石巻 |「石ノ森萬画館」石ノ森マンガのヒーローたちに会いに行こう!

石巻 |「石ノ森萬画館」石ノ森マンガのヒーローたちに会いに行こう!

『サイボーグ009』や『仮面ライダー』を世に送り出した、石ノ森章太郎のさまざまな作品世界を紹介するマンガミュージアム「石ノ森萬画館」。マンガの世界観を体感できるアトラクションや、貴重な原画の展示、オリジナル映画の上映など、親子で一緒にマンガの世界を楽しめる施設です。


石ノ森章太郎が自らデザインした、宇宙船のような建物

北上川がゆったり流れる中瀬に建つ「石ノ森萬画館」は、宇宙船のようなユニークな外観が特徴。この建物をデザインしたのが、石ノ森章太郎です。『サイボーグ009』や『人造人間キカイダー』など多くのマンガを創作し、「1人の著者が描いたコミックの出版作品が世界で最も多い」としてギネス世界記録にも認定。日本のマンガ草創期を支えた巨匠として知られています。

そんな石ノ森と石巻との縁は、少年時代にまでさかのぼります。石ノ森は1938年に宮城県登米郡中田町(現・登米市)で誕生。子どもの頃、映画を観に中田町から石巻へよく自転車でかよっていました。当時映画館があったゆかりの地が石巻の中瀬で、その思い出の地に2001年「石ノ森萬画館」がオープン。しかし残念ながらその完成を見ることなく、石ノ森は1998年に60歳という若さで世を去ります。

オリジナルムービー『シージェッター海斗』が好評!

(C)石森プロ/街づくりまんぼう

館内に入ると受付では、『サイボーグ009』の姿をしたスタッフがお出迎え。1階はオリジナルグッズなどを販売するショップと映像ホール、2階は『サイボーグ009』や『仮面ライダー』『HOTEL』などのアトラクションがあるメインホール。3階は600冊のマンガ本や300種類の映像を自由に楽しめるほか、著名なマンガ家たちの色紙展示やお子さんに人気のマンガ家体験を行なうスペースになっています。

1階の映像ホールでは、オリジナルアニメ『龍神沼』のほか、仮面ライダーの制作スタッフによってつくられたオリジナルムービー『シージェッター海斗』を上映。石巻のご当地ヒーローでもある海斗が活躍する物語は必見です!

アトラクションでヒーローたちの世界を疑似体験!

(C)石森プロ・東映

らせん状のスロープを登って2階に行くと、石ノ森マンガの世界が待っています。「サイボーグ009の世界」、そして「仮面ライダーの世界」へ。

仮面ライダーのコーナーでは、サイクロン号に乗って市街地を疾走し、ヒロインを助けに行くアトラクションがお子さんに人気です。また、「仮面ライダー1号」から最新のライダーまで、歴代ライダーのマスクがずらりと並ぶ眺めは壮観。親子の会話も弾みそう!

さらに「時代劇の世界」コーナーでは、『左武と市捕物控(さぶといちとりものひかえ)』の展示を見学でき、その奥には貴重な石ノ森章太郎の原画展示コーナーなどもあります。各コーナーとも見ごたえたっぷりなので、時間をかけゆっくりと巡りましょう。

オリジナルグッズづくりに挑戦!

3階に行くとまず目に入るのが、ずらりと壁に並べられた有名マンガ家たちの色紙。これらは石ノ森章太郎と親交の深かったマンガ家たちのもので、サインのほかさまざまな石ノ森マンガの登場人物などが描かれています。

同じ3階にある、お手本をなぞって色づけし、その場でアニメにして見られる「アニメにしよう」は、お子さんでも気軽に体験できます。また、毎日開催しているオープンワークショップ(13:00~15:00)で、オリジナルグッズづくりも体験できます。さまざまなアトラクションを楽しんだあとは、日和山を望む眺めのいいカフェ「BLUE ZONE(ブルーゾーン)」の軽食やおやつ、コーヒーなどでひと休みしましょう。

石ノ森マンガのファンは年代が幅広いこともあり、お子さんも大人も一緒に楽しめるのが「石ノ森萬画館」のうれしいポイント。たっぷりと遊んだあとは、『仮面ライダー』や『サイボーグ009』などのオリジナルグッズがそろう1階のショップで、おみやげ選びをするのもオススメですよ。

お子さん連れで「石ノ森萬画館」を楽しむためのななびチェック!

カフェでは、お子さんにオススメのメニューが充実!

3階にあるカフェ「BLUE ZONE」には、カレーやピラフをメインにした「お子様セット」のほか、企画展とコラボレーションした期間限定メニューなどがあります。

おむつ替えスペースがあります

館内の1階と3階のお手洗いには、おむつ替えスペースがあるので、小さいお子さん連れでも安心。

ベビーカーでの入場もOK!

館内へはベビーカーでの入場ができるほか、無料でレンタルも行なっています。

「石ノ森萬画館」について詳しくはこちら

関連する投稿


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼市魚市場に隣接した「気仙沼 海の市」は、グルメやショッピングが楽しめるほか、国内で唯一のサメの博物館「シャークミュージアム」、漁港ならではの高い製氷技術を活かした「氷の水族館」などがある観光施設。サメの水揚げ量日本一ということからつくられた「気仙沼シャークミュージアム」では、迫力満点のホホジロザメの実物大模型も!


仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

宮城県仙台市の定義エリアにある「定義とうふ店」では、外はサクサク&中はふんわりとした、揚げたての「三角定義あぶらあげ」が大人気!“定義さん”と呼ばれ親しまれている「定義如来」の参拝後に訪れるのが、地元の定番ルートです。週末は行列必至のおいしさの秘密をご紹介します。


大崎 |「潟沼SUP体験」エメラルドグリーンの湖で水上散歩!

大崎 |「潟沼SUP体験」エメラルドグリーンの湖で水上散歩!

人気急上昇中の水上スポーツ「SUP」をご存じですか?ボードの上に立ち、パドルを漕ぎながらゆうゆうと水上を進むSUPは爽快感抜群!ファミリーで楽しめるレジャーとしてじわじわと注目を集めています。実は宮城を代表する温泉地・鳴子温泉でも、毎年5月から「潟沼SUP体験」を開催。話題のニュースポーツを親子で体験してみましょう!


宮城 |「ランイベント特集」走って応援して盛り上がろう♪

宮城 |「ランイベント特集」走って応援して盛り上がろう♪

野外スポーツを思いっきり楽しめる季節がやってきます。全国的にもスポーツイベントが増えるシーズンですので、お子さんを連れてスポーツ観戦にでかけるのも楽しそうですね。今回は、岩手県内で4月~5月に開催されるランイベントをご紹介します。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!