盛岡 |「材木町よ市」盛岡で40年以上続くストリートマーケットへ行こう!

盛岡 |「材木町よ市」盛岡で40年以上続くストリートマーケットへ行こう!

4月~11月の毎週土曜に、盛岡市材木町で行なわれる「材木町よ市」。約430メートルの商店街が歩行者天国になり、沿道は100店舗以上の露店で賑わいます。おまつりのような雰囲気の通りを歩きながら、地ビールや手づくり惣菜、郷土食など、さまざまなグルメを味わえたり、旬の野菜や果物をお手頃価格で購入できたりと楽しさいっぱいです。


はじまった当初から変わらない手づくり感あふれる市

1974年に商店街を盛り上げようとはじまった「材木町よ市」。よ市の“よ”には、多種にわたる「萬」、余るほど豊富な「余」、良い商品を「良」、お客様に提供し「与」、満足していただく「喜」という、さまざまな“よ”を市で実現しようとの思いが込められているそう。40年以上の月日が流れ、春から秋にかけての毎週土曜の「よ市」は、地元のみならず県内外にまで知れわたるようになりました。

現在の「材木町よ市」には、たくさんの飲食店、鮮魚や旬菜、お菓子にリサイクル品など、多種多様なお店が並びます。そのおかげで、お子さんから年配の方まで幅広い年代の方々が楽しめる市に。長年かかって醸成された手づくり感あふれる雰囲気も、「材木町よ市」の魅力なのかもしれません。

約400年の歴史をもつ商店街の市

午後3時、通りの交通規制がはじまると、出店する店の準備が大急ぎではじまります。およそ10分後、あっという間にたくさんの店がオープンし、待ちに待った「材木町よ市」がスタート。地元の人気飲食店も多く、県内外からたくさんの人が集まる名物イベントです。

岩手を代表するブルワリー「ベアレン醸造所」のクラフトビールや、「燻製屋Velvo」の香りのよい肉やチーズの燻製、材木町の老舗和菓子店「山善」の和菓子など、歩きながらさまざまなグルメが楽しめます。午後4時頃になると約430メートルの通りは大勢の人で埋め尽くされ、人気店には長蛇の列ができるほどの賑わいです。

「材木町よ市」随一の人気は「ベアレン醸造所」の地ビール

「ベアレン醸造所」は、ドイツから移設した醸造設備を使い、ヨーロッパの伝統的な製法でビールを造る盛岡のブルワリーです。仕込みに使う釜は、ドイツの小さな醸造所にあった100年以上前のもので、ヨーロッパでも少なくなりつつある伝統手法での製造を心がけています。

2015年に行なわれたコンテスト「世界に伝えたい日本のクラフトビール」ではもっとも高い評価を受け、グランプリを受賞。「材木町よ市」では、その「ベアレン醸造所」のビールが少しお得に飲めるということもあり、開店と同時に行列ができることも珍しくありません。

アットホームな雰囲気を楽しみながらショッピング

「材木町よ市」では、ファミリーの姿も多く見られます。個人で気軽に出店できることもあり、お子さんたちが使ったリサイクルのおもちゃや絵本なども、とても安価に販売されています。

また、盛岡では昔からお祭りのお菓子として親しまれている「たぐりあめ」が味わえるのも「材木町よ市」ならでは。薄い煎餅で水飴をサンドしたシンプルなおやつが、お子さんのおこづかいで買える価格で売られています。「懐かしい~」と声をあげる大人たちの横で、不思議そうに昔の駄菓子を見つめるお子さんたちの姿がなんとも微笑ましいです。

お子さん連れにはトイレなども気になるところですが、通りに常設のトイレはありません。ただ、材木町新興組合の事務所や「ビアパブ ベアレン 材木町」などで借りることができます。

夏であればまだ明るい、午後7時に「材木町よ市」は終わります。車の通行止め解除があるので撤収もはやく、終わり際にあわてないよう、お目当てのものははやめに購入しておきましょう。飲んで食べて買って、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。「もっと楽しみたかった」と感じたら、また土曜日に材木町に来れば「材木町よ市」が温かく迎えてくれます。

お子さん連れでも安心!「材木町よ市」のななびポイント!

ブルーシートに広げられる格安おもちゃ

地元のお母さんたちが、家庭で不要になったおもちゃや絵本などをリサイクル販売しています。

トイレで困ったときは?

主催の材木町商店街振興組合の事務所のほか、各商店でトイレ利用ができる店も。困ったら屋台のスタッフの方へ気軽に相談しましょう。

ベビーカーの入場もOK!

通りの幅が広く、ベビーカーもまったく問題ありません。ベビーカーでも遠慮せずにどうぞ。

「材木町よ市」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡グルメで欠かせないのが、バラエティ豊かな3種の麺グルメ。一口分のそばを次々と平らげる「わんこそば」、コシのある麺を旨辛スープで味わう「盛岡冷麺」、各店秘伝の肉味噌をのせた「盛岡じゃじゃ麺」の3つが「盛岡三大麺」と呼ばれ、地元はもちろん全国にその名が知られています。なかでも、各ジャンルを代表する人気店をご紹介します。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.1】盛岡ってどんなところ?

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.1】盛岡ってどんなところ?

北上川、中津川、雫石川の合流地点に城下町が築かれた盛岡市。石垣が美しい盛岡城跡公園やレトロな意匠の洋風建築が残るステキな街並みが広がります。岩手を代表する文人、石川啄木と宮沢賢治が学生時代を過ごした街でもあり、文学が薫るゆかりのスポットが点在。南部鉄器をはじめ洗練された伝統工芸など魅力的な文化にふれられます。


盛岡 |「福田パン」盛岡のソウルフード!コッペパンサンドの魅力とは?

盛岡 |「福田パン」盛岡のソウルフード!コッペパンサンドの魅力とは?

岩手県盛岡市にある「福田パン」は、“盛岡市民なら誰もが知っている”といわれるほど有名なパン屋さんです。「福田パン本店」では、50種類ほどある具材から好きなものを選び、目の前で調理してもらえます。スイーツ系から惣菜系までバラエティ豊かなメニューを味わってみませんか?


岩手 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

岩手 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。