盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡駅から車で約10分、北上川沿いに位置する鉈屋町(なたやちょう)は、かつて舟運の要所として栄えた街。明治時代に建てられた町家が並び、ノスタルジックな景観が広がっています。近年その街並みを保存活用する動きが進み、レトロな街歩きが楽しめると注目されています。親子で楽しめるスポットもあり、休日のおでかけにぴったりですよ。


「盛岡町家」ってどんな建物?

鉈屋町周辺はかつて商人や職人が多く住んでいた地域で、盛岡町家は、町人たちの住まいと働く場が一体になった建物として発展してきました。

盛岡町家の最大の特徴は、立派な神棚を備えた「常居(じょい)」と呼ばれる部屋。その家の中心と、主人の仕事場を兼ねた場所で、「主人の出世を妨げない」という意味を込め、基本的に2階はなく吹き抜けになっています。

玄関や窓には格子が設けられ、デザインはもちろん採光や防犯などの機能性も考慮。外観はシックで落ち着いた色を基調とし、一帯には独特の風景がつくりだされています。

この歴史ある街並みを次世代に残そうという住民たちの声から、2003年に「盛岡まち並み塾」が発足。町家を活かしたイベントなどの試みをスタートし、盛岡町家の存在が少しずつ知られるようになりました。

街歩きの情報収集はここで!「もりおか町家物語館」

鉈屋町でのおさんぽを楽しむなら、まずは「もりおか町家物語館」に立ち寄りましょう。

2014年にオープンしたこの施設は、酒造業を営んでいた町家や酒蔵をリノベーションしたもので、ノスタルジックな雰囲気を楽しみながら盛岡の歴史や文化を学ぶことができます。パンフレット類も充実しているので、街歩きの前にマップをゲットしておきましょう。

「もりおか町家物語館」は母屋・大正蔵・文庫蔵・浜藤ホールの4つの建物からなり、ファミリーにうれしいコーナーもいっぱい。大正蔵の2階にある「時空(とき)の展示室」は、子どもたちが自由に遊べるキッズスペース。昭和のレトロな看板やおもちゃが並ぶコーナーもあり、大人たちにとっては懐かしい品々が見られます。

文庫蔵の2階には、靴を脱いであがって絵本が読める「絵本の小部屋」も。隠れ家のようなスペースで、お子さんたちに大人気です。ひと休みしたいときは、母屋にある「カフェDOMA」でコーヒーやジュースを飲みながらくつろぎましょう。大正蔵の1階で販売している「和グルミのソフトクリーム」もオススメですよ。

昔なつかしい町家の風情が楽しめる「大慈寺清水御休み処」と、おいしい湧き水をチェック

今でも住居として使われている町家が多く、内部をじっくり見学できる建物は限られています。
「大慈清水御休み処」は、青果業を営んでいた町家を改修した休憩施設で、自由に入って内部の見学や休憩ができます。天井を高くとった「常居」のほか、「ロジ」と呼ばれ、家の表と裏を貫くように設けられた土間など、町家ならではの建物の特徴を随所に見つけられますよ。

盛岡には「盛岡三大清水」と呼ばれる湧き水があります。そのうち「大慈清水」と「青龍水」の2つが鉈屋町にあり、徒歩で訪れられます。

「大慈清水」は大慈清水御休み処の隣にあり、まろやかな味わいと口当たりのよさが評判。盛岡市出身で、日本初の平民宰相として活躍した原敬(1856-1921)が眠る「大慈寺」が近くにあり、ここから湧き出る水を、木樋を通して引いたのがはじまりとされています。

「青龍水」は大慈寺のそばにある「祇陀寺(ぎだじ)」を水源とする湧き水で、すっきりとしたクリアな飲み口が特徴。各井戸には備え付けのコップがあるので、ぜひ一口味わってみてくださいね。

このように豊富な水に恵まれた鉈屋町には、豆腐やそばなど湧き水を活かした店が多いのも特徴。湧き水は今もなお、地域住民の生活用水として親しまれています。

お酒好きなパパやママにオススメ!岩手の銘酒・あさ開の酒蔵を見学

盛岡では江戸時代から酒造りも盛んに行なわれていて、岩手を代表する日本酒・あさ開の酒蔵「昭和旭蔵」もこのエリアにあります。

「昭和旭蔵」では、仕込みやビン詰め、ラベリングなど、酒造りの工程を見学できます。専門のガイドスタッフが案内してくれるのもうれしいポイントです。酒蔵のほか、工場直送の日本酒や岩手のおみやげなどがそろう「地酒物産館」、バラエティ豊かな各国料理が味わえるレストラン「あさ開 多国籍料理 ステラモンテ」も併設。酒蔵見学の前後に、ゆっくりショッピングや食事を楽しむのもいいですね。

地図を片手にさまざまな建物を巡る街歩きは、まるで宝探しのよう。レトロな街並みを楽しみながら、のんびりとおさんぽを満喫してくださいね。

鉈屋町での街歩きをもっと楽しむためのななびチェック!

「もりおか町家物語館」で街歩きマップをゲット

鉈屋町にある町家を紹介したマップは散策に便利。「もりおか町家物語館」には総合案内所があるので、どんな回り方がいいか相談にのってもらうのもオススメです。マイカーの場合はこちらに駐車を。

季節ごとのイベント情報をチェック

鉈屋町エリアでは年間を通してイベントがたくさん。なかでも、年2回行なわれる手づくり市「てどらんご」は多くの人で賑わいます。次回は2017年10月14日(土)・15日(日)に開催予定です。

車の往来に注意しながら散策しましょう

鉈屋町のメインストリートは生活道路として使われているため、車が頻繁に通ります。道幅も狭いので、街歩きの際は気をつけてくださいね。

「もりおか町家物語館」について詳しくはこちら
「大慈清水御休み処」について詳しくはこちら
「あさ開 酒蔵見学」について詳しくはこちら
「あさ開 多国籍料理 ステラモンテ」について詳しくはこちら

関連する投稿


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


岩泉 |「岩泉ヨーグルト」が台風被害を乗り越え復活!

岩泉 |「岩泉ヨーグルト」が台風被害を乗り越え復活!

もちっとした食感と濃厚な味わいで、全国にファンをもつ「岩泉ヨーグルト」。2016年に発生した台風10号の豪雨により工場が被災し、製造中止を余儀なくされていましたが、2017年10月についに販売が再開されました。一度食べると夢中になると評判のヨーグルトの製造元、岩泉乳業をご紹介!


盛岡 |「岩手県立美術館」にエリック・カール展がやってくる!

盛岡 |「岩手県立美術館」にエリック・カール展がやってくる!

絵本『はらぺこあおむし』でおなじみのエリック・カール。その豊かな色彩の世界が、2017年秋、岩手県立美術館の特別展でたっぷり楽しめます。期間中は、親子で参加できる関連イベントやオリジナルグッズの販売などが行なわれます。斬新な設計が魅力のアート空間で、心豊かなひとときを過ごしてはいかがでしょうか?


岩手 |「キャンプ・スキー場ガイド」

岩手 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


盛岡 |「KANEIRI STANDARD STORE」で見つける東北のクラフトアイテム

盛岡 |「KANEIRI STANDARD STORE」で見つける東北のクラフトアイテム

「KANEIRI STANDARD STORE」は、東北6県の伝統工芸品を中心に、国内外から集められた文具やアクセサリー、本などをセレクトする雑貨店。鮮やかな色味やポップなデザインなど、暮らしを明るく彩ってくれるアイテムが並びます。クラフトならではのぬくもりを、手に取り感じながらショッピングを楽しみましょう。


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。