盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡グルメで欠かせないのが、バラエティ豊かな3種の麺グルメ。一口分のそばを次々と平らげる「わんこそば」、コシのある麺を旨辛スープで味わう「盛岡冷麺」、各店秘伝の肉味噌をのせた「盛岡じゃじゃ麺」の3つが「盛岡三大麺」と呼ばれ、地元はもちろん全国にその名が知られています。なかでも、各ジャンルを代表する人気店をご紹介します。


何杯食べられるかチャレンジ!わんこそばの「直利庵」

岩手県北南部地方に伝わる「そば振る舞い」の風習を今に伝える郷土食・わんこそば。「はい、じゃんじゃん」「まだまだ」のリズミカルなかけ声とともに、給仕さんが小分けしたそばをお椀にどんどんと入れ、食べた数を競いあいます。みんなで賑やかに食べられるとあって、エンターテインメント要素たっぷりです。

レトロな街並みが残る中ノ橋通に店を構える「直利庵」は、1884年創業の老舗そば店。1階の食事処では20種以上ものそばメニューがそろい、2階の和室では岩手名物の「わんこそば」をいただけます。

前掛けを身に着けたら、わんこそばがスタート!国産そば粉の風味豊かなそばは、つるりとした喉ごし。お椀8杯前後で通常のもりそばの1人前の量です。

自分でお椀の蓋を閉めない限り給仕さんはそばを入れ続けるので、その愉快な駆け引きも楽しみのひとつです。卓上には、筋子や鯛の刺身、なめこおろしなど色とりどりの薬味がずらり。箸休めや、好みの組みあわせで味わいながら、そばを食べ進めましょう。

「食道園」で盛岡冷麺の元祖を味わおう

今や盛岡グルメには欠かせない味となった「盛岡冷麺」のはじまりは約60年前。「食道園」の初代店主が朝鮮半島に伝わる冷麺をアレンジして生まれました。しっかりとした歯ごたえの麺と、牛骨などでとったコク旨スープにキムチの辛さが調和し、独特の旨みを醸し出します。

現在、2代目が店主を務める「食道園」は、盛岡駅から歩いて約15分の盛岡大通商店街にあります。「盛岡冷麺」の元祖を味わえる人気の焼肉店で、冷麺だけを味わいに訪れるお客もたくさんいます。

冷麺の辛さは「別辛・普通・辛・特辛」の4段階。手ごねで打った生地を専用の機械で圧力を加えて押し出してつくる麺は独特の強いコシがあり、歯ごたえがクセになる人が続出。

牛骨や牛肉、鶏ガラをたっぷり使い4時間煮込んだスープは、澄んだ見た目とすっきりとした味わいの奥にふくよかなコクと旨みを感じさせます。

キムチは角切りの大根を漬けた自家製のカクテキで、ほどよい酸味と辛みがスープの輪郭を際立たせる重要な存在です。

肉味噌を絡めておいしさ広がる、盛岡じゃじゃ麺「白龍本店」

「安い、早い、旨い」の三拍子がそろい、独自の味を極める専門店も多い「盛岡じゃじゃ麺」。「白龍(ぱいろん)」の初代店主が、戦時中に満州で味わった「炸醤麺(じゃーじゃーめん)」を盛岡人の舌にあうようにアレンジして生まれたのが「盛岡じゃじゃ麺」のはじまりとされています。

盛岡城跡公園内の桜山神社のそばに建つ「白龍本店」は「盛岡じゃじゃ麺」発祥の店。休日ともなれば開店前から行列ができるほどの人気です。

こちらのじゃじゃ麺は、うどんのようなモチモチの平麺に、香ばしい肉味噌や刻んだきゅうりなどがたっぷりのっていて、なかなかの迫力!味の決め手となる肉味噌は、ひき肉やゴマ、しいたけなど15種もの材料を混ぜた濃厚な仕上がりです。

まずは麺の全体に肉味噌が絡まるまでしっかり混ぜて、そのままをパクリ。この味をベースに、卓上のラー油やにんにく、しょうが、酢などを少しずつ好みで加えながら、自分にピッタリの味にしていきましょう。

すべて食べ終える前に、お楽しみがもう1つ。麺を少し残した器に、卵と麺の茹で汁を入れ、塩やコショウなどで味を整えたら特製スープ「ちーたんたん」のできあがりです。じゃじゃ麺の締めとして欠かせません。

盛岡駅ビル・フェザンに「白龍」4号店もあります。こちらの記事もあわせてチェックしてくださいね。

「わんこそば」「盛岡冷麺」「盛岡じゃじゃ麺」の個性豊かな3つの麺グルメが楽しめる盛岡で、グルメな休日を過ごしましょう。次回は盛岡で行なわれている個性豊かな「市(いち)」をご紹介します。

「盛岡三大麺」をファミリーで楽しむ!ななびチェック!

わんこそば大食い自慢たちの食べっぷりを観戦!

毎年11月、盛岡市では「全日本わんこそば選手権」という大食い自慢のイベントを開催。挑戦者は豪快な食べっぷりを披露し、会場は熱気に包まれます。

盛岡冷麺は「別辛」で好みの辛さに

まだ辛さに慣れない小さなお子さんは、キムチを別皿にのせた「別辛」でオーダーするのがオススメ。そのままのスープの旨みを味わい、好みで辛さを加えながら自分好みの味に調整しましょう。

「白龍」の4号店がオープン

2017年3月、リニューアルした盛岡駅ビル・フェザン内に「白龍」の4号店がオープン。こちらでも盛岡じゃじゃ麺元祖の味を楽しめます。

「直利庵」について詳しくはこちら
「食道園」について詳しくはこちら
「白龍本店」について詳しくはこちら

関連する投稿


北上 |「トロイカ」で本格ロシア料理と全国でも評判のチーズケーキを味わう

北上 |「トロイカ」で本格ロシア料理と全国でも評判のチーズケーキを味わう

岩手県北上市にある「トロイカ」は、ボルシチやピロシキ、ロールキャベツなどの本格的なメニューが多くのファンに愛されるロシア料理専門店。また、自社工房でつくるチーズをたっぷり使った濃厚&クリーミーなチーズケーキは、全国でも評判の逸品です。素朴ながら奥深いロシア料理を味わいに訪れてみませんか。


花巻 |「花巻温泉バラ園」でロマンチックなバラの楽園をお散歩♪

花巻 |「花巻温泉バラ園」でロマンチックなバラの楽園をお散歩♪

岩手県花巻市にある「花巻温泉バラ園」は、美しいバラと四季の花々に包まれた北東北最大級のバラ園。初夏のバラの見頃には「バラまつり」が行なわれ、花盛りのバラを楽しめるのはもちろん、にぎやかなステージイベントも開催。そのほかにも、オリジナル品種のバラや宮沢賢治ゆかりの花壇など、魅力たっぷりの花巻温泉バラ園をご紹介します。


盛岡 |「柳家」のキムチ納豆ラーメンは盛岡市民のソウルフード!

盛岡 |「柳家」のキムチ納豆ラーメンは盛岡市民のソウルフード!

盛岡の名物グルメ「キムチ納豆ラーメン」で知られる「柳家」は、1975年、盛岡市大通にオープンしました。全店舗で味わえる「キムチ納豆ラーメン」以外は、店舗ごとに個性的なオリジナルメニューがあるのも柳家の大きな特徴。味噌・醤油・塩、濃厚・あっさり…さまざまな柳家の味を食べ比べてみましょう!


北上 |【ななび連載:北上編vol.4】驚きとワクワクがいっぱい!工場見学に行こう

北上 |【ななび連載:北上編vol.4】驚きとワクワクがいっぱい!工場見学に行こう

1960年代から工業団地の開発に取り組んできた北上市。今ではグローバルに展開する企業を多く誘致し、なかにはものづくりの現場を見学できる工場もあります。今回は「岩手ヤクルト工場」「シチズン時計マニュファクチャリング 東北北上工場」をご紹介。日常では見られない最新鋭の機械や精微な作業に、お子さんから大人まで楽しめそうです。


軽米 |「2018森と水とチューリップフェスティバル」約15万本のチューリップが豪華に咲き競う!

軽米 |「2018森と水とチューリップフェスティバル」約15万本のチューリップが豪華に咲き競う!

春を感じられる花といえば、カラフルなチューリップがそのひとつ。愛らしい咲き姿でお子さんも大好きな花ですよね。岩手県軽米町の「雪谷川ダムフォリストパーク・軽米」では、チューリップの見頃に「2018森と水とチューリップフェスティバル」を開催。彩り鮮やかなチューリップ畑や家族で楽しめるイベントが満載でおでかけにぴったりです。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!