青森 |「工藤パン」イギリストーストに続け!ロングセラー商品の数々

青森 |「工藤パン」イギリストーストに続け!ロングセラー商品の数々

青森県青森市に、パンと和洋菓子の製造工場を構える「工藤パン」。青森県民から「くどパン」の愛称で親しまれ、なじみの商品を数々つくり出している有名製パンメーカーです。1932年にむつ市の小さなパン屋さんからはじまり、今やテレビにも取り上げられるほど有名に。全国からも注目が集まる「工藤パン」の魅力をご紹介します!


「工藤パン」といえば、やっぱり「イギリストースト」!

青森県民なら誰もが知っている「工藤パン」、その「工藤パン」の代名詞ともいえる超ロングセラー商品が「イギリストースト」。発売からおよそ50年を経てなお、年間500万食も出荷されている青森県民のソウルフードです。

そのつくり方は、薄切りの山型食パンにマーガリンを塗り、グラニュー糖をかけてサンドするといういたってシンプルなもの。ですが、創業者自らが研究に研究を重ね、独自の絶妙なバランスをつくり出しています。マーガリンやパンの厚みに至るまで、「工藤パン」のオリジナルなのだとか。

ちなみにパッケージに使われているイギリス国旗。“イギリスに怒られないのか”という声もあるそうですが、イギリス大使館に確認し常識の範囲内での使用であれば問題ないと、お墨付きをいただいているそうです。

近くにはこんなスポットも!

「イギリストースト」は変幻自在!伝統と革新が同居するラインナップ

実はこの「イギリストースト」、季節にあわせてさまざまな新商品が誕生しているほか、コラボレーションも実施しています。ブレンドコーヒー、小倉&マーガリンなどの定番もありますが、過去に販売されたイギリスフレンチトースト(ピザ風)は「多国籍すぎる」と大きな話題になりました。

コラボレーションの例としては、青森を代表するおまつりの“ねぶたバージョン”や、人気アニメをはじめとしたメディアとのコラボレーションを実現。今後、どのようなコラボレーションが行なわれるか、目が離せませんね!

また、三角形のパンにカステラとクリームがサンドされた「カステラサンド」など「工藤パン」が誇るロングセラー商品もあるほか、最近では幅約20センチメートルの菓子パン「ジャンボ」や、さらに大きな「ビッグジャンボ」なる商品も復活。懐かしの商品と、新しい商品が混在する「工藤パン」のラインナップなら、世代を超えて好きなパン談義ができそうです。

パンの力で世界遺産登録を応援!

全国的にも有名になった縄文遺跡群の「三内丸山遺跡」と「工藤パン」のコラボ商品もあるって知っていましたか?それが、世界遺産登録応援企画として2017年3月に発売した「どぐうあんパン」と「どぐうパンケーキ」です。

縄文遺跡に対する関心を高めるために、青森県庁内の世界遺産登録推進室から「工藤パン」に依頼があり、この企画が実現しました。

遮光器土偶をモチーフにした「どぐうあんパン」は、縄文人も食していたというくるみをごろごろ入れたこしあんを包み、エゴマをトッピング。板状土偶をモチーフにした「どぐうパンケーキ」は、ザクザクとしたココアクッキー入りのチョコクリームとホイップクリームをサンドし、地層を表現しています。

随所に縄文文化がちりばめられた“くどパンのどぐパン”効果で、世界遺産登録も夢ではないかもしれませんね!

「工藤パン」をもっと身近に

全国展開だと思い込んでいた人もいるほど、地元民に愛されている「工藤パン」。昔から変わらない味も大切にしながら、ニーズにあわせた商品展開を続けていく姿勢が多くの人の心をつかんでいるのかもしれません。

「工藤パン」公式ホームページでは、毎月1日に新商品の情報が公開されています。毎月数種類の新商品が出ているので、ぜひホームページもチェックしてみてください。

「工藤パン」の魅力をもっと知ろう!ななびチェック!

昔ながらの味がたくさん!

「工藤パン」は超ロングセラーの商品が数々。給食に出ていた、学校帰りに食べたなど、大人もお子さんも同じ味を知っているというのは、親子の会話にもつながりそうですね。

定番商品以外に季節限定商品も

季節の行事にあわせた商品を、手頃な価格で販売。お団子やケーキなどでお祝いするのもオススメです。

「イギリストースト」のお気に入りの食べ方を発見

袋から出してそのままパクリはもちろん、1枚ずつにしたり、折ったり、トーストしたりとさまざまな楽しみ方があります。食べ方によって味わいも変わるので、お好みの食べ方を探してみるのもおもしろいかもしれません。

関連するキーワード


青森県 青森市 グルメ

関連する投稿


十和田 |「アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション」青色イルミネーション×アートの幻想的な世界

十和田 |「アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション」青色イルミネーション×アートの幻想的な世界

青森県十和田市で開催される「アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション」は、アートの街・十和田ならではの、作品とイルミネーションのコラボが美しいイベント。会場は日中から様変わりした景色が広がり、幻想的な雰囲気が楽しめます。今回は、イルミネーションの見どころや、同時開催のイベントの魅力もたっぷりご紹介します!


青森 |「冬のおでかけイベントガイド」あおもり雪灯りまつり、弘前城雪燈籠まつり、十和田湖冬物語、青森冬まつりなど

青森 |「冬のおでかけイベントガイド」あおもり雪灯りまつり、弘前城雪燈籠まつり、十和田湖冬物語、青森冬まつりなど

寒さが厳しい日が続きますが、冬ならではのイベントが各地で開催中です!キリッと冷えた空気だからこそ美しく輝くライトアップイベントや、ウィンタースポーツ、レジャーでのアクティビティなど、盛りだくさんです!今回は、この冬、ぜひご家族ででかけたい冬のイベントをご紹介します。


青森 |「青森魚菜センター」白飯がススム!名物のっけ丼とふるさとの味

青森 |「青森魚菜センター」白飯がススム!名物のっけ丼とふるさとの味

青森県青森市の「青森魚菜センター」は、青森駅から徒歩5分のところにある新鮮食材やお惣菜などが並ぶ市場です。創立40年以上の歴史ある「青森魚菜センター」は、丼ぶりご飯に好きな具材をのっけて食べる、元祖「のっけ丼」の市場として有名。今回は名物「のっけ丼」はもちろん、ご飯がどんどんススムおいしい食材までたっぷりご紹介します!


青森 |「津軽びいどろ」北洋硝子から生み出される伝統工芸品の美しさとぬくもり

青森 |「津軽びいどろ」北洋硝子から生み出される伝統工芸品の美しさとぬくもり

青森市には、「津軽びいどろ」という手づくりのガラス製品を生産しているガラス製造会社「北洋硝子株式会社」があります。青森県の伝統工芸士としても認定される技をもつ職人たちが、ガラスからつくりだす日本の四季折々の彩りは、格別の美しさ!人々を魅了してやまないその魅力をご紹介します。


青森 |「キャンプ・スキー場ガイド」

青森 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。