秋田 |「秋田竿燈まつり」、「能代の花火」…2017年秋田の夏まつりまとめ

秋田 |「秋田竿燈まつり」、「能代の花火」…2017年秋田の夏まつりまとめ

この夏、秋田県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。7月の能代市開催「港まつり 能代の花火」、8月の秋田市開催「秋田竿燈まつり」、大仙市開催「大曲の花火 全国花火競技大会」、能代市開催「能代七夕 天空の不夜城」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


7月:テーマは“楽しくなければ能代じゃない”!「港まつり 能代の花火」

毎年20万人もの覧客を集めている、秋田県能代市の「港まつり 能代の花火」。世界自然遺産である白神山地を背に、合計15,000発をも打ち上げる壮大な花火ショーです。

第15回となる今回の開催テーマは「楽しくなければ能代じゃない!年中夢中!」。秋田県の4社で競い合う「競演幻想花火」や、最大とされる三尺玉、そして短時間で大量に打ち上げられるスターマイン「メッセージ花火」!趣向を凝らした花火が次々と打ち上げられる光景は圧巻です。

安全のため、会場内はすべて指定席となっています。会場の能代港下浜ふ頭までは、シャトルバスも出ていますよ。

「港まつり 能代の花火」について詳しくはこちら

8月:横手焼きそばなどご当地グルメも味わえる「秋田竿燈まつり」

真夏の病魔・邪気を払う「ねぶり流し」を原型としているといわれている「秋田竿燈まつり」。竿燈を稲穂、提灯を米俵に見立てて豊作を祈ります。「青森ねぶた祭」、「仙台七夕まつり」とともに東北三大祭りのひとつです。

「秋田竿燈まつり」は、豪華な山車やお神輿を使わないシンプルな祭りスタイル。竹竿と提灯でつくられた竿燈と、太鼓や笛で奏でるお囃子で祭りを飾ります。「秋田竿燈まつり」は昼と夜の部があり、昼竿燈は秋田駅前の中通りにある「エリアなかいち」のにぎわい広場で9:00から、夜本番は竿燈大通りで18:50から竿燈が入場します。

竿燈演技がメインですが、ほかにも秋田駅西口側のアゴラ広場の「竿燈体験コーナー」や、市役所会場・中央会場の「竿燈屋台村」など、お楽しみが盛りだくさん。秋田商工会議所が主催の「ご当地グルメフェスティバル」も同時開催なので、地元グルメも堪能できますよ!

「秋田竿燈まつり」について詳しくはこちら

8月:創造性豊かな花火が夜空を飾る「大曲の花火 全国花火競技大会」

大仙市大曲の雄物川河川敷で開催される「大曲の花火 全国花火競技大会」。会場はJR大曲駅から徒歩で約30分かかりますので、当日は余裕をもって行動するのがオススメです。

「大曲の花火」の見どころは、花火職人が自らの手で打ち上げて競う、正真正銘の「競技大会」であるところ。競技玉として創造花火が採用されたことで、花火と音楽が融合したエンターテイメントな花火が、真夏の夜空に花を咲かせます。

すでに桟敷席のチケット販売は完売。ですが、自由席「有料自由観覧エリア」での観覧は可能です。「有料自由観覧エリア」は大曲花火大橋側と姫神橋川の2ヶ所。当日の朝6:00から入場待機場所がオープンしますが、6:00より前に並びはじめること、テント・パラソルの設営はNGですのでご注意を。「有料自由観覧エリア」へは9:30頃から入場できますので、待機するための準備もお忘れなく。

「大曲の花火 全国花火競技大会」について詳しくはこちら

8月:時代を超えて復活!「能代七夕 天空の不夜城」

その昔、秋田県能代市で伝統的に行われていた七夕「能代七夕」が1世紀を超え、2013年に能代七夕「天空の不夜城」として蘇りました!長方形の灯籠を、子どもたちが頭にのせ、城郭型の巨大な灯籠を引いて練り歩くお祭りです。高さ17.メートルの「嘉六(かろく)」と、24.1メートルの「愛季(ちかすえ)」、2基の大型灯籠が国道101号の能代市役所から通町の区間を運行します。

開催2日目は秋田駅と能代駅間を結ぶ電車「天空の不夜城号」が運行されます。会場では、イス付きの有料観覧席もあります。

「能代七夕 天空の不夜城」について詳しくはこちら

関連する投稿


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。


横手 |「秋田ふるさと村」遊んで、つくって、味わって1日過ごせるアミューズメントスポット

横手 |「秋田ふるさと村」遊んで、つくって、味わって1日過ごせるアミューズメントスポット

かまくらと横手やきそばで有名な秋田県横手市の中心に位置する「秋田ふるさと村」は、東京ドーム4個分という広い敷地に建つアミューズメントスポット。子どもと一緒に楽しめるアトラクションを数多く備えていることもあって、休日は親子連れでにぎわいます。今回は人気どころをピックアップしてご紹介しましょう。


秋田 |「秋田竿燈まつり」秋田の夏を熱くする迫力の妙技に大興奮!

秋田 |「秋田竿燈まつり」秋田の夏を熱くする迫力の妙技に大興奮!

東北三大祭りのひとつに数えられ、秋田の夏を風物詩でもある「秋田竿燈まつり」が、今年も8月3日(木)~6日(日)の4日間にわたって開催されます。幻想的な明かりを放つ竿燈が集まり、軽快なお囃子とともに見事な演技を行う時間は興奮の連続!この迫力をぜひ会場で体感してください!


仙北 |「山のはちみつ屋」お菓子やピザも!田沢湖近くのハニーワールド

仙北 |「山のはちみつ屋」お菓子やピザも!田沢湖近くのハニーワールド

やさしい甘さと香りで、口にするたび幸せな気分にさせてくれるハチミツ。そのままでも、お菓子や料理に使ってもおいしいハチミツですが、実は秋田が日本有数の生産地だということをご存知ですか。田沢湖近くの「山のはちみつ屋」は、秋田産をはじめとした国内外のハチミツや加工商品を扱う専門店。ドライブを兼ねて甘い世界に足を運んでみて。


大仙 |「バンフィール」大切な人と食べたい本格洋食のお店

大仙 |「バンフィール」大切な人と食べたい本格洋食のお店

秋田県大仙市にある洋食屋さん「バンフィール」。2001年にオープンして以来、オムライスをはじめビーフシチューなどの本格的な洋食が楽しめる隠れ家レストランとして人気のお店。ご家族やカップルの思い出づくりにオススメのグルメスポット「バンフィール」を、さっそくご紹介します。


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。