米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

上杉家の城下町・米沢は、郊外に名湯・秘湯が点在する山形県きっての温泉天国。小野川・白布・姥湯・五色・新高湯・滑川・大平・湯の沢の8ヶ所にものぼる温泉が自噴する全国でも珍しいエリアで、「米沢八湯」の名で親しまれています。絶景を望む露天風呂や、上杉家ゆかりの温泉など、ファミリーにオススメの立ち寄り湯をご紹介します。


田んぼアートも必見!小野川温泉の「露天風呂 小町の湯」

小野川温泉は、その名から思い浮かぶように、平安の美女・小野小町ゆかりの温泉地。父を訪ねて京都から旅立った小町が病に倒れ、この地の温泉で病を癒したと伝えられます。

小野川温泉には、ファミリーにオススメのポイントがたくさん。温泉街の中心には十数軒の宿や共同浴場、みやげ店などが点在し、はしご湯をしながらのんびり散策を楽しめます。ラジウムたまごづくり体験や、玉こんにゃくや米沢らーめんの食べ歩きなど、グルメも充実。

温泉街には、クラシックな外観の「尼湯」と、2015年にリニューアルした「滝湯」、清らかな川沿いにある「小町の湯」の3軒の共同浴場があります。なかでも、初夏の夜にはほたるが飛び交う豊かな自然のなかに建つ「小町の湯」がファミリーに人気。ワイルドな石造りの広々とした露天風呂を備え、頭上には大きく広がる空をのぞみ、開放感抜群です。

温泉街の中心から橋をわたり徒歩5分ほどの場所にある水田には、小野川温泉名物の「田んぼアート」が登場。水田のキャンバスに、緑・紫・黄・赤など色彩の異なる稲を巧みに使い分けた巨大な地上絵が描かれ、2017年は稲刈り前の9月末までお目にかかれます。

特に7月~8月は色彩のコントラストが鮮やかになり、見応え満点。これまで一貫して 米沢にゆかりのある歴史上の人物などが描かれていて、2017年のテーマは生誕450年となる戦国武将・伊達政宗。米沢で青年期を過ごした伊達政宗の勇ましい姿を「田んぼアート」で観賞しましょう。

標高1,250メートルの絶景露天風呂!姥湯温泉「桝形屋」

米沢の中心街から車で約1時間10分の山峡に湧く姥湯温泉は、室町時代の開湯と伝えられる歴史ある温泉です。野生のサルが時おり顔をのぞかせる、山道を進んだ標高1,250メートルの山あいに、一軒宿の「桝形屋」がたたずんでいます。

「桝形屋」の名物は、荒々しい渓谷にむき出しの岩石を組んだ眺望抜群の混浴露天風呂。山頂付近の岩肌をぬって流れ出る湯が、源泉掛け流しでなみなみと湯船に注がれます。乳白色のにごり湯は肌ざわりなめらか。女性専用の露天風呂のほか、檜造りの内風呂もありますよ。

事前の予約で部屋休憩ができる日帰りプランもあり、温泉をのんびり楽しみたいファミリーにはぴったり。渓谷のダイナミックな絶景と体の芯から癒してくれる温泉を堪能しながら、ゆったりと過ごしましょう。

ぬるめの湯でお子さんも入りやすい♪五色温泉「宗川旅館」

五色の湯煙が立ち上り発見されたとの伝説を持つ五色温泉。「愛」の前立ての兜で戦国時代を駆け抜けた上杉家の重臣・直江兼続が整備したというエピソードもあり、歴史ロマンあふれる温泉です。

標高900メートル、自然に囲まれた一軒宿「宗川旅館」の名物は、本館から少し離れた場所にある展望露天風呂。吾妻連峰の美しい山並みを一望し、春の新緑や秋の紅葉を眺めながらの入浴を楽しめます。ぬるめのお湯なので、小さなお子さんの温泉デビューにもオススメ。時間をかけてのんびり温泉に浸かり、じんわりと体をあたためることができますよ。また、古くから子宝の湯としても親しまれ、旅館の裏にある小さな神社では年に2回、子宝の祈祷が行なわれています。

米沢でグルメやショッピングを楽しんだあとは、個性的な温泉がそろう「米沢八湯」へ。ファミリーみんなで温泉に浸かり癒される、とっておきの週末はいかがですか?

「米沢八湯」をファミリーで楽しむための、ななびチェック!

小野川温泉で温泉街さんぽを

米沢八湯の多くは一軒宿ですが、小野川温泉は十数軒の宿やみやげ店などが建ち並び、温泉街さんぽが楽しめます。

1年を通して自然の見どころやイベントがたくさん

豊かな自然に囲まれた米沢八湯は、四季折々の自然風景が見事。春の新緑や秋の紅葉シーズンはドライブを楽しむ人々でにぎわいます。小野川温泉では初夏の「ほたるまつり」や冬の「かまくら村」などイベントが多彩。

冬季閉鎖に注意!

米沢の冬は雪が多いため、とくに山深い姥湯温泉や滑川温泉は冬季閉鎖となります。おでかけ前に確認を。

「露天風呂 小町の湯」について詳しくはこちら
「桝形屋」について詳しくはこちら
「宗川旅館」について詳しくはこちら

関連する投稿


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。


天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

山形県唯一の水族館「鶴岡市立加茂水族館」。ギネス世界記録に認定されたこともあるクラゲの展示種類数の多さから、「クラゲドリーム館」の愛称で親しまれる、人気の観光スポットです。クラゲたちがゆらめくファンタスティックな空間には、大人も子どもも見入ってしまう癒やしの世界が広がっています。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

江戸時代の産業開発により織物の一大産地となった米沢市には、今もたくさんの工房が残っています。今回は、繊維産地ならではの布小物と帆布アイテムをご紹介。米沢市内にあるパソコン関連企業が、技術と地域資源を活かして開発した木製ブロックにも、国内外から注目が集まっています。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。