山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。


直径6メートルの大鍋で豪快につくる30,000人分の芋煮

“日本一”の芋煮とはどんなものか、まずは使われる食材の量から説明しましょう。芋煮の主役・里芋は3トン、牛肉1.2トン、長ねぎ3,500本、こんにゃく3,500枚、さらに、味付けの醤油700リットル、隠し味の日本酒50升、砂糖200キロ、水を6トンも加えます。砂糖以外はすべて山形県産で、燃料の薪まで県内産というこだわりです。

これらの材料はリレー方式で次々と大鍋に投入され、醤油は上空からクレーンを使って注ぎ込まれます。開放的な河川敷で繰り広げられる調理光景は壮観です。巨大な木蓋がクレーンで鍋にかぶせられ、しばらく煮込むとお待ちかねの芋煮のできあがり。

ここから活躍するのは、工事現場で使われる重機バックホーです。食品を扱うので衛生面に配慮し、一度も使われていない新品を分解・高圧洗浄して潤滑油を落とし、かわりにバターやマーガリンを塗って使うという念の入れようです。

芋煮を味わうには整理券を忘れずにもらいましょう

「日本一の芋煮フェスティバル」の会場では、混雑を避けるために整理券方式をとっています。まずは発券所で「芋煮引換整理券」をもらいましょう。配布は朝8:30頃からスタートし、300円以上の協力金で1杯分の芋煮が提供される仕組みです。整理券をゲットしたあとは、会場内のイベントや出店を自由に楽しみましょう。イメージキャラクターの「芋煮マン」や「里味ちゃん」なども登場して会場を盛り上げます。

やがて10:00頃、大鍋から専用のバスケットを取り付けた重機が忙しく芋煮を取り分けはじめると、おいしそうなにおいが漂って、いよいよ芋煮の配布がはじまります。会場放送で整理券の番号が呼ばれたら、配膳場所で配られるできたての芋煮を受け取りましょう。

ゆっくり味わうには全席指定の「芋煮茶屋」がオススメ

※芋煮はイメージです

「日本一の芋煮会フェスティバル」の会場は広いので、芋煮を食べる場所を確保するのはなかなか大変です。特に小さいお子さん連れの場合はなおのこと。テーブル席でゆっくり味わいたいならば、会場の川原に設けられる「芋煮茶屋」を利用するのがオススメです。

「芋煮茶屋」の利用料金は中学生以上3,000円、小学生1,500円(当日券)で、牛肉しょうゆ味または豚肉しょうゆ味の芋煮におにぎり、「芋煮茶屋」で使えるクーポンもセットになります。牛肉しょうゆ味のみおかわり自由なので、食べ盛りのお子さんにはうれしいですね。
前売券ならさらにおトクに購入できるので、おでかけ前に「日本一の芋煮会フェスティバル」の公式サイトをチェックしてくださいね。

会場内では自由にベビーカーを使えますが、混雑するうえに道が悪いところも一部あるので注意が必要です。また、本部テントの向かいに授乳室が設けられるので、おむつ替えや授乳の際はこちらを利用しましょう。

「肉フェス」や「ありがとう2代目鍋太郎」などユニークな企画が満載!

2017年で29回目を迎える「日本一の芋煮会フェスティバル」では、“29”にちなんで「肉フェス」を開催。山形県産の牛肉や豚肉をはじめ、さまざまな食肉が味わえるブースが話題を呼びそうです。

もうひとつは、「ありがとう2代目鍋太郎」の企画。現在使われている大鍋は2代目で、1992年から25年もの間、役目を果たしてきました。2017年をもって引退し、2018年からは3代目が跡を継ぎます。そこで、感謝を込めてフィナーレを飾る企画を実施。内容は当日のお楽しみです。

ほかにも、例年好評の花笠踊りのステージや、炭火焼きのさんまが味わえるさんま祭りゾーンなど、家族みんなで楽しめるイベントがたくさん。「日本一の芋煮会フェスティバル」に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

「日本一の芋煮フェスティバル」をファミリーで楽しむ!ななびチェック!

会場に着いたら整理券をゲット!

芋煮の提供は整理券方式なので、まずは「芋煮引換整理券」をもらいましょう。番号が呼ばれるまでは、イベントや出店をのんびり楽しんで。

芋煮がおかわり自由の「芋煮茶屋」がオススメです

会場内に設けられる「芋煮茶屋」では、テント内の座席でゆっくりと芋煮が食べられます。牛肉しょうゆ味の芋煮は自由におかわりできますよ。

子連れママにうれしい授乳室配備

本部テントのそばに授乳室が設けられるので、小さなお子さんが一緒でも安心です。

「日本一の芋煮会フェスティバル」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


山形 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

山形 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。野外でも過ごしやすい季節、お子さまを連れてお出かけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


上山 |「かみのやま温泉 全国かかし祭」ユニークなかかしが大集合する城下町の秋を満喫

上山 |「かみのやま温泉 全国かかし祭」ユニークなかかしが大集合する城下町の秋を満喫

実りの秋を迎え、温泉とお城で知られる上山市では、ユーモラスなかかしたちが約300体も勢ぞろいする人気のイベント「かみのやま温泉 全国かかし祭」が開催されます。一般公募によるかかしは、話題の人物や時事ネタなど、どれも工夫を凝らした力作ぞろい。手づくり感満載の愉快なかかしたちを眺めながら、のどかな秋の1日を楽しみましょう。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


最新の投稿


秋田 |【ななび連載:秋田編vol.3】パンケーキがおいしい♪おしゃれな一軒家カフェ

秋田 |【ななび連載:秋田編vol.3】パンケーキがおいしい♪おしゃれな一軒家カフェ

子どもも大人も大好きなパンケーキ。丸い形とフワフワ食感、甘いメープルシロップやアイスクリーム…。ひと口ほおばると幸せな気持ちになりますよね。そこで今回は、秋田市内で人気のパンケーキ店をご紹介。パンケーキはもちろん、居心地抜群の店内にも注目を。一軒家ならではの洗練された空間もお楽しみください。


岩泉 |「岩泉ヨーグルト」が台風被害を乗り越え復活!

岩泉 |「岩泉ヨーグルト」が台風被害を乗り越え復活!

もちっとした食感と濃厚な味わいで、全国にファンをもつ「岩泉ヨーグルト」。2016年に発生した台風10号の豪雨により工場が被災し、製造中止を余儀なくされていましたが、2017年10月についに販売が再開されました。一度食べると夢中になると評判のヨーグルトの製造元、岩泉乳業をご紹介!


新潟 |「ヤスダヨーグルトY&Y GARDEN」買い物も食事も楽しめる、ヤスダヨーグルト直営ショップ

新潟 |「ヤスダヨーグルトY&Y GARDEN」買い物も食事も楽しめる、ヤスダヨーグルト直営ショップ

新鮮な生乳にこだわったドリンクヨーグルトなどの乳製品を中心に、さまざまな商品を新潟から全国へ発信している「ヤスダヨーグルト」。本社・工場の敷地内にある直営ショップには、オリジナルスイーツやフードなど、ここでしか味わうことのできないメニューでいっぱい!自然豊かな空間で、とっておきのおいしさを味わいに、でかけてみませんか?


南会津郡下郷町 |「農家れすとらん 蕎屋(きょうや)」絶品手打ちそばと採れたて野菜を味わおう

南会津郡下郷町 |「農家れすとらん 蕎屋(きょうや)」絶品手打ちそばと採れたて野菜を味わおう

南会津郡下郷町に、自家栽培した安心安全な農産物を使った、手打ちそばと郷土料理が自慢の「農家れすとらん 蕎屋(きょうや)」があります。地元でも評判のお店は、「大内宿」や「塔のへつり」など福島県でも有数の観光名所に近く、四季折々の豊かな自然も魅力。築200年の歴史ある古民家で、ほっとする温かいおもてなしがうれしいお店です。


秋田 |【ななび連載:秋田編vol.2】秋田ならではのショッピングを楽しもう!

秋田 |【ななび連載:秋田編vol.2】秋田ならではのショッピングを楽しもう!

普段の買い物から、大切な誰かへのお土産やプレゼントまで、秋田市内には地元の名産品を扱うショッピングスポットがたくさん。今回は秋田市民によく知られた買い物スポットに加え、秋田産の素材を使った注目アイテムもご紹介します!