新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


カラダを動かす「体験」がいっぱい!アトラクションスポット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新潟市「みどりと森の運動公園体育施設」

多目的に使える広い公園。野球場や屋外のフットサルコートなどいくつもの広場があります。そのなかにターザンロープなどアスレチックが充実した「あそびの広場」、広い芝生で走りまわれる「みどりの広場」などがあります。申し込み不要でバーベキューができる「休憩広場」はお子さん連れにオススメ。季節問わず、週末などにも気軽に訪れたい場所です。約600台も停められる駐車場があり、トイレも多いので安心です。

長岡市「国営越後丘陵公園」

大自然に囲まれた、広い国営公園。約20種類と豊富な木製遊具、車のカタチをした変形自転車。そしてなんといっても、ウォーターマシンガンやウォータートンネルなどの水遊び遊具が人気です。水遊びの際、小さなお子さんは付き添いが必要です。1番人気はふわふわな雪山のような巨大トランポリン!親子で1日中遊べます。

上越市「たにはま公園」

上越市内最大となる児童用の大型複合遊具と、幼児用の小型複合遊具があります。そのため年の離れたお子さんたちがどちらも思い切り遊べます。ほかにも、ロープウェイ、ブランコなど多くの遊具があります。無料で利用できるドッグランもあり、ペットの犬を連れていくのもよし。多目的広場ではバーベキューもできますが、バーベキューグリルなどは要持ち込みです。

ひと夏の「学び」のチャンス!見学スポット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新潟市 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」

人気のラッコ、ペンギンなどの展示、イルカショーのほか、多彩な水の生きものと触れあえる水族館。日本海や信濃川に生息する生きものを観察できる学びのスポットを紹介しています。

新潟市「新潟県立自然科学館」

お子さんの好奇心を刺激する、参加&体験型の大型総合科学館。「新潟県の移り変わり」のフロアではプラネタリウムが見られるほか、「自然の科学」「生活の科学」「不思議な広場」とフロアに分かれてさまざまな科学に触れられます。3階にあるミュージアムカフェではお子さん向けのメニューが豊富なのもオススメポイントです。

長岡市「寺泊水族博物館」

日本海に浮かんでいる、灯台のような外観の水族館。小さい水族館ではありますが、展示ボリュームやイベントの豊富さから、見応えは十分!2017年9月24日(日)まで、角質を食べる魚・ガラルファが足の角質を食べてくれる足湯体験ができる特別展示があります。申し込み不要。

上越市「上越科学館」

「人間の科学」と「雪の科学」をテーマにした体験型の科学館。2017年8月27日(日)まで夏休み特別展として「カラクリ人形と、とびだす絵本のワンダーランド ようこそ、アナログワールドへ」を開催中。"仕掛け"の構造に興味があるお子さんにオススメです。また、雪のでき方について学べる展示も2017年8月31日(木)までです。学びだけではなく、科学体験遊びの広場「チルドレンパーク」、遊具などで遊べる「サイエンスプレイパーク」もあるので、飽きることなく科学を満喫できます。

三条市「大谷ダムふれあい資料館」

大谷ダムそばにある施設で、ダムの歴史やその周りの自然、集落の歴史や暮らしについて学べます。3D映像でダム湖の自然を紹介してくれるのでお子さんにもわかりやすいです。子どもも大人も無料ですが、見学には事前予約が必要ですのでご注意ください。

夏をトコトン楽しむ!おまつり・イベントスポット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新潟夏の祭りをご紹介!

「長岡まつり」、「新潟まつり」、2017年9月に開催される「葛塚まつり」など。新潟県内で開催される人気の夏祭りをピックアップしてご紹介しています。

新発田市「城下町新発田まつり」

江戸時代から続いている新発田市で1番大きなお祭り。JR羽越本線「新発田駅」より徒歩5分ほどの位置にある諏訪神社をメイン会場として、2017年8月18日(金)~8月29日(火)まで長い日程で開催され、民謡流しやパレード、花火など多くのイベントが行なわれます。最終日の「帰り台輪」は、男性陣が熱い心意気のもと、街中に台輪を曳きだすのが見どころ。

長岡市「とちお祭」

2017年8月26日(土)~8月27日(日)、長岡市谷内通りほかを会場に開催されます。酒樽を乗せたみこし2基に張った綱を引っ張る「樽みこし綱引き選手権大会」は全国でも珍しく、子どもの部・大人の部があります。2日間のフィナーレは8月27日(日)の大花火大会。5,000発もの花火が高台から打ちあげられます。お子さんとの思い出づくりにオススメです。

いかがでしたか?夏休み中のお子さんを連れて、普段はなかなか行けないスポットに足をのばしてみてはいかがでしょうか。ぜひご家族でのおでかけプランの参考にしてくださいね。この夏、ステキな思い出がたくさん残せますように!参考になったら、ぜひシェアしてください!

関連する投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟県といえば、誰もが口を揃えて米どころというのではないでしょうか?そのイメージの通り、新潟県はコシヒカリを生み出し、日本一の生産量を誇る、名実ともに日本一の米どころです。でも実は、日本海側に位置する新潟県は、漁業も盛んで、バラエティー豊かなB級グルメもたくさんあります。


新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟県新潟市にある「新潟市水族館 マリンピア日本海」。定番のイルカショーやペンギン展示はもちろん、多彩な水の生きものと触れ合うことができるスポットです。地元の日本海に生息する生きものや、信濃川に生息する生きものをじっくり観察し、子どもたちにも大切な学びの機会としてもいかがでしょうか。


佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

2017年8月18日(金)~20日(日)に開催される「アース・セレブレーション2017」。太鼓芸能集団「鼓童」による野外ライブや芝居小屋でのコンサートを中心に、ワークショップやフリーマーケットなどバラエティ豊かなイベントを体験できます。30年目を迎える今年のテーマは、「たいこのこども」です。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。