いわき |「いわき市 海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

いわき |「いわき市 海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

福島県いわき市に、観覧車をのぞき込む巨大恐竜がお出迎えする「いわき市 海竜の里センター」があります。フタバサウルススズキイの化石が発見された大久川のほとりにある、恐竜がモチーフのミニ遊園地。自然豊かな山間にあり、アスレチックや川遊び、室内遊び場も充実の家族で楽しめるスポットです。


料金もお手頃!恐竜気分で遊べるミニ遊園地

常磐自動車道いわき四倉インターから車で約10分、常磐道の隣に突如、大きな観覧車と巨大な恐竜の姿が現れます。こちらが「いわき市 海竜の里センター」です。

巨大恐竜の正体は、子どもたちに大人気のブラキオサウルス型のすべり台。左足から体内のトンネルをくぐって、ながーいしっぽをすべり降りられます。

アトラクションは3種類。小さなお子さんも大人と一緒に乗ることができ、料金が手頃なのも魅力です。

1番人気は、竜の背中に乗ってくねくねとハイスピードで進む「ドラゴンコースター」!スリル満点のミニジェットコースターに子どもたちの歓声が響きます。

空高く上下しながら動く乗り物の「パラトルーパー」は、まるで空飛ぶ恐竜プテラノドンになったような気分に。

ブラキオサウルス型すべり台の大ちゃんが見守る高さ30メートルの「観覧車」は、恐竜の目線で景色を一望できます。

自然のなかで思いきり遊べる!「多目的ひろば」と「大久川」

「多目的ひろば」には、思いっきり身体を使って遊べるアスレチック遊具が揃います。プレイコンビやロープウェイ、ネットクライム、ぶらぶら橋などちょっとスリリングなものから、小さなお子さんも遊べそうな遊具も。

周りには桜の木々が植えられています。春は桜の下でお花見したり、夏場は木陰で涼んだり…広場は目が行き届きやすくなっているので、ママもお子さんを見守りながらゆっくりできそうですね。

広場の脇には水がきれいな「大久川」が流れ、キラキラとした水面の合間に小さな魚や生き物の姿が!夏の週末には、網とバケツをもったパパや子どもの姿をはじめ、水遊びを楽しむ家族連れで賑わいます。対岸には、駐車場があるので、日よけテントやレジャーシートなどを持参して1日ゆっくり過ごす方もいらっしゃるんだとか。

変化に富んだ自然の世界に、子どもも大人も夢中。網やバケツは本館の「かいりゅうショップ」でも購入できますよ。

館内にも恐竜がいっぱい!ワンダーランドな室内遊び場

本館に入ると、写真撮影できる「ウエルカム展示コーナー」があり、フタバスズキリュウがお出迎え。大きな卵のなかにも入れて、おもしろい記念ショットが撮れますよ。

その奥には「いわき市屋内遊び場 いわきっずるんるん」が。9:30から夕方まで80分の入れ替え制で、小学3年生まで利用できます。

天井が高く広々とした室内には、ジャングルゾーンやスカイゾーン、深海、岩山ゾーンなどの、ユニークな海竜の世界をイメージした遊び場が広がります。岩山ゾーンには、いわきらしくフラガール風におめかしした恐竜の大きな女の子が!卵の殻に入ったボールを、恐竜の女の子の首にかかったフープに投げ入れましょう。

ほかにも、ロディに乗って競争ができるロディコースや、ジャングルゾーンの太鼓や鉄琴のような音を鳴らせる仕掛けなど、無料とは思えないくらいのクオリティ。お子さんから大人まで親子で楽しく遊べますよ。

ランチ持参OKがうれしい!軽食・休憩コーナー

たくさん遊んでおなかがすいたら、本館の軽食コーナーへ。定食や麺類、カレーや丼もののほか、気軽につまめるファストフードまで手ごろな値段で用意されています。

フロア内は、テーブル席や広めの小上りになったお座敷席もあり、お子さん連れでも食事がしやすい雰囲気。学食のように券売機で食券を購入すると、にこやかなベテランおばさま方が腕をふるってくれます。

オススメは、「海竜ラーメン&五目ごはんセットにミックスフライ定食」!海竜ラーメンは味噌ベースのピリ辛味で、後をひくおいしさ。

子どもに人気のカレーライスは、じっくり煮込んだトロトロのカレーで、中辛と甘口がえらべるのがうれしいですね。

小さなお子さんも食べやすくて人気のおそばやうどんは、お子さん用のお箸やスプーン、食器で取り分けて食べるのもいいかも。

ほかにも、自動販売機前の休憩コーナーや、屋外にも屋根付きのテーブル席があるので、お弁持参でランチもよいですね。

緑の山々が広がる自然豊かな環境のなか、ところせましと登場するリアルな恐竜たちが魅力の「いわき市 海竜の里センター」。大久川では夏休みに魚を放流していて、つかみ取りイベントなども開催しています。自然を活かして遊べるのも魅力ですね。

近くには、アンモナイトなどの化石を産出する露頭を、そのまま建物で覆った日本初の観察施設「アンモナイトセンター」もあります。1日たっぷり親子で遊んで学べる「いわき市 海竜の里センター」を訪れてみませんか?

お子さん連れでも安心!ななびチェック!

本館トイレで!授乳やオムツ替えコーナーもバッチリ

赤ちゃんの駅にもなっている施設なので、小さなお子さん連れのご家族にも安心です。

ゆったりとした館内は、ベビーカーももちろんOK!

駐車場から少し距離はありますが、バリアフリーとなった施設内は屋外屋内ともにベビーカーでも快適です。

川遊びの際は特に、お着替えやタオルを忘れずに!

屋内屋外どちらも思いっきり遊べるのが魅力。網やバケツは「かいりゅうショップ」で買えますが、タオルはないのでお忘れなく!

「いわき市 海竜の里センター」について詳しくはこちら
「アンモナイトセンター」について詳しくはこちら

関連する投稿


会津若松 |「ロータスウッドヴィレッジ」カフェで子どもと一緒にイベント体験

会津若松 |「ロータスウッドヴィレッジ」カフェで子どもと一緒にイベント体験

福島県会津若松市に、木のぬくもりに触れながら地域と繋がるコミニュティカフェ「ロータスウッドヴィレッジ」がオープン!厳選された木のおもちゃのキッズスペースに、ちょっと珍しい選りすぐりのおやつと飲み物が楽しめるスペースもあります。ものづくり体験やイベントスペースとしても利用でき、大人も子どもも楽しめる癒しの空間なんです。


小野町 |「リカちゃんキャッスル」リカちゃん誕生50周年でリニューアル

小野町 |「リカちゃんキャッスル」リカちゃん誕生50周年でリニューアル

福島県田村郡小野町に、人形工場を備えたテーマパーク「リカちゃんキャッスル」があります。2017年でリカちゃんは誕生50周年!それを記念しリニューアルした「リカちゃんキャッスル」では、カフェ付きのお庭が誕生し話題を呼んでいます。また、男の子に人気の「トミカ・プラレールコーナー」などもあり、家族で楽しめるスポットです。


福島 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

福島 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


福島 |「グルメまとめ」メヒカリってどんな魚?未知のグルメも登場!

福島 |「グルメまとめ」メヒカリってどんな魚?未知のグルメも登場!

福島県の名産といえば、思い浮かぶのは「桃」。しかし、農産物や海産物はもちろん、それぞれの地域や都市の特徴を活かした、さまざまなご当地料理も存在しています。ここでは、福島のおいしい情報を一挙にご紹介しますので、ぜひチェックしてください。福島の「んめー」ものをあがらんしょ!


柳津町 |「道の駅会津柳津 清柳苑」赤べこの里のグルメが満載

柳津町 |「道の駅会津柳津 清柳苑」赤べこの里のグルメが満載

福島県河沼郡柳津町に、ちょっと変わった“ソースカツのハンバーガー”を食べられるお店「道の駅会津柳津 清柳苑」があります。柳津町の味覚が味わえるレストランのほか、物産品の展示販売、赤べこの絵付けやそば打ち体験も!敷地内には美術館や体験交流館が併設され、歴史や文化にふれながら足湯に浸かったりと楽しめます。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。