大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

秋田県大仙市で開催される「大曲の花火」といえば、日本でも指折りの規模を誇る花火大会。でも、一般の花火大会とは大きく異なる点があること、ご存じでしたか?実はこちらのイベント、正式名称は「全国花火競技大会」といい、「花火師による競技大会」なんです。その華やかな祭典の内容をご紹介します。


「日本一の花火」の座をかけ、競いあう大会

「大曲の花火」は、花火師たちにとっていわば“高校球児の甲子園”のようなもの。各社いずれも「日本一の花火」を目指して1年かけて制作した、とっておきの花火を持ち寄り、自らの手で打ち上げるのです。

花火の大きさや数量、打ち上げ時間など細かなルールがあり、それらを高いレベルで満たせば満たすほど、高得点が入ります。鑑賞する側にとっては、技術力の高い花火を数多く楽しめることが醍醐味でしょう。

より迫力のある花火を観たいのであれば「桟敷席やイス席での観覧」がオススメ。花火により近い最前列で観ることができますし、座るスペースどが用意されているため快適度も高めです。また、音楽とあわせて打ち上げられる花火「ミュージックスターマイン」用のスピーカーが近いため、花火をより迫力あるサウンドとともに味わうこともできます。

今年はすでに受付を締め切っているため、ぜひ来年に向けて検討してみましょう。ちなみに今年から、「自由観覧エリア」へ入場する際も環境整備協力金として一人1,000円を負担することになりました。会場整備・維持にかかる費用が大きく、これによって一部を賄うシステムとなっています。

昔から粋人が好んだ「昼花火」

「花火といえば夜」と思いがちですが、実は「昼花火」という、日暮れ前に行う競技からスタートするんです。打ち上げるのは、色煙を駆使した「煙竜」という昼用の花火。紅や黄、青、緑、紫など鮮やかな煙が空に模様を描く様子は、昔から粋人が“通の花火”として好んでいたといいます。

審査ポイントは模様の複雑さや美しさや色の鮮やかさ。また「割物」といって、通常の花火のように、光の代わりに色煙によって牡丹や菊を表す種目もあります。いずれも明るい空に色煙の鮮やかな色彩が映え、夜の花火とはまた違った見応えがあります。例年、17:30あたりからはじまるようです。ぜひチェックを。

夜空を鮮やかに彩る「10号玉」と「創作花火」

完全に日が沈んだ18:50分ころに、いよいよ「夜花火の部」がスタートします。

プログラムは大きく2つで、「10号玉(直径約30cm)の部」と「創造花火の部」。「10号玉の部」では、同心円状に2重、3重と色を重ねた「芯入割物」という花火と、この1発目と重複しないようにセレクトした「自由玉」の、合計2発を打ち上げて競います。

「創造花火の部」では、従来の丸型ではなく創造性を追求したバラエティに富んだ花火を打ち上げます。設定したテーマに沿って、形や色、打ち上げるリズム感や、奥行きなどが評価対象です。

最終的に、優秀な花火には「内閣総理大臣賞」、「経済産業大臣賞」、「中小企業庁官賞」、「文部科学大臣奨励賞といった賞が授与されます。花火師たちは、1番の名誉である「内閣総理大臣賞」を目指して競いあうんですね。

クライマックスを飾る、迫力の「大会提供花火」

ラストを締めくくるのが「大会提供花火」。これは大曲花火協同組合青年部が、あらかじめ設定されたテーマやイメージを音楽と花火で表現したもので、1年かけて制作されています。

会場の幅900mをいっぱいに使い切る迫力の「ワイドスターマイン」をはじめ、総数約2,400発が打ち上がります。トータルで約6分半のこのショーは大会の華で、例年競技会とはまた異なる盛り上がりを見せます。

そして、花火以外のお楽しみとして忘れてはならないのが、「屋台」です。“秋田のB級グルメ”として名高い横手やきそばなど、バラエティに富んだグルメが軒を連ねます。そのほとんどが観覧会場である雄物川河川敷運動公園に集中していますが、花火がはじまる直前の時間帯には大変混雑するので、購入はぜひおはやめに!狙い目は、15:00~16:30あたりです。

例年、非常に混雑するので会場入りはおはやめに

最後にアクセス手段について。当日は新幹線・高速道路を含め、すべての交通機関が大混雑します。また会場付近の道は競技がはじまる前から交通規制が敷かれ、許可証がないと車両通行ができなくなります。できれば午前中の内に会場入りし、屋台を楽しみながら花火を待つのがオススメ。

ぜひ今年の夏は、大迫力の「大曲の花火」を観に行ってみませんか?

「大曲の花火」観戦を楽しむ!ななびチェック

「花火大会」ではなく「競技大会」

全国の花火師が1年かけて準備した入魂の花火は、見応え満点。「どの花火が好みか」を基準に、自分で採点してみるのもまた楽しいですよ。

見逃せない!迫力の「大会提供花火」

競技からは離れ「観客を楽しませること」を目的に打ち上がる花火は圧倒的な迫力があります。20:45ごろからのスタートなので、ぜひお見逃しなく。

会場へはぜひはやめの到着を

例年、会場周辺ははやい段階から混雑がスタートします。前日から前乗りする人も少なくないので、ぜひ午前中には到着しておきたいところです。

「大曲の花火」について詳しくはこちら

関連するキーワード


秋田県 大仙市 大曲の花火

関連する投稿


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

秋田県羽後町が誇る特産品、「羽後牛」を堪能できる毎年恒例のおまつり、「うご牛(べこ)まつり」が、今年も9月3日(日)に「五輪坂温泉としとらんど」で開催されます。当日は羽後牛のバーベキューをメインに、子どもから大人まで楽しめるイベントが満載!家族そろって訪れてみてはいかがでしょうか。


秋田 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

秋田 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。


横手 |「秋田ふるさと村」遊んで、つくって、味わって1日過ごせるアミューズメントスポット

横手 |「秋田ふるさと村」遊んで、つくって、味わって1日過ごせるアミューズメントスポット

かまくらと横手やきそばで有名な秋田県横手市の中心に位置する「秋田ふるさと村」は、東京ドーム4個分という広い敷地に建つアミューズメントスポット。子どもと一緒に楽しめるアトラクションを数多く備えていることもあって、休日は親子連れでにぎわいます。今回は人気どころをピックアップしてご紹介しましょう。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。