新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟市の鳥屋野潟公園の一角で、5月~10月の第3日曜日に開かれる「潟マルシェ」。新潟市内の飲食店によるこだわりフード、自然栽培の野菜、クラフト雑貨の店などが20~30軒ほど並びます。ガーランドが彩るオシャレな林の中は、訪ねるだけでワクワク!食べる、遊ぶ、ワークショップを通じて、鳥屋野潟の水辺の魅力に触れてみませんか。


鳥屋野潟のほとりで、月1回開かれるイベント「潟マルシェ」

新潟市中央区南部の市街地にある「鳥屋野潟」は、新潟市内で2番目に大きい潟で、かつては漁業、飲み水、水運などをはじめ、暮らしを支える恵みの場所でした。

現在の鳥屋野潟周辺は2つの地区に分かれ、女池地区には図書館などの公共施設、鐘木地区には複合交流施設「いくとぴあ食花」などが並び、休日は家族連れでにぎわいます。鳥屋野潟周辺の企業やお店、農家の方々の「鳥屋野潟の魅力を再発見し、魅力のある水辺空間にしたい」という思いから「潟マルシェ」ははじまりました。

場所は鐘木地区の「鳥屋野潟公園」内の一角、通称「ユスリカの森」です。開催は5月~10月の第3日曜日。緑であふれた空間には20~30軒ほどの店が並び、ワークショップの開催も多数。おいしいグルメやこだわりのアイテムに触れながら、鳥屋野潟の自然を肌で感じられるイベントなのです。

テントに並ぶ個性あふれるフードは必食!

フードは大人も子どもも楽しめるメニューが充実!
新潟産小麦粉でつくられたパン、旬のフルーツを使ったジャム、野菜たっぷりのサンドイッチ、舟を形どったライスボート、カレーやタコライスなど…。ここでしか味わえないものに出合えるだけでなく、思わず写真を撮りたくなるほどの見た目も◎。

会場に用意されたテーブルで食べるのも、もちろんOKです。緑のなかでおいしいフードを頬張る時間は格別ですよ!

新鮮な野菜の販売もお見逃しなく

「潟マルシェ」に来たなら、野菜の販売も見逃せません。
自然栽培で野菜を育てる農家のみなさんも出店しています。自然栽培で大切に育てられた農産物は、家族の健康や食の安心・安全を気遣うママにも大人気。スーパーではなかなか見かけない野菜が並ぶこともあります。農家の方とのおしゃべりを楽しみながら、おいしい食べ方や料理方法もぜひ聞いてみましょう。

親子で楽しみたい!自然に触れるワークショップ

「潟マルシェ」では、常時3~4種類のワークショップが開催されています。周囲が木々や草花であふれ、小さな生き物が棲む鳥屋野潟は、まさに自然の宝庫。

虫好きの子どもたちに大人気なワークショップが「Nature trip」です。鳥屋野潟を知り尽くしたツウなガイド・浅野さん指導のもと、散策しながら季節ごとに変わる自然や、生き物たちの姿を間近で見ることができます。

「Nature trip」の際に自分で採取した草木でいけばなを楽しむことができるワークショップ「Nature art」もオススメ。鳥屋野潟で摘まれた草木や花が用意され、池坊いけばな教室の先生に習いながら、自分だけのオリジナルいけばなをつくることができます。持ち帰って、家で飾って楽しむのもいいですよね。

鳥屋野潟で板合わせ舟&カヌー・カヤック乗船体験

普段は橋の上や陸地から見ている鳥屋野潟を、潟の上で体験できるのが、カヌーやカヤック、「板合わせ舟」の乗船です。「板合わせ舟」はかつて鳥屋野潟の漁師さんたちが漁に出る際に乗っていたもので、昔の暮らしの知恵が詰まった、ほかでは見られない手づくりの舟です。舟の上では、漁師さんから鳥屋野潟の自然や歴史、暮らしについての貴重な話を聞くこともできます。

小さなお子さんは保護者と一緒の乗船になり、救命胴衣も着用するのでご安心を。希望者には漁協の漁師さんのご指導のもと実際に漕いでみるのもOK。天気がよければ、鳥屋野潟の上から町を見渡せます。

陸上とはひと味もふた味も違う、鳥屋野潟ならではの水辺の魅力を五感で体感できること間違いなしです!

ここにしかないオシャレな環境で、食べる、遊ぶ、体験する。楽しみ方いろいろの「潟マルシェ」。「週末、遊びに行くところに困っている」「子どもが気軽に自然体験をできる場所に行きたい」というパパ&ママにもオススメのイベントです。

「潟マルシェ」と一緒に鳥屋野潟周辺を楽しむ!ななびチェック!

鳥屋野潟公園をお散歩

会場は「鳥屋野潟公園」の散策路のちょうど中央にあります。「潟マルシェ」を楽しんだ後は、公園内をのんびり歩いて散策を楽しみましょう。

「いくとぴあ食花」で遊んで、夕飯の買い物も

隣接する「いくとぴあ食花」では、トイレや駐車場が利用できます。直売所の「キラキラマーケット」で買い物や、子どもと遊ぶなら「こども創造センター」へ!

レジャーシートを持参すると便利!

鳥屋野潟公園内でレジャーシートを敷き、「潟マルシェ」で買ったフードを食べれば、ちょっとしたピクニック気分に浸れますよ。

「潟マルシェ」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。