会津若松 |「ロータスウッドヴィレッジ」カフェで子どもと一緒にイベント体験

会津若松 |「ロータスウッドヴィレッジ」カフェで子どもと一緒にイベント体験

福島県会津若松市に、木のぬくもりに触れながら地域と繋がるコミニュティカフェ「ロータスウッドヴィレッジ」がオープン!厳選された木のおもちゃのキッズスペースに、ちょっと珍しい選りすぐりのおやつと飲み物が楽しめるスペースもあります。ものづくり体験やイベントスペースとしても利用でき、大人も子どもも楽しめる癒しの空間なんです。


親子で木のぬくもりに触れる!木のおもちゃショップでものづくり体験

「ロータスウッドヴィレッジ」を運営するNPO法人Lotus(ロータス)の母体は保育園!そして、木のぬくもりのなかで思いっきり遊べる「室内遊び場 もくれん」からなります。

「すべては子どもたちのために」「子どもを育てるママたちのために」と活動。それが発展し、保育園でも遊び場でもないコミュニティカフェ「ロータスウッドヴィレッジ」が誕生しました。

店内には、たくさんの木のおもちゃが並び、遊ぶだけではなく購入できる「木のおもちゃSHOP」のコーナーが!地場産業の活性化をはかろうと、会津の桐材を使った「どうぶつブローチとクリップ」などナチュラルでかわいいメイドイン会津若松のグッズも購入できます。

さらに「ものづくり体験スペース」では、会津の木材を使った自分だけの木のおもちゃをつくれます。そのほか、「木のおもちゃのキャラバン」や「ものづくり体験ワークショップ」は、イベントなど福島県内外へ出張もしているんだそう!

のんびりゆったり、木の空間に癒されるカフェタイム

「カフェコーナー」では、「ロータスウッドヴィレッジ」のオーナー、NPO法人ロータスの山口理事長こだわりの、ちょっと珍しいおやつや飲み物が楽しめます。

オススメメニューは、世界文学になぞらえたユニークな名前のオリジナルブレンドジャムと、理事長オススメのベトナムコーヒーがセットで味わえる「おためしセット」。

クラッカーやバケットに添えられた無添加で素材の味が生きたジャムは、フルーティーでそのまま食べたくなってしまうくらいのおいしさ。ベトナムコーヒーの深い味わいとの相性も抜群です。

そしてさらに、金沢発で今大人気の金座和アイス「溶けないアイス」も味わえます。

金沢大学薬学部との連携で開発されたアイスは、3時間たってもほとんど溶けない不思議なアイス!ふわっとサクサク…温度が上がると生クリームのように変化するアイスは、子どもたちにも大人気。

抹茶風味の前田家家紋風のアイスは、きな粉ソースを添えるとさらにおいしいんですよ。

本物にこだわった、子どもが夢中になっちゃうキッズスペース

「本物の木のおもちゃに触れてほしい!」という願いがこもった「ロータスウッドヴィレッジ」の「キッズスペース」。おもちゃコンサルタントでもある山口理事長が厳選したたしかなおもちゃで自由に遊ぶことができます。

本物を提供する想いは、「おままごとコーナー」にも。なんと、使われているのは「WOODONE(ウッドワン)」の本物のキッチンなんです!おうちのキッチンではできないことも、ここでは子どもが主役。子どもたちは、おもちゃのキッチン以上に夢中になって遊んでいます。

そして、秘密基地のようなロフトや「室内遊び場 もくれん」でも大人気の「大木桐のたまごプール」も!大人たちののんびりカフェタイムの隣で、ころころ寝転んだりロフトから覗き込む子どもたちの姿がなんとも愛らしい光景です。

出張店舗やイベント、会議に!起業家ママにも好評のレンタルスペース

「ロータスウッドヴィレッジ」の空間は、気軽に借りられるイベントスペースやコワーキングスペースとしての機能も。「夢に向かって頑張るママを応援したい!」と、起業家支援の場にもなっています。

「カフェスペース」のあるフロアーをはじめ、ネイルやマッサージなどを提供する企業家さんにピッタリの「小さな個室」や、セミナーやヨガ教室にもピッタリな「大きな個室」まで、目的に応じてお部屋を借りられます。

素敵なモノづくり作家さんの作品の展示や、購入などができるレンタルBOX「森ばこ」もあり、発信したい人と繋がりたい人とが自然に交流する出会いの場となっています。

保育園が母体の「ロータスウッドヴィレッジ」は、接客してくださるスタッフの方のなかに保育士や小学校教諭の有資格者も!気軽に頼れるスタッフとの何気ない日常の会話のなかで、ホッと頼れるアドバイスが聞けたり、ママも子どもも元気になって帰れます。

「お子さんやママはもちろん、パパやおじいちゃんおばあちゃんも、ぜひ来てほしい!」と山口さん。地域の交流スペースとして、多世代で繋がりながら「子どもの声があふれる街にしたい」と仰られます。

長年、子どもとママに寄り添ってきたからこそ実現できた、大人も子どもも楽しめる木の癒しの空間「ロータスウッドヴィレッジ」。ぜひ、みなさんで遊びにいってみてくださいね。

子ども連れでも安心!ななびチェック!

授乳やオムツ替えコーナーも充実!トイレ休憩にも気軽に立ち寄れます

「まちの駅」にもなっているので、トイレのみ、オムツ替えや授乳のみでも気軽に立ち寄れます。観光客や外国人、修学旅行生も多く、フリーWi-Fiも使用できるので、ゆっくりカフェタイムにもオススメです!

撮影スポットも満載!お子さんと一緒にかわいい記念写真も

オシャレなこだわり空間となった「ロータスウッドヴィレッジ」には、おもしろい撮影スポットも!入り口の大きな「れんこんオブジェ」や「大木洞のたまごプール」など思わず写真を撮りたくなっちゃうようなスポットが満載です。SNSにアップしてくれた方には、うれしい特典もあるそうですよ!

子連れのママ会や、イベント開催もできるうれしいスペース

シンボルツリーの下に切り株のイスがかわいいキッズ席が。ベビーカーでの入店や、店内のベビーベッドの使用OKです。工夫を凝らしたキッズスペースや癒しの空間で、子どもは楽しく遊べ、ママも安心してカフェやお買い物を満喫できます。

「ロータスウッドレッジ」について詳しくはこちら

関連する投稿


いわき |「いわき市 海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

いわき |「いわき市 海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

福島県いわき市に、観覧車をのぞき込む巨大恐竜がお出迎えする「いわき市 海竜の里センター」があります。フタバサウルススズキイの化石が発見された大久川のほとりにある、恐竜がモチーフのミニ遊園地。自然豊かな山間にあり、アスレチックや川遊び、室内遊び場も充実の家族で楽しめるスポットです。


小野町 |「リカちゃんキャッスル」リカちゃん誕生50周年でリニューアル

小野町 |「リカちゃんキャッスル」リカちゃん誕生50周年でリニューアル

福島県田村郡小野町に、人形工場を備えたテーマパーク「リカちゃんキャッスル」があります。2017年でリカちゃんは誕生50周年!それを記念しリニューアルした「リカちゃんキャッスル」では、カフェ付きのお庭が誕生し話題を呼んでいます。また、男の子に人気の「トミカ・プラレールコーナー」などもあり、家族で楽しめるスポットです。


福島 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

福島 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


福島 |「グルメまとめ」メヒカリってどんな魚?未知のグルメも登場!

福島 |「グルメまとめ」メヒカリってどんな魚?未知のグルメも登場!

福島県の名産といえば、思い浮かぶのは「桃」。しかし、農産物や海産物はもちろん、それぞれの地域や都市の特徴を活かした、さまざまなご当地料理も存在しています。ここでは、福島のおいしい情報を一挙にご紹介しますので、ぜひチェックしてください。福島の「んめー」ものをあがらんしょ!


柳津町 |「道の駅会津柳津 清柳苑」赤べこの里のグルメが満載

柳津町 |「道の駅会津柳津 清柳苑」赤べこの里のグルメが満載

福島県河沼郡柳津町に、ちょっと変わった“ソースカツのハンバーガー”を食べられるお店「道の駅会津柳津 清柳苑」があります。柳津町の味覚が味わえるレストランのほか、物産品の展示販売、赤べこの絵付けやそば打ち体験も!敷地内には美術館や体験交流館が併設され、歴史や文化にふれながら足湯に浸かったりと楽しめます。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。