新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

この夏、新潟県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に長岡市で行なわれる「長岡まつり」、新潟市で行なわれる「新潟まつり」、9月に新潟市北区で開催される「葛塚まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


8月:平和への祈りを込めた名物花火が大迫力!「長岡まつり」

長岡市内で平和への願いをこめて行なわれる「長岡まつり」。3日間の日程で、前夜祭・昼行事・大花火大会と大きく3つのイベントに分かれています。

1日目の前夜祭は、長岡駅前大手通り・すずらん通りを会場にパレードや大民謡流し(長岡甚句)などが行なわれ、22:30ごろから慰霊の花火が打ち上げられます。2日目・3日目の昼間は、ダンス大会や企業ブースの出店などがあり、大変なにぎわいに。

夜は信濃川の河川敷で2日間開催される「長岡大花火大会」が見どころです。越後三大花火のひとつで、両日とも冒頭に大花火大会復活70年特別バージョンの「ナイアガラ超大型スターマイン」が盛大に打ち上げられます。スケールの大きな「復興祈願花火フェニックス」や「正三尺玉3連発&ナイアガラ」など、ほかにはない大迫力です。ゆっくり落ち着いて見たいという方には、有料観覧席がオススメですよ!

「長岡まつり」について詳しくはこちら

8月:圧巻の花火が夜空を彩る!「新潟まつり」

新潟市の中心部で、3日間に渡って繰り広げられる「新潟まつり」。歴史のあるいくつかのまつりが合体したもので、3日間のうちに住吉祭りや商工まつりなど多彩な催しがあり、期間中休みなく楽しむことができます。

1日目は19:00から日本最大級の「大民謡流し」が行なわれ、約14,000人もの躍り手が萬代橋を中心に踊り歩きます。飛び入りもできるので、ぜひ一緒に踊って盛り上がりましょう!2日目は伝統ある「住吉行列」(2回)、鼓笛隊やダンスが華やかな「新潟キラキラパレード」、信濃川を渡る「水上みこし渡御」、神輿7基を約4,000人が白山神社へとかつぐ「市民みこし」などが行なわれます。音楽にあわせて花火を打ち上げる「まちなか音楽花火」は見物です。3日目は「住吉行列」やステージに加え、昭和大橋西詰を会場にした「花火大会」がフィナーレを飾ります。

とくに大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」は、ほかの花火大会では見ることができない圧巻の花火。この夏の思い出に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「新潟まつり」について詳しくはこちら

9月:260年もの歴史がある伝統行事「葛塚まつり」

新潟市の北区にある旧豊栄市街地で開催される「葛塚まつり」は、260年の歴史がある伝統的なまつりです。

前夜祭では、豊栄駅前通で「民謡流し」、「灯籠コンテスト」が行なわれ、街をおまつりムードにしていきます。1日目の昼からいよいよ本番!地域の小学生のマーチングバンドパレードが披露され、灯籠の山車巡行、石動神社へのお宮参りをする「葛塚石動神社秋季祭礼」が行なわれます。

2日目~3日目の2日間は「葛塚稲荷神社秋季祭礼」で、稲荷神社などへ山車が巡行。なんといっても見どころは、3日目夜の「灯籠入舞」です。「けんか灯籠」とも呼ばれ、石動神社と稲荷神社の、それぞれ4基の灯籠が激しくぶつかりあいます!2016年は安全上の理由から中止となりましたが、今年はどうなるでしょうか。「灯籠入舞」以外にも、出店が200店以上あるので、新潟の古式ゆかしいまつりを見物しながら食べ歩くのも楽しそうですね。

「葛塚まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟県といえば、誰もが口を揃えて米どころというのではないでしょうか?そのイメージの通り、新潟県はコシヒカリを生み出し、日本一の生産量を誇る、名実ともに日本一の米どころです。でも実は、日本海側に位置する新潟県は、漁業も盛んで、バラエティー豊かなB級グルメもたくさんあります。


新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟県新潟市にある「新潟市水族館 マリンピア日本海」。定番のイルカショーやペンギン展示はもちろん、多彩な水の生きものと触れ合うことができるスポットです。地元の日本海に生息する生きものや、信濃川に生息する生きものをじっくり観察し、子どもたちにも大切な学びの機会としてもいかがでしょうか。


佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

2017年8月18日(金)~20日(日)に開催される「アース・セレブレーション2017」。太鼓芸能集団「鼓童」による野外ライブや芝居小屋でのコンサートを中心に、ワークショップやフリーマーケットなどバラエティ豊かなイベントを体験できます。30年目を迎える今年のテーマは、「たいこのこども」です。


長岡 |「長岡まつり大花火大会」で全国屈指の迫力を誇る超大型花火を満喫!

長岡 |「長岡まつり大花火大会」で全国屈指の迫力を誇る超大型花火を満喫!

新潟県長岡市で毎年8月2日~3日、信濃川河川敷を舞台に行われる「長岡まつり大花火大会」。日本三大花火大会のひとつとされ、種類豊富な超大型花火が次々上がり、2日間で2万発というスケールの大きさを誇ります。近年は、見ていると「泣ける」「感動する」との評判も高いこの大会。名物花火を紹介しつつ、長岡花火の魅力に迫ります。


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。