山形 |「ワイン&ダシ場 さんろくまる」山形の食材と日本のワインを堪能

山形 |「ワイン&ダシ場 さんろくまる」山形の食材と日本のワインを堪能

山形市の繁華街・七日町に、2016年にオープンした「ワイン&ダシ場 さんろくまる」は、地産地消がコンセプトの和食とワインの店。だしを効かせ、山形県産の食材をふんだんに取り入れた料理と、ソムリエであるオーナーが厳選した日本ワインが味わえると、食通の間で話題に。ちょっと贅沢なランチや家族の特別な日などにぴったりです。


山形ならではの食材を使ったコースメニューが好評!

店名の“さんろくまる”は、「生産者と消費者との“360度”のつながりを大切にしたい」という思いに由来。料理の素材もワインも、できる限り山形県産を選ぶことをモットーにしています。

提供しているのは、ランチ・ディナーのいずれも完全予約制のコースメニューのみ。山形のブランド米・つや姫をはじめ、やまがた地鶏や庄内豚など山形の食材がふんだんに使われ、赤根ほうれんそうや舟形マッシュルーム、小笹うるいや堀込せりなどの珍しい野菜も登場します。

どの料理にも昆布やかつおなどから取っただしが効いていて、口に運ぶたびに上品な香りと旨みがふわりと広がります。だしによって素材の持ち味が引き出され、ひと皿ひと皿が個性豊か。素材の味や食感を確かめながら、じっくりと味わいたい料理ばかりです。

コースメニューは日替わりなので、訪れるたびに新たな素材に出会えるのも魅力のひとつ。

店内にはゆったりとテーブルが配され、コンクリート打ちっぱなしの壁に古い窓ガラスや配管などをあえて残した、ヴィンテージ感のあるインテリア。落ち着きのある空間ですが、スタッフの方々はとても気さくなので、特別な時間をリラックスして過ごせそうです。

「ペアリング」で料理とワインとのおいしい組み合わせを発見しましょう

料理に使う食材だけでなく、ワインも山形県産を中心にラインナップ。料理とワインのマリアージュを楽しむなら、「ペアリング」がおすすめです。

3杯1,944円~で、オーナーがソムリエの知識を生かしてメニューにぴったりのワインをセレクト。味の濃淡や温度など、料理とワインとの相性を考えて選んでもらえるので、食事がぐっと味わい深くなります。

たとえば、上山市にあるタケダワイナリーの「サン・スフル」は、発酵中のワインを瓶に詰め、そのまま瓶の中で発酵させたワイン。天然のきめ細やかな泡とフレッシュな酸味で、あっさりした味付けの料理によく合います。

一方、こってりした味付けの料理には、ユニークな名前の「まぜこぜワイン」がぴったり。南陽市にある酒井ワイナリーがつくるさまざまなワインの澱(おり)をブレンドし、その上澄みをボトリングしたワインで、華やかな香りと果実味あふれる飲み口が特徴です。

ペアリングは、ディナータイムはもちろんランチタイムでも楽しめますよ。

ワイン&チーズの専門店「YAMAGATTA」にも立ち寄って

2階には、日本ワインと世界のナチュラルチーズを扱うショップ「YAMAGATTA」も併設。「つくり手の顔が見えるワインを提供したい」と、オーナー自ら全国各地のワイナリーに赴いて選んだワインがずらりと並んでいます。1階で食事をする際、セラーから気になるワインをオーダーすることもできますよ。

さまざまな産地に足を運ぶうちに、オーナーは「自分の手でワインをつくってみたい」という思いが強くなり、上山市に畑を借りてぶどうの栽培も行なっているそう。来年にはオリジナルワインを提供する予定です。

チーズは世界各地の20~30種類ほどを取りそろえます。自家製チーズの製造もしていきたいと、店内に小さな専用工房も設置。これからの展開に目が離せません。

まとめ

山形ならではの旬の食材と種類豊富なワインを存分に味わえる、「ワイン&ダシ場 さんろくまる」。地元の食材をおいしく味わいながら、親子で食に関する理解を深められそうです。自分たちの住んでいる地域の新たな魅力に気付くきっかけにもなるかもしれませんね。

「ワイン&ダシ場 さんろくまる」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「グルメまとめ」厳しい暑さと寒さが育む自然の恵み!

山形 |「グルメまとめ」厳しい暑さと寒さが育む自然の恵み!

山形県の名産品といえば高級品種として人気の「佐藤錦」が有名です。山形県はさまざまな果実が育てられる果樹王国であり、広い平野を利用した畜産業や、川魚なども豊富に取れる食材の王国なのです。また、いまや山形を代表するほどの知名度を誇る芋煮や玉こんにゃくなど、特徴的な郷土料理の数々も見逃せません。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.2】米沢牛だけじゃない!米沢市の名物グルメ

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.2】米沢牛だけじゃない!米沢市の名物グルメ

農業や畜産業が盛んな山形県米沢市は、ご当地グルメが多彩にそろう街。なかでも“米沢の味ABC”といわれるApple(りんご)、Beef(牛肉)、Carp(鯉)は、歴史ある名物グルメとして知られています。今回はさらに米沢らーめんや、伝統野菜をアレンジしたスイーツなど、米沢ならではのグルメをご紹介します。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.1】米沢市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.1】米沢市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

福島との県境に横長に広がり、吾妻連峰や朝日連峰などの大自然に包まれた米沢市。戦国の雄・上杉謙信を家祖とする上杉家の城下町として発展し、今も街のあちこちにゆかりの史跡が残ります。米沢織や米沢鯉など米沢藩第9代藩主・鷹山の時代から大切に受け継がれてきた産業や食、伝統と歴史が息づく街です。


山形 |「山形花笠まつり」、「赤川花火大会」…2017年山形の夏まつりまとめ

山形 |「山形花笠まつり」、「赤川花火大会」…2017年山形の夏まつりまとめ

この夏、山形県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に鶴岡市で行われる「赤川花火大会」、酒田市で開催される「酒田花火ショー」、山形市で開催される「山形花笠まつり」、新庄市で開催される「新庄まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

JR北山形駅から車で約10分。山形県山形市の郊外、双月町にある「ケンランド」は、リネンニットで幅広いアイテムを製造・販売しています。リネンといえば、ゴワゴワとした肌触りという印象を持たれる方も多いですが、「ケンランド」の商品はやわらかくしなやか。保温性もあり1年中愛用できるリネンニットの魅力を探りに工場を訪れました。


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。