秋田 |「秋田竿燈まつり」、「能代の花火」…2017年秋田の夏まつりまとめ

秋田 |「秋田竿燈まつり」、「能代の花火」…2017年秋田の夏まつりまとめ

この夏、秋田県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。7月の能代市開催「港まつり 能代の花火」、8月の秋田市開催「秋田竿燈まつり」、大仙市開催「大曲の花火 全国花火競技大会」、能代市開催「能代七夕 天空の不夜城」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


7月:テーマは“楽しくなければ能代じゃない”!「港まつり 能代の花火」

毎年20万人もの覧客を集めている、秋田県能代市の「港まつり 能代の花火」。世界自然遺産である白神山地を背に、合計15,000発をも打ち上げる壮大な花火ショーです。

第15回となる今回の開催テーマは「楽しくなければ能代じゃない!年中夢中!」。秋田県の4社で競い合う「競演幻想花火」や、最大とされる三尺玉、そして短時間で大量に打ち上げられるスターマイン「メッセージ花火」!趣向を凝らした花火が次々と打ち上げられる光景は圧巻です。

安全のため、会場内はすべて指定席となっています。会場の能代港下浜ふ頭までは、シャトルバスも出ていますよ。

「港まつり 能代の花火」について詳しくはこちら

8月:横手焼きそばなどご当地グルメも味わえる「秋田竿燈まつり」

真夏の病魔・邪気を払う「ねぶり流し」を原型としているといわれている「秋田竿燈まつり」。竿燈を稲穂、提灯を米俵に見立てて豊作を祈ります。「青森ねぶた祭」、「仙台七夕まつり」とともに東北三大祭りのひとつです。

「秋田竿燈まつり」は、豪華な山車やお神輿を使わないシンプルな祭りスタイル。竹竿と提灯でつくられた竿燈と、太鼓や笛で奏でるお囃子で祭りを飾ります。「秋田竿燈まつり」は昼と夜の部があり、昼竿燈は秋田駅前の中通りにある「エリアなかいち」のにぎわい広場で9:00から、夜本番は竿燈大通りで18:50から竿燈が入場します。

竿燈演技がメインですが、ほかにも秋田駅西口側のアゴラ広場の「竿燈体験コーナー」や、市役所会場・中央会場の「竿燈屋台村」など、お楽しみが盛りだくさん。秋田商工会議所が主催の「ご当地グルメフェスティバル」も同時開催なので、地元グルメも堪能できますよ!

「秋田竿燈まつり」について詳しくはこちら

8月:創造性豊かな花火が夜空を飾る「大曲の花火 全国花火競技大会」

大仙市大曲の雄物川河川敷で開催される「大曲の花火 全国花火競技大会」。会場はJR大曲駅から徒歩で約30分かかりますので、当日は余裕をもって行動するのがオススメです。

「大曲の花火」の見どころは、花火職人が自らの手で打ち上げて競う、正真正銘の「競技大会」であるところ。競技玉として創造花火が採用されたことで、花火と音楽が融合したエンターテイメントな花火が、真夏の夜空に花を咲かせます。

すでに桟敷席のチケット販売は完売。ですが、自由席「有料自由観覧エリア」での観覧は可能です。「有料自由観覧エリア」は大曲花火大橋側と姫神橋川の2ヶ所。当日の朝6:00から入場待機場所がオープンしますが、6:00より前に並びはじめること、テント・パラソルの設営はNGですのでご注意を。「有料自由観覧エリア」へは9:30頃から入場できますので、待機するための準備もお忘れなく。

「大曲の花火 全国花火競技大会」について詳しくはこちら

8月:時代を超えて復活!「能代七夕 天空の不夜城」

その昔、秋田県能代市で伝統的に行われていた七夕「能代七夕」が1世紀を超え、2013年に能代七夕「天空の不夜城」として蘇りました!長方形の灯籠を、子どもたちが頭にのせ、城郭型の巨大な灯籠を引いて練り歩くお祭りです。高さ17.メートルの「嘉六(かろく)」と、24.1メートルの「愛季(ちかすえ)」、2基の大型灯籠が国道101号の能代市役所から通町の区間を運行します。

開催2日目は秋田駅と能代駅間を結ぶ電車「天空の不夜城号」が運行されます。会場では、イス付きの有料観覧席もあります。

「能代七夕 天空の不夜城」について詳しくはこちら

関連する投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


秋田 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋田 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


大館 |「第45回本場大館きりたんぽまつり2017」で大館グルメを堪能!

大館 |「第45回本場大館きりたんぽまつり2017」で大館グルメを堪能!

大館市はおいしい米の産地であり、日本三大地鶏のひとつ、比内地鶏のふるさと。「きりたんぽ鍋」は、そんな地の利から生まれた郷土料理です。2017年10月7日(土)~9日(日)に開催される「本場大館きりたんぽまつり」は、毎年多くの人が訪れる食の一大イベントで、きりたんぽをはじめとする大館の食と文化が体験できます。


横手 |「いものこまつり in 鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつり in 鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつり in 鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

秋田県羽後町が誇る特産品、「羽後牛」を堪能できる毎年恒例のおまつり、「うご牛(べこ)まつり」が、今年も9月3日(日)に「五輪坂温泉としとらんど」で開催されます。当日は羽後牛のバーベキューをメインに、子どもから大人まで楽しめるイベントが満載!家族そろって訪れてみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。