八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

青森県八戸市の中心街にある「八戸ポータルミュージアム はっち」は、八戸の地域資源をベースに、八戸市民のさまざまな活動をサポートする拠点施設。観光にも、市民活動にも、どちらにも大活躍している八戸の顔ともいえる施設です。1階から5階まで八戸づくしな「はっち」の魅力をご紹介します。


八戸市の観光拠点かつ、街づくりの拠点

本八戸駅から徒歩10分。街の中心地である三日町の大通りに「八戸ポータルミュージアムはっち」はあります。

八戸市中心街の活性化を目指す拠点として2011年2月にオープンした、観光とまちづくりのための拠点施設です。

年間約90万人が訪れ、その名のとおり八戸の玄関口=ポータルとして、八戸の観光資源を凝縮しています。中心街の公民館機能も兼ね備えていて、施設の貸し出しも行なっています。

八戸の魅力を紹介する展示がズラリと並ぶ館内

正面入り口から建物に入ると出迎えてくれるのは、青森県南部地方の郷土玩具「八幡馬」。シンプルで、郷土玩具とは思えないかっこよさ!また、3階まで吹き抜けの開放的なホール「はっちひろば」には大きな獅子舞のからくり時計があり、時間になると見事な一斉歯打ちを披露します。

2階には、八戸の観光に欠かせない「八戸三社大祭」や「八戸えんぶり」、漁業、朝市、工芸品など、8つのテーマに分かれて八戸市の観光資源がミニチュア模型で紹介されています。コンパクトにまとめられたその空間には、手づくりの模型によってあたたかみのある八戸市の魅力が凝縮されています。こちらの写真も、八戸市の「八戸市営魚菜小売市場」の様子をミニチュアにしたものなんですよ!

「はっち」で市場、工場夜景、伝統芸能、漁業、商業・・・さまざまな八戸市について知り、情報を入手して本物の観光地へと体験しにでかけましょう。

「こどもはっち」は親子で楽しめる木のテーマパーク!

4階にある「こどもはっち」は、青森県産材でできたおもちゃを使って自由に遊べる子育てつどいの広場です。

入場料は1人100円で、未就学児は無料です。

子どもと大人がゆったりと過ごせる空間で、八戸市民でなくても利用可能。こどもはっち内に授乳スペースなども充実しているので、安心して長居できますよ。

公民館としての機能も兼ね備え、多様なニーズに応える

1階から5階までの建物内にある施設は有料で貸し出していて、登録すれば誰でも借りることができます。

例えば、楽器練習などができる「音のスタジオ」、作品展示ができる「ギャラリー」、調理の様子を映すモニターを備えた調理室「食のスタジオ」など、市民の文化活動を後押ししています。

ほかにも、ひとつひとつがお店のようなブースで仕切られている「ものづくりスタジオ」では、起業を目指す方やクラフト作家さんたちがその場でつくったものを販売。制作現場を見学したり会話を楽しみながら交流ができます。

また、はっちが主催するさまざまな企画イベントも充実。季節に合わせたイベントや古本市、日本文化に親しむイベント、アート展示などを打ち出して八戸の文化やおもしろさを発信しています。8月16日(水)までの期間は、「お祭りinはっち」と題した八戸市のお祭りにまつわる展示やイベントを開催中です。お祭りに参加できない方も、はっちに来れば、お祭りを体験した気分になれるかも。

館内には八戸の海鮮が食べられるカフェ、八幡馬や伝統のガラス細工など、選りすぐりの郷土玩具を中心にセレクトされたかわいらしいお土産を購入できるショップもあり、ふらりと立ち寄っても、じっくり楽しんでも満足できる多機能な施設です。あちこちに点在する伝統工芸も見どころ。ぜひ訪れてみてくださいね。

「八戸ポータルミュージアム はっち」を楽しもう!ななびチェック!

八戸の観光のスタート拠点に!

八戸市の観光資源を余すところなく紹介しているので、まずは「はっち」に訪れて観光したい目的地を考えるのに最適です。

子ども連れでも安心の設備「こどもはっち」

男性用トイレにもオムツを替える台が付いています。

ゆったりしたくつろぎの場で、ひと休み

館内には随所にテーブル、イス、ソファなどが置かれていて、観光に疲れたらひと休みできますよ。

「八戸ポータルミュージアム はっち」について詳しくはこちら

関連するキーワード


青森県 八戸市

関連する投稿


青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森県青森市で開催される「AOMORI COFFEE FESTIVAL」。青森県全域からコーヒーショップやロースター、パン屋さんなどの飲食店が集まり、コーヒーの力で地域活性を図るイベントです。第2回目となる2017年は、10月7日(土)に青森市昭和通り商店街で開催。フェスがもっと楽しみになるポイントをご紹介します!


青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森県青森市にある「space mizuiro.inc」は、野菜から色を抽出してつくった自社製品「おやさいクレヨン」を中心に、原材料やデザインにこだわった文房具や雑貨を取り扱うお店。ギャラリーも兼ねていて、クリエイターによる展示やワークショップなどのイベントも多数開催中。ショッピングと一緒にアートを楽しめます。


黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

青森県黒石市の中町こみせ通りで行われる「黒石こみせまつり」は、郷土芸能の演奏や、ご当地グルメが味わえるおまつり。例年9月の第2土曜日・日曜日に行われ、2017年は9月9日(土)・10日(日)に開催されます。そこで今回は、「黒石こみせまつり」の見どころを、意外と知られていない中町こみせ通りの魅力とともにご紹介します!


青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。