大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

秋田県大仙市で開催される「大曲の花火」といえば、日本でも指折りの規模を誇る花火大会。でも、一般の花火大会とは大きく異なる点があること、ご存じでしたか?実はこちらのイベント、正式名称は「全国花火競技大会」といい、「花火師による競技大会」なんです。その華やかな祭典の内容をご紹介します。


「日本一の花火」の座をかけ、競いあう大会

「大曲の花火」は、花火師たちにとっていわば“高校球児の甲子園”のようなもの。各社いずれも「日本一の花火」を目指して1年かけて制作した、とっておきの花火を持ち寄り、自らの手で打ち上げるのです。

花火の大きさや数量、打ち上げ時間など細かなルールがあり、それらを高いレベルで満たせば満たすほど、高得点が入ります。鑑賞する側にとっては、技術力の高い花火を数多く楽しめることが醍醐味でしょう。

より迫力のある花火を観たいのであれば「桟敷席やイス席での観覧」がオススメ。花火により近い最前列で観ることができますし、座るスペースどが用意されているため快適度も高めです。また、音楽とあわせて打ち上げられる花火「ミュージックスターマイン」用のスピーカーが近いため、花火をより迫力あるサウンドとともに味わうこともできます。

今年はすでに受付を締め切っているため、ぜひ来年に向けて検討してみましょう。ちなみに今年から、「自由観覧エリア」へ入場する際も環境整備協力金として一人1,000円を負担することになりました。会場整備・維持にかかる費用が大きく、これによって一部を賄うシステムとなっています。

昔から粋人が好んだ「昼花火」

「花火といえば夜」と思いがちですが、実は「昼花火」という、日暮れ前に行う競技からスタートするんです。打ち上げるのは、色煙を駆使した「煙竜」という昼用の花火。紅や黄、青、緑、紫など鮮やかな煙が空に模様を描く様子は、昔から粋人が“通の花火”として好んでいたといいます。

審査ポイントは模様の複雑さや美しさや色の鮮やかさ。また「割物」といって、通常の花火のように、光の代わりに色煙によって牡丹や菊を表す種目もあります。いずれも明るい空に色煙の鮮やかな色彩が映え、夜の花火とはまた違った見応えがあります。例年、17:30あたりからはじまるようです。ぜひチェックを。

夜空を鮮やかに彩る「10号玉」と「創作花火」

完全に日が沈んだ18:50分ころに、いよいよ「夜花火の部」がスタートします。

プログラムは大きく2つで、「10号玉(直径約30cm)の部」と「創造花火の部」。「10号玉の部」では、同心円状に2重、3重と色を重ねた「芯入割物」という花火と、この1発目と重複しないようにセレクトした「自由玉」の、合計2発を打ち上げて競います。

「創造花火の部」では、従来の丸型ではなく創造性を追求したバラエティに富んだ花火を打ち上げます。設定したテーマに沿って、形や色、打ち上げるリズム感や、奥行きなどが評価対象です。

最終的に、優秀な花火には「内閣総理大臣賞」、「経済産業大臣賞」、「中小企業庁官賞」、「文部科学大臣奨励賞といった賞が授与されます。花火師たちは、1番の名誉である「内閣総理大臣賞」を目指して競いあうんですね。

クライマックスを飾る、迫力の「大会提供花火」

ラストを締めくくるのが「大会提供花火」。これは大曲花火協同組合青年部が、あらかじめ設定されたテーマやイメージを音楽と花火で表現したもので、1年かけて制作されています。

会場の幅900mをいっぱいに使い切る迫力の「ワイドスターマイン」をはじめ、総数約2,400発が打ち上がります。トータルで約6分半のこのショーは大会の華で、例年競技会とはまた異なる盛り上がりを見せます。

そして、花火以外のお楽しみとして忘れてはならないのが、「屋台」です。“秋田のB級グルメ”として名高い横手やきそばなど、バラエティに富んだグルメが軒を連ねます。そのほとんどが観覧会場である雄物川河川敷運動公園に集中していますが、花火がはじまる直前の時間帯には大変混雑するので、購入はぜひおはやめに!狙い目は、15:00~16:30あたりです。

例年、非常に混雑するので会場入りはおはやめに

最後にアクセス手段について。当日は新幹線・高速道路を含め、すべての交通機関が大混雑します。また会場付近の道は競技がはじまる前から交通規制が敷かれ、許可証がないと車両通行ができなくなります。できれば午前中の内に会場入りし、屋台を楽しみながら花火を待つのがオススメ。

ぜひ今年の夏は、大迫力の「大曲の花火」を観に行ってみませんか?

「大曲の花火」観戦を楽しむ!ななびチェック

「花火大会」ではなく「競技大会」

全国の花火師が1年かけて準備した入魂の花火は、見応え満点。「どの花火が好みか」を基準に、自分で採点してみるのもまた楽しいですよ。

見逃せない!迫力の「大会提供花火」

競技からは離れ「観客を楽しませること」を目的に打ち上がる花火は圧倒的な迫力があります。20:45ごろからのスタートなので、ぜひお見逃しなく。

会場へはぜひはやめの到着を

例年、会場周辺ははやい段階から混雑がスタートします。前日から前乗りする人も少なくないので、ぜひ午前中には到着しておきたいところです。

「大曲の花火」について詳しくはこちら

関連する投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

毎月最終日曜に秋田市楢山地区で開催される「ならやま日曜はしご市」をご存じでしょうか?地区内にあるお店の“はしご”と街歩きを一度に楽しむ、楢山では恒例のイベントです。ユニークなのは、イベントに参加する各店が“その日だけ”の商品を販売すること。今月は何があるのかな?と、ワクワクしながらおでかけしましょう。


秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

近年、「おいしいお米」が注目されています。各地で新ブランド米が続々リリースされ、その特性に詳しい「お米マイスター」の活躍も目立ちます。昔からの米どころである秋田県でも、それを受け「さらにおいしいお米づくり」に取り組む農家が増えてきました。今回はそんな秋田米にこだわり、お米を使ったメニューを提供するカフェをご紹介します。


小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

秋田県小坂町の「小坂鉄道レールパーク」は、かつて使われていた施設や線路を使ってさまざまなレール遊びが体験できる、全国でも珍しいレールミュージアム。冬季休業を経て、4月から2018年度の営業がはじまりました。子どもから大人まで楽しめて寝台列車にも宿泊できるこちらの施設。見どころを押さえて家族そろっておでかけください。


横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

リンゴをはじめとする農産物や、ノスタルジックなまち並みで知られる秋田県横手市増田町。春になると、観光スポットの「真人公園(まとこうえん)」には、約2,000本もの桜が咲き誇ります。2018年は4月22日(日)~5月5日(土・祝)に「真人公園さくらまつり」を、4月29日(日・祝)に毎年恒例の「たらいこぎ競争」を開催!


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!