが広がります。例えば、比内地域の名産品として広く知られる比内地鶏は、炭火でじっくりと仕上げた「焼き鳥」や、特製タレを付けて大胆に丸焼きにした「千羽焼」で提供。ジューシーで歯ごたえがあり、濃厚な旨みが特徴の比内地鶏は、毎年人気のメニューです。

さらに、大館は「鮎の里」としても知られいることから、天然アユ・天然イワナの炭火焼体験も。香ばしく焼き上げた魚を、豪快にかぶりつくのが醍醐味です。ドームの内外にはまだまだたくさんの飲食ブースが設置されているので、ゆっくりと回って大館名物を堪能してくださいね。

体験コーナーやステージイベントなど、食以外の魅力も

まつりのコンセプト、「文化の継承をALL大館で」の言葉にあるように、このイベントのもうひとつの目的は大館・秋田の文化を発信すること。

会場には地元の文化に触れられるコーナーが設置され、親子で楽しく文化体験ができます。「大館曲げわっぱ製作体験」もそのひとつで、手づくり体験を通して伝統工芸品の素晴らしさや職人技に触れることができます。できあがったものはおみやげとして持ち帰ることができるのもうれしいですよね。

さらに、「忠犬ハチ公のふるさと」である大館ならではの催しが、「秋田犬ふれあい体験」。見るだけでなく、かわいい秋田犬に触れられるとあって、子どもから年配者まで多くの人に人気となっています。会場に設置されたステージでは1日を通してさまざまなショーが予定されているので、そちらもお楽しみに!

「本場大館きりたんぽまつり」を楽しもう!ななびチェック

いろいろなお店の「きりたんぽ鍋」が味わえる

家庭ごとに味が違うように、お店によっても「きりたんぽ鍋」の味はさまざま。多くの店が出ているので、この機会に食べ比べをしてみるのも楽しいですよ!

大館の食と文化を体験!

比内地鶏を焼き鳥にしたり、丸ごと焼いたり、さらには天然アユや天然イワナを炭火焼きにしたりと、たんぽ以外の大館名物が堪能できます。体験コーナーにも注目。

天候に左右されない屋内イベント

ドーム内で行われるプログラムが多いので、あまり天候を気にすることなくイベントを楽しめます。

「本場大館きりたんぽまつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


秋田 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋田 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


横手 |「いものこまつり in 鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつり in 鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつり in 鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

秋田県羽後町が誇る特産品、「羽後牛」を堪能できる毎年恒例のおまつり、「うご牛(べこ)まつり」が、今年も9月3日(日)に「五輪坂温泉としとらんど」で開催されます。当日は羽後牛のバーベキューをメインに、子どもから大人まで楽しめるイベントが満載!家族そろって訪れてみてはいかがでしょうか。


大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

秋田県大仙市で開催される「大曲の花火」といえば、日本でも指折りの規模を誇る花火大会。でも、一般の花火大会とは大きく異なる点があること、ご存じでしたか?実はこちらのイベント、正式名称は「全国花火競技大会」といい、「花火師による競技大会」なんです。その華やかな祭典の内容をご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。