小野町 |「リカちゃんキャッスル」リカちゃん誕生50周年でリニューアル

小野町 |「リカちゃんキャッスル」リカちゃん誕生50周年でリニューアル

福島県田村郡小野町に、人形工場を備えたテーマパーク「リカちゃんキャッスル」があります。2017年でリカちゃんは誕生50周年!それを記念しリニューアルした「リカちゃんキャッスル」では、カフェ付きのお庭が誕生し話題を呼んでいます。また、男の子に人気の「トミカ・プラレールコーナー」などもあり、家族で楽しめるスポットです。


リカちゃんが生まれるお城で、子どもママもリカちゃん気分!

「リカちゃんキャッスル」は、青い三角屋根と白壁のかわいい西洋風のお城です。

入り口では、等身大の「ウェルカムリカちゃん」がお出迎え。ウェルカムスピーチで歓迎してくれます。

隣には、「なりきりドレスレンタルコーナー」があり、かわいいドレスが無料でレンタルOK!サイズも豊富なので、親子でリカちゃんに変身することも可能です。そのまま館内を見学したり、フォトスポットでの写真撮影も楽しめます。

2階の「お人形ファクトリー見学ゾーン」では、パネルを見ながらリカちゃんやジェニーちゃんたちがつくられる過程を見学できます。たくさんのお人形が職人さんの手で完成していく様子に、子どもたちも興味津々です。

「リカちゃんのおへや」には、リカちゃん愛用のピンクの家具が並び、まるでリカちゃんになったような気分!電話の受話器からは、リカちゃんのメッセージも聞けます。

「なりきり世界旅行」では、キャビンアテンダントのリカちゃんと一緒に、福島空港からハワイ、パリ、香港などへ出発!各国の風景をバックに、ご当地衣装のリカちゃんと写真が撮れますよ。

リカちゃん誕生50周年を記念して、リニューアルオープン!

2017年は、リカちゃん人形が発売されてからちょうど50周年!5月3日のリカちゃんのお誕生日にあわせ、「リカちゃんキャッスル」の前庭が「アップルガーデン」としてリニューアルオープンしました。リカちゃんのパパのふるさと、フランスの庭園をイメージしたかわいいお庭です。

名前の由来は庭に植えられたリンゴの木。福島県内から移植された物で、季節ごとの変化や成長が楽しみです。

ガーデン内の「アップルガーデンカフェ」では、新鮮なリンゴをそのまま搾った無添加100%のリンゴジュースを味わうこともできますよ。トッピングを選べるふんわりしたワッフルも優しい味でオススメ。ステキなガーデンで味わうカフェタイムは格別です。

2階の「リカちゃんミュージアム」には、リカちゃんが動きながら展示内容を説明してくれる「ムービングリカちゃん」が新登場!歴代リカちゃんのおうちや、秘密もわかっちゃう、こちらも忘れずにチェックしてくださいね。

まるでデザイナー気分!オリジナルリカちゃんをつくろう!

「リカちゃんキャッスルギャラリー」では、リトルファクトリーのデザイナーたちが作成したオリジナルドレスをまとったリカちゃんやジェニーちゃんたちが見られます。

ビンテージレースなどを使用した、豪華なリカちゃんたちの姿にうっとりです。

「お人形教室」では、好きな髪色やドレス、アクセサリーを選んで、自分だけのリカちゃんを購入することができます。

親子で楽しく遊びながら、ステキなリカちゃんにコーディネイトしてみては?

さらに、もっと本格的にオリジナルのリカちゃんが欲しい方は、1階の「リカちゃんショップ」にある「お人形工房」に行ってみてくださいね。そちらでは、さまざまな髪形や瞳の色、メイクまで細かい部分も自分好みにオーダーできます。お手持ちのリカちゃんやジェニーちゃんをリメイクすることも可能なので、ママのリカちゃんをお子さん用にリメイクするのもステキですね。

男の子に人気の「トミカ・プラレール」と「ままごとコーナー」

男の子やパパに人気なのは、組み立て済みの大きなプラレールタウンが広がる「トミカ・プラレールコーナー」。新幹線やSL、救急車や消防車などのさまざまな乗り物を、自由に走らせることができます。ちょっとレアな、懐かしいプラレールの展示もあるので、パパも子どものころを思い出しながら、お子さんと夢中になっちゃうかもしれませんね!
※「トミカ」「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

そして、意外に男の子もハマるのが、「ままごとコーナー」。リカちゃんがお出迎えしてくれるショップコーナーには、いろいろな食材やお道具、お人形がたくさん並んでいます。子どもサイズのショッピングカートもあり、いつのまにか「いらっしゃいませ~!」とかけ声が!男の子も女の子も、それぞれが主役になっておままごとがはじまり、帰りたくなくなってしまいますよ。

50周年を迎えたリカちゃんは、世代を超えて愛される永遠のアイドル。「リカちゃんキャッスル」には、ママやパパだけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒の3世代で楽しむ姿も…。

全国巡回の展覧会「誕生50周年記念 リカちゃん展」も好評で、宮城県では、2017 年9月7日(木)~9月12日(火)まで、仙台市のデパート「藤崎」で開催されます。

この機会に、家族でリカちゃんに会いに!そして、リカちゃんのふるさと「リカちゃんキャッスル」に遊びに来てくださいね。

子ども連れでも安心!ななびチェック!

ベビーカーの使用もOK!授乳室やおむつ替えコーナーも充実で安心

2階の見学ゾーンの一部が階段ですが、それ以外はバリアフリーで、館内やお庭もゆったりとしたつくりに。1階のエレベーター脇に授乳室、おむつ替えシートは各階のトイレにあるので小さなお子さんが一緒でも安心です。

キャッスルだけのリカちゃんアイテムがいっぱい!

「リカちゃんショップ」では、お人形以外にもキャッスルだけのリカちゃんグッズがいっぱい!リカちゃん印の「喜多方ラーメン」や「白河ラーメン」のほか、新登場の「サクマドロップ」はかわいくて食べるのがもったいなくなってしまいそう。

made in福島!1点1点職人手づくりのオリジナルリカちゃん

1日約100体…より細かく丁寧につくられたキャッスルだけの国内製リカちゃんは、大人も欲しくなってしまうほどオシャレで高クオリティー!お子さんよりもママがハマってしまうことも少なくないとか。「お人形教室」やオーダーができる出張イベントもあるので、詳しくはHPをチェックしてくださいね。

© TOMY

「リカちゃんキャッスル」について詳しくはこちら
「リカちゃん人形50周年アニバーサリー リカちゃん展」について詳しくはこちら

関連する投稿


会津若松 |「ロータスウッドヴィレッジ」カフェで子どもと一緒にイベント体験

会津若松 |「ロータスウッドヴィレッジ」カフェで子どもと一緒にイベント体験

福島県会津若松市に、木のぬくもりに触れながら地域と繋がるコミニュティカフェ「ロータスウッドヴィレッジ」がオープン!厳選された木のおもちゃのキッズスペースに、ちょっと珍しい選りすぐりのおやつと飲み物が楽しめるスペースもあります。ものづくり体験やイベントスペースとしても利用でき、大人も子どもも楽しめる癒しの空間なんです。


いわき |「いわき市 海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

いわき |「いわき市 海竜の里センター」自然豊かな恐竜テーマパーク

福島県いわき市に、観覧車をのぞき込む巨大恐竜がお出迎えする「いわき市 海竜の里センター」があります。フタバサウルススズキイの化石が発見された大久川のほとりにある、恐竜がモチーフのミニ遊園地。自然豊かな山間にあり、アスレチックや川遊び、室内遊び場も充実の家族で楽しめるスポットです。


福島 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

福島 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


福島 |「グルメまとめ」メヒカリってどんな魚?未知のグルメも登場!

福島 |「グルメまとめ」メヒカリってどんな魚?未知のグルメも登場!

福島県の名産といえば、思い浮かぶのは「桃」。しかし、農産物や海産物はもちろん、それぞれの地域や都市の特徴を活かした、さまざまなご当地料理も存在しています。ここでは、福島のおいしい情報を一挙にご紹介しますので、ぜひチェックしてください。福島の「んめー」ものをあがらんしょ!


柳津町 |「道の駅会津柳津 清柳苑」赤べこの里のグルメが満載

柳津町 |「道の駅会津柳津 清柳苑」赤べこの里のグルメが満載

福島県河沼郡柳津町に、ちょっと変わった“ソースカツのハンバーガー”を食べられるお店「道の駅会津柳津 清柳苑」があります。柳津町の味覚が味わえるレストランのほか、物産品の展示販売、赤べこの絵付けやそば打ち体験も!敷地内には美術館や体験交流館が併設され、歴史や文化にふれながら足湯に浸かったりと楽しめます。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。