天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


大きな将棋駒の看板と真っ白な壁が目印

天童駅から車で約15分。国道48号線を天童市内から仙台方面へ向かうと、将棋駒の形の大きな看板が見えてきます。見渡す限り果樹園が広がるなかに建つ、スタイリッシュな白い建物が「王将果樹園」です。園内には、果樹園を眺めながらくつろげるカフェや、山形の特産品を扱うショップなども備えています。

8月が食べ頃!桃やぶどうのもぎ取りにチャレンジ

8月から桃とぶどうが旬を迎え、桃は9月上旬頃まで、ぶどうは10月中旬頃までフルーツ狩りが楽しめます。夏の太陽をたっぷり浴びて育ったおいしいフルーツを、食べ放題でおなかいっぱい味わいましょう。

「王将果樹園」では木の低いところにも実がなるよう栽培されているので、小さなお子さんでも自分の手で収穫できます。新鮮なフルーツを木から直接もぎ取って食べる体験は、お子さんにとってステキな思い出になりそうですね。

園内での食べ放題プランに加えて、自分で収穫したフルーツをおみやげにすることもできます。インターネットでの事前予約なら通常料金よりお得なプランがあるので、おでかけする際は事前にチェックしておくのがオススメです。

季節のフルーツをぎっしり詰め込んだパフェをどうぞ

フルーツ狩りを思う存分楽しんだら、果樹園に併設する「Oh!Show!Cafe(オウショウカフェ)」へ立ち寄りましょう。ここでは、季節のフルーツを使ったパフェのほか、ソフトクリームやジュースなどが味わえます。

8月は、食べ頃の桃をふんだんに使った「桃パフェ」が人気。ピンク色に熟した桃をほおばると、ジューシーな果汁がじゅわっとあふれ出てきます。桃はスティック状にカットされていて、お子さんでも食べやすいのがうれしいポイントです。グラスのなかには桃を煮詰めてつくった自家製ソースがたっぷり。まろやかなバニラアイスと相性抜群で、最後のひと口まで桃のリッチな甘みが楽しめます。

そのほか、グラスからこぼれ落ちそうなほどぶどうがどっさりと載った「ぶどうパフェ」もオススメです。ぶどうは、甘みと酸味のバランスがよいピオーネや、糖度が高く果汁たっぷりのシャインマスカットを中心に、食べ頃の品種を数種類トッピング。ときには、“はちみつぶどう”とも呼ばれる芳醇な甘さのオリンピアが加わることもありますよ。

フルーツ狩りができる期間と同様、「桃パフェ」は9月中旬まで、「ぶどうパフェ」は10月上旬まで。旬だからこそ味わえるフレッシュなおいしさを満喫してください。

秋のオススメ「ラ・フランスパフェ」もお見逃しなく

10月上旬からは、ラ・フランスとりんごを使った「ラ・フランスパフェ」も登場します。運ばれてきたとたんにふわりと鼻をくすぐる、ラ・フランスの芳醇な香りに思わずうっとり。とろけるような舌触りと上品な甘さがたまりません。さらに、りんごのさわやかな味わいとシャキッとした歯ごたえがアクセントに。赤や黄色、緑など、カラフルな見た目もかわいらしい一品です。

パフェは季節ごとにラインナップが替わるだけでなく、同じフルーツでも時季によって食べ頃の品種が異なるので、訪れるたびに新しいおいしさに出会えるのが魅力。パフェを目当てに果樹園を訪れるお客さんが多いのにも納得です。

フルーツ狩りとパフェで旬の味覚を心ゆくまで味わう、フルーツづくしの休日を過ごしてはいかがですか。

家族でのおでかけにぴったり!「王将果樹園」のななびチェック!

子連れにうれしい多目的トイレを完備

ベビーベッドや子ども用トイレを備えた多目的トイレがあり、小さなお子さんが一緒でも安心です。

雨が降っても大丈夫!ビニールハウスで快適にフルーツ狩り

ぶどうや桃は屋根付きのビニールハウスで栽培されているので、雨の日でもフルーツ狩りができます。

ジュースやジャムなどおみやげが充実

園内のショップでは、果樹園のフルーツでつくったジュースやジャムなどの加工品を販売。自宅でもフルーツのおいしさを楽しめます。

「王将果樹園」について詳しくはこちら

関連する投稿


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

上杉家の城下町・米沢は、郊外に名湯・秘湯が点在する山形県きっての温泉天国。小野川・白布・姥湯・五色・新高湯・滑川・大平・湯の沢の8ヶ所にものぼる温泉が自噴する全国でも珍しいエリアで、「米沢八湯」の名で親しまれています。絶景を望む露天風呂や、上杉家ゆかりの温泉など、ファミリーにオススメの立ち寄り湯をご紹介します。


鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

山形県唯一の水族館「鶴岡市立加茂水族館」。ギネス世界記録に認定されたこともあるクラゲの展示種類数の多さから、「クラゲドリーム館」の愛称で親しまれる、人気の観光スポットです。クラゲたちがゆらめくファンタスティックな空間には、大人も子どもも見入ってしまう癒やしの世界が広がっています。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

江戸時代の産業開発により織物の一大産地となった米沢市には、今もたくさんの工房が残っています。今回は、繊維産地ならではの布小物と帆布アイテムをご紹介。米沢市内にあるパソコン関連企業が、技術と地域資源を活かして開発した木製ブロックにも、国内外から注目が集まっています。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。