天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


大きな将棋駒の看板と真っ白な壁が目印

天童駅から車で約15分。国道48号線を天童市内から仙台方面へ向かうと、将棋駒の形の大きな看板が見えてきます。見渡す限り果樹園が広がるなかに建つ、スタイリッシュな白い建物が「王将果樹園」です。園内には、果樹園を眺めながらくつろげるカフェや、山形の特産品を扱うショップなども備えています。

8月が食べ頃!桃やぶどうのもぎ取りにチャレンジ

8月から桃とぶどうが旬を迎え、桃は9月上旬頃まで、ぶどうは10月中旬頃までフルーツ狩りが楽しめます。夏の太陽をたっぷり浴びて育ったおいしいフルーツを、食べ放題でおなかいっぱい味わいましょう。

「王将果樹園」では木の低いところにも実がなるよう栽培されているので、小さなお子さんでも自分の手で収穫できます。新鮮なフルーツを木から直接もぎ取って食べる体験は、お子さんにとってステキな思い出になりそうですね。

園内での食べ放題プランに加えて、自分で収穫したフルーツをおみやげにすることもできます。インターネットでの事前予約なら通常料金よりお得なプランがあるので、おでかけする際は事前にチェックしておくのがオススメです。

季節のフルーツをぎっしり詰め込んだパフェをどうぞ

フルーツ狩りを思う存分楽しんだら、果樹園に併設する「Oh!Show!Cafe(オウショウカフェ)」へ立ち寄りましょう。ここでは、季節のフルーツを使ったパフェのほか、ソフトクリームやジュースなどが味わえます。

8月は、食べ頃の桃をふんだんに使った「桃パフェ」が人気。ピンク色に熟した桃をほおばると、ジューシーな果汁がじゅわっとあふれ出てきます。桃はスティック状にカットされていて、お子さんでも食べやすいのがうれしいポイントです。グラスのなかには桃を煮詰めてつくった自家製ソースがたっぷり。まろやかなバニラアイスと相性抜群で、最後のひと口まで桃のリッチな甘みが楽しめます。

そのほか、グラスからこぼれ落ちそうなほどぶどうがどっさりと載った「ぶどうパフェ」もオススメです。ぶどうは、甘みと酸味のバランスがよいピオーネや、糖度が高く果汁たっぷりのシャインマスカットを中心に、食べ頃の品種を数種類トッピング。ときには、“はちみつぶどう”とも呼ばれる芳醇な甘さのオリンピアが加わることもありますよ。

フルーツ狩りができる期間と同様、「桃パフェ」は9月中旬まで、「ぶどうパフェ」は10月上旬まで。旬だからこそ味わえるフレッシュなおいしさを満喫してください。

秋のオススメ「ラ・フランスパフェ」もお見逃しなく

10月上旬からは、ラ・フランスとりんごを使った「ラ・フランスパフェ」も登場します。運ばれてきたとたんにふわりと鼻をくすぐる、ラ・フランスの芳醇な香りに思わずうっとり。とろけるような舌触りと上品な甘さがたまりません。さらに、りんごのさわやかな味わいとシャキッとした歯ごたえがアクセントに。赤や黄色、緑など、カラフルな見た目もかわいらしい一品です。

パフェは季節ごとにラインナップが替わるだけでなく、同じフルーツでも時季によって食べ頃の品種が異なるので、訪れるたびに新しいおいしさに出会えるのが魅力。パフェを目当てに果樹園を訪れるお客さんが多いのにも納得です。

フルーツ狩りとパフェで旬の味覚を心ゆくまで味わう、フルーツづくしの休日を過ごしてはいかがですか。

家族でのおでかけにぴったり!「王将果樹園」のななびチェック!

子連れにうれしい多目的トイレを完備

ベビーベッドや子ども用トイレを備えた多目的トイレがあり、小さなお子さんが一緒でも安心です。

雨が降っても大丈夫!ビニールハウスで快適にフルーツ狩り

ぶどうや桃は屋根付きのビニールハウスで栽培されているので、雨の日でもフルーツ狩りができます。

ジュースやジャムなどおみやげが充実

園内のショップでは、果樹園のフルーツでつくったジュースやジャムなどの加工品を販売。自宅でもフルーツのおいしさを楽しめます。

店舗情報

「王将果樹園」について詳しくはこちら

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。