山形 |「ワイン&ダシ場 さんろくまる」山形の食材と日本のワインを堪能

山形 |「ワイン&ダシ場 さんろくまる」山形の食材と日本のワインを堪能

山形市の繁華街・七日町に、2016年にオープンした「ワイン&ダシ場 さんろくまる」は、地産地消がコンセプトの和食とワインの店。だしを効かせ、山形県産の食材をふんだんに取り入れた料理と、ソムリエであるオーナーが厳選した日本ワインが味わえると、食通の間で話題に。ちょっと贅沢なランチや家族の特別な日などにぴったりです。


山形ならではの食材を使ったコースメニューが好評!

店名の“さんろくまる”は、「生産者と消費者との“360度”のつながりを大切にしたい」という思いに由来。料理の素材もワインも、できる限り山形県産を選ぶことをモットーにしています。

提供しているのは、ランチ・ディナーのいずれも完全予約制のコースメニューのみ。山形のブランド米・つや姫をはじめ、やまがた地鶏や庄内豚など山形の食材がふんだんに使われ、赤根ほうれんそうや舟形マッシュルーム、小笹うるいや堀込せりなどの珍しい野菜も登場します。

どの料理にも昆布やかつおなどから取っただしが効いていて、口に運ぶたびに上品な香りと旨みがふわりと広がります。だしによって素材の持ち味が引き出され、ひと皿ひと皿が個性豊か。素材の味や食感を確かめながら、じっくりと味わいたい料理ばかりです。

コースメニューは日替わりなので、訪れるたびに新たな素材に出会えるのも魅力のひとつ。

店内にはゆったりとテーブルが配され、コンクリート打ちっぱなしの壁に古い窓ガラスや配管などをあえて残した、ヴィンテージ感のあるインテリア。落ち着きのある空間ですが、スタッフの方々はとても気さくなので、特別な時間をリラックスして過ごせそうです。

近くにはこんなスポットも!

「ペアリング」で料理とワインとのおいしい組み合わせを発見しましょう

料理に使う食材だけでなく、ワインも山形県産を中心にラインナップ。料理とワインのマリアージュを楽しむなら、「ペアリング」がおすすめです。

3杯1,944円~で、オーナーがソムリエの知識を生かしてメニューにぴったりのワインをセレクト。味の濃淡や温度など、料理とワインとの相性を考えて選んでもらえるので、食事がぐっと味わい深くなります。

たとえば、上山市にあるタケダワイナリーの「サン・スフル」は、発酵中のワインを瓶に詰め、そのまま瓶の中で発酵させたワイン。天然のきめ細やかな泡とフレッシュな酸味で、あっさりした味付けの料理によく合います。

一方、こってりした味付けの料理には、ユニークな名前の「まぜこぜワイン」がぴったり。南陽市にある酒井ワイナリーがつくるさまざまなワインの澱(おり)をブレンドし、その上澄みをボトリングしたワインで、華やかな香りと果実味あふれる飲み口が特徴です。

ペアリングは、ディナータイムはもちろんランチタイムでも楽しめますよ。

ワイン&チーズの専門店「YAMAGATTA」にも立ち寄って

2階には、日本ワインと世界のナチュラルチーズを扱うショップ「YAMAGATTA」も併設。「つくり手の顔が見えるワインを提供したい」と、オーナー自ら全国各地のワイナリーに赴いて選んだワインがずらりと並んでいます。1階で食事をする際、セラーから気になるワインをオーダーすることもできますよ。

さまざまな産地に足を運ぶうちに、オーナーは「自分の手でワインをつくってみたい」という思いが強くなり、上山市に畑を借りてぶどうの栽培も行なっているそう。来年にはオリジナルワインを提供する予定です。

チーズは世界各地の20~30種類ほどを取りそろえます。自家製チーズの製造もしていきたいと、店内に小さな専用工房も設置。これからの展開に目が離せません。

まとめ

山形ならではの旬の食材と種類豊富なワインを存分に味わえる、「ワイン&ダシ場 さんろくまる」。地元の食材をおいしく味わいながら、親子で食に関する理解を深められそうです。自分たちの住んでいる地域の新たな魅力に気付くきっかけにもなるかもしれませんね。

店舗情報

「ワイン&ダシ場 さんろくまる」について詳しくはこちら

関連する投稿


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


最新の投稿


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。