鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

山形県唯一の水族館「鶴岡市立加茂水族館」。ギネス世界記録に認定されたこともあるクラゲの展示種類数の多さから、「クラゲドリーム館」の愛称で親しまれる、人気の観光スポットです。クラゲたちがゆらめくファンタスティックな空間には、大人も子どもも見入ってしまう癒やしの世界が広がっています。


クラゲが見どころ!全国から人が訪れる水族館

「鶴岡市立加茂水族館」は、山形自動車道鶴岡ICから車で20分ほど進んだ先の海岸沿いに建つ水族館。館内には、アザラシやアシカが泳ぐプールや、庄内浜に生息する魚たちの展示など、バラエティに富んだコーナーがずらりと並びます。

そのなかでも、展示種類数が世界一と2012年にギネス世界記録に登録されたこともあるクラゲの展示は、館内随一の見どころです。現在は、ブルーやパールホワイトなど、さまざまな色あいが美しい「カラージェリー」や、蛍光色の触手が華やかな「ハナガサクラゲ」を含む約50種類ものクラゲを展示しています。

エントランスに飾られたモビールや案内板に描かれたイラストなど、フロアの随所に散りばめられた隠れクラゲを探しながらめぐるのも楽しみのひとつです。

神秘的な世界が広がる「クラネタリウム」は必見!

メインコーナーは、世界中から集めたクラゲを展示する「クラネタリウム」。なかでも、直径5メートルの円形型水槽「クラゲドリームシアター」は、加茂水族館のハイライトともいえます。

深いブルーのライトで照らされた巨大な水槽内にはミズクラゲがゆったりと泳いでいて、その数なんと約5,000匹!水槽の前に設置されたソファに腰掛けながらのんびり眺めていると、自分もふわふわと浮かんでいるような不思議な気分にひたれます。

クラゲの世界をさらに楽しめるユニークな展示方法にも注目を。クラゲとの記念撮影コーナーや、小さな赤ちゃんクラゲをルーペで観察する「クラゲ栽培センター」など、好奇心をかきたてる展示が並びます。

「クラゲ栽培センター」の前では、エサの食べ方や生態の不思議に迫る「クラゲの給餌解説」を1日4回開催。解説後にはクラゲに触ることもできるので、事前に時間を確認し立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ワクワクのショータイム&キッズコーナー

3月下旬から11月までの期間は、大空を見上げる吹き抜けのステージで「アシカショー」を開催。ボールキャッチやフリスビー、輪くぐりなど、芸達者なアシカが愛嬌たっぷりにパフォーマンスを繰り広げます。アシカの輪投げは観客も参加できるので、チャレンジしたいお子さんは元気よく手をあげましょう。成功するとアシカがほっぺにご褒美のキスをしてくれるかも!?

2階の「キッズコーナー」もファミリーに人気のスペース。ヒトデやヤドカリなど、庄内浜に棲む生き物に直接触れられるとあって、訪れるお子さんは興味津々。ウミガメが悠々と泳ぐ「ウミガメプール」や、スタッフによる手描きの生き物解説などもあり、大人も存分に楽しめます。

そのほか、ウミネコへのエサやりなどの体験イベントも好評。アシカショーが休演となる12~3月下旬には、バックヤードツアーが行なわれたりと、何度行っても楽しめる仕掛けが盛りだくさんにそろっているのも魅力のひとつです。

グルメやおみやげもクラゲづくし

日本海を見晴らすレストラン「魚匠ダイニング沖海月」では、クラゲを練り込んだラーメンや、多彩なクラゲ料理を一度に味わえる定食など、クラゲメニューが盛りだくさん。

クラゲのコリコリとした食感がアクセントのアイスクリームは、食後のデザートやおやつにぴったりの人気スイーツです。バニラやいちごミルク、キャラメルクッキーなど1種類ものフレーバーがそろうので、ファミリーや友だち同士で異なる味を選び、シェアして味わうのもオススメです。

おみやげもクラゲだらけでとってもユーモラス。ぬいぐるみやクラゲ入りのお菓子など、多彩なラインナップから気になるおみやげを探してみてくださいね。

日本のみならず外国人観光客も多数訪れるなど、注目を集め続ける「鶴岡市立加茂水族館」。クラゲの魅力をファミリーみんなで見て・触れて・食べて、体感してみませんか?

子連れファミリー注目!「鶴岡市立加茂水族館」のななびチェック!

ベビーにやさしい設備が充実

ベビーカーは持ち込みができるほか、無料レンタルも行なっています。授乳室にはミルク用のお湯が用意されているので安心。オムツ替えスペースも完備。

屋上でのんびりランチタイム

芝生が広がる屋上は、お弁当を持ち込んで食べてもOK。雄大な日本海を眺めながらのランチタイムを楽しみましょう。

お得な年間パスポートをゲット

年間パスポートにはポイントカードが付いていて、スタンプを5個集めると売店での買い物が10%オフに。ポイントカードに有効期限がないのもうれしいですね。

関連する投稿


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。


天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

上杉家の城下町・米沢は、郊外に名湯・秘湯が点在する山形県きっての温泉天国。小野川・白布・姥湯・五色・新高湯・滑川・大平・湯の沢の8ヶ所にものぼる温泉が自噴する全国でも珍しいエリアで、「米沢八湯」の名で親しまれています。絶景を望む露天風呂や、上杉家ゆかりの温泉など、ファミリーにオススメの立ち寄り湯をご紹介します。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

江戸時代の産業開発により織物の一大産地となった米沢市には、今もたくさんの工房が残っています。今回は、繊維産地ならではの布小物と帆布アイテムをご紹介。米沢市内にあるパソコン関連企業が、技術と地域資源を活かして開発した木製ブロックにも、国内外から注目が集まっています。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。