上山 |「かみのやま温泉 全国かかし祭」ユニークなかかしが大集合する城下町の秋を満喫

上山 |「かみのやま温泉 全国かかし祭」ユニークなかかしが大集合する城下町の秋を満喫

実りの秋を迎え、温泉とお城で知られる上山市では、ユーモラスなかかしたちが約300体も勢ぞろいする人気のイベント「かみのやま温泉 全国かかし祭」が開催されます。一般公募によるかかしは、話題の人物や時事ネタなど、どれも工夫を凝らした力作ぞろい。手づくり感満載の愉快なかかしたちを眺めながら、のどかな秋の1日を楽しみましょう。


テーマは「思い出かかし」。どんな作品が登場するか期待大!

「かみのやま温泉 全国かかし祭」は、2017年で47回目を迎える、かみのやま温泉の名物イベント。上山市内の中心の小高い場所にある上山城北隣の月岡公園には、大小約300体のバラエティに富んだかかしがずらりと並びます。

一般公募で集まった作品は、人気のキャラクターやスポーツ選手、世相を反映した時事ネタなどをモチーフに、ほのぼのした手づくり感とちょっぴりユーモアが効いたなかなかの力作ばかり。山形県内からの出品がほとんどですが、上山市と同じくかかし祭りを主催する北海道や兵庫県の街からの「友好かかし」の出品も見逃せません。

かかしの大きさはさまざまで、なかには4メートルを超えるような大作も。かかしに添えられる、手づくり感あふれる立て看板や垂れ幕のPR文にも注目です。シャレの効いたタイトルや説明文が、かかしの存在をよりいっそう魅力的に輝かせます。

期間中は月岡公園をはじめ上山市内のあちこちにかかしが展示されるので、かかしを探しながらのどかな街並みをのんびり散策するのもオススメです。

好きなかかしに投票してコンクールに参加!

展示されたかかしは、メイン会場の月岡公園だけでなく上山市内のものも含め、すべてひとつひとつ審査されて優秀作品が選ばれます。

実行委員会から選任された市内の審査員が、風雨にさらされても立ち続けられる堅牢性や、テーマにあった表現力や独自性など、さまざまな観点から厳正に評価。見物客も100円の協力金を払うと投票券が付いてくるので、コンクールの審査に加わることができます。

笑えるかかし、世相を反映したかかし、かわいらしいかかし…自分好みのかかしを探して、投票してみてはいかがでしょう。かかし祭の最終日には表彰式が行なわれ、受賞者には賞状や賞品が授与されて盛りあがります。

かかしを見ながら山形名物の「芋煮」で温まろう

かかしを眺めて歩きまわっておなかが空いたら、賑やかな屋台が並ぶフードコートでひと休み。

やきそばやフランクフルトなどお子さんが大好きなメニューから、本場のそばやおこわのおにぎり、醤油のしみた名物の玉こんにゃくまで、手軽に味わえるメニューが豊富に並びます。上山特産のかりんとうや温泉まんじゅうなどのお菓子はおみやげにもぴったりです。

2017年は、特別企画として「芋煮チケット」を販売。芋煮1杯に会場内の物産部で使える金券600円分、さらに抽選券が付いて1,000円とお得です。5名以上で予約すればテント内の席が利用できますよ。

チケットは、観光物産協会やかみのやま温泉駅案内所などで販売。かかし祭の期間中は本部テントでも購入できます。かかしに囲まれながら、家族やグループで山形名物の芋煮会気分を楽しみましょう。

上山城内で「思い出かかし展」を開催

青空のもと、端正な上山城を背景に並び立つかかしは壮観です。

2017年は上山城内の郷土資料館の展示ホールで「思い出かかし展」が開催されます。この機会にお城のなかも見学してはいかがでしょうか?祭りがはじまった1971年からの貴重な歴代ポスターや、昔懐かしいかかしの写真やさまざまなグッズが展示されていますよ。

上山の秋のビッグイベント「かみのやま温泉 全国かかし祭」に、家族でおでかけしてみてくださいね。

「かみのやま温泉 全国かかし祭」をもっと楽しむためのななびチェック!

会場内はベビーカーOK

月岡公園内はベビーカーで自由に移動できます。

大型遊具で遊べます

月岡公園には大型遊具があるので、かかしの見学に満足したお子さんを遊ばせるのにも便利。

フードコートも充実

祭りの期間中は、さまざまなメニューが味わえるフードコートが登場。お得な「芋煮チケット」も要チェックです。

「かみのやま温泉 全国かかし祭」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


山形 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

山形 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。野外でも過ごしやすい季節、お子さまを連れてお出かけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。


天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。