いわき |「海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

いわき |「海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

福島県いわき市の「海竜の里センター」は、その名の通り、恐竜がモチーフのミニ遊園地。フタバサウルススズキイの化石が発見された大久川ほとりの自然豊かな山間にあります。アスレチックや川遊び、室内遊び場が充実した、家族で楽しめるスポットです。


料金もお手頃!恐竜気分で遊べるミニ遊園地

常磐自動車道いわき四倉インターから車で約10分。常磐道の隣に突如、大きな観覧車と巨大な恐竜の姿が現れます。こちらが「海竜の里センター」です。

巨大恐竜の正体は、子どもたちに大人気のブラキオサウルス型のすべり台。左足から体内のトンネルをくぐって、ながーいしっぽをすべり降りられます。

アトラクションは3種類。小さなお子さんも大人と一緒に乗ることができ、料金が手頃なのも魅力です。

1番人気は、竜の背中に乗ってくねくねとハイスピードで進む「ドラゴンコースター」!スリル満点のミニジェットコースターに子どもたちの歓声が響きます。

空高く上下しながら動く乗り物の「パラトルーパー」は、まるで空飛ぶ恐竜プテラノドンになったような気分に。

ブラキオサウルス型すべり台の大ちゃんが見守る高さ30メートルの「観覧車」は、恐竜の目線で景色を一望できます。

自然のなかで思いきり遊べる!「多目的ひろば」と「大久川」

「多目的ひろば」には、思いっきり身体を使って遊べるアスレチック遊具が揃います。プレイコンビやロープウェイ、ネットクライム、ぶらぶら橋などちょっとスリリングなものから、小さなお子さんも遊べそうな遊具も。

周りには桜の木々が植えられています。春は桜の下でお花見したり、夏場は木陰で涼んだり…広場は目が行き届きやすくなっているので、ママもお子さんを見守りながらゆっくりできそうですね。

広場の脇には水がきれいな「大久川」が流れ、キラキラとした水面の合間に小さな魚や生き物の姿が!夏の週末には、網とバケツをもったパパや子どもの姿をはじめ、水遊びを楽しむ家族連れで賑わいます。対岸には、駐車場があるので、日よけテントやレジャーシートなどを持参して1日ゆっくり過ごす方もいらっしゃるんだとか。

変化に富んだ自然の世界に、子どもも大人も夢中。網やバケツは本館の「かいりゅうショップ」でも購入できますよ。

館内にも恐竜がいっぱい!ワンダーランドな室内遊び場

本館に入ると、写真撮影できる「ウエルカム展示コーナー」があり、フタバスズキリュウがお出迎え。大きな卵のなかにも入れて、おもしろい記念ショットが撮れますよ。

その奥には「いわき市屋内遊び場 いわきっずるんるん」が。9:30から夕方まで80分の入れ替え制で、小学3年生まで利用できます。

天井が高く広々とした室内には、ジャングルゾーンやスカイゾーン、深海、岩山ゾーンなどの、ユニークな海竜の世界をイメージした遊び場が広がります。岩山ゾーンには、いわきらしくフラガール風におめかしした恐竜の大きな女の子が!卵の殻に入ったボールを、恐竜の女の子の首にかかったフープに投げ入れましょう。

ほかにも、ロディに乗って競争ができるロディコースや、ジャングルゾーンの太鼓や鉄琴のような音を鳴らせる仕掛けなど、無料とは思えないくらいのクオリティ。お子さんから大人まで親子で楽しく遊べますよ。

ランチ持参OKがうれしい!軽食・休憩コーナー

たくさん遊んでおなかがすいたら、本館の軽食コーナーへ。定食や麺類、カレーや丼もののほか、気軽につまめるファストフードまで手ごろな値段で用意されています。

フロア内は、テーブル席や広めの小上りになったお座敷席もあり、お子さん連れでも食事がしやすい雰囲気。学食のように券売機で食券を購入すると、にこやかなベテランおばさま方が腕をふるってくれます。

オススメは、「海竜ラーメン&五目ごはんセットにミックスフライ定食」!海竜ラーメンは味噌ベースのピリ辛味で、後をひくおいしさ。

子どもに人気のカレーライスは、じっくり煮込んだトロトロのカレーで、中辛と甘口がえらべるのがうれしいですね。

小さなお子さんも食べやすくて人気のおそばやうどんは、お子さん用のお箸やスプーン、食器で取り分けて食べるのもいいかも。

ほかにも、自動販売機前の休憩コーナーや、屋外にも屋根付きのテーブル席があるので、お弁持参でランチもよいですね。

緑の山々が広がる自然豊かな環境のなか、ところせましと登場するリアルな恐竜たちが魅力の「海竜の里センター」。大久川では夏休みに魚を放流していて、つかみ取りイベントなども開催しています。自然を活かして遊べるのも魅力ですね。

近くには、アンモナイトなどの化石を産出する露頭を、そのまま建物で覆った日本初の観察施設「アンモナイトセンター」もあります。1日たっぷり親子で遊んで学べる「海竜の里センター」を訪れてみませんか?

お子さん連れでも安心!ななびチェック!

本館トイレで!授乳やオムツ替えコーナーもバッチリ

赤ちゃんの駅にもなっている施設なので、小さなお子さん連れのご家族にも安心です。

ゆったりとした館内は、ベビーカーももちろんOK!

駐車場から少し距離はありますが、バリアフリーとなった施設内は屋外屋内ともにベビーカーでも快適です。

川遊びの際は特に、お着替えやタオルを忘れずに!

屋内屋外どちらも思いっきり遊べるのが魅力。網やバケツは「かいりゅうショップ」で買えますが、タオルはないのでお忘れなく!

「海竜の里センター」について詳しくはこちら
「アンモナイトセンター」について詳しくはこちら

関連する投稿


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.2】南相馬発!長年愛される大人気ソウルフード

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.2】南相馬発!長年愛される大人気ソウルフード

「相馬野馬追」など独特の文化と伝統をもつ南相馬は、グルメもユニーク!福島特産の凍み餅をドーナツ生地で包んで揚げた「凍天」や、生クリームと懐かしいドレンチェリーがのぞく「よつわりパン」。さらに、60年以上の歴史がある「アイスまんじゅう」まで、どれも長年愛される南相馬のソウルフード!いまでは全国で人気の味をご紹介します。


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.1】南相馬ってどんなところ?

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.1】南相馬ってどんなところ?

福島県北部の海沿いに面する南相馬市は、世界一の馬の祭典ともいわれる「相馬野馬追」で有名な街。1,000年以上もの歴史があるお祭りは、地域住民の手で代々受け継がれているほか、馬と共に暮らし、街の至るところで馬が大切に育てられています。夜の森公園や小高神社など桜の名所も多く、自然が豊かで美しい南相馬をご紹介します。


喜多方 |「Crecer」子育てとオシャレ、両方楽しむ!子ども服と雑貨のお店

喜多方 |「Crecer」子育てとオシャレ、両方楽しむ!子ども服と雑貨のお店

福島県喜多方市にある「Crecer(クレセール)」は、レンガ造りのステキなお花屋さんの建物内に、美容室と併設された子ども服と雑貨のお店です。服飾を専門としてきた若いご夫婦で営むお店は、オシャレで厳選された子ども服と、ナチュラルな生活雑貨が並びます。キッズスペースもあり、お子さん連れでも安心のママにも人気のお店です。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!