新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.1】盛岡ってどんなところ?

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.1】盛岡ってどんなところ?

北上川、中津川、雫石川の合流地点に城下町が築かれた盛岡市。石垣が美しい盛岡城跡公園やレトロな意匠の洋風建築が残るステキな街並みが広がります。岩手を代表する文人、石川啄木と宮沢賢治が学生時代を過ごした街でもあり、文学が薫るゆかりのスポットが点在。南部鉄器をはじめ洗練された伝統工芸など魅力的な文化にふれられます。


レトロな建築が残り、文学が薫る川辺の街

人口29万人を超える北東北随一の都市でありながら、街の中心部を清流が流れ、どこかゆったりとした雰囲気が漂う盛岡市。清らかな中津川沿いを歩けば、夏には鮎、秋は溯上する鮭、冬は飛来した白鳥など、豊かな水辺の風景に出会うことができます。

川のほど近くには、江戸時代後期の町家や明治時代に建造されたレンガ造りの洋風建築、大正時代の番屋など各時代の建築物が点在。レトロな街並みが広がります。

かつて盛岡城があった盛岡城跡公園など、有名スポットが中心部に集中しているのも特徴。徒歩や、盛岡都心循環バス「でんでんむし」で巡るのがオススメです。

街歩きをするなら最初に訪れたいのが、盛岡城跡公園の一角にある「もりおか歴史文化館」。館内には地図やパンフレットがそろう情報センターがあるほか、「チャグチャグ馬コ」や「盛岡さんさ踊り」など盛岡を代表する祭りを紹介するコーナーがあり、衣装を着て記念撮影もできます。

「チャグチャグ馬コ」について詳しくはこちらから

「盛岡さんさ踊り」について詳しくはこちらから

2階では盛岡藩の歴史や南部家の至宝を展示。2017年10月9日(月・祝)までは、「ANIMALs×morioka~資料のなかの動物たち~」展も開催中。昔のおもちゃで遊べるコーナーもあり、お子さんに人気です。

もりおか歴史文化館から徒歩5分の中ノ橋通には、盛岡のシンボル的建造物「岩手銀行赤レンガ館」があります。

東京駅を設計した辰野金吾らによって設計され、1911年に落成した旧盛岡銀行の本店であり、2012年まで現役として活躍。保存修理を経て、現在は歴史的建造物として公開され、館内も見学できます。

同じく中ノ橋通には、かつて第九十銀行として建造されたドイツロマネスク調のモダンな建物も。現在は「もりおか啄木・賢治青春館」として利用されています。

盛岡は、詩人の石川啄木と童話作家の宮沢賢治が学生時代を過ごし、文学への夢を育んだ街。賢治は作品『ポラーノの広場』で、「夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモーリオ市、郊外のぎらぎら光る草の波」と盛岡を描いています。

館内では2人の作品や青春時代、その頃の盛岡を紹介しています。

手仕事の逸品に出会える「光原社」

どっしりとしながら洗練されたたたずまいの南部鉄器、ふんわり軽やかなホームスパン(毛織り物)、艶が美しい浄法寺塗りなど、盛岡を訪れるとステキな手仕事作品に出会えます。

伝統工芸が息づいているのは、藩政時代から盛岡藩主南部家が甲州や京都から鋳物師など職人を召し抱え、手厚く保護したことがはじまりだそう。それらの手仕事作品を集めるのが「光原社」です。

店内には岩手をはじめ、国内外から集められた使い勝手のよさとデザインの美しさを兼ね備えた手仕事の品々がずらり。鳥のカタチがかわいらしい南部鉄器のオーナメントや手にしっくりとなじむ器など、日常が楽しくなりそうな品を探してくださいね。

「光原社」という美しい店名は、宮沢賢治により名付けられました。1924年の創業時に出版社であった光原社は、賢治が生前唯一となる童話集『注文の多い料理店』を発刊したことでも有名。敷地には賢治の資料館も併設されています。

映画の街・盛岡のシンボルロード「映画館通り」

盛岡は、映画による街づくりが行なわれている街でもあります。

江戸時代から大衆芸能が盛んで、1915年には活動写真専門の劇場も誕生。昭和に入り、繁華街の大通りがアスファルト舗装され、銀杏並木に街路灯のあるモダンな通りに生まれ変わる頃、中央映画劇場が開館。

その後もこの通りには、映画館が続々誕生し、いつしか「映画館通り」と呼ばれるように。今でもこの通りには5館14スクリーンがあり、映画の街のシンボルとして市民に親しまれています。

毎月第4水曜日には、「大通会館リリオ」を会場に「素敵なまちの映画会」が開催され、懐かしい映画や、岩手県の過去の重大ニュースを編集した県政ニュースを無料上映。市外の人も鑑賞可能です。

また、1997年には市民有志の声から映画祭「みちのく国際ミステリー映画祭in盛岡」も生まれ、10年にわたり開催。映画祭にゲスト参加した映画監督や俳優など8人の手形を映画館通りで見ることができます。

映画祭はその後もかたちを変えながら続き、2018年2月中旬には「もりおか映画祭2018」の開催が予定されています。

レトロな街並みや文化が薫る盛岡は、麺をはじめとしたグルメの街でもあります。次回は盛岡三大麺をご紹介します。お楽しみに!

家族で盛岡の街歩きを楽しむための、ななびチェック!

街歩きは「でんでんむし」が便利

盛岡駅を拠点に、市街の有名スポットを循環するバス。10~15分間隔で運行し、1周約40分。どこで降りても中学生以上1回100円、小学生以下50円、乗り降り自由の1日フリーパスが中学生以上300円、小学生以下150円とリーズナブルです。

街歩きマップを入手しよう

「もりおか歴史文化館」や、盛岡駅2階の「いわて・盛岡広域観光センター」、プラザおでって2階の「観光文化情報プラザ」などで、街歩きマップや観光パンフレットを配布しています。

珍しい!看板職人による映画の看板

映画館通り北側入口付近にある盛岡ピカデリーでは、今では珍しくなった看板職人による手描きの映画看板が飾られています。

「もりおか歴史文化館」について詳しくはこちら
「岩手銀行赤レンガ館」について詳しくはこちら
「もりおか啄木・賢治青春館」について詳しくはこちら
「光原社」について詳しくはこちら
「映画の街盛岡」~映画館通り~について詳しくはこちら

関連する投稿


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡市中心部、飲食店や映画館がたち並ぶ通りの一角に、赤白ストライプ模様のテント看板が印象的な「チーズケーキのチロル 大通店」があります。こちらのお店で人気なのが、手づくりにこだわったチーズケーキ。ふわっと軽い口あたりとクリームチーズの濃厚な味わいを、スプーンですくって楽しみましょう。


遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


最新の投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)