横手 |「いものこまつり in 鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつり in 鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつり in 鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山内のいものこでつくった本場の「いものこ汁」を堪能しよう

秋の気配とともに恋しくなるのが、ねっとり&ホクホクのいものこ(里芋)を主役に、鶏肉やきのこなどを加えてつくる「いものこ汁」。優しい味噌味が体も心も温める、秋の味覚のひとつです。

そんな「いものこ汁」の“本場”が、いものこの名産地である横手市山内地域。2017年9月17日(日)に開催される「いものこまつり in 鶴ヶ池」は、山内産のいものこを使った「いものこ汁」が味わえる、毎年人気のイベントです。

当日は、いものこ、鶏肉、舞茸、セリなどが入った「いものこ汁」を約3,600食用意。毎年売り切れるほど人気なので、はやめの来場がオススメです。

また、子どもたちが楽しめる催しとして「ちびっこ魚つかみ取り大会」を開催。毎年多くの子どもたちが参加し、大はしゃぎしながら素手でイワナをキャッチします。

さらに、物販コーナーでは「いものこ汁」のほかに、いものこをはじめとした秋の農産物なども販売。子どもがよろこぶ縁日コーナーもあるので、1日を通して楽しめますよ。

恒例の「いものこピラミッド競技大会」で大盛り上がり!

御嶽清流太鼓のステージやオープニングの餅まき、よさこい演舞ショーなど楽しいプログラムが満載の「いものこまつり in 鶴ヶ池」。おいしい「いものこ汁」を味わうのがこのまつりのメインイベントですが、忘れてはならないプログラムが「全国いものこピラミッド競技大会」です。

こちらは、専用の土台の上に3分間でどれだけ高くいものこを積み上げられるかを競うユニークな競技。大きさや形の違ういものこをバランスよく重ねてピラミッドを仕上げていきます。見た目よりも難しく、参加者はみんな真剣!まわりの観客も一緒になって盛り上がります。

チーム構成は小学生以下の子どもを含む3人1組というのがルール。当日のエントリーでOKなので、興味を持ったらぜひ参加してみてください。

美しさに大歓声!フィナーレを飾る水中花火

「いものこ汁」を食べて、ステージショーを楽しんで、イベントに参加して…盛りだくさんの「いものこまつり in 鶴ヶ池」ですが、これだけでは終わりません!

18:30からはじまる第2部は、こちらも毎年多くの観客が訪れる鶴ヶ池での花火大会。尺玉やスターマインなど迫力満点の花火が約3,800発も打ち上げられ、秋の夜空を彩ると同時に池の水面に美しい光のアートを描きます。音楽にあわせて花火が上がる「水中花火ショー」も予定されているので、まつりのフィナーレにふさわしい華やかな時間が過ごせますよ。

山内名物の「いものこ汁」を味わうだけでなく、ステージショーから競技大会、物産販売、さらには水中花火まで、さまざまな催しが満載で1日中楽しめる「いものこまつり」。確実に「いものこ汁」を味わいたいなら、ぜひはやい時間から足を運んでくださいね。

「いものこまつり」を楽しもう!ななびチェック

横手市山内地域の名物「いものこ汁」が味わえる

いものこをはじめ、地元産の食材をたっぷり使った本場の味が楽しめるイベント。毎年、おいしい「いものこ汁」を求めて多くの観光客が訪れる秋の風物詩です。

子どもも楽しめる催し&ブースを用意

「ちびっこ魚つかみ取り大会」「いものこピラミッド競技大会」といったプログラムや縁日コーナーなどがあり、家族そろって参加できます。

夜は、鶴ヶ池をロマンチックに彩る水中花火を開催

イベントのフィナーレを飾る花火大会は、鶴ヶ池の水面に映る美しい光がとっても幻想的。約3,800発が夜空と池を美しく彩ります。

「いものこまつり in 鶴ヶ池」について詳しくはこちら

関連する投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

毎月最終日曜に秋田市楢山地区で開催される「ならやま日曜はしご市」をご存じでしょうか?地区内にあるお店の“はしご”と街歩きを一度に楽しむ、楢山では恒例のイベントです。ユニークなのは、イベントに参加する各店が“その日だけ”の商品を販売すること。今月は何があるのかな?と、ワクワクしながらおでかけしましょう。


秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

近年、「おいしいお米」が注目されています。各地で新ブランド米が続々リリースされ、その特性に詳しい「お米マイスター」の活躍も目立ちます。昔からの米どころである秋田県でも、それを受け「さらにおいしいお米づくり」に取り組む農家が増えてきました。今回はそんな秋田米にこだわり、お米を使ったメニューを提供するカフェをご紹介します。


小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

秋田県小坂町の「小坂鉄道レールパーク」は、かつて使われていた施設や線路を使ってさまざまなレール遊びが体験できる、全国でも珍しいレールミュージアム。冬季休業を経て、4月から2018年度の営業がはじまりました。子どもから大人まで楽しめて寝台列車にも宿泊できるこちらの施設。見どころを押さえて家族そろっておでかけください。


横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

リンゴをはじめとする農産物や、ノスタルジックなまち並みで知られる秋田県横手市増田町。春になると、観光スポットの「真人公園(まとこうえん)」には、約2,000本もの桜が咲き誇ります。2018年は4月22日(日)~5月5日(土・祝)に「真人公園さくらまつり」を、4月29日(日・祝)に毎年恒例の「たらいこぎ競争」を開催!


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!