米沢 |【ななび連載:米沢編vol.1】米沢市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.1】米沢市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

福島との県境に横長に広がり、吾妻連峰や朝日連峰などの大自然に包まれた米沢市。戦国の雄・上杉謙信を家祖とする上杉家の城下町として発展し、今も街のあちこちにゆかりの史跡が残ります。米沢織や米沢鯉など米沢藩第9代藩主・鷹山の時代から大切に受け継がれてきた産業や食、伝統と歴史が息づく街です。


有名スポットが集合する「松が岬公園」

歴史の街・米沢の魅力にふれるなら、かつて米沢城があった場所、「松が岬公園」を訪ねましょう。本丸跡には謙信を祀る「上杉神社」が建ち、上杉家の軍旗「毘」と「龍」がはためく参道入口は、記念撮影スポットになっています。

境内には宝物殿「稽照殿(けいしょうでん)」があり、謙信の遺品や大河ドラマ「天地人」の主人公として有名になった直江兼続の「愛」の前立て兜など、貴重な品々を見ることができます。

「伝国の杜 米沢市上杉博物館」は、上杉家の歴史をわかりやすく紹介するミュージアム。織田信長から謙信に贈られたとされる「国宝 上杉本洛中洛外図屏風」も収蔵し、期間限定で展示されます。2017年は9月23日(土)から10月22日(日)に鑑賞できますよ。

ファミリーに人気なのが、上杉鷹山の事業を映像で紹介する「鷹山シアター」。米沢織や笹野一刀彫など今も米沢に伝わる産業を推奨し、自ら率先して質素倹約を行ない藩の財政難を救った鷹山の、不屈の精神と偉業に感動します。

また、鷹山が残した「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人のなさぬなりけり」の名言は、上杉神社の参道にある石碑にも刻まれています。ほかにも園内には、米沢のグルメと物産を集めた「上杉城史苑」や、鷹山らを祀る「松岬神社」などの有名スポットが集まっています。

上杉家の歴史とロマンただようまつりにも注目!

米沢に春の訪れを告げる「米沢上杉まつり」は、毎年4月29日から5月3日に開催。戦国時代史上最大の死闘といわれる上杉軍と武田軍の「川中島の戦い」を、甲冑武者に扮した約700人が両軍の激突の様子を再現します。火縄銃の発砲のシーンもある大迫力の戦国絵巻です。

ほかにも上杉謙信が出陣前に必ず行なったといわれている出陣の儀式「武締式」、約500人もの甲冑武者が市内を練り歩く上杉行列などのイベントが盛りだくさんです。謙信と信玄の川中島での一騎打ちも現代によみがえります。

秋は、米沢のグルメや上杉鷹山が推奨した産業や文化を伝える「なせばなる秋まつり」が人気。メインイベントの「米沢どん丼まつり」では、米沢牛や米沢鯉など米沢名物を使ったオリジナル丼が味わえます。

また、鷹山の時代に実際に行なわれていた「棒杭市(ぼっくいいち)」を再現。棒で門をつくり、商品を置いたざるを杭につるした無人の市で、当日は野菜や手仕事の品などが販売されます。お子さんには「昔あそび体験」コーナーが大人気。独楽や射的、竹馬など世代を超えて楽しめる遊びが体験できます。2017年は9月23日(土・祝)・24日(日)に開催されます。

そして、米沢の冬の風物詩になっているのが、毎年2月の第2土曜とその翌日に開催される「上杉雪灯篭まつり」です。松が岬公園一帯が、約300の雪灯篭と約1,000個の雪ぼんぼりのロウソクの灯りに照らされます。オレンジ色のやさしい灯りに雪景色が浮かぶ幻想的な世界は、まるで昔話のワンシーンのようです。

「木製独楽」の生産量日本一!

米沢は、昔なつかしいおもちゃ「木製独楽(こま)」の生産量が日本一で、なんと全国シェアの約60%を占めるそう。そのほとんどを製造するのが、米沢市郊外の小野川温泉にある1913年創業の「つたや物産」です。

お店から1km離れた工房などでは、熟練の職人さんたちの手仕事により、年間約100種類約30万個もの独楽を制作しています。以前は地元でもあまり知られていなかったそうですが、2016年にテレビ番組で取り上げられたことで話題に。「つたや物産」の店頭には、日本で一番大きい投げ独楽も展示。直径約1.3m、重量約300kgもあり、お店のシンボルになっています。

また、店の奥には投げ独楽やひねり独楽、もみ独楽、飾り独楽、鳴り独楽など多彩な独楽がそろいます。独楽を回して遊べるスペースもあり、お店の方に聞けば回し方を教えてくれます。土俵の上で2つの独楽を回して競わせる「相撲独楽」は親子で遊べて人気です。

ほかにも、きのこ独楽や、童話『泣いた赤おに』をモチーフにした飾り独楽など、彩りも形もキュートな独楽があります。「独楽は、遊び方をおじいちゃんやお父さんから教えてもらったり、友だち同士で技を競ったりして遊べるおもちゃ。遊びながらコミュニケーションがとれるのが魅力です。」と、「つたや物産」3代目社長の蔦さんが教えてくれました。独楽をさわったときの木のぬくもりや、独楽が回る心地よい音にも癒されそうですね。

歴史や昔ながらの伝統が息づく米沢市。次回は、米沢牛や米沢ラーメンなど名物グルメをご紹介します。

親子で米沢をワクワク知れる、ななびチェック!

「なせば成る…」の名言を残した上杉鷹山を学ぼう

「伝国の杜 米沢市上杉博物館」では、ケネディ大統領も尊敬したという上杉鷹山の偉業を楽しく知ることができます。

「なせばなる秋まつり」で米沢オリジナル丼を味わおう!

9月に開催される「なせばなる秋まつり」のメインイベント「米沢どん丼まつり」では、牛丼やステーキ丼など、グルメの街・米沢ならではのバラエティ豊かな丼メニューが登場。

「木製独楽」で昔の遊びの魅力を発見!

「つたや物産」では、職人さんが一つひとつ手づくりした木製独楽で、家族で回し方の技を教え合いながら遊べます。

「上杉神社」について詳しくはこちら
「稽照殿」について詳しくはこちら
「伝国の杜 米沢市上杉博物館」について詳しくはこちら
「米沢上杉まつり」について詳しくはこちら
「なせばなる秋まつり」について詳しくはこちら
「上杉雪灯篭まつり」について詳しくはこちら
「つたや物産」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「グルメまとめ」厳しい暑さと寒さが育む自然の恵み!

山形 |「グルメまとめ」厳しい暑さと寒さが育む自然の恵み!

山形県の名産品といえば高級品種として人気の「佐藤錦」が有名です。山形県はさまざまな果実が育てられる果樹王国であり、広い平野を利用した畜産業や、川魚なども豊富に取れる食材の王国なのです。また、いまや山形を代表するほどの知名度を誇る芋煮や玉こんにゃくなど、特徴的な郷土料理の数々も見逃せません。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.2】米沢牛だけじゃない!米沢市の名物グルメ

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.2】米沢牛だけじゃない!米沢市の名物グルメ

農業や畜産業が盛んな山形県米沢市は、ご当地グルメが多彩にそろう街。なかでも“米沢の味ABC”といわれるApple(りんご)、Beef(牛肉)、Carp(鯉)は、歴史ある名物グルメとして知られています。今回はさらに米沢らーめんや、伝統野菜をアレンジしたスイーツなど、米沢ならではのグルメをご紹介します。


山形 |「山形花笠まつり」、「赤川花火大会」…2017年山形の夏まつりまとめ

山形 |「山形花笠まつり」、「赤川花火大会」…2017年山形の夏まつりまとめ

この夏、山形県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に鶴岡市で行われる「赤川花火大会」、酒田市で開催される「酒田花火ショー」、山形市で開催される「山形花笠まつり」、新庄市で開催される「新庄まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

JR北山形駅から車で約10分。山形県山形市の郊外、双月町にある「ケンランド」は、リネンニットで幅広いアイテムを製造・販売しています。リネンといえば、ゴワゴワとした肌触りという印象を持たれる方も多いですが、「ケンランド」の商品はやわらかくしなやか。保温性もあり1年中愛用できるリネンニットの魅力を探りに工場を訪れました。


新庄 |「kitokitoマルシェ」ステキなお店が集まるイベントで地元の魅力を再発見

新庄 |「kitokitoマルシェ」ステキなお店が集まるイベントで地元の魅力を再発見

山形県北東部に位置し、周りを山々に囲まれたのどかな風景が広がる山形県新庄市。月に1度開催されるイベント「kitokito(キトキト)マルシェ」が人気を集め、県内のみならず遠方からもたくさんのお客さんが訪れています。手づくりのフードや雑貨など、地元の魅力がギュッと詰まったマルシェの楽しみ方をご紹介します。


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。