宮城 |「塩竈みなと祭」、「仙台七夕まつり」…2017年宮城の夏まつりまとめ

宮城 |「塩竈みなと祭」、「仙台七夕まつり」…2017年宮城の夏まつりまとめ

この夏、宮城県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。7月に塩竈市で行なわれる「塩竈みなと祭」、石巻市で開催される「石巻川開き祭り」、8月に仙台市で行なわれる「仙台七夕まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


7月:御座船に揺られて、神が渡る!「塩竈みなと祭」

昭和23年からはじまった、歴史ある「塩竈みなと祭」。毎年7月の第3月曜日、海の日に行なわれる海のお祭りで、今年は7月17日(月)に開催されます。

メインイベントは陸奥国一之宮鹽竈神社・志波彦神社のお神輿をそれぞれ御座船に奉安し、松島湾内を渡御すること。鹽竈神社のお神輿を乗せる船が「鳳凰丸」。志波彦神社のお神輿を乗せる船が「龍鳳丸」。鳳凰と龍を模してデザインされた絢爛豪華な姿は見どころのひとつです!日本三景の松島湾を、100隻を超える漁船とともに、太鼓や笛が奏でる音楽のなか、海上渡御します。ふたつの神輿が神社の表坂を勢いよくのぼっていく勇壮な姿は、思わず歓声をあげてしまうほど。

また渡御以外にも、子どもから大人までなんと市民約3,000名が参加する「よしこの鹽竈」や、「ハットセ」という掛け声が特徴的な「塩竈甚句」などのパレードも盛り上がります!さらに7月16日(日)には前夜祭として千賀の浦緑地、港町公園で縁日も。屋台やステージイベント、20:00には塩釜港海上で花火大会もありますので、夏のはじめの思い出づくりにぴったりです。

「塩竈みなと祭」について詳しくはこちら

7月・8月:孫兵衛船競漕の熱き闘い!「石巻川開き祭り」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

川の恵みに感謝し、ご先祖様を供養するための「石巻川開き祭り」。各神社での供養や祈願などの祭典行事のあと、陸上と水上でエネルギッシュな祭りが行なわれます。今年は7月31日(月)~8月1日(火)の2日間で開催。

仙石線・石巻線石巻駅から徒歩10分程度に位置する住吉公園での「川開き祭典」を皮切りに、重吉神社や縄張神社など、各神社での祭典が行なわれます。両日ともに市街地中心街では陸上パレードやステージイベントが行なわれ、街はお祭りムードに!見どころは、2014年に復活した「孫兵衛船競漕」。1日目は予選、2日目は朝から本選と盛り上がります!

また、8月1日(火)19:30~21:00には、約6,000発もの打ち上げ花火が夏の夜空を美しく彩る「石巻川開き祭り花火大会」がフィナーレを飾ります。

「石巻川開き祭り」について詳しくはこちら

8月:豪華絢爛な七夕飾りが街を埋め尽くす「仙台七夕まつり」

毎年、全国から200万人を超える観光客が訪れる「仙台七夕まつり」。伊達正宗公の時代から続く、日本三大七夕まつりのひとつです。「七夕」は7月7日ですが、宮城・仙台の季節感にあわせて8月の行事となっています。今年の8月6日(日)~8月8日(火)に開催される「仙台七夕まつり」の見どころは、なんといっても、街中を埋め尽くす色鮮やかな七夕飾り!仙台駅前から、中央通り・一番町通りのアーケード街までが七夕飾りでいっぱいになります。周辺の商店街でも笹飾りなど風情を楽しむことができるので、歩きまわるだけでも十分に雰囲気を感じられるでしょう。

勾当台公園市民広場を「おまつり広場」として、ステージイベントや地元・宮城の食材を使ったグルメな屋台、七つ飾りづくり体験など、お楽しみが盛りだくさん。さらに、仙台城跡での「仙台城跡夕涼みイベント」や、竹灯籠で幻想的な夜が演出される「瑞鳳殿七夕ナイト」など、中心街から少し離れた観光スポットも盛り上がります。

また、「仙台七夕まつり」開催前日の8月5日(土)には、仙台西公園周辺を会場に、約16,000発もの花火を打ち上げる「仙台七夕花火祭」が開催されます。前夜祭から毎晩、あちらこちらを歩いて「仙台七夕まつり」を堪能するのもいいですね。

「仙台七夕まつり」開催中は、道路が混みあうため、自家用車ではなく地下鉄やバスなどの公共交通機関を利用するのがよさそうです。仙台駅前をはじめ、数ヶ所に観光案内が特設されますので、観光で訪れる方は役立ててくださいね。

「仙台七夕まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。


仙台 |「花降る街、仙台」杜の都・仙台を花でいっぱいに

仙台 |「花降る街、仙台」杜の都・仙台を花でいっぱいに

緑あふれる杜の都・仙台。自然豊かな街を、さらに花でいっぱいにするプロジェクト「花降る街、仙台(HANA FULL SENDAI)」をご存じですか?定禅寺通や勾当台公園など市内各所で行なわれるワークショップは、気軽に花にふれられるため多くのお客さんで賑わっています。色とりどりの美しい花に心癒やされる休日を過ごしましょう。


宮城 | 「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

宮城 | 「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

仙台市に隣接する名取市で毎週日曜と祝日に開催される「ゆりあげ港朝市」。東日本大震災の津波により大きな被害を受けましたが見事に復活し、今では震災前よりも多くの人で賑わう朝市になりました。お買い得な新鮮魚介や野菜、そして港町ならではの海鮮グルメ、多彩なイベントなど楽しさ満載です!!


石巻 |「石ノ森萬画館」石ノ森マンガのヒーローたちに会いに行こう!

石巻 |「石ノ森萬画館」石ノ森マンガのヒーローたちに会いに行こう!

『サイボーグ009』や『仮面ライダー』を世に送り出した、石ノ森章太郎のさまざまな作品世界を紹介するマンガミュージアム「石ノ森萬画館」。マンガの世界観を体感できるアトラクションや、貴重な原画の展示、オリジナル映画の上映など、親子で一緒にマンガの世界を楽しめる施設です。


宮城 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

宮城 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。