新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

この夏、新潟県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に長岡市で行なわれる「長岡まつり」、新潟市で行なわれる「新潟まつり」、9月に新潟市北区で開催される「葛塚まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


8月:平和への祈りを込めた名物花火が大迫力!「長岡まつり」

長岡市内で平和への願いをこめて行なわれる「長岡まつり」。3日間の日程で、前夜祭・昼行事・大花火大会と大きく3つのイベントに分かれています。

1日目の前夜祭は、長岡駅前大手通り・すずらん通りを会場にパレードや大民謡流し(長岡甚句)などが行なわれ、22:30ごろから慰霊の花火が打ち上げられます。2日目・3日目の昼間は、ダンス大会や企業ブースの出店などがあり、大変なにぎわいに。

夜は信濃川の河川敷で2日間開催される「長岡大花火大会」が見どころです。越後三大花火のひとつで、両日とも冒頭に大花火大会復活70年特別バージョンの「ナイアガラ超大型スターマイン」が盛大に打ち上げられます。スケールの大きな「復興祈願花火フェニックス」や「正三尺玉3連発&ナイアガラ」など、ほかにはない大迫力です。ゆっくり落ち着いて見たいという方には、有料観覧席がオススメですよ!

「長岡まつり」について詳しくはこちら

8月:圧巻の花火が夜空を彩る!「新潟まつり」

新潟市の中心部で、3日間に渡って繰り広げられる「新潟まつり」。歴史のあるいくつかのまつりが合体したもので、3日間のうちに住吉祭りや商工まつりなど多彩な催しがあり、期間中休みなく楽しむことができます。

1日目は19:00から日本最大級の「大民謡流し」が行なわれ、約14,000人もの躍り手が萬代橋を中心に踊り歩きます。飛び入りもできるので、ぜひ一緒に踊って盛り上がりましょう!2日目は伝統ある「住吉行列」(2回)、鼓笛隊やダンスが華やかな「新潟キラキラパレード」、信濃川を渡る「水上みこし渡御」、神輿7基を約4,000人が白山神社へとかつぐ「市民みこし」などが行なわれます。音楽にあわせて花火を打ち上げる「まちなか音楽花火」は見物です。3日目は「住吉行列」やステージに加え、昭和大橋西詰を会場にした「花火大会」がフィナーレを飾ります。

とくに大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」は、ほかの花火大会では見ることができない圧巻の花火。この夏の思い出に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「新潟まつり」について詳しくはこちら

9月:260年もの歴史がある伝統行事「葛塚まつり」

新潟市の北区にある旧豊栄市街地で開催される「葛塚まつり」は、260年の歴史がある伝統的なまつりです。

前夜祭では、豊栄駅前通で「民謡流し」、「灯籠コンテスト」が行なわれ、街をおまつりムードにしていきます。1日目の昼からいよいよ本番!地域の小学生のマーチングバンドパレードが披露され、灯籠の山車巡行、石動神社へのお宮参りをする「葛塚石動神社秋季祭礼」が行なわれます。

2日目~3日目の2日間は「葛塚稲荷神社秋季祭礼」で、稲荷神社などへ山車が巡行。なんといっても見どころは、3日目夜の「灯籠入舞」です。「けんか灯籠」とも呼ばれ、石動神社と稲荷神社の、それぞれ4基の灯籠が激しくぶつかりあいます!2016年は安全上の理由から中止となりましたが、今年はどうなるでしょうか。「灯籠入舞」以外にも、出店が200店以上あるので、新潟の古式ゆかしいまつりを見物しながら食べ歩くのも楽しそうですね。

「葛塚まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟市秋葉区は、山手線をはじめ、首都圏を走る多くの電車がつくられ、鉄道の街として知られてきました。この街で開催されるのが、鉄道ファンなら見逃せない、年に一度だけ開催される鉄道イベントです。毎年10月上旬に行なわれ、2017年は10月7日に開催。大勢の鉄道好きで賑わうイベントに出かけてみませんか。


新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟市の鳥屋野潟公園の一角で、5月~10月の第3日曜日に開かれる「潟マルシェ」。新潟市内の飲食店によるこだわりフード、自然栽培の野菜、クラフト雑貨の店などが20~30軒ほど並びます。ガーランドが彩るオシャレな林の中は、訪ねるだけでワクワク!食べる、遊ぶ、ワークショップを通じて、鳥屋野潟の水辺の魅力に触れてみませんか。


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。