酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手づくりワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手づくりワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


1キログラムの生地が650メートルもの長さに!

1960年創業の「ワンタンメンの満月本店」は、先代の斎藤省吾氏が若くして独立開業したラーメン店です。創業当初からこだわるワンタン(雲呑)は、口のなかへ運ぶと、まさに雲のようにフワフワととろける食感。新聞紙が透けて見えるほど薄いワンタンは、先代が生地とその伸ばし方に工夫を重ね、ついには1キログラムの生地を650メートルもの長さにまで伸ばすようになったのだそう。

薄く伸ばした生地を均等な大きさに切り分け、いったん-20度の冷凍庫で熟成させます。その後に極薄のワンタンの生地が破れないように手早く具を詰めるのは、熟練スタッフの職人技です。

ワンタン、麺、スープが調和した一杯

看板メニューは「ワンタンメン」です。滑らかな食感とのどごしのよさをバランスよく保った自家製シルク麺は、シンプルな中細麺。さらにつなぎにシルクを入れることで、滑らかさを際立たせています。

ワンタンと自家製シルク麺をサポートするスープは、魚介だしが効いたあっさりとした味わい。酒田特産のアゴの焼干しや数種の煮干しを使い、動物系スープと組み合わせ、上品な旨みを醸し出します。また、チャーシューの細切れが入ったワンタンはシンプルなスープのちょうどよいアクセントに。全体として調和のとれた重層的なおいしさを演出する、老舗ならではのさすがの一杯です。

進化し続ける、「ワンタンメンの満月本店」

こだわりの極薄ワンタンを使ったメニューは、醤油味のみにとどまらず少しずつ増えています。

なかでも女性を中心に人気なのが「塩ワンタンメン」です。まろやかで繊細な塩味だと、だしの香りがよりひき立ちます。このほか、ピリ辛味の「スタミナワンタンメン」は男性に評判。ゴマラー油で辛味を付け、個性的な味に仕上げています。

1日限定20食とレアな「満月のつけ麺」にも、ワンタンが別皿で付きます。醤油・スタミナ・塩と3種のつけだれで味わう豪華なつけ麺で、麺も通常より多く盛られてきます。味のバリエーションを楽しめる人気メニューです。

まとめ

こだわりのワンタンからはじまった、酒田の「ワンタンメンの満月本店」。地元では子どもからお年寄りまで、幅広い世代に愛されるラーメンとして知らない人はいない名店です。

2014年には、仙台中心部のシンボルストリート・定禅寺通に仙台定禅寺店を出店。自家製シルク麺やワンタンは酒田から運び、本場の味をそのまま味わえると好評です。テーブル席や座敷席が充実しているので、ファミリーでの休日のランチにおすすめですよ。

また、近年は各地のラーメンイベントにも積極的に参加しています。酒田の名物店「ワンタンメンの満月本店」に出会う機会は意外に多いかもしれません。ご家族みんなで、職人技の詰まった極上ワンタンを味わってみてはいかがですか。

「ワンタンメンの満月本店」について詳しくはこちら

関連する投稿


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


新庄 |「CAFE LABO」チーズがとろとろ♪ラクレットチーズを使ったメニューが評判のカフェレストラン

新庄 |「CAFE LABO」チーズがとろとろ♪ラクレットチーズを使ったメニューが評判のカフェレストラン

山形県新庄市にある「CAFE LABO」は、ラクレットチーズをたっぷりトッピングしたメニューが人気のカフェレストラン。パンケーキやパフェなどのスイーツもそろうほか、手づくりのお弁当やオードブルが地元のファミリーから好評です。映像制作会社が運営を手がけていることから、写真撮影ができるフォトスタジオも併設しているんですよ。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


最新の投稿


妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

新潟県妙高市にあるホテル&リゾート「アパリゾート上越妙高」では、2014年からイルミネーションイベントが開催されています。2018年に「アパリュージョン」という名称になってから、光と音で構成するデジタルアートイリュージョンとして、内容も規模もパワーアップ!その魅力をご紹介します!


仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

秋田県仙北市にたたずむ日本一深い湖・田沢湖。湖畔から歩いて約5分の場所にあるのが「田沢湖キャンプ場」です。雑木林に囲まれたキャンプサイトは、エメラルドグリーンに輝く田沢湖を望む絶好のロケーション。湖でのカヌーやカヤック、周辺の山や川でのトレッキングやラフティングなど、さまざまなアウトドアツアーも行なっています。


奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

青森県おいらせ町で毎年9月に行なわれる「おいらせ百石まつり」と「おいらせ下田まつり」。旧百石町と旧下田町が合併して生まれた“おいらせ町”の秋祭りで、豊作や大漁、無病息災などを祈願して行なわれます。全国的にも珍しい種類の山車からさまざまな催し物まで、見どころをたっぷりとご紹介します!