黒石 │「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

黒石 │「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

青森県黒石市の中町こみせ通りで行われる「黒石こみせまつり」は、郷土芸能の演奏や、ご当地グルメが味わえるおまつり。例年9月の第2土曜日・日曜日に行われ、2017年は9月9日(土)・10日(日)に開催されます。そこで今回は、「黒石こみせまつり」の見どころを、意外と知られていない中町こみせ通りの魅力とともにご紹介します!


風情あふれる木造アーケード状の「中町こみせ通り」

黒石駅から徒歩15分ほどのところにある「中町こみせ通り」は、江戸時代前期から続く風情あるアーケード状の通りです。

「こみせ」とは、雨や雪をしのぐためにつくられたひさしのことで、通行人や商人が快適に過ごせるようにつくられた通路。こみせ通りが現在もまとまって残っているのは珍しく、全国的にも類例がないといわれています。

昔ながらの造り酒屋や蔵、国の重要文化財「高橋家住宅」が並び、情緒ある雰囲気を醸し出しています。

1日中楽しめる、「黒石こみせまつり」のイベントの数々!

「黒石こみせまつり」期間中は、中町こみせ通りのさまざまな場所で演奏やパフォーマンスが行われます。津軽の郷土芸能・津軽三味線や津軽太鼓の演奏は、華麗なバチさばきに思わず立ち止まって聴き入ってしまいそう。

華やかな衣装と笑顔でよさこいを舞い踊る、ダンスチーム「AOMORI花嵐桜組」の迫力ある演舞も見どころ。ほかにも、保育園児たちの鼓笛隊や、高校生による吹奏楽の演奏などが行われ、地域一体となって祭りを盛り上げます。

また、ここだけのお楽しみイベントが、「こみせギネス流しそうめん」です。400円でカップに入ったつゆと割りばしが渡され、なんと食べ放題!40メートルの距離を流れるシャキッと冷たいそうめんに、ついつい箸が進んでしまうかも。

お子さんに人気な露店やわたあめの実演販売、1日を通して開催しているゲームコーナーもありますよ。

中町こみせ通りで黒石市の銘品をショッピング

昔ながらの飲食店やカフェ、美術館や、交流館など、さまざまな店舗が軒を連ねる中町こみせ通りですが、「黒石こみせまつり」期間中だけ公開される特別な空間があります。

津軽の銘酒、「菊乃井」で有名な「鳴海醸造店」と、「玉垂」で有名な「中村亀吉酒造」は、なんと酒蔵見学ができるのです!普段は酒蔵まで公開されていないので、お酒好きにはたまりませんね。

酒蔵であることを忘れてしまうほど美しい「鳴海醸造店」の庭園は、座敷に上がって見学ができます。また、大きな杉玉が印象的な「中村亀吉酒造」はNHK大河ドラマのロケ地としても話題に。もちろん2店舗とも、お酒の購入もできますよ。

さらに、お土産や特産品の購入にオススメなのが「津軽黒石こみせ駅」です。

駅といっても電車が止まるわけではなく、道の駅のようなお買いものスポット。普段から津軽三味線の無料ライブが行われるなど、郷土の魅力がたくさん詰まっています。

市民憩いの隠れスポット「横町かぐじ広場」

たくさん歩いて疲れたら、「横町かぐじ広場」で休憩するのがオススメ。メイン通りとは雰囲気が変わり、せせらぎや芝生が広がる空間は、市民の憩いの場や待ち合わせスポットとして親しまれています。東屋や公衆トイレもあるので、快適に休憩できそうですね。

また広場内には、黒石市の伝統行事「黒石よされ」がモチーフの「恋よされ」モニュメントも設置されています。「黒石よされ」が盆踊りの男女の掛け合い歌だったともいわれていることから、「恋よされ」モニュメントは、2人の男女がこの場を訪れると恋が叶うように願いを込めて建立されました。「黒石こみせまつり」を機会に訪れてみるのもいいかもしれません。

歴史ある風景や、郷土芸能、ご当地グルメなど、さまざまな文化が1度に味わえる「黒石こみせまつり」。大人もお子さんも、時間を忘れて1日中楽しめるおまつりに、でかけてみてはいかがですか?

「黒石こみせまつり」をもっと楽しむために!ななびチェック!

祭りに華を添える和装

一昨年から和装での来場を呼び掛けています。和装の来場者を記念撮影してくれたり、浴衣の貸し出し・着付けサービスも!より一層、祭り気分が味わえそうです。

写真に残す祭りの魅力

歴史ある建物ならではの風景や、美しい庭園などを撮影しながら歩くのもオススメです。フォトジェニックな景色は、祭りの思い出になること間違いなし。

心遣いでこみせをもっと美しく

こみせ通りのいたるところに掲げられている木札には、「こみせはあなたの禁煙で守られています。」の文字が。喫煙する方は、中町こみせ通り内の「津軽黒石こみせ駅」をご利用ください。

「黒石こみせまつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


青森 │「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森 │「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森県青森市にある「space mizuiro.inc」は、野菜から色を抽出してつくった自社製品「おやさいクレヨン」を中心に、原材料やデザインにこだわった文房具や雑貨を取り扱うお店。ギャラリーも兼ねていて、クリエイターによる展示やワークショップなどのイベントも多数開催中。ショッピングと一緒にアートを楽しめます。


青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

青森県弘前市には、およそ50年の伝統をもつ工芸品「BUNACO(ブナコ)」があります。独自の製法でひとつずつ丁寧につくられた「ブナコ」製品は、エコロジーな技術が国内外で高く評価され、世界中から注目を集めるほど。弘前市にある唯一の専門ショールーム「BUNACO ShowRoom BLESS」をご紹介します。


八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

青森県八戸市の中心街にある「八戸ポータルミュージアム はっち」は、八戸の地域資源をベースに、八戸市民のさまざまな活動をサポートする拠点施設。観光にも、市民活動にも、どちらにも大活躍している八戸の顔ともいえる施設です。1階から5階まで八戸づくしな「はっち」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。