燕 |「momo」知る人ぞ知る!かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」知る人ぞ知る!かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

新潟県燕市にある「momo」は、国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップです。並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみてください。


住宅街にある小さなセレクトショップ

「momo(モモ)」があるのは、JR西燕駅から600メートルほどの住宅街のなか。自宅併設の小さなショップだけに、知る人ぞ知る隠れた服屋さんとしてオシャレママたちの間で人気のお店です。

並ぶのは、「madpie(マッドパイ)」や「carter's(カーターズ)」のようにアメリカや韓国などのインポートものをはじめ、日本のオシャレなベビー&キッズ服。しかも、価格がとにかくお手頃。1,000円以下から高くても3,000円台と、「本当にこの値段でいいの?」と思うようなアイテムがたくさん揃っています。

聞けば、こちらのオーナーは3人の子どもを持つママ。それだけに、オシャレで着回しがきき、手に取りやすく、汚しても怒らなくてすむような価格に抑えているのだとか。たしかに気になるものが次々と目に留まり、思わず手に取ってしまうものばかりです。

カラフルでハッピー!ワクワク感があふれるかわいらしい店内

「momo」の扉を開けると、白とピンクを基調にした、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさ。3坪ほどの小さな店内には、カラフルでポップな洋服だけでなく、大人の服をそのまま小さくしたようなシンプルなアイテムもたくさん揃っています。

キッズ用のサンダルや靴、帽子、アクセサリーなども多く、自分のために買い求めるママも多いとか。どれもかわいらしくてお手頃なので、プレゼントとして購入する人も多いのだそう。なかでもプレゼント用のおむつケーキは、月に20個以上も売れるほどの人気です。

注目!カラーバリエーション豊富な無地の定番アイテム

キッズ&ベビー服で圧倒的に多いのが、カラフルな柄。たしかに柄ものはかわいいけれど、コーディネートにちょっと困ることもありますよね。

無地アイテムは探してもなかなかないのですが、「momo」では無地の定番アイテムを取り揃えています。Tシャツやカーディガンなど無地の季節アイテムの多さもちろん、カラーバリエーションも豊富です。特に人気なのが無地のカラーレギンス。どの洋服にでもあわせやすく、コーディネートしやすいと大人気です。

子ども服だけじゃない!アクセサリーから文房具、パーティーグッズも

「momo」のもうひとつの魅力はバラエティ豊かなアクセサリーや雑貨類。作家さん手づくりのイヤリングや、インポートのヘアアクセサリーなどはプレゼントにもぴったり。店内のあちこちに置かれているため、ちょっとした宝探し気分が味わえます。

ほかにもカラフルなストローやキャンドル、手づくりのロゼットにアニマルマスクなど、パーティー用のキッズアイテムもたくさん。また、子どもたちのリクエストで仕入れている文房具も多く、近所の小学生がおこづかい片手に買いにくることも多いそうです。

「momo」にはネットショップもありますが、現在は実店舗が忙しいためクローズ中。年内には再開する予定だそうです。

オシャレでしかもリーズナブル。子育て中のママが開いた服屋さんだけに、「まさにこれが欲しかった!」というアイテムに出会えます。かわいい洋服は着せたいけど、高いしすぐ小さくなってしまうから…と思っている人はぜひ「momo」を訪れてみて。

キッズパーティーにオススメのアイテムは?ななびチェック!

ガーランドは欠かせない!

カラフルなガーランドは部屋はもちろん、庭の木々に飾ってもステキ。これで一気にパーティーな気分に。

カラフルなストローもオススメ

カラフルなストローをジュースに添えると、テーブルが華やかになること間違いなし!

大人も楽しいアニマルマスク

外国の童話に出てくるようなウサギのマスクは、パーティーではかぶって楽しめますし、普段も壁に飾ればおしゃれなインテリアに!

関連する投稿


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?