山形 |「山形花笠まつり」、「赤川花火大会」…2017年山形の夏まつりまとめ

山形 |「山形花笠まつり」、「赤川花火大会」…2017年山形の夏まつりまとめ

この夏、山形県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に鶴岡市で行われる「赤川花火大会」、酒田市で開催される「酒田花火ショー」、山形市で開催される「山形花笠まつり」、新庄市で開催される「新庄まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


8月:飛び入り参加もOK!華やかに舞い踊る「山形花笠まつり」

山形市の夏まつりといえば、「山形花笠まつり」。スゲ笠に赤い花を飾りつけた“花笠”を手に、花笠音頭を踊って街を練り歩くまつりです。約13,000人・約150団体もの躍り手が舞い踊る光景は、華やかで見応えがあります。団体によってさまざまな工夫を凝らした踊りを披露してくれるので、見ていて飽きません。

パレードのメインコースは、JR奥羽本線山形駅前、十日町~本町~七日町通り~文翔館前。「見るだけじゃなくて参加もしたい!」という方は、1日2回飛び入り参加ができるチャンスもあります。1回目は18:10~18:30頃、ゴール付近となる市役所前の「オープニング花笠輪踊り」、2回目は20:30~21:30ごろにパレード団体の最後尾が「最後尾飛び入りコーナー」となります。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

「山形花笠まつり」について詳しくはこちら

8月:大迫力の花火が12,000発!「酒田花火ショー」

酒田市で行われる「酒田花火ショー」。85年以上前から行われている伝統ある行事で、最上川を舞台に12,000発以上の花火が打ち上げられます。尺玉はもちろん、水上スターマイン・空中スターマインの同時打ち上げや、展開幅が約2kmもある超ワイドスターマイン、そしてグランドフィナーレでは大空中ナイアガラまで!とにかく豪華で大迫力の花火が「酒田花火ショー」の見どころです。

音楽と花火が共演するエンターテイメント性の高い演出にもご注目ください。花火を見ながら楽しめる屋台グルメも充実しています!

「酒田花火ショー」について詳しくはこちら

8月:最高峰の花火師たちが競い合う!「赤川花火大会」

鶴岡市で開催する「赤川花火大会」。「全国デザイン花火競技会」の別名を持ち、日本最高峰の花火職人たちがその腕を競い合う場でもあります。日本全国の花火大会の中でも、「赤川花火大会」は屈指の人気!迫力のある花火をより間近で見られる有料の特別観覧席(マス席)は、よい席から次々と埋まっていくほどです。

今回のテーマは「結夢 ~笑顔あやなす、悠久の華~」。珠玉の花火職人たちが、それぞれに趣向を凝らしたドラマティックなデザイン花火を打ち上げ、観客を魅了します。今回はどんな花火が見られるのか、楽しみですね。

「赤川花火大会」について詳しくはこちら

8月:現代によみがえる歴史絵巻!「新庄まつり」

新庄市で、毎年40万人を超える観覧客が集まる、東北地方の夏まつりのフィナーレを飾るのが「新庄まつり」です。

1日目の「宵まつり」は戸沢神社・護国神社・天満宮がある「最上公園」からはじまり、歌舞伎の名場面や歴史絵巻を再現した豪華絢爛な山車が、まつり囃子とともに「山車行列運行コース」を練り歩きます。

2日目の「本まつり」では、まつりのメインとなる山車行列が行われ、盛り上がりも最高潮に!「本まつり」の山車は「宵まつり」とは違う「神輿渡御行列巡行コース」を進むのでご注意を。

最終日の「後まつり」では山車全20台が展示されたり、小学生以下の子どもたちによる「小若連囃子演奏会」が行われたりと、余韻を楽しめます。

「新庄まつり」について詳しくはこちら

関連するキーワード


山形県 山形市

関連する投稿


山形 |「チョコレートラボ」日本でここだけ!話題のチョコレートドリンクを味わおう

山形 |「チョコレートラボ」日本でここだけ!話題のチョコレートドリンクを味わおう

山形市にある「CHOCOLATE Lab.YAMAGATA(チョコレートラボやまがた)」は、ニューヨーク発の有名チョコレートショップ「ジャックトレスチョコレート」のチョコレートパウダーを使ったドリンクを提供する、日本で唯一のチョコレートドリンク専門店。温かいホットチョコレートで、身も心もほっこりしてみてはいかがですか。


酒田 |「さかた海鮮市場」買って、食べて、港町・酒田のおいしさを楽しもう

酒田 |「さかた海鮮市場」買って、食べて、港町・酒田のおいしさを楽しもう

江戸時代から港町として栄える酒田で、海を目の前にした場所にある「さかた海鮮市場」。1階には庄内浜で水揚げされたばかりの魚介を買える鮮魚店、2階には旬魚を惜しげもなく盛ったボリューム満点の海鮮丼が味わえる食事処と、酒田の魚介のおいしさをとことん味わえる施設として人気を集めています。


鶴岡 |「つるおか食文化市場 FOODEVER」で食の街・鶴岡の魅力を体感

鶴岡 |「つるおか食文化市場 FOODEVER」で食の街・鶴岡の魅力を体感

山形県の鶴岡駅前に2017年7月、「つるおか食文化市場 FOODEVER」がオープンしました。日本で初めて「ユネスコ食文化創造都市」に認定された街・鶴岡。その情報発信場所として、地産地消のレストランや料理教室を開催するイベントスペースのほか、鶴岡の食材やスイーツがそろうマルシェもあり、おみやげ選びにも便利です。


山形 |「キャンプ・スキー場ガイド」

山形 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。