盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡駅から車で約10分、北上川沿いに位置する鉈屋町(なたやちょう)は、かつて舟運の要所として栄えた街。明治時代に建てられた町家が並び、ノスタルジックな景観が広がっています。近年その街並みを保存活用する動きが進み、レトロな街歩きが楽しめると注目されています。親子で楽しめるスポットもあり、休日のおでかけにぴったりですよ。


「盛岡町家」ってどんな建物?

鉈屋町周辺はかつて商人や職人が多く住んでいた地域で、盛岡町家は、町人たちの住まいと働く場が一体になった建物として発展してきました。

盛岡町家の最大の特徴は、立派な神棚を備えた「常居(じょい)」と呼ばれる部屋。その家の中心と、主人の仕事場を兼ねた場所で、「主人の出世を妨げない」という意味を込め、基本的に2階はなく吹き抜けになっています。

玄関や窓には格子が設けられ、デザインはもちろん採光や防犯などの機能性も考慮。外観はシックで落ち着いた色を基調とし、一帯には独特の風景がつくりだされています。

この歴史ある街並みを次世代に残そうという住民たちの声から、2003年に「盛岡まち並み塾」が発足。町家を活かしたイベントなどの試みをスタートし、盛岡町家の存在が少しずつ知られるようになりました。

街歩きの情報収集はここで!「もりおか町家物語館」

鉈屋町でのおさんぽを楽しむなら、まずは「もりおか町家物語館」に立ち寄りましょう。

2014年にオープンしたこの施設は、酒造業を営んでいた町家や酒蔵をリノベーションしたもので、ノスタルジックな雰囲気を楽しみながら盛岡の歴史や文化を学ぶことができます。パンフレット類も充実しているので、街歩きの前にマップをゲットしておきましょう。

「もりおか町家物語館」は母屋・大正蔵・文庫蔵・浜藤ホールの4つの建物からなり、ファミリーにうれしいコーナーもいっぱい。大正蔵の2階にある「時空(とき)の展示室」は、子どもたちが自由に遊べるキッズスペース。昭和のレトロな看板やおもちゃが並ぶコーナーもあり、大人たちにとっては懐かしい品々が見られます。

文庫蔵の2階には、靴を脱いであがって絵本が読める「絵本の小部屋」も。隠れ家のようなスペースで、お子さんたちに大人気です。ひと休みしたいときは、母屋にある「カフェDOMA」でコーヒーやジュースを飲みながらくつろぎましょう。大正蔵の1階で販売している「和グルミのソフトクリーム」もオススメですよ。

昔なつかしい町家の風情が楽しめる「大慈寺清水御休み処」と、おいしい湧き水をチェック

今でも住居として使われている町家が多く、内部をじっくり見学できる建物は限られています。
「大慈清水御休み処」は、青果業を営んでいた町家を改修した休憩施設で、自由に入って内部の見学や休憩ができます。天井を高くとった「常居」のほか、「ロジ」と呼ばれ、家の表と裏を貫くように設けられた土間など、町家ならではの建物の特徴を随所に見つけられますよ。

盛岡には「盛岡三大清水」と呼ばれる湧き水があります。そのうち「大慈清水」と「青龍水」の2つが鉈屋町にあり、徒歩で訪れられます。

「大慈清水」は大慈清水御休み処の隣にあり、まろやかな味わいと口当たりのよさが評判。盛岡市出身で、日本初の平民宰相として活躍した原敬(1856-1921)が眠る「大慈寺」が近くにあり、ここから湧き出る水を、木樋を通して引いたのがはじまりとされています。

「青龍水」は大慈寺のそばにある「祇陀寺(ぎだじ)」を水源とする湧き水で、すっきりとしたクリアな飲み口が特徴。各井戸には備え付けのコップがあるので、ぜひ一口味わってみてくださいね。

このように豊富な水に恵まれた鉈屋町には、豆腐やそばなど湧き水を活かした店が多いのも特徴。湧き水は今もなお、地域住民の生活用水として親しまれています。

お酒好きなパパやママにオススメ!岩手の銘酒・あさ開の酒蔵を見学

盛岡では江戸時代から酒造りも盛んに行なわれていて、岩手を代表する日本酒・あさ開の酒蔵「昭和旭蔵」もこのエリアにあります。

「昭和旭蔵」では、仕込みやビン詰め、ラベリングなど、酒造りの工程を見学できます。専門のガイドスタッフが案内してくれるのもうれしいポイントです。酒蔵のほか、工場直送の日本酒や岩手のおみやげなどがそろう「地酒物産館」、バラエティ豊かな各国料理が味わえるレストラン「あさ開 多国籍料理 ステラモンテ」も併設。酒蔵見学の前後に、ゆっくりショッピングや食事を楽しむのもいいですね。

地図を片手にさまざまな建物を巡る街歩きは、まるで宝探しのよう。レトロな街並みを楽しみながら、のんびりとおさんぽを満喫してくださいね。

鉈屋町での街歩きをもっと楽しむためのななびチェック!

「もりおか町家物語館」で街歩きマップをゲット

鉈屋町にある町家を紹介したマップは散策に便利。「もりおか町家物語館」には総合案内所があるので、どんな回り方がいいか相談にのってもらうのもオススメです。マイカーの場合はこちらに駐車を。

季節ごとのイベント情報をチェック

鉈屋町エリアでは年間を通してイベントがたくさん。なかでも、年2回行なわれる手づくり市「てどらんご」は多くの人で賑わいます。次回は2017年10月14日(土)・15日(日)に開催予定です。

車の往来に注意しながら散策しましょう

鉈屋町のメインストリートは生活道路として使われているため、車が頻繁に通ります。道幅も狭いので、街歩きの際は気をつけてくださいね。

「もりおか町家物語館」について詳しくはこちら
「大慈清水御休み処」について詳しくはこちら
「あさ開 酒蔵見学」について詳しくはこちら
「あさ開 多国籍料理 ステラモンテ」について詳しくはこちら

関連するキーワード


岩手県 盛岡 盛岡 連載

関連する投稿


岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


雫石 |「小岩井農場」の収穫祭でハロウィンランタンをつくろう!

雫石 |「小岩井農場」の収穫祭でハロウィンランタンをつくろう!

岩手山南麓に広がる3,000ヘクタールもの広大な「小岩井農場」。その観光エリア・まきば園は、のどかな風景のなかで1日中遊べるファミリーに大人気のスポットです。秋は大花壇にコスモスが咲き誇り、11月5日までは恒例の「小岩井農場収穫祭」も開催。農場産のかぼちゃを使ったハロウィンランタンづくりなどを体験できます。


二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

岩手銘菓・南部せんべいの生産地として知られる二戸市。伝統の南部せんべいにチョコレートをあわせた、新感覚のお菓子を製造・販売する施設「北のチョコレート工場&店舗 2door(ツードア)」がオープンしました。工場見学やおみやげ選びをしたり、イートインでスイーツを味わったりと、南部せんべいの新たな魅力にふれられますよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡グルメで欠かせないのが、バラエティ豊かな3種の麺グルメ。一口分のそばを次々と平らげる「わんこそば」、コシのある麺を旨辛スープで味わう「盛岡冷麺」、各店秘伝の肉味噌をのせた「盛岡じゃじゃ麺」の3つが「盛岡三大麺」と呼ばれ、地元はもちろん全国にその名が知られています。なかでも、各ジャンルを代表する人気店をご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。