青森 |「工藤パン」イギリストーストに続け!ロングセラー商品の数々

青森 |「工藤パン」イギリストーストに続け!ロングセラー商品の数々

青森県青森市に、パンと和洋菓子の製造工場を構える「工藤パン」。青森県民から「くどパン」の愛称で親しまれ、なじみの商品を数々つくり出している有名製パンメーカーです。1932年にむつ市の小さなパン屋さんからはじまり、今やテレビにも取り上げられるほど有名に。全国からも注目が集まる「工藤パン」の魅力をご紹介します!


「工藤パン」といえば、やっぱり「イギリストースト」!

青森県民なら誰もが知っている「工藤パン」、その「工藤パン」の代名詞ともいえる超ロングセラー商品が「イギリストースト」。発売からおよそ50年を経てなお、年間500万食も出荷されている青森県民のソウルフードです。

そのつくり方は、薄切りの山型食パンにマーガリンを塗り、グラニュー糖をかけてサンドするといういたってシンプルなもの。ですが、創業者自らが研究に研究を重ね、独自の絶妙なバランスをつくり出しています。マーガリンやパンの厚みに至るまで、「工藤パン」のオリジナルなのだとか。

ちなみにパッケージに使われているイギリス国旗。“イギリスに怒られないのか”という声もあるそうですが、イギリス大使館に確認し常識の範囲内での使用であれば問題ないと、お墨付きをいただいているそうです。

近くにはこんなスポットも!

「イギリストースト」は変幻自在!伝統と革新が同居するラインナップ

実はこの「イギリストースト」、季節にあわせてさまざまな新商品が誕生しているほか、コラボレーションも実施しています。ブレンドコーヒー、小倉&マーガリンなどの定番もありますが、過去に販売されたイギリスフレンチトースト(ピザ風)は「多国籍すぎる」と大きな話題になりました。

コラボレーションの例としては、青森を代表するおまつりの“ねぶたバージョン”や、人気アニメをはじめとしたメディアとのコラボレーションを実現。今後、どのようなコラボレーションが行なわれるか、目が離せませんね!

また、三角形のパンにカステラとクリームがサンドされた「カステラサンド」など「工藤パン」が誇るロングセラー商品もあるほか、最近では幅約20センチメートルの菓子パン「ジャンボ」や、さらに大きな「ビッグジャンボ」なる商品も復活。懐かしの商品と、新しい商品が混在する「工藤パン」のラインナップなら、世代を超えて好きなパン談義ができそうです。

パンの力で世界遺産登録を応援!

全国的にも有名になった縄文遺跡群の「三内丸山遺跡」と「工藤パン」のコラボ商品もあるって知っていましたか?それが、世界遺産登録応援企画として2017年3月に発売した「どぐうあんパン」と「どぐうパンケーキ」です。

縄文遺跡に対する関心を高めるために、青森県庁内の世界遺産登録推進室から「工藤パン」に依頼があり、この企画が実現しました。

遮光器土偶をモチーフにした「どぐうあんパン」は、縄文人も食していたというくるみをごろごろ入れたこしあんを包み、エゴマをトッピング。板状土偶をモチーフにした「どぐうパンケーキ」は、ザクザクとしたココアクッキー入りのチョコクリームとホイップクリームをサンドし、地層を表現しています。

随所に縄文文化がちりばめられた“くどパンのどぐパン”効果で、世界遺産登録も夢ではないかもしれませんね!

「工藤パン」をもっと身近に

全国展開だと思い込んでいた人もいるほど、地元民に愛されている「工藤パン」。昔から変わらない味も大切にしながら、ニーズにあわせた商品展開を続けていく姿勢が多くの人の心をつかんでいるのかもしれません。

「工藤パン」公式ホームページでは、毎月1日に新商品の情報が公開されています。毎月数種類の新商品が出ているので、ぜひホームページもチェックしてみてください。

「工藤パン」の魅力をもっと知ろう!ななびチェック!

昔ながらの味がたくさん!

「工藤パン」は超ロングセラーの商品が数々。給食に出ていた、学校帰りに食べたなど、大人もお子さんも同じ味を知っているというのは、親子の会話にもつながりそうですね。

定番商品以外に季節限定商品も

季節の行事にあわせた商品を、手頃な価格で販売。お団子やケーキなどでお祝いするのもオススメです。

「イギリストースト」のお気に入りの食べ方を発見

袋から出してそのままパクリはもちろん、1枚ずつにしたり、折ったり、トーストしたりとさまざまな楽しみ方があります。食べ方によって味わいも変わるので、お好みの食べ方を探してみるのもおもしろいかもしれません。

関連する投稿


十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

日本を代表する渓流美として有名な奥入瀬渓流は、青森県の十和田湖“子ノ口”から“焼山”までを流れる約14キロの奥入瀬川の渓流で、八幡平国立公園に所属しています。その入り口にある「奥入瀬渓流館」は、奥入瀬渓流の自然を学び、味わいながら楽しめる施設。今回は、そんな奥入瀬渓流館の魅力をご紹介します。


青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森市の駅前公園に隣接する「三ッ星製パン」。販売しているパンのひとつひとつに、ターゲットやテーマを決めているというこだわりのメニューが並びます。一見小ぶりに見えるパンですが、実はおいしさの秘密が詰まっているのだとか。今回は、ここでしか味わえないこだわりのパンの魅力をたっぷりとご紹介します!


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


最新の投稿


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。