盛岡 |「材木町よ市」盛岡で40年以上続くストリートマーケットへ行こう!

盛岡 |「材木町よ市」盛岡で40年以上続くストリートマーケットへ行こう!

4月~11月の毎週土曜に、盛岡市材木町で行なわれる「材木町よ市」。約430メートルの商店街が歩行者天国になり、沿道は100店舗以上の露店で賑わいます。おまつりのような雰囲気の通りを歩きながら、地ビールや手づくり惣菜、郷土食など、さまざまなグルメを味わえたり、旬の野菜や果物をお手頃価格で購入できたりと楽しさいっぱいです。


はじまった当初から変わらない手づくり感あふれる市

1974年に商店街を盛り上げようとはじまった「材木町よ市」。よ市の“よ”には、多種にわたる「萬」、余るほど豊富な「余」、良い商品を「良」、お客様に提供し「与」、満足していただく「喜」という、さまざまな“よ”を市で実現しようとの思いが込められているそう。40年以上の月日が流れ、春から秋にかけての毎週土曜の「よ市」は、地元のみならず県内外にまで知れわたるようになりました。

現在の「材木町よ市」には、たくさんの飲食店、鮮魚や旬菜、お菓子にリサイクル品など、多種多様なお店が並びます。そのおかげで、お子さんから年配の方まで幅広い年代の方々が楽しめる市に。長年かかって醸成された手づくり感あふれる雰囲気も、「材木町よ市」の魅力なのかもしれません。

約40年の歴史をもつ商店街の市

午後3時、通りの交通規制がはじまると、出店する店の準備が大急ぎではじまります。およそ10分後、あっという間にたくさんの店がオープンし、待ちに待った「材木町よ市」がスタート。地元の人気飲食店も多く、県内外からたくさんの人が集まる名物イベントです。

岩手を代表するブルワリー「ベアレン醸造所」のクラフトビールや、「燻製屋Velvo」の香りのよい肉やチーズの燻製、材木町の老舗和菓子店「山善」の和菓子など、歩きながらさまざまなグルメが楽しめます。午後4時頃になると約430メートルの通りは大勢の人で埋め尽くされ、人気店には長蛇の列ができるほどの賑わいです。

「材木町よ市」随一の人気は「ベアレン醸造所」の地ビール

「ベアレン醸造所」は、ドイツから移設した醸造設備を使い、ヨーロッパの伝統的な製法でビールを造る盛岡のブルワリーです。仕込みに使う釜は、ドイツの小さな醸造所にあった100年以上前のもので、ヨーロッパでも少なくなりつつある伝統手法での製造を心がけています。

2015年に行なわれたコンテスト「世界に伝えたい日本のクラフトビール」ではもっとも高い評価を受け、グランプリを受賞。「材木町よ市」では、その「ベアレン醸造所」のビールが少しお得に飲めるということもあり、開店と同時に行列ができることも珍しくありません。

アットホームな雰囲気を楽しみながらショッピング

「材木町よ市」では、ファミリーの姿も多く見られます。個人で気軽に出店できることもあり、お子さんたちが使ったリサイクルのおもちゃや絵本なども、とても安価に販売されています。

また、盛岡では昔からお祭りのお菓子として親しまれている「たぐりあめ」が味わえるのも「材木町よ市」ならでは。薄い煎餅で水飴をサンドしたシンプルなおやつが、お子さんのおこづかいで買える価格で売られています。「懐かしい~」と声をあげる大人たちの横で、不思議そうに昔の駄菓子を見つめるお子さんたちの姿がなんとも微笑ましいです。

お子さん連れにはトイレなども気になるところですが、通りに常設のトイレはありません。ただ、材木町新興組合の事務所や「ビアパブ ベアレン 材木町」などで借りることができます。

夏であればまだ明るい、午後7時に「材木町よ市」は終わります。車の通行止め解除があるので撤収もはやく、終わり際にあわてないよう、お目当てのものははやめに購入しておきましょう。飲んで食べて買って、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。「もっと楽しみたかった」と感じたら、また土曜日に材木町に来れば「材木町よ市」が温かく迎えてくれます。

お子さん連れでも安心!「材木町よ市」のななびポイント!

ブルーシートに広げられる格安おもちゃ

地元のお母さんたちが、家庭で不要になったおもちゃや絵本などをリサイクル販売しています。

トイレで困ったときは?

主催の材木町商店街振興組合の事務所のほか、各商店でトイレ利用ができる店も。困ったら屋台のスタッフの方へ気軽に相談しましょう。

ベビーカーの入場もOK!

通りの幅が広く、ベビーカーもまったく問題ありません。ベビーカーでも遠慮せずにどうぞ。

「材木町よ市」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?



最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。