米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

江戸時代の産業開発により織物の一大産地となった米沢市には、今もたくさんの工房が残っています。今回は、繊維産地ならではの布小物と帆布アイテムをご紹介。米沢市内にあるパソコン関連企業が、技術と地域資源を活かして開発した木製ブロックにも、国内外から注目が集まっています。


モダンな米沢織のアイテムがかわいい「鷹山堂」

米沢市郊外にある「鷹山堂(ようざんどう)」は、地元の織物メーカーが営む米沢織の雑貨店。“米織 in the Life”をコンセプトにした自社ブランド「米織小紋」を展開し、伝統的な柄や色で織った米沢織をカジュアルにアレンジした布小物を扱っています。

「米織小紋」では、豆絞りや唐草といった伝統文様を中心に約16種類の柄をラインナップ。巾着やトートバッグ、ブックカバーなど生活に取り入れやすいアイテムがそろい、レトロな柄と繊細な色づかいがどこか懐かしさを感じさせます。夏はかざぐるま、冬は雪だるまなど、季節限定柄も登場しますよ。

また、素材が綿100%なので、丈夫で気軽に洗濯できて普段使いにぴったり。細い糸を高密度で織っているので、さらりとした手ざわりが楽しめます。

2016年に移転オープンした現在の店舗は、築80年の民家をリノベーションしたモダンな空間。店内奥にカフェスペースがあり、自家焙煎のコーヒーやサクサクのワッフルを味わいながら、ゆったりと過ごせます。ショッピングの合間のひと休みにオススメです。

ハンドメイドの帆布アイテムが人気の「日乃本帆布 牛や」

上杉神社のそばにある「日乃本帆布 牛や(ひのもとはんぷぎゅうや)」は、オリジナルの帆布を使ったバッグやリュック、小物などを製造・販売しています。アイテムはすべて、職人さんがひとつずつ丁寧に手づくりしたもの。装飾を極力省いたシンプルなデザインと、ネイビーやカーキなど落ち着いたカラーバリエーションが、世代や性別を問わず使いやすいと評判です。

帆布は耐水性と耐久性にすぐれた素材で、「日乃本帆布 牛や」では一部一般的な帆布よりも太い糸を使うため、生地の強度が高く型くずれしにくいのが特徴。使いこむほどに風合いが増し、経年変化を楽しめるのも魅力のひとつ。なかには10年以上も同じバッグを愛用しているファンの方もいるそうですよ。

また、若い職人さんのアイデアを積極的に取り入れることも大切にしていて、数々のヒット商品が生まれています。社内コンテストから生まれた口が大きく開くタイプのトートバッグは、荷物の出し入れがしやすくマザーズバッグとして人気です。

「日乃本帆布 牛や」に並ぶ帆布アイテムは、店舗の目の前にある工房でつくられています。職人さんたちが作業する様子を自由に見学できるので、ショッピングのあとに立ち寄ってみてくださいね。

「木育」にオススメ!木のぬくもりを肌で感じられる木製ブロック「MOKULOCK」

最後に、米沢市内に本社を構える電子機器メーカー「ニューテックシンセイ」が手がける木製ブロック「MOKULOCK(もくロック)」をご紹介します。

米沢市にはパソコンを製造する工場もあり、関連産業も盛ん。電気・電子部品の組み立てなどを行なう同社では、自社の技術と地域資源を活かせる新規事業を模索するなか、「子どもたちによろこんでもらえるものをつくりたい」という想いで木製ブロックの開発をはじめました。

「MOKULOCK」には、カエデやサクラ、ケヤキなど山形県産の未利用材が使われています。木のなめらかな質感がここちよいブロックはお子さんの手にしっくりなじみ、種類ごとの手ざわりや色、香りの違いを感じながら遊べます。また、季節によってブロックをはめたときの音や感覚に微妙な変化があるのも楽しみのひとつ。自然素材のおもちゃならではの魅力を、お子さんと一緒に体感しましょう。

「MOKULOCK」は今や国内外から注目を浴び、約30ヶ国へ輸出されています。あまりの人気に生産が追いつかないこともあったそう。現在はインターネットでの販売のほか、米沢市の「置賜広域観光案内センターASK」や「ufu uhu FARM」、寒河江市の「GEA」などで取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

お子さんには、地元で生まれたよいものにふれる機会をたくさんつくってあげたいですね。
次回はファミリーでのおでかけにぴったりの日帰り温泉を特集します。

MADE IN 米沢の雑貨の魅力をもっと知りたい!ななびチェック!

小物でさりげなく、親子ペアルックを楽しんで

「鷹山堂」のバッグや巾着はサイズ展開が幅広いので、親子でおそろいのアイテムを取り入れるのもオススメです。

帆布アイテムを長くキレイに使うには?

「日乃本帆布 牛や」の帆布アイテムは撥水加工を施してあるので、自己流の洗濯は避けるのがベター。ときどきブラッシングをして汚れを払いましょう。購入後のアフターサービスも充実しています。

ブロックにお子さんの名前を入れられます

「MOKULOCK」には名入れサービス(有料)があり、お子さんの名前を刻印することができます。プレゼントとしてもよろこばれそうですね。

「鷹山堂」について詳しくはこちら
「日乃本帆布 牛や」について詳しくはこちら
「MOKULOCK」について詳しくはこちら

関連する投稿


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。


天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

天童 |「王将果樹園」のフルーツ狩り&絶品パフェで旬の味覚を欲張りに味わおう♪

フルーツの生産地として有名な山形県天童市。名産のさくらんぼをはじめ、ぶどうや桃などを栽培する「王将果樹園」では、フルーツ狩りが楽しめるほか、併設するカフェでもぎたてのフルーツを使ったスイーツが味わえます。なかでもボリュームたっぷりのパフェが大人気。果樹園ならではのみずみずしいフルーツを贅沢にいただきましょう。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

上杉家の城下町・米沢は、郊外に名湯・秘湯が点在する山形県きっての温泉天国。小野川・白布・姥湯・五色・新高湯・滑川・大平・湯の沢の8ヶ所にものぼる温泉が自噴する全国でも珍しいエリアで、「米沢八湯」の名で親しまれています。絶景を望む露天風呂や、上杉家ゆかりの温泉など、ファミリーにオススメの立ち寄り湯をご紹介します。


鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

鶴岡 |「鶴岡市立加茂水族館」世界一の展示種類数を誇るクラゲワールドに潜入!

山形県唯一の水族館「鶴岡市立加茂水族館」。ギネス世界記録に認定されたこともあるクラゲの展示種類数の多さから、「クラゲドリーム館」の愛称で親しまれる、人気の観光スポットです。クラゲたちがゆらめくファンタスティックな空間には、大人も子どもも見入ってしまう癒やしの世界が広がっています。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。