三陸の海絶景を探検クルージング!「サッパ船アドベンチャーズ」

三陸の海絶景を探検クルージング!「サッパ船アドベンチャーズ」

太平洋に面し、海と山の豊かな自然に恵まれた岩手県田野畑村。ここでぜひ体験してほしいアクティビティが、「サッパ船アドベンチャーズ」です。漁師の操縦する小型船が、200mもの高さで連なる断崖絶景の間近をクルージング。約1時間の船旅で冒険気分を満喫できるとあって、大人も子どもも楽しめるアクティビティとして人気を集めています。


ベテラン漁師のガイドでいざ出航!

「サッパ船アドベンチャーズ」の発着場所となるのは、三陸鉄道田野畑駅から車で約10分の「机漁港」。予約制の運行なので、前日の17:00までに電話、または公式HPから申し込みましょう。幼児も乗船可能です。

「サッパ船」とは、そもそもはウニやアワビの漁で使用する小型の磯舟。海上での小回りが利くため、大型遊覧船は通れない狭い岩間や、断崖のギリギリすぐそばまで近づくことができます。「海のアルプス」とも呼ばれる景勝地・北山崎を海上から眺められるのも、「サッパ船アドベンチャーズ」だからこそできる体験です。

乗船場所に到着したら、ライフジャケットを着用し注意事項などのレクチャーを受け、いざ乗船。ベテラン漁師のガイドが運転する船で、探検クルージングへと出発です!

断崖絶壁が迫りくるスリリングなクルージング

「サッパ船」から眺める景色は、とにかくダイナミック!海上を行く「サッパ船」のすぐそばにそびえる断崖は、長年の地殻変動により隆起した海岸です。なかには1億2,000万年前の白亜紀の地層も姿を見せ、大自然の迫力と太古のロマンを体感できます。

漁師ならではの巧みな操縦で通り抜ける洞穴「通り岩」や、細長くも堂々とそそり立つ「ローソク岩」、ゴリラの横顔のように見えるユーモアたっぷりの「ゴリラ岩」、荒々しい海岸線が連なる「北山崎」の断崖など、目の前に次々と現れる絶景は迫力満点。スリリングな船の揺れや時折浴びる波しぶきも、探検のテンションを盛り上げてくれます。

コバルトブルーに輝く「青の洞窟」

見どころのひとつである通称「青の洞窟」は、天候がよく波が落ち着いている日にだけ入ることができるプレミアムなスポットです。小さな洞穴に潜入すると、ひんやりとした洞穴内は鮮やかなコバルトブルーに包まれていて、さながらイタリアの「青の洞窟」のような絶景が現れます。太陽光と海のコンディションがマッチするほど、美しい景色が見られるそう。その日に洞穴に入ることができるか、運試しのようでちょっとドキドキしますね。

およそ1時間の船旅のあと、港に戻ると最後に「乗船記念&証明書」をプレゼントしてもらえます。乗船した日付が入っているので、旅の記念にぴったりです。

番屋でウニむきにチャレンジ!「夏の番屋・サッパ船まつり」

学校の夏休み期間にあたる2017年8月11日(金)~16日(水)には、恒例の「夏の番屋・サッパ船まつり」を開催。会場には色とりどりの大漁旗がたくさん掲げられ、にぎやかな雰囲気に包まれます。まつり期間は特別に、事前予約をしないと乗船できない「サッパ船」を定期運航。好きな時間の便に乗船できるうえ、なんと小学生以下は乗船無料です。大人1名の同乗が条件となるので、ファミリーにはうれしいところ。さらに、船長とじゃんけんをして勝つとプチプレゼントがもらえるチャンスもあるので、チャレンジしてみては。

また、ウニむきやホヤむき、塩づくりなど、漁村ならではの楽しい体験コーナーも登場。浜のおかあさんたちのレクチャーでむいたウニやホヤは、フレッシュなおいしさをその場で味わえます。夏だけでなく、春と秋も同様のイベントを開催。「サッパ船」未体験なら、このチャンスをお見逃しなく!

まとめ

大型遊覧船とはひと味違う、スリリングな驚きがいっぱいの「サッパ船アドベンチャーズ」。漁師体験もできる「夏の番屋・サッパ船まつり」とあわせて楽しめば、夏休みのレジャーの計画はばっちり!この夏は、海のアクティビティを満喫できる田野畑村へ足を運んでみてはいかがですか?

「サッパ船アドベンチャーズ」を楽しむ!ななびチェック!

小さなキッズも体験できる!

乳児から体験OK!全員ライフジャケットを着用し、ベテラン漁師の運転なので安心。

事前に乗船日の天気をチェック

見どころのひとつ「青の洞窟」は、天気や波の状態がよい日だけ見学できるので、乗船日の天気のチェックが肝心。

「サッパ船まつり」でお得に乗船

春・夏・秋に開催される「サッパ船まつり」は小学生以下が乗船無料なので、ファミリー利用がとってもお得!

「サッパ船アドベンチャーズ」について詳しくはこちら

関連する投稿


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


花巻 |「マルカンビル大食堂」昭和レトロな雰囲気でいただく10段ソフト!マルカンラーメン!

花巻 |「マルカンビル大食堂」昭和レトロな雰囲気でいただく10段ソフト!マルカンラーメン!

地元花巻市民に愛され、惜しまれつつ2016年に閉店した旧マルカン百貨店。その6階にあった展望大食堂が、「マルカンビル大食堂」として2017年2月に復活しました。昭和レトロな面影が漂う店内の雰囲気やメニューは閉店前のまま。10段ソフトクリームやマルカンラーメンなど、ボリューム満点の手づくり料理をお手頃価格で味わえます。


盛岡 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2017年岩手の夏まつりまとめ

盛岡 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2017年岩手の夏まつりまとめ

この夏、岩手県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に盛岡市で開催される「盛岡さんさ祭り」、北上市で開催される「北上・みちのく芸能祭り」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


釜石 |「ミッフィーカフェかまいし」全国で釜石だけの常設ミッフィーカフェ

釜石 |「ミッフィーカフェかまいし」全国で釜石だけの常設ミッフィーカフェ

岩手県釜石市の「ミッフィーカフェかまいし」は、作家ディック・ブルーナの絵本の主人公、うさぎの“ミッフィー”をテーマにしたカフェです。期間限定ではないミッフィーカフェは、実は全国でもここだけ。笑顔を誘うかわいらしいミッフィーモチーフのランチやスイーツを楽しみましょう。限定のグッズも忘れずチェックしてくださいね。


一関 |「ななび連載:一関編vol.4」子どもと遊ぶ、動物&花スポット3選

一関 |「ななび連載:一関編vol.4」子どもと遊ぶ、動物&花スポット3選

岩手県一関市には、景勝地やグルメスポットだけでなく、ファミリーで楽しめるおでかけスポットも充実しています。牧場でのニワトリのたまご拾い体験やサファリパークでのゾウライド、花いっぱいの公園での散策など、さまざまな体験ができるレジャースポットを3件ご紹介します。


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。