二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

岩手銘菓・南部せんべいの生産地として知られる二戸市。伝統の南部せんべいにチョコレートをあわせた、新感覚のお菓子を製造・販売する施設「北のチョコレート工場&店舗 2door(ツードア)」がオープンしました。工場見学やおみやげ選びをしたり、イートインでスイーツを味わったりと、南部せんべいの新たな魅力にふれられますよ。


南部せんべいの楽しみが広がる新スポット

「北のチョコレート工場&店舗 2door」は、南部せんべいの老舗・巖手屋(いわてや)のチョコレート工場兼店舗として2016年10月にオープン。南部せんべいの新たな楽しみ方を提案しようと、チョコレートと組みあわせた「チョコ南部プレミアム」シリーズを販売しています。店名は地名の「二戸(2つの戸)」と、南部せんべい&チョコレートのふたつが融合することに由来。買い物はもちろん、工場見学や手づくり体験もできるとあって、ファミリーを中心に人気を集めています。

東北新幹線が乗り入れるJR二戸駅からは徒歩約15分、八戸自動車道・一戸ICからは車で約10分と、アクセスの良さも魅力。敷地内には食事処「自助工房 四季の里」、巖手屋の創業者について展示や映像で学べる「小松シキ・記念館」を併設し、一帯は「南部煎餅の里。」として親しまれています。

工場見学やカフェのスイーツを楽しもう

店内はガラス張りの壁から陽がたっぷり差し込む、スタイリッシュで温かみのある空間。ショップスペースには、定番の南部せんべいから刻んだせんべい入りのクランチなどチョコレート製品などがそろい、100種以上の商品が並びます。奥には工場があり、製造工程をガラス越しに見学できるのも人気のポイント。できたてのお菓子が次々と流れてくる様子にお子さんもワクワク!

ひと休みにぴったりのカフェスペースも備えています。南部せんべいでできたカップとスプーン付きのアイスクリーム、コーンのなかに刻んだせんべいを敷き詰めたソフトクリームなど、オリジナルのスイーツが勢ぞろい。

夏はチョコレートの原料・カカオのフルーティーな果肉を使ったドリンク、冬は二戸市の伝統工芸品・浄法寺塗の器で飲むホットチョコレートも登場します。ここにしかないユニークなメニューをぜひ味わってみてくださいね。

南部せんべい入りのチョコレートはどんな味?

おみやげには、店のコンセプトでもある「チョコ南部プレミアム」シリーズがオススメ。二戸市出身のショコラティエ・猿舘英明さんが監修し、2017年にはベルギーで開催される味のコンテスト「iTQi優秀味覚賞」を受賞した、折り紙つきの逸品ぞろいです。

人気が高いのは、ごまと抹茶、2種類の南部せんべいを約3ミリに刻み、ブラジル産カカオのチョコレートに加えた「Shiki's Sesame」。風味豊かなチョコレートのなかに、和の香ばしさが感じられます。マンゴーとイチジクのドライフルーツも入っていて、味も食感も賑やかです。

濃厚なチョコレートアイスクリームに刻んだ南部せんべいを加え、表面に凍りにくいチョコレートソースをたっぷりかけた「チョコ南部アイス」も評判。甘い物好きな人も大満足のリッチな味わいで、せんべいの食感がアクセントになっています。

チョコレートが溶けやすい盛夏には、ソフトクッキーやブラウニーなど季節限定の商品が登場。もちろん、南部せんべいとチョコレートが入ったオリジナルです。試食しながら選べるので、お気に入りを探してみてください。

ほかにも、ごまや落花生、納豆、カレー味などバラエティ豊かな味の南部せんべい、簡易包装でお徳用の南部せんべいなどもラインアップ。お子さんからパパやママ、おじいちゃん、おばあちゃんまで、家族みんなで楽しめるお菓子がそろっています。

体験コーナーでチョコ南部づくりに挑戦

お子さんたちに大人気なのが、オリジナルチョコ南部体験コーナー。なんと無料で体験することができます。

四つ割りの南部せんべいに、ミルクやホワイト、いちごなどのチョコレートを数粒のせ、トースターで2分温めます。溶けたチョコレートをせんべいの縁でくるくる混ぜて、マーブル模様をつくったら完成!つくりたてをパクリといただきましょう。とろける甘いチョコレートと、ほんのり塩気のあるせんべいのハーモニーが格別です。

トースターは熱くなるので、小さなお子さんはパパやママと一緒にチャレンジしてみて。また、休日は多くのお客さんで賑わうため、順番やスペースを譲り合いみんなで楽しみましょう。

南部せんべいの新たな魅力を発見できる「北のチョコレート工場&店舗 2door」。ぜひファミリーで訪れてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんやお子さん連れでも安心!ななびチェック!

ベビーカーの入店が可能

入口にはスロープがあるので、ベビーカーでも安心して訪れることができます。

おむつ替え用スペースを完備

多目的トイレにはおむつ交換ができるベビーシートが用意されています。ここで授乳もOK!

お子さんが楽しめるコーナーがたくさん

工場見学や体験コーナー、かわいいキャラクター人形と写真が撮れる撮影スポットなどがお子さんに人気です。

「北のチョコレート工場&店舗 2door」について詳しくはこちら

関連する投稿


滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

岩手県滝沢市は盛岡市に隣接するベッドタウンで、昔から農業が盛んな地域。その滝沢市の市役所前の駐車場で、4月から11月末までの毎週日曜に開催されているのが「たきざわ日曜朝市」です。早朝からオープンする朝市には、新鮮な野菜や果物、スイーツや惣菜など多彩な品々がお手頃な価格で並び、多くの人でにぎわいます。


花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

岩手県花巻市の東和町土沢地区にある「おたすけキッチン」。「自分たちで地域のためになるようなことをしたい」という想いから、地元に住むお母さんたちが中心となって2011年に立ち上げた惣菜屋さんです。ランチタイムともなると、地元産の野菜を使った手づくりの料理がぎゅっと詰まったお弁当や惣菜が店頭に並びます。


宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

岩手県の三陸海岸を走り、“さんてつ”の愛称で親しまれる「三陸鉄道」は、趣向を凝らした企画列車が盛りだくさんなことでも評判です。なかでも毎年4月~9月頃に運行する「お座敷列車」は、ドラマ『あまちゃん』でも話題となった三陸鉄道の名物列車。車窓に広がる海絶景を眺めながらうに丼をほおばる、とっておきの鉄旅が楽しめます。


岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「盛岡さんさ踊り」や「北上・みちのく芸能まつり」など、岩手県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

岩手県久慈市の住宅地の一角に静かにたたずむ「Zoo-Zoo CAFE」。靴を脱いで入る店内には、フローリングの床が広がり、親子一緒にゆっくりとくつろげます。その店名の通り、動物をあしらったディスプレイが見られたり、メニューにも動物をモチーフにしたスイーツやランチがあったりと、お子さんがよろこびそうなカフェです。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。