新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟県新潟市にある「新潟市水族館 マリンピア日本海」。定番のイルカショーやペンギン展示はもちろん、多彩な水の生きものと触れ合うことができるスポットです。地元の日本海に生息する生きものや、信濃川に生息する生きものをじっくり観察し、子どもたちにも大切な学びの機会としてもいかがでしょうか。


新潟の海の魚が悠々と泳ぐ「日本海大水槽」

新潟市の海沿いに位置する「新潟市水族館 マリンピア日本海」は、本州日本海側では有数の規模を誇る水族館。屋内外の施設に、約450種20,000点の生物が飼育されています。2013年の大型リニューアル以降は特に、ファミリーにとどまらない幅広い層から人気です。

入り口から最初にたどり着くのが、サンゴの浜や砂浜・干潟・磯などさまざまな海岸の風景を展示している「潮風の風景」ゾーン。

カラフルな熱帯魚が泳ぎまわるこのゾーンを抜けると、同館名物のひとつ「日本海大水槽」が待っています。水量800㎥の大水槽には、日本海に生息するマイワシやスズメダイ、ホシエイなど約40種の魚類が。大水槽をくぐるようなマリントンネルでは、海中で魚を観察しているような、壮大な気分が味わえますよ!

あの高級魚も目の前で泳ぐ「暖流の旅」

黒潮と対馬海流の流れに沿って、日本海の生きものを紹介する「暖流の旅」ゾーンの目玉は、「アカムツ」の群れ。最近では高級魚「のどぐろ」として知られている魚です。

実は、「新潟市水族館 マリンピア日本海」が世界で初めて人工ふ化・育成を成功させたのだとか!真っ赤なアカムツが群れをなして泳ぐ姿は迫力満点。隣接するマリンピアホールでは、照明を落とした幻想的なクラゲの展示があり、ロマンティックな気分を味わえます。

新潟の川や磯の生きものを体験しながら学んでみよう

日本最長の川こと信濃川の河口も擁する新潟市。「信濃川」ゾーンでは、流域に住んでいる魚などの様子を、川の環境を模した展示で学ぶことができます。

海にもいる「スズキ」が生息している下流から、「オイカワ」などがいる中流、そして「ヤマメ」も見られる上流へと、それぞれどんな魚などがいるか観察できます。自分の住んでいるエリアの川の様子を確かめたり、アウトドアレジャーなどででかけたことがあるエリアの川の様子と比べてみたりするのも楽しそうですね。

「アクアラボ」では、わかりやすい解説や観察など、20分ほどのプログラムを、毎日実施しています。また、ウニ、ヒトデ、ナマコ、ヤドカリなどの磯の生きものに直接触れられる「磯の体験コーナー」もお子さんたちに大人気!

見て、触れてというだけにとどまらず、飼育スタッフさんの解説などもあるので、身近な水の生態系への好奇心を育てる、またとない機会になりそうですね。

人気者のラッコやペンギン、もちろんイルカショーも!

「水辺の小動物」ゾーンでは人気者のビーバーやカワウソ、ラッコを展示。ラッコが餌を食べる様子を観察できる給餌タイムは1日4回ほどあるので、ぜひチェックして!

そして、「ペンギン海岸」では約70頭のフンボルトペンギンがお出迎え。こちらもかわいらしいその姿を観覧して楽しむのはもちろん、フンボルトペンギンの生態や体のつくり、生息環境などについての解説が1日2回実施されています。ペンギンについて知識を深めるチャンスですよ。

ファミリーで水族館へ来たらぜひ観覧したいのが「イルカショー」!「新潟市水族館 マリンピア日本海」でも、平日・土曜は1日4回、日曜・祝日は1日5回実施されています。ジャンプなどの楽しいパフォーマンスはもちろん、スタッフさんによる解説もありますから、イルカの体のつくりや運動能力を学びながら楽しめますよ!

身近な水の生きものを知る展示や解説プログラムから、給餌タイムやイルカショーまで、家族みんなで楽しめる「新潟市水族館 マリンピア日本海」。ご紹介したほかにも、キッズ用の遊具や神秘的なクラゲの展示、熱帯魚の展示など、見逃せないポイントがたくさんあるんです。

お子さんたちがまだ絵本や図鑑でしか見たことがない生きものたちが動く様子、見せてあげたいですよね。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」を楽しみつくすための、ななびチェック!

キッズサイトやYouTubeで行く前・行った後も楽しめる!

公式サイトには、子ども向けのコンテンツを特集したキッズサイトや、水槽の様子がわかる公式YouTubeチャンネルが。水族館へ向かう前の予習にもよし、行った後に楽しかった時間を思い出すのにもオススメです。

館内レストランでシーフードに舌鼓!

館内レストラン「UMINONE ~海の音~」には海鮮丼やのどぐろとカニの天丼など、海の幸メニューがいっぱい!お子さんにはイルカ型ライスがかわいい「ドルフィンカレー」も!

「水のいきもの ぬりえかるた」はお土産にマスト!

マリンピア日本海オリジナルのいきものかるたは、当初館内で提供されていたものが利用者の声で商品化されたという人気アイテム。ほかでは手に入らない貴重な1品です。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟市秋葉区は、山手線をはじめ、首都圏を走る多くの電車がつくられ、鉄道の街として知られてきました。この街で開催されるのが、鉄道ファンなら見逃せない、年に一度だけ開催される鉄道イベントです。毎年10月上旬に行なわれ、2017年は10月7日に開催。大勢の鉄道好きで賑わうイベントに出かけてみませんか。


新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟市の鳥屋野潟公園の一角で、5月~10月の第3日曜日に開かれる「潟マルシェ」。新潟市内の飲食店によるこだわりフード、自然栽培の野菜、クラフト雑貨の店などが20~30軒ほど並びます。ガーランドが彩るオシャレな林の中は、訪ねるだけでワクワク!食べる、遊ぶ、ワークショップを通じて、鳥屋野潟の水辺の魅力に触れてみませんか。


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。