酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


1キログラムの生地が650メートルもの長さに!

1960年創業の「ワンタンメンの満月本店」は、先代の斎藤省吾氏が若くして独立開業したラーメン店です。創業当初からこだわるワンタン(雲呑)は、口のなかへ運ぶと、まさに雲のようにフワフワととろける食感。新聞紙が透けて見えるほど薄いワンタンは、先代が生地とその伸ばし方に工夫を重ね、ついには1キログラムの生地を650メートルもの長さにまで伸ばすようになったのだそう。

薄く伸ばした生地を均等な大きさに切り分け、いったん-20度の冷凍庫で熟成させます。その後に極薄のワンタンの生地が破れないように手早く具を詰めるのは、熟練スタッフの職人技です。

ワンタン、麺、スープが調和した一杯

看板メニューは「ワンタンメン」です。滑らかな食感とのどごしのよさをバランスよく保った自家製シルク麺は、シンプルな中細麺。さらにつなぎにシルクを入れることで、滑らかさを際立たせています。

ワンタンと自家製シルク麺をサポートするスープは、魚介だしが効いたあっさりとした味わい。酒田特産のアゴの焼干しや数種の煮干しを使い、動物系スープと組み合わせ、上品な旨みを醸し出します。また、チャーシューの細切れが入ったワンタンはシンプルなスープのちょうどよいアクセントに。全体として調和のとれた重層的なおいしさを演出する、老舗ならではのさすがの一杯です。

進化し続ける、「ワンタンメンの満月本店」

こだわりの極薄ワンタンを使ったメニューは、醤油味のみにとどまらず少しずつ増えています。

なかでも女性を中心に人気なのが「塩ワンタンメン」です。まろやかで繊細な塩味だと、だしの香りがよりひき立ちます。このほか、ピリ辛味の「スタミナワンタンメン」は男性に評判。ゴマラー油で辛味を付け、個性的な味に仕上げています。

1日限定20食とレアな「満月のつけ麺」にも、ワンタンが別皿で付きます。醤油・スタミナ・塩と3種のつけだれで味わう豪華なつけ麺で、麺も通常より多く盛られてきます。味のバリエーションを楽しめる人気メニューです。

まとめ

こだわりのワンタンからはじまった、酒田の「ワンタンメンの満月本店」。地元では子どもからお年寄りまで、幅広い世代に愛されるラーメンとして知らない人はいない名店です。

2014年には、仙台中心部のシンボルストリート・定禅寺通に仙台定禅寺店を出店。自家製シルク麺やワンタンは酒田から運び、本場の味をそのまま味わえると好評です。テーブル席や座敷席が充実しているので、ファミリーでの休日のランチにおすすめですよ。

また、近年は各地のラーメンイベントにも積極的に参加しています。酒田の名物店「ワンタンメンの満月本店」に出会う機会は意外に多いかもしれません。ご家族みんなで、職人技の詰まった極上ワンタンを味わってみてはいかがですか。

「ワンタンメンの満月本店」について詳しくはこちら

関連するキーワード


山形県 酒田 酒田 グルメ

関連する投稿


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


山形 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

山形 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。野外でも過ごしやすい季節、お子さまを連れてお出かけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


上山 |「かみのやま温泉 全国かかし祭」ユニークなかかしが大集合する城下町の秋を満喫

上山 |「かみのやま温泉 全国かかし祭」ユニークなかかしが大集合する城下町の秋を満喫

実りの秋を迎え、温泉とお城で知られる上山市では、ユーモラスなかかしたちが約300体も勢ぞろいする人気のイベント「かみのやま温泉 全国かかし祭」が開催されます。一般公募によるかかしは、話題の人物や時事ネタなど、どれも工夫を凝らした力作ぞろい。手づくり感満載の愉快なかかしたちを眺めながら、のどかな秋の1日を楽しみましょう。


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。


天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。