新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟県新潟市にある「新潟市水族館 マリンピア日本海」。定番のイルカショーやペンギン展示はもちろん、多彩な水の生きものと触れ合うことができるスポットです。地元の日本海に生息する生きものや、信濃川に生息する生きものをじっくり観察し、子どもたちにも大切な学びの機会としてもいかがでしょうか。


新潟の海の魚が悠々と泳ぐ「日本海大水槽」

新潟市の海沿いに位置する「新潟市水族館 マリンピア日本海」は、本州日本海側では有数の規模を誇る水族館。屋内外の施設に、約450種20,000点の生物が飼育されています。2013年の大型リニューアル以降は特に、ファミリーにとどまらない幅広い層から人気です。

入り口から最初にたどり着くのが、サンゴの浜や砂浜・干潟・磯などさまざまな海岸の風景を展示している「潮風の風景」ゾーン。

カラフルな熱帯魚が泳ぎまわるこのゾーンを抜けると、同館名物のひとつ「日本海大水槽」が待っています。水量800㎥の大水槽には、日本海に生息するマイワシやスズメダイ、ホシエイなど約40種の魚類が。大水槽をくぐるようなマリントンネルでは、海中で魚を観察しているような、壮大な気分が味わえますよ!

あの高級魚も目の前で泳ぐ「暖流の旅」

黒潮と対馬海流の流れに沿って、日本海の生きものを紹介する「暖流の旅」ゾーンの目玉は、「アカムツ」の群れ。最近では高級魚「のどぐろ」として知られている魚です。

実は、「新潟市水族館 マリンピア日本海」が世界で初めて人工ふ化・育成を成功させたのだとか!真っ赤なアカムツが群れをなして泳ぐ姿は迫力満点。隣接するマリンピアホールでは、照明を落とした幻想的なクラゲの展示があり、ロマンティックな気分を味わえます。

新潟の川や磯の生きものを体験しながら学んでみよう

日本最長の川こと信濃川の河口も擁する新潟市。「信濃川」ゾーンでは、流域に住んでいる魚などの様子を、川の環境を模した展示で学ぶことができます。

海にもいる「スズキ」が生息している下流から、「オイカワ」などがいる中流、そして「ヤマメ」も見られる上流へと、それぞれどんな魚などがいるか観察できます。自分の住んでいるエリアの川の様子を確かめたり、アウトドアレジャーなどででかけたことがあるエリアの川の様子と比べてみたりするのも楽しそうですね。

「アクアラボ」では、わかりやすい解説や観察など、20分ほどのプログラムを、毎日実施しています。また、ウニ、ヒトデ、ナマコ、ヤドカリなどの磯の生きものに直接触れられる「磯の体験コーナー」もお子さんたちに大人気!

見て、触れてというだけにとどまらず、飼育スタッフさんの解説などもあるので、身近な水の生態系への好奇心を育てる、またとない機会になりそうですね。

人気者のラッコやペンギン、もちろんイルカショーも!

「水辺の小動物」ゾーンでは人気者のビーバーやカワウソ、ラッコを展示。ラッコが餌を食べる様子を観察できる給餌タイムは1日4回ほどあるので、ぜひチェックして!

そして、「ペンギン海岸」では約70頭のフンボルトペンギンがお出迎え。こちらもかわいらしいその姿を観覧して楽しむのはもちろん、フンボルトペンギンの生態や体のつくり、生息環境などについての解説が1日2回実施されています。ペンギンについて知識を深めるチャンスですよ。

ファミリーで水族館へ来たらぜひ観覧したいのが「イルカショー」!「新潟市水族館 マリンピア日本海」でも、平日・土曜は1日4回、日曜・祝日は1日5回実施されています。ジャンプなどの楽しいパフォーマンスはもちろん、スタッフさんによる解説もありますから、イルカの体のつくりや運動能力を学びながら楽しめますよ!

身近な水の生きものを知る展示や解説プログラムから、給餌タイムやイルカショーまで、家族みんなで楽しめる「新潟市水族館 マリンピア日本海」。ご紹介したほかにも、キッズ用の遊具や神秘的なクラゲの展示、熱帯魚の展示など、見逃せないポイントがたくさんあるんです。

お子さんたちがまだ絵本や図鑑でしか見たことがない生きものたちが動く様子、見せてあげたいですよね。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」を楽しみつくすための、ななびチェック!

キッズサイトやYouTubeで行く前・行った後も楽しめる!

公式サイトには、子ども向けのコンテンツを特集したキッズサイトや、水槽の様子がわかる公式YouTubeチャンネルが。水族館へ向かう前の予習にもよし、行った後に楽しかった時間を思い出すのにもオススメです。

館内レストランでシーフードに舌鼓!

館内レストラン「UMINONE ~海の音~」には海鮮丼やのどぐろとカニの天丼など、海の幸メニューがいっぱい!お子さんにはイルカ型ライスがかわいい「ドルフィンカレー」も!

「水のいきもの ぬりえかるた」はお土産にマスト!

マリンピア日本海オリジナルのいきものかるたは、当初館内で提供されていたものが利用者の声で商品化されたという人気アイテム。ほかでは手に入らない貴重な1品です。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」について詳しくはこちら

関連する投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟県といえば、誰もが口を揃えて米どころというのではないでしょうか?そのイメージの通り、新潟県はコシヒカリを生み出し、日本一の生産量を誇る、名実ともに日本一の米どころです。でも実は、日本海側に位置する新潟県は、漁業も盛んで、バラエティー豊かなB級グルメもたくさんあります。


佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

2017年8月18日(金)~20日(日)に開催される「アース・セレブレーション2017」。太鼓芸能集団「鼓童」による野外ライブや芝居小屋でのコンサートを中心に、ワークショップやフリーマーケットなどバラエティ豊かなイベントを体験できます。30年目を迎える今年のテーマは、「たいこのこども」です。


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

この夏、新潟県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に長岡市で行なわれる「長岡まつり」、新潟市で行なわれる「新潟まつり」、9月に新潟市北区で開催される「葛塚まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


長岡 |「長岡まつり大花火大会」で全国屈指の迫力を誇る超大型花火を満喫!

長岡 |「長岡まつり大花火大会」で全国屈指の迫力を誇る超大型花火を満喫!

新潟県長岡市で毎年8月2日~3日、信濃川河川敷を舞台に行われる「長岡まつり大花火大会」。日本三大花火大会のひとつとされ、種類豊富な超大型花火が次々上がり、2日間で2万発というスケールの大きさを誇ります。近年は、見ていると「泣ける」「感動する」との評判も高いこの大会。名物花火を紹介しつつ、長岡花火の魅力に迫ります。


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。