名取 |「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

名取 |「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

仙台市に隣接する名取市で毎週日曜と祝日に開催される「ゆりあげ港朝市」。東日本大震災の津波により大きな被害を受けましたが見事に復活し、今では震災前よりも多くの人で賑わう朝市になりました。お買い得な新鮮魚介や野菜、そして港町ならではの海鮮グルメ、多彩なイベントなど楽しさ満載です!!


店舗数は約50店!鮮魚も野菜もお買い得

江戸時代から漁港として栄えていた閖上(ゆりあげ)は、すぐそばの貞山運河を使い仙台城下へ海産物を運んでいたという歴史があります。42年前、そんな閖上地区で自然発生的に生まれたのが「ゆりあげ港朝市」でした。

最初は海産物中心でしたが、お客さんが増えるにつれ野菜や日用品など、どんどん増えていったそう。さらには、大盛りの水餃子や天ぷらパンなどの名物グルメも誕生し、賑わいを増していきました。次第に「ゆりあげ港朝市」の評判が広がり、県外客もわざわざ足を運ぶように。しかし2011年3月の東日本大震災で、海に近い閖上地区は津波により壊滅的な被害を受けてしまったのです。

震災を乗り越え、2013年に朝市が復活

震災後の3月27日、名取の大型商業施設の駐車場を借り、なんとか集めた品物で朝市は仮の姿で復活。震災で離ればなれになっていた閖上地区の住民たちの交流の場にもなりました。

回を重ねるごとに「閖上の朝市を再開させよう」という気運が盛り上がり、多くの苦難を経て、ついに2013年12月に「ゆりあげ港朝市」が復活!朝市に隣接して、カナダ政府の支援により建てられた「メイプル館」には、地元の飲食店やカフェほか、東北の産物を販売する売店も設けられました。

買ったその場で味わえる「浜焼き」が評判

「ゆりあげ港朝市」には、「せっかく来てくれたのだから楽しんでもらいたい」と、震災前にはなかった“楽しみ”がいくつかあります。そのひとつが「浜焼き」です。

朝市の裏の広場には、無料で使える炉端焼きの台が置かれ、朝市で買った新鮮な魚介を焼いて食べられます。すっかり定着した「浜焼き」に加え、鮮魚店では旬の魚介4~5種類をひと皿に盛ったセットなども販売。

そのほかにも、約50軒の常設店のなかには「ビッグママ」の天ぷらパン、「豊華」の水餃子、「ささ圭」の笹かまん棒など、気軽にテイクアウトできるファストフードがたくさんそろいます。買うだけでなく、朝市内で味わえるグルメが充実していることもあり、朝食をここで楽しむ人も少なくありません。

親子で楽しめる名物の「セリ市」

朝市のピークとなる朝7:00~8:00を過ぎてからも、お客さんに楽しんでもらう何かが必要だという考えから、再開後に生まれたのが「セリ市」です。

朝10:00、セリのはじまりを知らせる鐘の音が市場中に響き渡ります。魚介や野菜、果物、加工品などが破格値で次々に登場し、セリ人が「300円!」「1,000円!」と威勢のいい声を上げます。

一般客は、欲しい品が出てきたら事前にもらえる番号の書かれたうちわをすばやく上げるだけ。「落札!」となったら、セリの終了後、自分の番号札を見せ、代金と商品を引き換えます。

小さなお子さんでも楽しく参加できるイベントとして人気です。

早朝からマイカーで多くの人がやってくる「ゆりあげ港朝市」。グルメや買い物だけでなく、浜焼きやセリ市、ライブなども開催しています。食のエンターテイメイントのような朝市に、今後も注目です。

ファミリーにもオススメ!「ゆりあげ港朝市」のななびチェック!

子ども連れにも安心の設備

メイプル館にはきれいで広いトイレがあり安心です。

食事をゆっくりしたい人でも大丈夫!

メイプル館にはテーブルやイスが完備されていて、落ち着いて食事ができます。

祭りの屋台感覚で楽しめるグルメ

揚げ物やスイーツなど、お子さんに人気の屋台グルメが充実しています。

「ゆりあげ港朝市」について詳しくはこちら

関連する投稿


塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

古くから港町として栄え、生まぐろの水揚げ量では全国トップクラスを誇る塩竈市。観光客はもちろんファミリーのおでかけスポットとしても人気なのが、三陸の海の幸を使ったせんべいの専門店「海鮮せんべい塩竈」です。焼きたてのせんべいを味わえるほか、せんべいの工場見学や手づくり体験が楽しめますよ。


石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

海沿いの街・石巻市には、そのロケーションを活かしたステキな古民家カフェがたくさん。ノスタルジックな雰囲気のなか、海を眺めながらのんびりしたり、地場産の食材を使ったジビエなどのメニューを味わったりと、石巻市らしいゆったりとしたカフェタイムを過ごしてみませんか。


石巻 |【ななび連載:石巻編vol.1】石巻ってどんなところ?

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.1】石巻ってどんなところ?

宮城県北東部に位置し、県内では仙台市に次ぐ人口を有する石巻市。北上川の河口に位置することから水運交通の拠点として栄え、江戸時代には「奥州最大の米の集積港」といわれたほど。明治時代からは漁業が盛んになり、金華山沖は世界三大漁場のひとつとして知られています。街の見どころやグルメなど、石巻市の魅力をたっぷりとご紹介します。


栗原 |「スノーランドinハイルザーム栗駒」冬の栗駒山で雪遊びしよう!

栗原 |「スノーランドinハイルザーム栗駒」冬の栗駒山で雪遊びしよう!

岩手・秋田・宮城にまたがる栗駒山。その麓にある宿泊施設「ハイルザーム栗駒」では、冬になると豊富な雪を使った季節限定のイベント「スノーランドinハイルザーム栗駒」を開催しています。雪でつくった巨大すべり台が登場するほか、雪上車やスノーモービルの乗車体験もあり、普段はできないような雪遊びを楽しめますよ。


仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

2017年9月、JR仙台駅近くに新鮮な野菜やフルーツが並ぶ農産物直売所と、地産地消レストラン「Local Diner&Terrace Bar VALNICO」、「惣菜・弁当 五橋」が併設された複合施設「AOYA」がオープンしました。街の中心部にいながら新鮮な食材が楽しめると注目されています。


最新の投稿


秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

まだまだ寒いシーズンが続きますね。あったかいお部屋でのんびり過ごすのもいいですが、たまにはおでかけもよいもの。今回は、お子さんと一緒に楽しみたい秋田県内のスケートリンク場をご紹介します。


塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

古くから港町として栄え、生まぐろの水揚げ量では全国トップクラスを誇る塩竈市。観光客はもちろんファミリーのおでかけスポットとしても人気なのが、三陸の海の幸を使ったせんべいの専門店「海鮮せんべい塩竈」です。焼きたてのせんべいを味わえるほか、せんべいの工場見学や手づくり体験が楽しめますよ。


郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

福島県郡山市にある複合施設「暮らしづくりビレッジ」は、ベーグルとコーヒーの専門店と、日本初のママ向けの民間型ハローワーク、キッズスペース付きのイベントスペースが好評の施設。街の憩いの場のような施設では、ママたちのスキルアップや趣味など、暮らしを充実させるさまざまなイベントが開かれ、毎回人気を呼んでいます。


西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

冬真っ盛りの山形で開催される「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」。2018年2月23日(金)~25(日)までと、3月2日(金)~3月4日(日) までの6日間、雪旅籠のやわらかな灯りに照らされる月山志津温泉の温泉街は、多彩なイベントでにぎわいます。わくわくがいっぱいの「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」の楽しみ方をご紹介します。


石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

海沿いの街・石巻市には、そのロケーションを活かしたステキな古民家カフェがたくさん。ノスタルジックな雰囲気のなか、海を眺めながらのんびりしたり、地場産の食材を使ったジビエなどのメニューを味わったりと、石巻市らしいゆったりとしたカフェタイムを過ごしてみませんか。