天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


大きな将棋駒の看板と真っ白な壁が目印

天童駅から車で約15分。国道48号線を天童市内から仙台方面へ向かうと、将棋駒の形の大きな看板が見えてきます。見渡す限り果樹園が広がるなかに建つ、スタイリッシュな白い建物が「王将果樹園」です。園内には、果樹園を眺めながらくつろげるカフェや、山形の特産品を扱うショップなども備えています。

8月が食べ頃!桃やぶどうのもぎ取りにチャレンジ

8月から桃とぶどうが旬を迎え、桃は9月上旬頃まで、ぶどうは10月中旬頃までフルーツ狩りが楽しめます。夏の太陽をたっぷり浴びて育ったおいしいフルーツを、食べ放題でおなかいっぱい味わいましょう。

「王将果樹園」では木の低いところにも実がなるよう栽培されているので、小さなお子さんでも自分の手で収穫できます。新鮮なフルーツを木から直接もぎ取って食べる体験は、お子さんにとってステキな思い出になりそうですね。

園内での食べ放題プランに加えて、自分で収穫したフルーツをおみやげにすることもできます。インターネットでの事前予約なら通常料金よりお得なプランがあるので、おでかけする際は事前にチェックしておくのがオススメです。

季節のフルーツをぎっしり詰め込んだパフェをどうぞ

フルーツ狩りを思う存分楽しんだら、果樹園に併設する「Oh!Show!Cafe(オウショウカフェ)」へ立ち寄りましょう。ここでは、季節のフルーツを使ったパフェのほか、ソフトクリームやジュースなどが味わえます。

8月は、食べ頃の桃をふんだんに使った「桃パフェ」が人気。ピンク色に熟した桃をほおばると、ジューシーな果汁がじゅわっとあふれ出てきます。桃はスティック状にカットされていて、お子さんでも食べやすいのがうれしいポイントです。グラスのなかには桃を煮詰めてつくった自家製ソースがたっぷり。まろやかなバニラアイスと相性抜群で、最後のひと口まで桃のリッチな甘みが楽しめます。

そのほか、グラスからこぼれ落ちそうなほどぶどうがどっさりと載った「ぶどうパフェ」もオススメです。ぶどうは、甘みと酸味のバランスがよいピオーネや、糖度が高く果汁たっぷりのシャインマスカットを中心に、食べ頃の品種を数種類トッピング。ときには、“はちみつぶどう”とも呼ばれる芳醇な甘さのオリンピアが加わることもありますよ。

フルーツ狩りができる期間と同様、「桃パフェ」は9月中旬まで、「ぶどうパフェ」は10月上旬まで。旬だからこそ味わえるフレッシュなおいしさを満喫してください。

秋のオススメ「ラ・フランスパフェ」もお見逃しなく

10月上旬からは、ラ・フランスとりんごを使った「ラ・フランスパフェ」も登場します。運ばれてきたとたんにふわりと鼻をくすぐる、ラ・フランスの芳醇な香りに思わずうっとり。とろけるような舌触りと上品な甘さがたまりません。さらに、りんごのさわやかな味わいとシャキッとした歯ごたえがアクセントに。赤や黄色、緑など、カラフルな見た目もかわいらしい一品です。

パフェは季節ごとにラインナップが替わるだけでなく、同じフルーツでも時季によって食べ頃の品種が異なるので、訪れるたびに新しいおいしさに出会えるのが魅力。パフェを目当てに果樹園を訪れるお客さんが多いのにも納得です。

フルーツ狩りとパフェで旬の味覚を心ゆくまで味わう、フルーツづくしの休日を過ごしてはいかがですか。

家族でのおでかけにぴったり!「王将果樹園」のななびチェック!

子連れにうれしい多目的トイレを完備

ベビーベッドや子ども用トイレを備えた多目的トイレがあり、小さなお子さんが一緒でも安心です。

雨が降っても大丈夫!ビニールハウスで快適にフルーツ狩り

ぶどうや桃は屋根付きのビニールハウスで栽培されているので、雨の日でもフルーツ狩りができます。

ジュースやジャムなどおみやげが充実

園内のショップでは、果樹園のフルーツでつくったジュースやジャムなどの加工品を販売。自宅でもフルーツのおいしさを楽しめます。

店舗情報

「王将果樹園」について詳しくはこちら

関連する投稿


西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

冬真っ盛りの山形で開催される「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」。2018年2月23日(金)~25(日)までと、3月2日(金)~3月4日(日) までの6日間、雪旅籠のやわらかな灯りに照らされる月山志津温泉の温泉街は、多彩なイベントでにぎわいます。わくわくがいっぱいの「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」の楽しみ方をご紹介します。


山形 |【ななび連載:山形編vol.4】キッズも大よろこび!お財布にやさしい無料の遊びスポット3選

山形 |【ななび連載:山形編vol.4】キッズも大よろこび!お財布にやさしい無料の遊びスポット3選

山形市内には、科学の不思議を体験しながら学べる科学館や、雨の日でも遊具やアスレチックで遊べる屋内施設など、お子さんが楽しく過ごせる遊び場がいっぱい。そのなかでも、パパ・ママにもうれしい無料の施設をご紹介します。無料とは思えないほど設備が整った、お得な施設ばかりですよ。


山形 |「お正月とお餅のあれこれ」7県で唯一の丸餅!庄内雑煮

山形 |「お正月とお餅のあれこれ」7県で唯一の丸餅!庄内雑煮

恵まれた気候と風土の山形県は、明治時代から米づくりが盛んな農業王国!自慢のお米でつくるお餅は、格別なおいしさですよね。今回は、お正月に欠かせない「庄内雑煮」から「餅飲み」にいたるまで、山形の「餅文化」に迫ります。


山形 |「Forest inn SANGORO」ゲレンデの真ん中!標高約1,300メートルに建つ蔵王の山小屋

山形 |「Forest inn SANGORO」ゲレンデの真ん中!標高約1,300メートルに建つ蔵王の山小屋

スキー&雪遊びのシーズンが到来!蔵王温泉スキー場は、世界でも限られた地域でしか見られない自然の造形美・樹氷で知られています。スキー場中腹にあるロッジ兼宿泊施設「Forest inn SANGORO」(フォレストインサンゴロウ)に宿泊して、蔵王の大自然を満喫してみませんか?


山形 |【ななび連載:山形編vol.3】歴史感じるレトロ建築なお店でショッピング

山形 |【ななび連載:山形編vol.3】歴史感じるレトロ建築なお店でショッピング

明治・大正期のレトロな建築が街並みを彩る山形市。文翔館をはじめとした公共施設のほかにも、歴史ある当時の建物を大切に利用した老舗などが今も残ります。今回は、レトロな建物のなかでショッピングができる3つのスポットをご紹介。歴史風情に包まれながら、山形ならではのおみやげ探しを楽しみましょう。


最新の投稿


秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

まだまだ寒いシーズンが続きますね。あったかいお部屋でのんびり過ごすのもいいですが、たまにはおでかけもよいもの。今回は、お子さんと一緒に楽しみたい秋田県内のスケートリンク場をご紹介します。


塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

古くから港町として栄え、生まぐろの水揚げ量では全国トップクラスを誇る塩竈市。観光客はもちろんファミリーのおでかけスポットとしても人気なのが、三陸の海の幸を使ったせんべいの専門店「海鮮せんべい塩竈」です。焼きたてのせんべいを味わえるほか、せんべいの工場見学や手づくり体験が楽しめますよ。


郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

福島県郡山市にある複合施設「暮らしづくりビレッジ」は、ベーグルとコーヒーの専門店と、日本初のママ向けの民間型ハローワーク、キッズスペース付きのイベントスペースが好評の施設。街の憩いの場のような施設では、ママたちのスキルアップや趣味など、暮らしを充実させるさまざまなイベントが開かれ、毎回人気を呼んでいます。


西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

冬真っ盛りの山形で開催される「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」。2018年2月23日(金)~25(日)までと、3月2日(金)~3月4日(日) までの6日間、雪旅籠のやわらかな灯りに照らされる月山志津温泉の温泉街は、多彩なイベントでにぎわいます。わくわくがいっぱいの「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」の楽しみ方をご紹介します。


石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

海沿いの街・石巻市には、そのロケーションを活かしたステキな古民家カフェがたくさん。ノスタルジックな雰囲気のなか、海を眺めながらのんびりしたり、地場産の食材を使ったジビエなどのメニューを味わったりと、石巻市らしいゆったりとしたカフェタイムを過ごしてみませんか。