青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森県青森市にある「space mizuiro.inc」は、野菜から色を抽出してつくった自社製品「おやさいクレヨン」を中心に、原材料やデザインにこだわった文房具や雑貨を取り扱うお店。ギャラリーも兼ねていて、クリエイターによる展示やワークショップなどのイベントも多数開催中。ショッピングと一緒にアートを楽しめます。


おやさいクレヨンとは?

青森駅から徒歩5分。しんまち通りに面したビルの2階に「space mizuiro.inc」はあります。通路沿いに置かれたアートボードが目印です。

「おやさいクレヨン」とは、お米の油と野菜からつくられたクレヨンのこと。実は、それぞれの色の名前となっている野菜からできているのです。廃棄される野菜の外葉や皮などを原材料とした野菜の粉末が使われているそうで、野菜の収穫時期によって採れる色の顔料も異なるため、製造時期が難しいとのこと。

お米の油・ライスワックスをクレヨンの蝋のベースにしているので、万が一口に入れても安全です。

野菜は、長いも、とうもろこし、雪にんじん、りんご、カシスなど、青森県産の野菜にこだわって選ばれていて、自然そのもので描く世界観を楽しめます。「おやさいクレヨン」シリーズは2017年10月にパッケージをリニューアルし、統一感のあるデザインで、どんな世代にも親しみやすいパッケージになります!

オススメ商品BEST3!

自社製品のほかにも、「space mizuiro.inc」独自の視点でセレクトされたかわいらしい文房具や小物も販売している店内。
広報担当の奈良岡さんに、取り扱っている全商品のなかから人気の商品ベスト3をお伺いしました。

1.おやさいクレヨン(スタンダード)

1番人気は、「おやさいクレヨン」。野菜がとれる時期によって、クレヨンの色もちょっとずつ変化し、これまでSeason1~Season4とスタンダードの計5種類が発売されています。

2.おやさいクレヨン2WAY紙製ギフトトランクセット

トランクにもお道具箱にもなる「2WAY紙製トランク」のなかに、「おやさいクレヨン」はもちろん、「おやさい千代紙」、「カーネーションからできたおはなのスケッチブック」が入った4点セット。ボリュームたっぷりで、贈り物にぴったりなギフトセットです。

3.おやさいねんど

野菜や果物パウダーで着色した「おやさいねんど」。自然な色と手触りで親しみやすく、ねんどからはそれぞれの色の野菜の香りがほんのりします。五感で楽しめる5色のねんどセットです。

お店で取り扱っている商品のなかでも、やはり自社製品である「おやさいクレヨン」シリーズは人気商品とのこと!これから自社製品がさらに展開していく予定なのだそう。新商品も楽しみです!

クリエイターが集まる空間、アートが集まる空間

もともとデザイン会社からはじまったという「space mizuiro.inc」のコンセプトは、『親子で楽しめる時間をデザインする』。その想いから生まれた「おやさいクレヨン」をはじめとする自社製品の開発・製造・販売はもちろん、東北を中心に活動するクリエイターの作品展示の場、クリエイターの交流の場にもなっていて、県外から展示を見に来るお客さんもいらっしゃるそう。2017年10月には「ハニワ」をテーマにした「ハニワのいる街展」を開催予定です。

おやさいクレヨンを通して食育を学んでほしい

親子でなにかひとつのことを楽しむ時間を生み出すためのプロダクトを発信し続けている「space mizuiro.inc」。今後は、県産野菜を使用した、親子でおいしく楽しめる野菜を使ったおやつを商品化していく予定なのだそう。今後は、野菜の大切さや食育を普及するためのcafeスペースをつくり、学びを得られる場所も提供していきたいそうです。

芸術の秋、「space mizuiro.inc」でアートに触れ、いつもとはちょっと違う文房具で親子一緒にお絵かきや工作を楽しんでみてはいかがですか。直接お店へ行けない方は、ネットショップもあるのでホームページをチェックしてみてくださいね。

親子の時間を楽しむしかけがいっぱい!ななびチェック!

口に入れても安心な原材料でつくられた文房具

自社製品のおやさいクレヨンやおやさいねんどは、万が一お子さんが口に入れても害がない原材料を使用しています。

大切な人へのギフト探しにも

クリスマスプレゼントや入学祝いなど、子どもの成長を見守る文房具として贈り物に最適です。もちろん、青森土産にもどうぞ。

お絵かきできるkidsコーナー

店内の一角には、おやさいクレヨンでお絵かきできるスペースがあり、お子さんがkidsコーナーで遊んでいる間に買い物を楽しめます。同じ空間にいるのでお子さんも安心。

「space mizuiro.inc」について詳しくはこちら

関連する投稿


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

港町・八戸市の名物といえば、外せないのが海産物。今回は、そんなイメージを裏切らない絶品丼ぶりご飯をはじめ、デザートにオススメな濃厚ソフトクリーム、新グルメスポットとして人気のお米専門店など、さまざまな“うまい!”をたっぷりご紹介します!


田子 |「大黒森タプコプ創遊村」で昔ながらの暮らしを体験!田子ならではのスイーツも堪能

田子 |「大黒森タプコプ創遊村」で昔ながらの暮らしを体験!田子ならではのスイーツも堪能

青森県田子町にある「大黒森タプコプ創遊村」は、里山暮らしの原風景が広がる観光スポット。“陸の孤島”“秘境”と呼ばれる田子町の魅力とともに、昔ながらの暮らしを体験できる「大黒森タプコプ創遊村」をご紹介します。ここでしか味わえないスイーツも要チェックです!


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。