八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

青森県八戸市の中心街にある「八戸ポータルミュージアム はっち」は、八戸の地域資源をベースに、八戸市民のさまざまな活動をサポートする拠点施設。観光にも、市民活動にも、どちらにも大活躍している八戸の顔ともいえる施設です。1階から5階まで八戸づくしな「はっち」の魅力をご紹介します。


八戸市の観光拠点かつ、街づくりの拠点

本八戸駅から徒歩10分。街の中心地である三日町の大通りに「八戸ポータルミュージアムはっち」はあります。

八戸市中心街の活性化を目指す拠点として2011年2月にオープンした、観光とまちづくりのための拠点施設です。

年間約90万人が訪れ、その名のとおり八戸の玄関口=ポータルとして、八戸の観光資源を凝縮しています。中心街の公民館機能も兼ね備えていて、施設の貸し出しも行なっています。

八戸の魅力を紹介する展示がズラリと並ぶ館内

正面入り口から建物に入ると出迎えてくれるのは、青森県南部地方の郷土玩具「八幡馬」。シンプルで、郷土玩具とは思えないかっこよさ!また、3階まで吹き抜けの開放的なホール「はっちひろば」には大きな獅子舞のからくり時計があり、時間になると見事な一斉歯打ちを披露します。

2階には、八戸の観光に欠かせない「八戸三社大祭」や「八戸えんぶり」、漁業、朝市、工芸品など、8つのテーマに分かれて八戸市の観光資源がミニチュア模型で紹介されています。コンパクトにまとめられたその空間には、手づくりの模型によってあたたかみのある八戸市の魅力が凝縮されています。こちらの写真も、八戸市の「八戸市営魚菜小売市場」の様子をミニチュアにしたものなんですよ!

「はっち」で市場、工場夜景、伝統芸能、漁業、商業・・・さまざまな八戸市について知り、情報を入手して本物の観光地へと体験しにでかけましょう。

「こどもはっち」は親子で楽しめる木のテーマパーク!

4階にある「こどもはっち」は、青森県産材でできたおもちゃを使って自由に遊べる子育てつどいの広場です。

入場料は1人100円で、未就学児は無料です。

子どもと大人がゆったりと過ごせる空間で、八戸市民でなくても利用可能。同じ階に授乳スペースなども充実しているので、安心して長居できますよ。

公民館としての機能も兼ね備え、多様なニーズに応える

1階から5階までの建物内にある施設は有料で貸し出していて、登録すれば誰でも借りることができます。

例えば、楽器練習などができる「音のスタジオ」、作品展示ができる「ギャラリー」、調理の様子を映すモニターを備えた調理室「食のスタジオ」など、市民の文化活動を後押ししています。

ほかにも「食のものづくりスタジオ」や、ひとつひとつがお店のようなブースで仕切られている「ものづくりスタジオ」では、起業を目指す方やクラフト作家さんたちがその場でつくったものを販売。制作現場を見学したり会話を楽しみながら交流ができます。

また、はっちが主催するさまざまな企画イベントも充実。季節に合わせたイベントや古本市、科学教室、アート展示などを打ち出して八戸の文化やおもしろさを発信しています。8月16日(水)までの期間は、「お祭りinはっち」と題した八戸市のお祭りにまつわる展示やイベントを開催中です。お祭りに参加できない方も、はっちに来れば、お祭りを体験した気分になれるかも。

館内には八戸の海鮮が食べられるカフェ、八幡馬や伝統のガラス細工など、選りすぐりの郷土玩具を中心にセレクトされたかわいらしいお土産を購入できるショップもあり、ふらりと立ち寄っても、じっくり楽しんでも満足できる多機能な施設です。あちこちに点在する伝統工芸も見どころ。ぜひ訪れてみてくださいね。

「八戸ポータルミュージアム はっち」を楽しもう!ななびチェック!

八戸の観光のスタート拠点に!

八戸市の観光資源を余すところなく紹介しているので、まずは「はっち」に訪れて観光したい目的地を考えるのに最適です。

子ども連れでも安心の設備「こどもはっち」

男性用トイレにもオムツを替える台が付いています。

ゆったりしたくつろぎの場で、ひと休み

館内には随所にテーブル、イス、ソファなどが置かれていて、観光に疲れたらひと休みできますよ。

「八戸ポータルミュージアム はっち」について詳しくはこちら

関連するキーワード


青森県 八戸市 はっち

関連する投稿


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

青森県弘前市には、およそ50年の伝統をもつ工芸品「BUNACO(ブナコ)」があります。独自の製法でひとつずつ丁寧につくられた「ブナコ」製品は、エコロジーな技術が国内外で高く評価され、世界中から注目を集めるほど。弘前市にある唯一の専門ショールーム「BUNACO ShowRoom BLESS」をご紹介します。


青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

この夏、青森で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。青森の「青森ねぶた祭り」、弘前の「弘前ねぷたまつり」、八戸の「八戸三社大祭」、五所川原の「五所川原立佞武多祭り」、むつ市大湊地の「大湊ネブタ」、田名部地の「田名部まつり」。観光などで初めて参加する方にも、地元の方にもお役立ていただけるようまとめました!


青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森県青森市に、パンと和洋菓子の製造工場を構える「工藤パン」。青森県民から「くどパン」の愛称で親しまれ、なじみの商品を数々つくり出している有名製パンメーカーです。1932年にむつ市の小さなパン屋さんからはじまり、今やテレビにも取り上げられるほど有名に。全国からも注目が集まる「工藤パン」の魅力をご紹介します!


弘前 |「城北公園交通広場」遊びながら交通ルールを学ぼう

弘前 |「城北公園交通広場」遊びながら交通ルールを学ぼう

青森県弘前市の弘前駅から車で10分ほどのところにある「城北公園交通広場」は、ゴーカートなどの乗り物で遊べる公園です。実際の交通標識や信号機がある敷地内を走ることができ、楽しみながら交通ルールを身につけられます。


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。