石巻 |「石ノ森萬画館」石ノ森マンガのヒーローたちに会いに行こう!

石巻 |「石ノ森萬画館」石ノ森マンガのヒーローたちに会いに行こう!

『サイボーグ009』や『仮面ライダー』を世に送り出した、石ノ森章太郎のさまざまな作品世界を紹介するマンガミュージアム「石ノ森萬画館」。マンガの世界観を体感できるアトラクションや、貴重な原画の展示、オリジナル映画の上映など、親子で一緒にマンガの世界を楽しめる施設です。


石ノ森章太郎が自らデザインした、宇宙船のような建物

北上川がゆったり流れる中瀬に建つ「石ノ森萬画館」は、宇宙船のようなユニークな外観が特徴。この建物をデザインしたのが、石ノ森章太郎です。『サイボーグ009』や『人造人間キカイダー』など多くのマンガを創作し、「1人の著者が描いたコミックの出版作品が世界で最も多い」としてギネス世界記録にも認定。日本のマンガ草創期を支えた巨匠として知られています。

そんな石ノ森と石巻との縁は、少年時代にまでさかのぼります。石ノ森は1938年に宮城県登米郡中田町(現・登米市)で誕生。子どもの頃、映画を観に中田町から石巻へよく自転車でかよっていました。当時映画館があったゆかりの地が石巻の中瀬で、その思い出の地に2001年「石ノ森萬画館」がオープン。しかし残念ながらその完成を見ることなく、石ノ森は1998年に60歳という若さで世を去ります。

オリジナルムービー『シージェッター海斗』が好評!

(C)石森プロ/街づくりまんぼう

館内に入ると受付では、『サイボーグ009』の姿をしたスタッフがお出迎え。1階はオリジナルグッズなどを販売するショップと映像ホール、2階は『サイボーグ009』や『仮面ライダー』『HOTEL』などのアトラクションがあるメインホール。3階は600冊のマンガ本や300種類の映像を自由に楽しめるほか、著名なマンガ家たちの色紙展示やお子さんに人気のマンガ家体験を行なうスペースになっています。

1階の映像ホールでは、オリジナルアニメ『龍神沼』のほか、仮面ライダーの制作スタッフによってつくられたオリジナルムービー『シージェッター海斗』を上映。石巻のご当地ヒーローでもある海斗が活躍する物語は必見です!

アトラクションでヒーローたちの世界を疑似体験!

(C)石森プロ・東映

らせん状のスロープを登って2階に行くと、石ノ森マンガの世界が待っています。「サイボーグ009の世界」、そして「仮面ライダーの世界」へ。

仮面ライダーのコーナーでは、サイクロン号に乗って市街地を疾走し、ヒロインを助けに行くアトラクションがお子さんに人気です。また、「仮面ライダー1号」から最新のライダーまで、歴代ライダーのマスクがずらりと並ぶ眺めは壮観。親子の会話も弾みそう!

さらに「時代劇の世界」コーナーでは、『左武と市捕物控(さぶといちとりものひかえ)』の展示を見学でき、その奥には貴重な石ノ森章太郎の原画展示コーナーなどもあります。各コーナーとも見ごたえたっぷりなので、時間をかけゆっくりと巡りましょう。

オリジナルグッズづくりに挑戦!

3階に行くとまず目に入るのが、ずらりと壁に並べられた有名マンガ家たちの色紙。これらは石ノ森章太郎と親交の深かったマンガ家たちのもので、サインのほかさまざまな石ノ森マンガの登場人物などが描かれています。

同じ3階にある、お手本をなぞって色づけし、その場でアニメにして見られる「アニメにしよう」は、お子さんでも気軽に体験できます。また、毎日開催しているオープンワークショップ(13:00~15:00)で、オリジナルグッズづくりも体験できます。さまざまなアトラクションを楽しんだあとは、日和山を望む眺めのいいカフェ「BLUE ZONE(ブルーゾーン)」の軽食やおやつ、コーヒーなどでひと休みしましょう。

石ノ森マンガのファンは年代が幅広いこともあり、お子さんも大人も一緒に楽しめるのが「石ノ森萬画館」のうれしいポイント。たっぷりと遊んだあとは、『仮面ライダー』や『サイボーグ009』などのオリジナルグッズがそろう1階のショップで、おみやげ選びをするのもオススメですよ。

お子さん連れで「石ノ森萬画館」を楽しむためのななびチェック!

カフェでは、お子さんにオススメのメニューが充実!

3階にあるカフェ「BLUE ZONE」には、カレーやピラフをメインにした「お子様セット」のほか、企画展とコラボレーションした期間限定メニューなどがあります。

おむつ替えスペースがあります

館内の1階と3階のお手洗いには、おむつ替えスペースがあるので、小さいお子さん連れでも安心。

ベビーカーでの入場もOK!

館内へはベビーカーでの入場ができるほか、無料でレンタルも行なっています。

「石ノ森萬画館」について詳しくはこちら

関連する投稿


宮城 | 「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

宮城 | 「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

仙台市に隣接する名取市で毎週日曜と祝日に開催される「ゆりあげ港朝市」。東日本大震災の津波により大きな被害を受けましたが見事に復活し、今では震災前よりも多くの人で賑わう朝市になりました。お買い得な新鮮魚介や野菜、そして港町ならではの海鮮グルメ、多彩なイベントなど楽しさ満載です!!


宮城 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

宮城 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


女川 |「シーパルピア女川」食べて、買って、体験できる商店街

女川 |「シーパルピア女川」食べて、買って、体験できる商店街

港町として知られる宮城県女川町にある商店街「シーパルピア女川」。ここには、地元食材を活かしたグルメが楽しめるスポットや、女川みやげにぴったりのアイテムを扱うショップなどが集まっています。女川の魅力がギュッと詰まった商店街に、家族で足を運んでみませんか?


仙台 |「salz」食べる楽しみ広がる手づくりジャム

仙台 |「salz」食べる楽しみ広がる手づくりジャム

宮城県仙台市の「salz(ザルツ)」は、週に3日だけオープンする創作ジャムの専門店。旬の味を凝縮したフルーツジャム、フレッシュな生乳のミルクジャムなど、オリジナルフレーバーのジャムがそろいます。パンやヨーグルトに添えるほかにも、さまざまな料理でおいしく活躍してくれますよ。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。