新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

仙台 |「salz(ザルツ)」食べる楽しみ広がる手づくりジャム専門店

仙台 |「salz(ザルツ)」食べる楽しみ広がる手づくりジャム専門店

宮城県仙台市の「salz(ザルツ)」は、週に3日だけオープンする創作ジャムの専門店。旬の味を凝縮したフルーツジャム、フレッシュな生乳のミルクジャムなど、オリジナルフレーバーのジャムがそろいます。パンやヨーグルトに添えるほかにも、さまざまな料理でおいしく活躍してくれますよ。


路地裏にたたずむ、小さなジャムの専門店

仙台市地下鉄勾当台公園駅から徒歩10分ほど。晩翠通りから一本路地へ入り、ビルとビルの間を少し奥へと進んだ先に、手づくりジャムの専門店「salz」はあります。

営業は水曜・金曜・日曜の週3日のみで、店内は2人入ればいっぱいになりそうな、こぢんまりとした空間。棚には通年商品の「ラズベリーホワイトチョコ」や「バナナパッションフルーツ」、旬の果物を使った季節限定のフレーバーなど8~10種類が並び、年間で計40~50種類のオリジナルジャムが登場します。

こちらで製造から販売まで行なうのは、仙台出身のジャム作家・村上博信さん。趣味のお菓子づくりが高じて2009年からジャム作家として活動をはじめ、イベントや宮城県内のカフェなどで販売を開始。2015年12月、「会話や味見をしながらジャム選びを楽しんでもらえる場をつくりたい」との想いから、工房兼店舗をオープンしました。

無添加、手づくりにこだわった創作ジャム

こちらの手づくりジャムは無添加で、果物の旬のおいしさが楽しめるよう、賞味期限は約3ヶ月と短め。果物は宮城県を中心に全国各地の農家から直接仕入れ、砂糖も北海道産のてんさい糖を使うなど、できる限り国産の素材を使用しています。煮る際は強火で短時間にとどめることで、果物の香りを保ち、鮮やかな色が残るよう工夫されています。

さらに、ユニークなフレーバーがそろうのも人気の理由のひとつ。「バナナマーマレード」「アプリコットオレンジ」など2種類以上の果物の組み合わせから、「ピーチスパイス」「洋梨スライスアーモンド」のようにスパイスやナッツ入りまで、ほかではなかなか見られないジャムばかり。どんな味かな?何に付けて食べよう?と、想像が膨らみワクワクします。気になるものは味見できるので、気軽に声をかけてみてください。

楽しみが広がる!フルーツジャムの食べ方アレンジ

初夏のフレーバー「苺とレモン」

「ジャムは調味料として使えて、食べる楽しみを広げてくれるのが魅力」と話す村上さん。個性豊かなジャムの、さまざまな味わい方を教えてくれました。

1番人気のフレーバー、甘酸っぱいラズベリーに風味豊かなホワイトチョコレートをあわせた「ラズベリーホワイトチョコ」は、パンに塗るのはもちろん、ビターなガトーショコラに添えるのもオススメ。

バナナの甘みとパッションフルーツの酸味が好相性の「バナナパッションフルーツ」は、ヨーグルトに添えておやつに、サラダのドレッシングに使っておかずに、カマンベールチーズとあわせてお酒のおつまみにと大活躍してくれます。

初夏限定の「苺とレモン」なら、炭酸で割って爽やかなドリンクをつくったり、スパークリングワインにひとさじ加えてデザートワインにしたりという楽しみ方も。

ひとつのフレーバーでも、朝食からおやつ、お酒タイムまで、家族みんなのさまざまなシーンで存在感を発揮してくれそうです。

フレッシュで甘みたっぷりのミルクジャム

さらに、2017年6月からは、一時製造を中止していたミルクジャムの販売を再開しました。蔵王・ゼルコバドリームのフレッシュな生乳を使ったジャムは、生キャラメルのようにクリーミーな口当たり。ミルキーな甘さが口の中に広がる、お子さんにも人気の味です。ホットケーキにかけたり、お菓子づくりの材料に使うのもオススメですよ。

苺ミルクや塩バニラ、ほうじ茶など、フレーバーのアレンジも多彩。今後10種類ほどまで増える予定だそうなので、お気に入りを探してみてくださいね。

これから夏に向けて、7月にはさくらんぼやプラム、8月は桃やいちじくを使ったジャムが登場予定です。なかなか営業日に行けないという人は、藤崎など宮城県内外の約20店でも取り扱っているので、ホームページで販売店をチェックしてみて。いつもの食卓をより豊かにしてくれるジャムを探しに、おでかけしてみませんか?

家族みんなでジャムを楽しもう!ななびチェック!

赤ちゃん連れの場合は抱っこで入店を

店内はスペースが限られるためベビーカーは入れないものの、赤ちゃん・お子さん連れの来店はもちろんOK!

無添加、手づくりのため小さなお子さんにも

主に国産の材料を使って手づくりしているため、お子さんにもオススメです。

工房以外のショップでも常時購入可

工房は水曜・金曜・日曜のみの営業ですが、ジャムは宮城県を中心に約20店のショップでも販売しています。

「salz」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。