秋田 |「秋田竿燈まつり」、「能代の花火」…2017年秋田の夏まつりまとめ

秋田 |「秋田竿燈まつり」、「能代の花火」…2017年秋田の夏まつりまとめ

この夏、秋田県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。7月の能代市開催「港まつり 能代の花火」、8月の秋田市開催「秋田竿燈まつり」、大仙市開催「大曲の花火 全国花火競技大会」、能代市開催「能代七夕 天空の不夜城」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


7月:テーマは“楽しくなければ能代じゃない”!「港まつり 能代の花火」

毎年20万人もの覧客を集めている、秋田県能代市の「港まつり 能代の花火」。世界自然遺産である白神山地を背に、合計15,000発をも打ち上げる壮大な花火ショーです。

第15回となる今回の開催テーマは「楽しくなければ能代じゃない!年中夢中!」。秋田県の4社で競い合う「競演幻想花火」や、最大とされる三尺玉、そして短時間で大量に打ち上げられるスターマイン「メッセージ花火」!趣向を凝らした花火が次々と打ち上げられる光景は圧巻です。

安全のため、会場内はすべて指定席となっています。会場の能代港下浜ふ頭までは、シャトルバスも出ていますよ。

「港まつり 能代の花火」について詳しくはこちら

8月:横手焼きそばなどご当地グルメも味わえる「秋田竿燈まつり」

真夏の病魔・邪気を払う「ねぶり流し」を原型としているといわれている「秋田竿燈まつり」。竿燈を稲穂、提灯を米俵に見立てて豊作を祈ります。「青森ねぶた祭」、「仙台七夕まつり」とともに東北三大祭りのひとつです。

「秋田竿燈まつり」は、豪華な山車やお神輿を使わないシンプルな祭りスタイル。竹竿と提灯でつくられた竿燈と、太鼓や笛で奏でるお囃子で祭りを飾ります。「秋田竿燈まつり」は昼と夜の部があり、昼竿燈は秋田駅前の中通りにある「エリアなかいち」のにぎわい広場で9:00から、夜本番は竿燈大通りで18:50から竿燈が入場します。

竿燈演技がメインですが、ほかにも秋田駅西口側のアゴラ広場の「竿燈体験コーナー」や、市役所会場・中央会場の「竿燈屋台村」など、お楽しみが盛りだくさん。秋田商工会議所が主催の「ご当地グルメフェスティバル」も同時開催なので、地元グルメも堪能できますよ!

「秋田竿燈まつり」について詳しくはこちら

8月:創造性豊かな花火が夜空を飾る「大曲の花火 全国花火競技大会」

大仙市大曲の雄物川河川敷で開催される「大曲の花火 全国花火競技大会」。会場はJR大曲駅から徒歩で約30分かかりますので、当日は余裕をもって行動するのがオススメです。

「大曲の花火」の見どころは、花火職人が自らの手で打ち上げて競う、正真正銘の「競技大会」であるところ。競技玉として創造花火が採用されたことで、花火と音楽が融合したエンターテイメントな花火が、真夏の夜空に花を咲かせます。

すでに桟敷席のチケット販売は完売。ですが、自由席「有料自由観覧エリア」での観覧は可能です。「有料自由観覧エリア」は大曲花火大橋側と姫神橋川の2ヶ所。当日の朝6:00から入場待機場所がオープンしますが、6:00より前に並びはじめること、テント・パラソルの設営はNGですのでご注意を。「有料自由観覧エリア」へは9:30頃から入場できますので、待機するための準備もお忘れなく。

「大曲の花火 全国花火競技大会」について詳しくはこちら

8月:時代を超えて復活!「能代七夕 天空の不夜城」

その昔、秋田県能代市で伝統的に行われていた七夕「能代七夕」が1世紀を超え、2013年に能代七夕「天空の不夜城」として蘇りました!長方形の灯籠を、子どもたちが頭にのせ、城郭型の巨大な灯籠を引いて練り歩くお祭りです。高さ17.メートルの「嘉六(かろく)」と、24.1メートルの「愛季(ちかすえ)」、2基の大型灯籠が国道101号の能代市役所から通町の区間を運行します。

開催2日目は秋田駅と能代駅間を結ぶ電車「天空の不夜城号」が運行されます。会場では、イス付きの有料観覧席もあります。

「能代七夕 天空の不夜城」について詳しくはこちら

関連する投稿


小坂 |イルミネーションが輝く「クリスマスマーケット in 小坂2017」

小坂 |イルミネーションが輝く「クリスマスマーケット in 小坂2017」

もうすぐクリスマス!きらめくイルミネーションや聞こえてくるクリスマスソングに胸を弾ませる時期ですね。「クリスマスまでの約1ヶ月をもっと楽しく過ごしたい!」「これから本格的に準備をしたい!」という方はぜひ小坂町へ。12月2日(土)から12月23日(土・祝)までの毎週土曜日、町ではクリスマスマーケットが開催中です。


秋田 |【ななび連載:秋田編vol.4】遊んで学ぶ!子どもと行きたい無料おでかけスポット

秋田 |【ななび連載:秋田編vol.4】遊んで学ぶ!子どもと行きたい無料おでかけスポット

好奇心旺盛な子どもたちの、ワクワクドキドキを学びにつなげられる場所をご存じですか?今回は遊びを交えながら新しい発見をしたり楽しく学んだりできる秋田市の2スポットをご紹介。どちらの施設も見どころが満載なうえ、無料で利用できるので(有料のイベントや企画展などを除く)、気軽に訪れてくださいね。


秋田 |【ななび連載:秋田編vol.3】パンケーキがおいしい♪おしゃれな一軒家カフェ

秋田 |【ななび連載:秋田編vol.3】パンケーキがおいしい♪おしゃれな一軒家カフェ

子どもも大人も大好きなパンケーキ。丸い形とフワフワ食感、甘いメープルシロップやアイスクリーム…。ひと口ほおばると幸せな気持ちになりますよね。そこで今回は、秋田市内で人気のパンケーキ店をご紹介。パンケーキはもちろん、居心地抜群の店内にも注目を。一軒家ならではの洗練された空間もお楽しみください。


秋田 |「キャンプ・スキー場ガイド」

秋田 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


秋田 |【ななび連載:秋田編vol.2】秋田ならではのショッピングを楽しもう!

秋田 |【ななび連載:秋田編vol.2】秋田ならではのショッピングを楽しもう!

普段の買い物から、大切な誰かへのお土産やプレゼントまで、秋田市内には地元の名産品を扱うショッピングスポットがたくさん。今回は秋田市民によく知られた買い物スポットに加え、秋田産の素材を使った注目アイテムもご紹介します!


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。