いわき |「海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

いわき |「海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

福島県いわき市の「海竜の里センター」は、その名の通り、恐竜がモチーフのミニ遊園地。フタバサウルススズキイの化石が発見された大久川ほとりの自然豊かな山間にあります。アスレチックや川遊び、室内遊び場が充実した、家族で楽しめるスポットです。


料金もお手頃!恐竜気分で遊べるミニ遊園地

常磐自動車道いわき四倉インターから車で約10分。常磐道の隣に突如、大きな観覧車と巨大な恐竜の姿が現れます。こちらが「海竜の里センター」です。

巨大恐竜の正体は、子どもたちに大人気のブラキオサウルス型のすべり台。左足から体内のトンネルをくぐって、ながーいしっぽをすべり降りられます。

アトラクションは3種類。小さなお子さんも大人と一緒に乗ることができ、料金が手頃なのも魅力です。

1番人気は、竜の背中に乗ってくねくねとハイスピードで進む「ドラゴンコースター」!スリル満点のミニジェットコースターに子どもたちの歓声が響きます。

空高く上下しながら動く乗り物の「パラトルーパー」は、まるで空飛ぶ恐竜プテラノドンになったような気分に。

ブラキオサウルス型すべり台の大ちゃんが見守る高さ30メートルの「観覧車」は、恐竜の目線で景色を一望できます。

自然のなかで思いきり遊べる!「多目的ひろば」と「大久川」

「多目的ひろば」には、思いっきり身体を使って遊べるアスレチック遊具が揃います。プレイコンビやロープウェイ、ネットクライム、ぶらぶら橋などちょっとスリリングなものから、小さなお子さんも遊べそうな遊具も。

周りには桜の木々が植えられています。春は桜の下でお花見したり、夏場は木陰で涼んだり…広場は目が行き届きやすくなっているので、ママもお子さんを見守りながらゆっくりできそうですね。

広場の脇には水がきれいな「大久川」が流れ、キラキラとした水面の合間に小さな魚や生き物の姿が!夏の週末には、網とバケツをもったパパや子どもの姿をはじめ、水遊びを楽しむ家族連れで賑わいます。対岸には、駐車場があるので、日よけテントやレジャーシートなどを持参して1日ゆっくり過ごす方もいらっしゃるんだとか。

変化に富んだ自然の世界に、子どもも大人も夢中。網やバケツは本館の「かいりゅうショップ」でも購入できますよ。

館内にも恐竜がいっぱい!ワンダーランドな室内遊び場

本館に入ると、写真撮影できる「ウエルカム展示コーナー」があり、フタバスズキリュウがお出迎え。大きな卵のなかにも入れて、おもしろい記念ショットが撮れますよ。

その奥には「いわき市屋内遊び場 いわきっずるんるん」が。9:30から夕方まで80分の入れ替え制で、小学3年生まで利用できます。

天井が高く広々とした室内には、ジャングルゾーンやスカイゾーン、深海、岩山ゾーンなどの、ユニークな海竜の世界をイメージした遊び場が広がります。岩山ゾーンには、いわきらしくフラガール風におめかしした恐竜の大きな女の子が!卵の殻に入ったボールを、恐竜の女の子の首にかかったフープに投げ入れましょう。

ほかにも、ロディに乗って競争ができるロディコースや、ジャングルゾーンの太鼓や鉄琴のような音を鳴らせる仕掛けなど、無料とは思えないくらいのクオリティ。お子さんから大人まで親子で楽しく遊べますよ。

ランチ持参OKがうれしい!軽食・休憩コーナー

たくさん遊んでおなかがすいたら、本館の軽食コーナーへ。定食や麺類、カレーや丼もののほか、気軽につまめるファストフードまで手ごろな値段で用意されています。

フロア内は、テーブル席や広めの小上りになったお座敷席もあり、お子さん連れでも食事がしやすい雰囲気。学食のように券売機で食券を購入すると、にこやかなベテランおばさま方が腕をふるってくれます。

オススメは、「海竜ラーメン&五目ごはんセットにミックスフライ定食」!海竜ラーメンは味噌ベースのピリ辛味で、後をひくおいしさ。

子どもに人気のカレーライスは、じっくり煮込んだトロトロのカレーで、中辛と甘口がえらべるのがうれしいですね。

小さなお子さんも食べやすくて人気のおそばやうどんは、お子さん用のお箸やスプーン、食器で取り分けて食べるのもいいかも。

ほかにも、自動販売機前の休憩コーナーや、屋外にも屋根付きのテーブル席があるので、お弁持参でランチもよいですね。

緑の山々が広がる自然豊かな環境のなか、ところせましと登場するリアルな恐竜たちが魅力の「海竜の里センター」。大久川では夏休みに魚を放流していて、つかみ取りイベントなども開催しています。自然を活かして遊べるのも魅力ですね。

近くには、アンモナイトなどの化石を産出する露頭を、そのまま建物で覆った日本初の観察施設「アンモナイトセンター」もあります。1日たっぷり親子で遊んで学べる「海竜の里センター」を訪れてみませんか?

お子さん連れでも安心!ななびチェック!

本館トイレで!授乳やオムツ替えコーナーもバッチリ

赤ちゃんの駅にもなっている施設なので、小さなお子さん連れのご家族にも安心です。

ゆったりとした館内は、ベビーカーももちろんOK!

駐車場から少し距離はありますが、バリアフリーとなった施設内は屋外屋内ともにベビーカーでも快適です。

川遊びの際は特に、お着替えやタオルを忘れずに!

屋内屋外どちらも思いっきり遊べるのが魅力。網やバケツは「かいりゅうショップ」で買えますが、タオルはないのでお忘れなく!

「海竜の里センター」について詳しくはこちら
「アンモナイトセンター」について詳しくはこちら

関連する投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

実は、アイスの消費量が全国第2位の福島市。アイス大好き福島っ子に愛される本格ジェラートを提供する「honey bee」は、素材にとことんこだわったくだもの屋さんが運営するお店です。旬なくだものと、福島の上質なミルクを使用したジェラートレシピは、なんと100種類以上!福島のおいしいさがぎゅっと詰まっています。


福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島県郡山市柳橋地区で毎年第3日曜日に開催されている「柳橋歌舞伎」。江戸時代から伝承されている伝統芸能で、役者から義太夫、衣装、三味線、音響、照明、化粧など、すべて住民が行っています。地域住民が一丸となって継承する、郡山市の重要無形民俗文化財にも指定された「柳橋歌舞伎」をご紹介します。


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。