いわき |「海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

いわき |「海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

福島県いわき市の「海竜の里センター」は、その名の通り、恐竜がモチーフのミニ遊園地。フタバサウルススズキイの化石が発見された大久川ほとりの自然豊かな山間にあります。アスレチックや川遊び、室内遊び場が充実した、家族で楽しめるスポットです。


料金もお手頃!恐竜気分で遊べるミニ遊園地

常磐自動車道いわき四倉インターから車で約10分。常磐道の隣に突如、大きな観覧車と巨大な恐竜の姿が現れます。こちらが「海竜の里センター」です。

巨大恐竜の正体は、子どもたちに大人気のブラキオサウルス型のすべり台。左足から体内のトンネルをくぐって、ながーいしっぽをすべり降りられます。

アトラクションは3種類。小さなお子さんも大人と一緒に乗ることができ、料金が手頃なのも魅力です。

1番人気は、竜の背中に乗ってくねくねとハイスピードで進む「ドラゴンコースター」!スリル満点のミニジェットコースターに子どもたちの歓声が響きます。

空高く上下しながら動く乗り物の「パラトルーパー」は、まるで空飛ぶ恐竜プテラノドンになったような気分に。

ブラキオサウルス型すべり台の大ちゃんが見守る高さ30メートルの「観覧車」は、恐竜の目線で景色を一望できます。

自然のなかで思いきり遊べる!「多目的ひろば」と「大久川」

「多目的ひろば」には、思いっきり身体を使って遊べるアスレチック遊具が揃います。プレイコンビやロープウェイ、ネットクライム、ぶらぶら橋などちょっとスリリングなものから、小さなお子さんも遊べそうな遊具も。

周りには桜の木々が植えられています。春は桜の下でお花見したり、夏場は木陰で涼んだり…広場は目が行き届きやすくなっているので、ママもお子さんを見守りながらゆっくりできそうですね。

広場の脇には水がきれいな「大久川」が流れ、キラキラとした水面の合間に小さな魚や生き物の姿が!夏の週末には、網とバケツをもったパパや子どもの姿をはじめ、水遊びを楽しむ家族連れで賑わいます。対岸には、駐車場があるので、日よけテントやレジャーシートなどを持参して1日ゆっくり過ごす方もいらっしゃるんだとか。

変化に富んだ自然の世界に、子どもも大人も夢中。網やバケツは本館の「かいりゅうショップ」でも購入できますよ。

館内にも恐竜がいっぱい!ワンダーランドな室内遊び場

本館に入ると、写真撮影できる「ウエルカム展示コーナー」があり、フタバスズキリュウがお出迎え。大きな卵のなかにも入れて、おもしろい記念ショットが撮れますよ。

その奥には「いわき市屋内遊び場 いわきっずるんるん」が。9:30から夕方まで80分の入れ替え制で、小学3年生まで利用できます。

天井が高く広々とした室内には、ジャングルゾーンやスカイゾーン、深海、岩山ゾーンなどの、ユニークな海竜の世界をイメージした遊び場が広がります。岩山ゾーンには、いわきらしくフラガール風におめかしした恐竜の大きな女の子が!卵の殻に入ったボールを、恐竜の女の子の首にかかったフープに投げ入れましょう。

ほかにも、ロディに乗って競争ができるロディコースや、ジャングルゾーンの太鼓や鉄琴のような音を鳴らせる仕掛けなど、無料とは思えないくらいのクオリティ。お子さんから大人まで親子で楽しく遊べますよ。

ランチ持参OKがうれしい!軽食・休憩コーナー

たくさん遊んでおなかがすいたら、本館の軽食コーナーへ。定食や麺類、カレーや丼もののほか、気軽につまめるファストフードまで手ごろな値段で用意されています。

フロア内は、テーブル席や広めの小上りになったお座敷席もあり、お子さん連れでも食事がしやすい雰囲気。学食のように券売機で食券を購入すると、にこやかなベテランおばさま方が腕をふるってくれます。

オススメは、「海竜ラーメン&五目ごはんセットにミックスフライ定食」!海竜ラーメンは味噌ベースのピリ辛味で、後をひくおいしさ。

子どもに人気のカレーライスは、じっくり煮込んだトロトロのカレーで、中辛と甘口がえらべるのがうれしいですね。

小さなお子さんも食べやすくて人気のおそばやうどんは、お子さん用のお箸やスプーン、食器で取り分けて食べるのもいいかも。

ほかにも、自動販売機前の休憩コーナーや、屋外にも屋根付きのテーブル席があるので、お弁持参でランチもよいですね。

緑の山々が広がる自然豊かな環境のなか、ところせましと登場するリアルな恐竜たちが魅力の「海竜の里センター」。大久川では夏休みに魚を放流していて、つかみ取りイベントなども開催しています。自然を活かして遊べるのも魅力ですね。

近くには、アンモナイトなどの化石を産出する露頭を、そのまま建物で覆った日本初の観察施設「アンモナイトセンター」もあります。1日たっぷり親子で遊んで学べる「海竜の里センター」を訪れてみませんか?

お子さん連れでも安心!ななびチェック!

本館トイレで!授乳やオムツ替えコーナーもバッチリ

赤ちゃんの駅にもなっている施設なので、小さなお子さん連れのご家族にも安心です。

ゆったりとした館内は、ベビーカーももちろんOK!

駐車場から少し距離はありますが、バリアフリーとなった施設内は屋外屋内ともにベビーカーでも快適です。

川遊びの際は特に、お着替えやタオルを忘れずに!

屋内屋外どちらも思いっきり遊べるのが魅力。網やバケツは「かいりゅうショップ」で買えますが、タオルはないのでお忘れなく!

「海竜の里センター」について詳しくはこちら
「アンモナイトセンター」について詳しくはこちら

関連する投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。




最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?