青森 │「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森 │「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森県青森市にある「space mizuiro.inc」は、野菜から色を抽出してつくった自社製品「おやさいクレヨン」を中心に、原材料やデザインにこだわった文房具や雑貨を取り扱うお店。ギャラリーも兼ねていて、クリエイターによる展示やワークショップなどのイベントも多数開催中。ショッピングと一緒にアートを楽しめます。


おやさいクレヨンとは?

青森駅から徒歩5分。しんまち通りに面したビルの2階に「space mizuiro.inc」はあります。通路沿いに置かれたアートボードが目印です。

「おやさいクレヨン」とは、お米の油と野菜からつくられたクレヨンのこと。実は、それぞれの色の名前となっている野菜からできているのです。廃棄される野菜の外葉や皮などを原材料とした野菜の粉末が使われているそうで、野菜の収穫時期によって採れる色の顔料も異なるため、製造時期が難しいとのこと。

お米の油・ライスワックスをクレヨンの蝋のベースにしているので、万が一口に入れても安全です。

野菜は、長いも、とうもろこし、雪にんじん、りんご、カシスなど、青森県産の野菜にこだわって選ばれていて、自然そのもので描く世界観を楽しめます。「おやさいクレヨン」シリーズは2017年10月にパッケージをリニューアルし、統一感のあるデザインで、どんな世代にも親しみやすいパッケージになります!

オススメ商品BEST3!

自社製品のほかにも、「space mizuiro.inc」独自の視点でセレクトされたかわいらしい文房具や小物も販売している店内。
広報担当の奈良岡さんに、取り扱っている全商品のなかから人気の商品ベスト3をお伺いしました。

1.おやさいクレヨン(スタンダード)

1番人気は、「おやさいクレヨン」。野菜がとれる時期によって、クレヨンの色もちょっとずつ変化し、これまでSeason1~Season4とスタンダードの計5種類が発売されています。

2.おやさいクレヨン2WAY紙製ギフトトランクセット

トランクにもお道具箱にもなる「2WAY紙製トランク」のなかに、「おやさいクレヨン」はもちろん、「おやさい千代紙」、「カーネーションからできたおはなのスケッチブック」が入った4点セット。ボリュームたっぷりで、贈り物にぴったりなギフトセットです。

3.おやさいねんど

野菜や果物パウダーで着色した「おやさいねんど」。自然な色と手触りで親しみやすく、ねんどからはそれぞれの色の野菜の香りがほんのりします。五感で楽しめる5色のねんどセットです。

お店で取り扱っている商品のなかでも、やはり自社製品である「おやさいクレヨン」シリーズは人気商品とのこと!これから自社製品がさらに展開していく予定なのだそう。新商品も楽しみです!

クリエイターが集まる空間、アートが集まる空間

もともとデザイン会社からはじまったという「space mizuiro.inc」のコンセプトは、『親子で楽しめる時間をデザインする』。その想いから生まれた「おやさいクレヨン」をはじめとする自社製品の開発・製造・販売はもちろん、東北を中心に活動するクリエイターの作品展示の場、クリエイターの交流の場にもなっていて、県外から展示を見に来るお客さんもいらっしゃるそう。2017年10月には「ハニワ」をテーマにした「ハニワのいる街展」を開催予定です。

おやさいクレヨンを通して食育を学んでほしい

親子でなにかひとつのことを楽しむ時間を生み出すためのプロダクトを発信し続けている「space mizuiro.inc」。今後は、県産野菜を使用した、親子でおいしく楽しめる野菜を使ったおやつを商品化していく予定なのだそう。今後は、野菜の大切さや食育を普及するためのcafeスペースをつくり、学びを得られる場所も提供していきたいそうです。

芸術の秋、「space mizuiro.inc」でアートに触れ、いつもとはちょっと違う文房具で親子一緒にお絵かきや工作を楽しんでみてはいかがですか。直接お店へ行けない方は、ネットショップもあるのでホームページをチェックしてみてくださいね。

親子の時間を楽しむしかけがいっぱい!ななびチェック!

口に入れても安心な原材料でつくられた文房具

自社製品のおやさいクレヨンやおやさいねんどは、万が一お子さんが口に入れても害がない原材料を使用しています。

大切な人へのギフト探しにも

クリスマスプレゼントや入学祝いなど、子どもの成長を見守る文房具として贈り物に最適です。もちろん、青森土産にもどうぞ。

お絵かきできるkidsコーナー

店内の一角には、おやさいクレヨンでお絵かきできるスペースがあり、お子さんがkidsコーナーで遊んでいる間に買い物を楽しめます。同じ空間にいるのでお子さんも安心。

「space mizuiro.inc」について詳しくはこちら

関連する投稿


黒石 │「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

黒石 │「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

青森県黒石市の中町こみせ通りで行われる「黒石こみせまつり」は、郷土芸能の演奏や、ご当地グルメが味わえるおまつり。例年9月の第2土曜日・日曜日に行われ、2017年は9月9日(土)・10日(日)に開催されます。そこで今回は、「黒石こみせまつり」の見どころを、意外と知られていない中町こみせ通りの魅力とともにご紹介します!


青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

青森県弘前市には、およそ50年の伝統をもつ工芸品「BUNACO(ブナコ)」があります。独自の製法でひとつずつ丁寧につくられた「ブナコ」製品は、エコロジーな技術が国内外で高く評価され、世界中から注目を集めるほど。弘前市にある唯一の専門ショールーム「BUNACO ShowRoom BLESS」をご紹介します。


八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

青森県八戸市の中心街にある「八戸ポータルミュージアム はっち」は、八戸の地域資源をベースに、八戸市民のさまざまな活動をサポートする拠点施設。観光にも、市民活動にも、どちらにも大活躍している八戸の顔ともいえる施設です。1階から5階まで八戸づくしな「はっち」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。