青森 |「工藤パン」イギリストーストに続け!ロングセラー商品の数々

青森 |「工藤パン」イギリストーストに続け!ロングセラー商品の数々

青森県青森市に、パンと和洋菓子の製造工場を構える「工藤パン」。青森県民から「くどパン」の愛称で親しまれ、なじみの商品を数々つくり出している有名製パンメーカーです。1932年にむつ市の小さなパン屋さんからはじまり、今やテレビにも取り上げられるほど有名に。全国からも注目が集まる「工藤パン」の魅力をご紹介します!


「工藤パン」といえば、やっぱり「イギリストースト」!

青森県民なら誰もが知っている「工藤パン」、その「工藤パン」の代名詞ともいえる超ロングセラー商品が「イギリストースト」。発売からおよそ50年を経てなお、年間500万食も出荷されている青森県民のソウルフードです。

そのつくり方は、薄切りの山型食パンにマーガリンを塗り、グラニュー糖をかけてサンドするといういたってシンプルなもの。ですが、創業者自らが研究に研究を重ね、独自の絶妙なバランスをつくり出しています。マーガリンやパンの厚みに至るまで、「工藤パン」のオリジナルなのだとか。

ちなみにパッケージに使われているイギリス国旗。“イギリスに怒られないのか”という声もあるそうですが、イギリス大使館に確認し常識の範囲内での使用であれば問題ないと、お墨付きをいただいているそうです。

近くにはこんなスポットも!

「イギリストースト」は変幻自在!伝統と革新が同居するラインナップ

実はこの「イギリストースト」、季節にあわせてさまざまな新商品が誕生しているほか、コラボレーションも実施しています。ブレンドコーヒー、小倉&マーガリンなどの定番もありますが、過去に販売されたイギリスフレンチトースト(ピザ風)は「多国籍すぎる」と大きな話題になりました。

コラボレーションの例としては、青森を代表するおまつりの“ねぶたバージョン”や、人気アニメをはじめとしたメディアとのコラボレーションを実現。今後、どのようなコラボレーションが行なわれるか、目が離せませんね!

また、三角形のパンにカステラとクリームがサンドされた「カステラサンド」など「工藤パン」が誇るロングセラー商品もあるほか、最近では幅約20センチメートルの菓子パン「ジャンボ」や、さらに大きな「ビッグジャンボ」なる商品も復活。懐かしの商品と、新しい商品が混在する「工藤パン」のラインナップなら、世代を超えて好きなパン談義ができそうです。

パンの力で世界遺産登録を応援!

全国的にも有名になった縄文遺跡群の「三内丸山遺跡」と「工藤パン」のコラボ商品もあるって知っていましたか?それが、世界遺産登録応援企画として2017年3月に発売した「どぐうあんパン」と「どぐうパンケーキ」です。

縄文遺跡に対する関心を高めるために、青森県庁内の世界遺産登録推進室から「工藤パン」に依頼があり、この企画が実現しました。

遮光器土偶をモチーフにした「どぐうあんパン」は、縄文人も食していたというくるみをごろごろ入れたこしあんを包み、エゴマをトッピング。板状土偶をモチーフにした「どぐうパンケーキ」は、ザクザクとしたココアクッキー入りのチョコクリームとホイップクリームをサンドし、地層を表現しています。

随所に縄文文化がちりばめられた“くどパンのどぐパン”効果で、世界遺産登録も夢ではないかもしれませんね!

「工藤パン」をもっと身近に

全国展開だと思い込んでいた人もいるほど、地元民に愛されている「工藤パン」。昔から変わらない味も大切にしながら、ニーズにあわせた商品展開を続けていく姿勢が多くの人の心をつかんでいるのかもしれません。

「工藤パン」公式ホームページでは、毎月1日に新商品の情報が公開されています。毎月数種類の新商品が出ているので、ぜひホームページもチェックしてみてください。

「工藤パン」の魅力をもっと知ろう!ななびチェック!

昔ながらの味がたくさん!

「工藤パン」は超ロングセラーの商品が数々。給食に出ていた、学校帰りに食べたなど、大人もお子さんも同じ味を知っているというのは、親子の会話にもつながりそうですね。

定番商品以外に季節限定商品も

季節の行事にあわせた商品を、手頃な価格で販売。お団子やケーキなどでお祝いするのもオススメです。

「イギリストースト」のお気に入りの食べ方を発見

袋から出してそのままパクリはもちろん、1枚ずつにしたり、折ったり、トーストしたりとさまざまな楽しみ方があります。食べ方によって味わいも変わるので、お好みの食べ方を探してみるのもおもしろいかもしれません。

関連する投稿


南部 |「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」古民家茶屋でいただく、懐かしの家庭料理と名物あんぱん

南部 |「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」古民家茶屋でいただく、懐かしの家庭料理と名物あんぱん

青森県南部町にある「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」は、戦前に建てられた古民家を改装してつくられた古民家茶屋。どこか懐かしい家庭料理や、同居するパン屋さんの名物あんぱんなどを提供しています。今回は、リピーター続出のおいしいメニューはもちろん、お店の魅力までたっぷりとご紹介します!


青森 |「地元のおいしさがいっぱい!朝市特集」館鼻岸壁朝市、陸奥湊駅前朝市

青森 |「地元のおいしさがいっぱい!朝市特集」館鼻岸壁朝市、陸奥湊駅前朝市

日曜などの早朝に、農産物や加工品などが売られる定期市「朝市」。定期または不定期開催で開催される特別なマーケットで、旬のおいしいグルメを比較的安価で手に入れることができます。今回は、青森県内で行なわれている「朝市」をご紹介します!


弘前 |「green」心豊かな暮らしを提案する、“人と地球に優しい”セレクトショップ

弘前 |「green」心豊かな暮らしを提案する、“人と地球に優しい”セレクトショップ

青森県弘前市にあるセレクトショップ「green」。“人と地球に優しい”をテーマに、心豊かな暮らしになる商品を取り扱っています。今回は、特別な人に送りたくなるアイテムから、いつも持ち歩いたり身につけたくなるようなアイテムまで、ジャンルごとにたっぷりとご紹介します!


青森 |「時の市」開催!大仏のもとで古きよきものと出会うイベント

青森 |「時の市」開催!大仏のもとで古きよきものと出会うイベント

青森市にある全仏山青龍寺で、毎年春と秋に「時の市」というイベントが開催されます。日本一の青銅座像・昭和大仏のある境内に、古道具などを販売する蚤の市をはじめ、クラフトブース、飲食ブース、ワークショップなどが並び、自然のなかで古きよきものにふれあえる2日間です。


八戸 |「フルーツパーラーおだわら」厳選フルーツを心ゆくまで堪能!

八戸 |「フルーツパーラーおだわら」厳選フルーツを心ゆくまで堪能!

青森県八戸市の本八戸駅から、徒歩5分ほどにある「フルーツパーラーおだわら」。1965年創業の「小田原青果」に併設されたパーラーです。青果店ならではの厳選フレッシュフルーツは、老若男女問わずとりこになってしまうおいしさなんだとか。今回は、そんな絶品フルーツをふんだんに使用した人気メニューをたっぷりとご紹介します!


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!