盛岡 |「福田パン」盛岡のソウルフード!コッペパンサンドの魅力とは?

盛岡 |「福田パン」盛岡のソウルフード!コッペパンサンドの魅力とは?

岩手県盛岡市にある「福田パン」は、“盛岡市民なら誰もが知っている”といわれるほど有名なパン屋さんです。「福田パン本店」では、50種類ほどある具材から好きなものを選び、目の前で調理してもらえます。スイーツ系から惣菜系までバラエティ豊かなメニューを味わってみませんか?


ショップのイメージはレトロな木造校舎

JR盛岡駅から歩いて15分。学校の校舎を思わせる白い外観の建物が「福田パン本店」です。
本店は、オーダー後すぐに調理したできたてを味わえることから、地元の人から観光客まで多くの人が訪れる人気店です。

店内には長いカウンターがあり、まるで学食のような雰囲気。黒板のようなボードには、メニューの札がずらりと並び、その数はなんとおよそ50種類!「かぼちゃクリーム」や「すりおろしりんご」など、本店でしか味わえないメニューも10種類近くあります。

コッぺパンの片面ずつに違う味を塗ることもできるので、バリエーションは数えきれません。味を想像しながら、あれこれ組みあわせを考えるのも楽しみのひとつです。

流れるような手さばきに目がくぎ付け

カウンターから見えるスタッフの手元の動きにも注目です。オーダー後、色とりどりのクリームやあんこなどを次々と手早くコッペパンに塗る動きは、まさに職人技!できあがったパンは、くるくるとビニールに包まれ会計窓口へ。流れるような動きに思わず見入ってしまいます。

バリエーションは無限大!?スイーツ系コッペパンサンド

左上から時計まわりに、あんバター、ずんだホイップ、ピーナツバター、抹茶クッキー&バニラ

バラエティに富んだトッピングは、ジャムやクリームなどのスイーツ系と野菜やスパゲティなどの惣菜系に分かれます。なにを注文しようか迷ったときは、スイーツ系コッペパンサンドがオススメです。

たっぷりのあんことバターが塗られた「あんバター」は、人気の組みあわせのひとつ。片手で持ちきれないくらい大きいコッペパンの間に挟まれた、甘くなめらかなこしあんとクリーミーなバターが相性ぴったり。「抹茶クッキー&バニラ」は、サクサクしたチョコクッキー入りのバニラクリームと、ほろ苦い抹茶クリームの組みあわせが女性に人気です。

食べ盛りのお子さんやパパも大満足の惣菜系コッペパンサンド

左から、オリジナル野菜サンド、キーマカレー卵

お子さんやパパには、食べごたえのある惣菜系コッペパンサンドはいかがでしょうか?

「オリジナル野菜サンド」は、からしバターを塗ったコッペパンに、トマトやキャベツなどたっぷりの野菜と、スライスチーズをサンド。塩とマヨネーズのシンプルな味付けです。さらにメンチカツやハムなどをトッピングして、ボリュームアップすることもできますよ。

育ち盛りの小さなお子さんからパパやママまで、家族みんながおなかいっぱい満たされる「福田パン」のコッペパンサンド。盛岡人の“ソウルフード”を味わいに「福田パン本店」を訪れてみませんか?

「福田パン本店」人気BEST3を発表!ななびチェック!

BEST3「ジャムバター」

クリーミーなバターといちごジャムがたっぷり入った定番のおいしさ。

BEST2「ピーナツバター」

とろんとなめらかで甘さひかえめのピーナツペーストが幅広い世代に人気。

BEST1「あんバター」

「福田パン」を代表する組みあわせ。オーダーのおよそ3割を占める不動の1位!

「福田パン」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.2】盛岡のグルメといえばコレ!人気の「盛岡三大麺」を制覇しよう

盛岡グルメで欠かせないのが、バラエティ豊かな3種の麺グルメ。一口分のそばを次々と平らげる「わんこそば」、コシのある麺を旨辛スープで味わう「盛岡冷麺」、各店秘伝の肉味噌をのせた「盛岡じゃじゃ麺」の3つが「盛岡三大麺」と呼ばれ、地元はもちろん全国にその名が知られています。なかでも、各ジャンルを代表する人気店をご紹介します。


盛岡 |「材木町よ市」盛岡で40年以上続くストリートマーケットへ行こう!

盛岡 |「材木町よ市」盛岡で40年以上続くストリートマーケットへ行こう!

4月~11月の毎週土曜に、盛岡市材木町で行なわれる「材木町よ市」。約430メートルの商店街が歩行者天国になり、沿道は100店舗以上の露店で賑わいます。おまつりのような雰囲気の通りを歩きながら、地ビールや手づくり惣菜、郷土食など、さまざまなグルメを味わえたり、旬の野菜や果物をお手頃価格で購入できたりと楽しさいっぱいです。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.1】盛岡ってどんなところ?

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.1】盛岡ってどんなところ?

北上川、中津川、雫石川の合流地点に城下町が築かれた盛岡市。石垣が美しい盛岡城跡公園やレトロな意匠の洋風建築が残るステキな街並みが広がります。岩手を代表する文人、石川啄木と宮沢賢治が学生時代を過ごした街でもあり、文学が薫るゆかりのスポットが点在。南部鉄器をはじめ洗練された伝統工芸など魅力的な文化にふれられます。


岩手 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

岩手 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。