青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

この夏、青森で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。青森の「青森ねぶた祭り」、弘前の「弘前ねぷたまつり」、八戸の「八戸三社大祭」、五所川原の「五所川原立佞武多祭り」、むつ市大湊地の「大湊ネブタ」、田名部地の「田名部まつり」。観光などで初めて参加する方にも、地元の方にもお役立ていただけるようまとめました!


7月~8月:豪華絢爛!思わず圧倒される「八戸三社大祭」

「八戸三社大祭」は、江戸時代から受け継がれている、八戸地方のなかで1番大きなお祭りです。国の重要無形民俗文化財でもあり、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」にも登録されていることをご存じでしたか?

おがみ神社・新羅神社・神明宮の「三神社」で行われる神輿行列。そして、神話や歌舞伎などをテーマにつくられた山車の合同運行が、盛り上がる見どころ!高さ10mにもなる大きな山車が道を通ると、その豪華さに思わず歓声をあげてしまうんですよね。夜になるとライトアップされるので、夏の夜空に浮かぶ幻想的な山車運行は、さらに見応えあり。

青森の短い夏のはじまりを飾る「八戸三社大祭」。ここから今年の夏を感じてみてはいかがでしょうか。

「八戸三社大祭」について詳しくはこちら

8月:東北三大祭りのひとつ。大迫力の「青森ねぶた祭り」

毎年多くの来場者数を誇る東北三大祭りのひとつ「青森ねぶた祭り」は、国の重要無形民俗文化財に指定されているほどの一大イベント!

子どもねぶた、地域ねぶた、大型ねぶた、花火大会に海上運行と、見どころ満載です!歴史的な物語などをテーマとしてつくられた華やかで幻想的な「ねぶた(灯篭)」がお囃子とともに青森市の中心街を練り歩きます。大型ねぶたは約20台がいっせいに動き、国道4号線から青森駅前を経由してぐるりと1周する運行ルート。雨天でも、カバーをかけて運行しますので、雨具をお忘れなく。

個人観覧席、団体観覧席のチケットが全国で販売中!すでに一部完売しているそうなので、遠方から参加される方は早めにチェックをどうぞ。さて、今年はどんなテーマのねぶたが見られるのか、楽しみですね。

「青森ねぶた祭り」について詳しくはこちら

8月:津軽の夏の風物詩!「弘前ねぷたまつり」

津軽の夏まつりといえば、城下町である弘前をきらびやかな約80台の山車燈籠が練り歩く「弘前ねぷたまつり」。東北地方のお祭りのなかでも上位となる160万人を超える数の来場者で、大変賑わいます。

地元以外の方は、「青森ねぶた祭り」と「弘前ねぷたまつり」に違いはあるのか?と疑問に思うかもしれません。実は、「ねぶた」は立体的な人型の燈籠なのに対して「ねぷた」は扇型の平面の燈籠だといわれていますが、地域によっても異なります。

文化はさまざまですが、山車の燈籠とともに町を練り歩くという祭りの形式は変わりません。「青森ねぶた」と同じく、「弘前ねぷた」も重要無形民俗文化財に指定されています。「青森ねぶた祭り」の「らっせーらー」に対し、「弘前ねぷたまつり」では「やーやどー」。掛け声が違うのでお間違えなく。

土手町コース、駅前コース、土手町なぬか日コース(7日のみ)と3種類の運行コースを数日に分けて行います。ぜひコースを事前にチェックして観覧してくださいね。

「弘前ねぷたまつり」について詳しくはこちら

8月:高さ23m!巨大なねぶたに会える「五所川原立佞武多祭り」

青森県五所川原市で行われる「五所川原立佞武多祭り(ごしょがわらたちねぷたまつり)」は「青森のねぶた」「弘前ねぷた」と並ぶ、青森三大ねぶたのひとつ。2017年、約80年ぶりに復刻しました。

最大23m・重さ19tという巨大な山車燈籠の運行が見どころ。「やってしまえ!」という意味である「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」という掛け声とともに、五所川原の市街地を練り歩きます。立佞武多の館に展示されている3台の大型立佞武多、そして町内や学校などでつくられた中・小型のねぷた。約15台ほどの山車で大賑わいです。なお、前夜の8月3日(木)は花火大会が行われるので、こちらもお楽しみください!

「五所川原立佞武多祭り」について詳しくはこちら

8月:小型だからこそ、間近で楽しめる「大湊ネブタ」

下北半島の「大湊ネブタ」は、2015年に130周年を迎えた、むつ市・大湊地区の伝統ある祭り。町内会や職場などで立体的な人形ねぶたのクオリティを競い合い、踊り手が躍るむつ・下北の伝統芸芸能「おしまこ流し踊り」や「下北小唄」を楽しむことができます。

「青森ねぶた」や「弘前ねぷた」が全国的に有名ですが、実は下北半島の各地でも、ねぶた祭りは行われているんです。そのなかでも大きいのがこの「大湊ねぶた」。青森ねぶた祭りなどのいわゆる企業ねぶたと違い、ねぶたの完成度、出来栄えを競うというのが大きな見どころ。

さらに、間近でねぶたを見られるのもオススメしたいポイント。青森ねぶたなどと比較すれば小型ではありますが、台車に乗せれば高さ約5mもあるねぶたは、見応え十分です!

「大湊ネブタ」について詳しくはこちら

8月:町ごとにつくる2階建ての山車「田名部まつり」

大湊と同じく、むつ市の田名部地区で行われるのが「田名部(たなぶ)まつり」こと、「田名部神社例大祭」。青森県の無形民俗文化財に指定されています。

およそ370年以上の歴史があるようなので、地元の盛り上がりも大きいですね!見どころは、京都祇園の流れを汲んでいるという5台の山車。横迎町、小川町、柳町、本町、新町の“田名部5町”それぞれに、木製で黒漆塗りの2階建て山車が用意されています。

2階には御神体、1階には乗子(のりこ)と呼ばれる囃子方が乗り、この山車を引いて、田名部地区を練り歩きます。山車(ヤマ)の、昼と夜で変わりが飾るのも楽しみのひとつですね。

「田名部まつり」について詳しくはこちら

関連するキーワード


青森県 八戸 八戸 くらし

関連する投稿


青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森県青森市で開催される「AOMORI COFFEE FESTIVAL」。青森県全域からコーヒーショップやロースター、パン屋さんなどの飲食店が集まり、コーヒーの力で地域活性を図るイベントです。第2回目となる2017年は、10月7日(土)に青森市昭和通り商店街で開催。フェスがもっと楽しみになるポイントをご紹介します!


青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森県青森市にある「space mizuiro.inc」は、野菜から色を抽出してつくった自社製品「おやさいクレヨン」を中心に、原材料やデザインにこだわった文房具や雑貨を取り扱うお店。ギャラリーも兼ねていて、クリエイターによる展示やワークショップなどのイベントも多数開催中。ショッピングと一緒にアートを楽しめます。


黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

青森県黒石市の中町こみせ通りで行われる「黒石こみせまつり」は、郷土芸能の演奏や、ご当地グルメが味わえるおまつり。例年9月の第2土曜日・日曜日に行われ、2017年は9月9日(土)・10日(日)に開催されます。そこで今回は、「黒石こみせまつり」の見どころを、意外と知られていない中町こみせ通りの魅力とともにご紹介します!


青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。