新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

この夏、新潟県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に長岡市で行なわれる「長岡まつり」、新潟市で行なわれる「新潟まつり」、9月に新潟市北区で開催される「葛塚まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


8月:平和への祈りを込めた名物花火が大迫力!「長岡まつり」

長岡市内で平和への願いをこめて行なわれる「長岡まつり」。3日間の日程で、前夜祭・昼行事・大花火大会と大きく3つのイベントに分かれています。

1日目の前夜祭は、長岡駅前大手通り・すずらん通りを会場にパレードや大民謡流し(長岡甚句)などが行なわれ、22:30ごろから慰霊の花火が打ち上げられます。2日目・3日目の昼間は、ダンス大会や企業ブースの出店などがあり、大変なにぎわいに。

夜は信濃川の河川敷で2日間開催される「長岡大花火大会」が見どころです。越後三大花火のひとつで、両日とも冒頭に大花火大会復活70年特別バージョンの「ナイアガラ超大型スターマイン」が盛大に打ち上げられます。スケールの大きな「復興祈願花火フェニックス」や「正三尺玉3連発&ナイアガラ」など、ほかにはない大迫力です。ゆっくり落ち着いて見たいという方には、有料観覧席がオススメですよ!

「長岡まつり」について詳しくはこちら

8月:圧巻の花火が夜空を彩る!「新潟まつり」

新潟市の中心部で、3日間に渡って繰り広げられる「新潟まつり」。歴史のあるいくつかのまつりが合体したもので、3日間のうちに住吉祭りや商工まつりなど多彩な催しがあり、期間中休みなく楽しむことができます。

1日目は19:00から日本最大級の「大民謡流し」が行なわれ、約14,000人もの躍り手が萬代橋を中心に踊り歩きます。飛び入りもできるので、ぜひ一緒に踊って盛り上がりましょう!2日目は伝統ある「住吉行列」(2回)、鼓笛隊やダンスが華やかな「新潟キラキラパレード」、信濃川を渡る「水上みこし渡御」、神輿7基を約4,000人が白山神社へとかつぐ「市民みこし」などが行なわれます。音楽にあわせて花火を打ち上げる「まちなか音楽花火」は見物です。3日目は「住吉行列」やステージに加え、昭和大橋西詰を会場にした「花火大会」がフィナーレを飾ります。

とくに大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」は、ほかの花火大会では見ることができない圧巻の花火。この夏の思い出に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「新潟まつり」について詳しくはこちら

9月:260年もの歴史がある伝統行事「葛塚まつり」

新潟市の北区にある旧豊栄市街地で開催される「葛塚まつり」は、260年の歴史がある伝統的なまつりです。

前夜祭では、豊栄駅前通で「民謡流し」、「灯籠コンテスト」が行なわれ、街をおまつりムードにしていきます。1日目の昼からいよいよ本番!地域の小学生のマーチングバンドパレードが披露され、灯籠の山車巡行、石動神社へのお宮参りをする「葛塚石動神社秋季祭礼」が行なわれます。

2日目~3日目の2日間は「葛塚稲荷神社秋季祭礼」で、稲荷神社などへ山車が巡行。なんといっても見どころは、3日目夜の「灯籠入舞」です。「けんか灯籠」とも呼ばれ、石動神社と稲荷神社の、それぞれ4基の灯籠が激しくぶつかりあいます!2016年は安全上の理由から中止となりましたが、今年はどうなるでしょうか。「灯籠入舞」以外にも、出店が200店以上あるので、新潟の古式ゆかしいまつりを見物しながら食べ歩くのも楽しそうですね。

「葛塚まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「キャンプ・スキー場ガイド」

新潟 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


新潟 |「ヤスダヨーグルトY&Y GARDEN」買い物も食事も楽しめる、ヤスダヨーグルト直営ショップ

新潟 |「ヤスダヨーグルトY&Y GARDEN」買い物も食事も楽しめる、ヤスダヨーグルト直営ショップ

新鮮な生乳にこだわったドリンクヨーグルトなどの乳製品を中心に、さまざまな商品を新潟から全国へ発信している「ヤスダヨーグルト」。本社・工場の敷地内にある直営ショップには、オリジナルスイーツやフードなど、ここでしか味わうことのできないメニューでいっぱい!自然豊かな空間で、とっておきのおいしさを味わいに、でかけてみませんか?


新潟 |「紅葉ライトアップスポット探訪」幻想的な夜の紅葉狩りを楽しもう

新潟 |「紅葉ライトアップスポット探訪」幻想的な夜の紅葉狩りを楽しもう

朝晩の冷え込みが激しくなり、紅葉が少しずつ、鮮やかに色づきはじめる秋が、今年もやってきました。昼間の青空と紅葉も見応えがありますが、夜の紅葉の美しさも見逃せません。暗夜に照らし出される色とりどりの紅葉は、時間や寒さを忘れてしまうほどの絶景!幻想的な紅葉を愛でにでかけて、秋の夜長を楽しみましょう。


新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

昭和の時代にタイムスリップしたかのように懐かしい。そんな気分になる商店街が新潟市の中心部にある「人情横丁」。新潟ならではの食材やお菓子、雑貨に至るまで、現在は38軒の個性豊かなお店が並び、食事ができる店もたくさんあります。人情あふれるお店の人たちとの会話は心がホッと温まりますよ。世代を超えて楽しめる横丁に寄りなれて!


新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。