新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

山形 |「ワイン&ダシ場 さんろくまる」山形の食材と日本のワインを堪能

山形 |「ワイン&ダシ場 さんろくまる」山形の食材と日本のワインを堪能

山形市の繁華街・七日町に、2016年にオープンした「ワイン&ダシ場 さんろくまる」は、地産地消がコンセプトの和食とワインの店。だしを効かせ、山形県産の食材をふんだんに取り入れた料理と、ソムリエであるオーナーが厳選した日本ワインが味わえると、食通の間で話題に。ちょっと贅沢なランチや家族の特別な日などにぴったりです。


山形ならではの食材を使ったコースメニューが好評!

店名の“さんろくまる”は、「生産者と消費者との“360度”のつながりを大切にしたい」という思いに由来。料理の素材もワインも、できる限り山形県産を選ぶことをモットーにしています。

提供しているのは、ランチ・ディナーのいずれも完全予約制のコースメニューのみ。山形のブランド米・つや姫をはじめ、やまがた地鶏や庄内豚など山形の食材がふんだんに使われ、赤根ほうれんそうや舟形マッシュルーム、小笹うるいや堀込せりなどの珍しい野菜も登場します。

どの料理にも昆布やかつおなどから取っただしが効いていて、口に運ぶたびに上品な香りと旨みがふわりと広がります。だしによって素材の持ち味が引き出され、ひと皿ひと皿が個性豊か。素材の味や食感を確かめながら、じっくりと味わいたい料理ばかりです。

コースメニューは日替わりなので、訪れるたびに新たな素材に出会えるのも魅力のひとつ。

店内にはゆったりとテーブルが配され、コンクリート打ちっぱなしの壁に古い窓ガラスや配管などをあえて残した、ヴィンテージ感のあるインテリア。落ち着きのある空間ですが、スタッフの方々はとても気さくなので、特別な時間をリラックスして過ごせそうです。

近くにはこんなスポットも!

「ペアリング」で料理とワインとのおいしい組み合わせを発見しましょう

料理に使う食材だけでなく、ワインも山形県産を中心にラインナップ。料理とワインのマリアージュを楽しむなら、「ペアリング」がおすすめです。

3杯1,944円~で、オーナーがソムリエの知識を生かしてメニューにぴったりのワインをセレクト。味の濃淡や温度など、料理とワインとの相性を考えて選んでもらえるので、食事がぐっと味わい深くなります。

たとえば、上山市にあるタケダワイナリーの「サン・スフル」は、発酵中のワインを瓶に詰め、そのまま瓶の中で発酵させたワイン。天然のきめ細やかな泡とフレッシュな酸味で、あっさりした味付けの料理によく合います。

一方、こってりした味付けの料理には、ユニークな名前の「まぜこぜワイン」がぴったり。南陽市にある酒井ワイナリーがつくるさまざまなワインの澱(おり)をブレンドし、その上澄みをボトリングしたワインで、華やかな香りと果実味あふれる飲み口が特徴です。

ペアリングは、ディナータイムはもちろんランチタイムでも楽しめますよ。

ワイン&チーズの専門店「YAMAGATTA」にも立ち寄って

2階には、日本ワインと世界のナチュラルチーズを扱うショップ「YAMAGATTA」も併設。「つくり手の顔が見えるワインを提供したい」と、オーナー自ら全国各地のワイナリーに赴いて選んだワインがずらりと並んでいます。1階で食事をする際、セラーから気になるワインをオーダーすることもできますよ。

さまざまな産地に足を運ぶうちに、オーナーは「自分の手でワインをつくってみたい」という思いが強くなり、上山市に畑を借りてぶどうの栽培も行なっているそう。来年にはオリジナルワインを提供する予定です。

チーズは世界各地の20~30種類ほどを取りそろえます。自家製チーズの製造もしていきたいと、店内に小さな専用工房も設置。これからの展開に目が離せません。

まとめ

山形ならではの旬の食材と種類豊富なワインを存分に味わえる、「ワイン&ダシ場 さんろくまる」。地元の食材をおいしく味わいながら、親子で食に関する理解を深められそうです。自分たちの住んでいる地域の新たな魅力に気付くきっかけにもなるかもしれませんね。

店舗情報

「ワイン&ダシ場 さんろくまる」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

山形県鶴岡市にある「木村屋 ファクトリーストア」は、明治時代に創業した老舗菓子店「木村屋」の工場直営店舗。ケーキや和菓子が種類豊富にそろい、ラインナップは季節ごとに入れ替わります。工場直営店舗ならではの焼きたてパンのコーナーも要チェック。イートインスペースを併設する広い店内で、ゆっくりショッピングを楽しみませんか?


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。